乗馬クラブクレインのスタッフをご紹介!

スタッフ紹介
乗馬クラブクレイン千葉富里のニューフェイス、山下玲央(やましたれおん)さん(29歳)

盛夏の8月上旬、クレイン千葉富里に山下玲央さんを訪ねました。
山下さんはこの3月に入社されたばかり。
馬との新しい仕事に奮闘中の様子を紹介します。

兄からのススメで馬との仕事に転職
レッスン−まずはお仕事の内容からお聞かせください。
山下さん(以下、レオ)「乗馬体験レッスンに来られるお客様への応対がメインです。お申込みの案内からレッスンDVDをご覧いただいたり、乗馬レッスンや馬具の紹介をしたりなど、いろいろとあります」
−体験レッスンで来られるお客様はどういう方が多いですか?
レオ「平日は主婦の方、今は夏休みなので小学生も多いですね。週末は20代30代の方がいらっしゃいます」
−前職は全く馬とは関係なかったそうですが。
レオ「はい、羽田空港内で航空会社に勤務していました。24時間のシフト制でしたので、環境も勤務時間も今とはまったく違いました」
−クレイン入社のきっかけは?
レオ「まず、このコロナ禍にあって、ご存知の通り航空会社は大打撃を受けました。社内的に大幅な見直しが行われることになって、それまでの業務とは異なる部署に異動になりそうだったのです。それでどうしようかと考えていたところ、兄から誘われました」
−お兄さんはクレイン茨城に勤められているそうですね。
レオ「はい。楽しさも厳しさも実際のところを聞いて、やっぱり悩みましたね」
−馬と関わったことは?
レオ「それがまったくないのですよ(笑) それで迷っていたのですが、前の職場に残っても業務内容は変わってしまうし、いろいろ考えて決心しました」

早寝早起き、大きく変わった馬中心の生活
早朝騎乗−生活はずいぶん変わりましたか?
レオ「もう激変です(笑)。朝9時からの通常業務の前に、自分の練習をします。自分が乗って馬を走らせるんです。いきなりお客様を乗せるのではなく、その前に小一時間ほど自分の練習も兼ねて調整しています。」
−では、もう馬には乗れるようになったのですね。
レオ「なんとか(笑)。3,4ヶ月コツコツと練習を重ねてきましたので」
−馬の扱いにも慣れましたか?
レオ「足を踏まれたり、蹴られたりしながら(笑)」
−蹴られた?!
レオ「馬を洗っているときだったか、ポーンと。馬の腹には虫が寄ってくるんですよ。それを追い払おうと馬が足を振り上げて当たってしまいました。大したことはなかったですが、馬は大きいので最初は怖かったですね」
−馬に対する気持ちに変化はありますか?
「乗馬の経験はなかったので先入観は何も持っていませんでしたが、馬に触れているうちにそれぞれの個性もわかってきて、だんだん可愛く思えてきました。最初の頃は乗っても何も反応してくれませんでしたが、乗馬に慣れてくるに連れて反応してくれるようになりました。そうなると楽しいですね」
−朝は早いでしょう?
レオ「はい、5時起きです(笑) 朝食はコンビニで買って済ませています。寝るのも早くなって10時には寝ます。今年の春までとは生活サイクルが本当に変わりました」
−5時に起きて出社、6時頃から自分で乗る準備をして馬を走らせ、9時から17時まで通常業務ということですね。
recommended05-03.jpgレオ「体験者の接客以外にもやらなければならないことがあって、そのひとつが量販店などで行なっている催事があります。パンフレットなどを並べてのPRです」
−ポニーを連れて行ったり?
「はい。それに加えて、催事の他に集客のためのアイデアを考えることも課題です。今日もこれから会議があります」

まずは、当たり前のことを当たり前にできるように
インタビュー−生活サイクルが大きく変わったということですが、休日はどのように過ごしていますか?
レオ「ドライブが多いですね。海が好きなので、のんびりとリフレッシュしています」
−仕事では馬、休日は車に乗る。
「そうです(笑)。この前は銚子に行きました。九十九里にも行きますよ」
−仕事で思われている課題や目標はありますか?
「ここに来られるお客様は小学生や20代30代の方が多いです。なので、小学生の企画や20代30代の方に楽しんでいただける企画ができればと漠然と思っています。前職は羽田空港内のラウンジで接客業務をやっていましたが、語学を活かして外国のお客様対応が多かったんです。自分ができることを組み合わせて何かできればいいなと思っています」
−仕事に活かせる語学力とは素晴らしいですね。英語ですか?
レオ「ええ。でもそれはまだ先のことですから。まずは、仕事の流れに充分についていけるようになって、業務を円滑にこなし、社員のみなさんとの関係をしっかり築いて、問題なく毎日を過ごすことが今の目標ですね。すごく当然のことですが、当たり前のことを当たり前にやることが大事だと思っています。それに、集客のアイデアも(笑)」

recommended05-07.jpg
インタビューを終えて、山下玲央さんは厩舎を案内してくれました。
この子はいちばん人気、この子は大きいけどやさしい、この子はやさしくて体験乗馬で使っている、この子はやんちゃ......と、一頭一頭を紹介してくれる玲央さんの穏やかで端正な表情がよりやわらかくて、馬と関わってまだ数ヶ月とは思えませんでした。
このページを読んでいただいているみなさん、クレイン千葉富里のかわいい馬たちと玲央さんに会いにきてください。

ライター:上村英才

乗馬クラブクレイン千葉富里をもっと知りたいという方はこちらからどうぞ。
近くの乗馬クラブを探す方はこちら

戻る

Menu