2013年11月29日~30日

11月鞍数52鞍 累計鞍数54,134鞍
11月29日(金)  
ジュネス

(調教)
朝は通常通りに出て服部へ。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
垂直障害が置いてあったので、そのまま使用。
高さは70㎝。

(所感)
飛越振りは変わらないが、脚扶助への反応が稍鈍いのでその調整。
これは今後も要注意。

10:30頃服部を出る。
新大阪駅11:06発の新快速に乗る。
11:50過ぎに草津駅着。
駅前にタクシーが停車していた。水口乗馬クラブへは11:30頃に着。
服部から丁度2時間で着いた。
これはかなり速く着いた例の様。

フレンドシップⅡ(高さ120㎝以下)は15:00下見開始。競技は15:15より。
私の出番は12番。馬は暫らく楽をしていたせいか、なかなか元気。その上、3回目とはいえ(昨年12月と今年6月)未だ慣れぬ場所。
広い馬場で張り切るのも無理はない。2.3回跳ね上がって走ろうとしたが走らせはせず。
但し対策はして準備飛越は稍入念に時間をかけて。
フレンドシップは、コースも飛越方向も全く規定せず1分間自由に飛ぶ形式。
これも又、面白いと言えるか。思いのままに飛び回る。馬は好調の感。
17:00頃スタッフの車でホテルへ。


11月30日(土)  
ジュネス

昨晩は良く眠れた。
未明3:40頃一度起きたのみ。これは珍しい例。7:00起床。朝食をとり、8:30に予約しておいたタクシーで出る。

今日の騎乗は、小障害(A)-13:15開始。会員2名が騎乗され出番は6番と27番の先乗り。
昨日の事もあるので用心はしたが今日は全くおとなしい。昨日の運動で格別変わった事もないと悟ったのだろうか。沈静飛越に心がける。
調子は悪くないと見た。本番では2人とも減点0.安心して見ていられた。出場者30名の中で5位と7位だったから先ず先ずの成績という所か。
私の出る中障害C(M-C)は競技開始予定は16:15。
これではかなり、遅くなるのではと思ったが進行が各競技とも少しずつ早まり、約30分切り上げて開始。

種目はM-Cだから、高さ120㎝以下には違いないのだが、コースの下見をして一寸がっかり。と言うのは10月以来高さ120㎝幅130㎝のオクサー級の連続障害に慣らす可く努力をしてきたのだが、今回のコースは高さ120㎝は最後の垂直障害のみ。
他は全て高さ110㎝以下。これには一寸拍子抜け。
さて、それならばタイムの方を出来るだけ短縮してみようと思いつつ本番に臨む。それが結果的には図に乗ってやり過ぎた事になってしまった。
高さ110㎝、幅110㎝のオクサー障害で急回転後の助走を短くし過ぎて、踏切が合わず。ガチャンと拒止。
ヤレヤレと言う所。その後も気は抜かずに走行はしたが最後の垂直障害をカランと落下。いやはや、拒止も落下も共に言わばコースデザイナー氏の術中に陥った訳。
コースデザイナー氏は、私がクレインに入社した時小学生の会員として在籍しておられた(高橋氏)だから、恨むわけにもいかず。
未だ明日もあると自らに言い聞かせつつ終わる。

2013年11月27日~28日

11月27日(水)  
ジュネス

(調教)
低障害飛越。

(所感)
競技直前の事とて軽く。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
駈歩助走の歩度、助走に入る前後の回転等に注意。
徐々に向上はしてるか?


11月28日(木)  
ジュネス

(調教)
3種歩度諸運動。

(所感)
軽く。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
例によって飛越は問題なし。
数日前から馴致を始めた青いシート。
馬場の中に置いてあったので周囲をグルグル。
未だ不安な感じはかなり残ってる。
暫く日数をかける必要あり。


明日からの競技会に向けての馬・馬具輸送に備え荷物を準備。
午前中に大体は片付ける。

競技会出場予定 11月25日(月)

平成25年11月29日(金)~12月1日(日)
第22回 京阪地区乗馬競技大会
於 水口乗馬クラブ

11月29日(金)
 第4競技 フレンドシップⅡ
 60秒フリー飛越90~110cm

11月30日(土)
 第12競技 中障害飛越競技C
 H120W140 障害の個数13以内

12月1日(日)
 第14競技 中障害飛越競技C
 H120W140 障害の個数13以内



11月25日(月)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
駈歩運動の際、昨日と同じく反対駈歩、輪乗り半周。
容易に出来た。

アヴァンティ

(調教)
プランク上に横木をかけて、高さ70㎝の垂直障害を飛越。

(所感)
垂直障害飛越は殆ど問題なし。
最後にブルーのシートの馴致を行う。
案外恐れず。
周囲をグルグル。
しかし未だ十分に接近するには至らず。

午後より取材の為、馬運動は午前中に済ませておく。
テレビ朝日の方が来厩し取材。トーキングと、トーキング中の録音と録画。
来厩が少々遅れた上に取材にも案外時間がかかり、17時頃終了。

帰途、定期券を購入。
買い物もしたので、通常のサラリーマン風の時間に帰宅。

2013年11月22日~24日

11月22日(金)  
ジュネス

(調教)
常歩のみ。

(所感)
朝から、レッスンで良く働いているので、軽く。

アヴァンティ

(調教)
垂直障害・オクサー障害共に高さは70㎝級。

(所感)
助走を種々に試みつつ。
プランク障害は、慣れたか?


11月23日(土)  
ジュネス

(調教)
軽く。駈歩運動まで。

(所感)
レッスンとレッスンの合間の時間を縫って。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝までの垂直障害のみ。

(所感)
他の新馬調教グループとの関係もあり。
回転・助走・回転を反復して。


11月24日(日)  
ジュネス

(調教)
運動は軽く。

(所感)
障害の乗馬学校の進級入校テストに3鞍使用。
その直後なので軽く。
総合の調教審査に備えて?、反対駈歩で輪乗り半周を試みる。
案外、簡単に出来るので、やれやれ。
ほっとしたと、言う所か。

アヴァンティ

(調教)
垂直障害・オクサー障害共に高さは70㎝級。

(所感)
スピードを伴う飛越。
更に馴れさせる事。

2013年11月20日~21日

11月20日(水)  
ジュネス

(調教)
中間距離1完歩のダブル障害。
高さ120㎝の垂直障害と高さ120㎝幅130㎝のオクサー障害飛越。

(所感)
来週の水口乗馬クラブでの競技会の準備として最終の飛越演習。
十分に頸は使い、易々として飛越。
1回で止める。
快い飛越だった。

アヴァンティ

(調教)
垂直障害とオクサー障害共に70㎝級を反復して。

(所感)
やや歩度を伸ばしての助走。
次第に慣れる。
プランク(地上に置いて)の馴致も次第に進歩。


11月21日(木)  
ジュネス

(調教)
軽く。

(所感)
駈歩運動まで。

アヴァンティ

(調教)
垂直障害・オクサー障害共に高さは70㎝。

(所感)
助走の歩度、距離、飛越角度、飛越前後に於ける回転の要求等を種々に変化させつつ。
但し無理のない範囲で。
力は確かにある。
午後、朝日放送の担当者来厩につき、午前中に騎乗。
新馬調教グループは指導員に依頼して。

2013年11月16日~18日

11月16日(土)  
ジュネス

(調教)
高さ120㎝幅130㎝のオクサー障害飛越。

(所感)
幸い?上の第8馬場が空いていたのでオクサー障害飛越を数回。
流石にかなり首を使う。
回数は少なく。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害のみ。

(所感)
他グループの馬が多く、オクサー障害を使用し得ず。
回転・スピードの変化等試みつつ反復。
プランク障害は更に馴致を徹底する事。


11月17日(日)  
ジュネス

(調教)
常歩運動。

(所感)
午前中3鞍レッスン使用につき。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
スピード・回転・考慮しつつ。
飛越は確実。脚の扶助の延長線上に拍車がある事を馬に教える。
嫌って跳ねた事も数回。
経過を見る要。
プランクの馴致は続いて実施。


11月18日(月)  
ジュネス

(調教)
一昨日と同様、高さ120㎝幅130㎝のオクサー障害飛越を主に。

(所感)
ここ1ヶ月間、確かに進歩はあったと思う。
落ち着いた確実な飛越。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
駈歩助走の歩度・距離・回転との関連など種々に考慮。
拍車の馴致には進歩あり、の感。
プランクは更に反復して実施。

2013年11月13日~15日

11月13日(水)  
ジュネス

(調教)
中間距離2完歩のコンビネーション障害を反復して飛越。
障害資材の関係でA/B共に垂直障害のみ。
高さは120㎝まで。

(所感)
飛越振りは可。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
スピード、回転共に留意しつつ。
プランクは両側に横木を沿えて向ける。
一昨日と同様、割合平気で跨ぐ。


11月14日(木)  
ジュネス

(調教)
飛越演習をやりたい好天気だが、昨日は高さ120㎝までやってるので、今日は軽運動。

(所感)
常歩を主に。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
回転して助走に入る時のスピード、距離を種々に変化を心掛けながら。
飛越振りは安定。
プランク障害そろそろ卒業できるか?の感。


11月15日(金)  
ジュネス

(調教)
三種歩度諸運動及び低障害を沈静飛越。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
飛越振りは略安定。
プランク障害は状況により、警戒する事も。

2013年11月8日~11日

11月8日(金)  
ジュネス

(調教)
軽運動110㎝のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
斜行しつつ飛越の練習。
120㎝でも試みたかったが、一般レッスンとの時間の関係もあり。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
昨日考えたスピードの件、幾分脚を使いつつ。
地上に置いたプランク障害。
殆ど気にしなくなった。


11月9日(土)  
ジュネス

(調教)
午前中に取材。
飛越の高さは100㎝級まで。

(所感)
NHKより、取材の方8名来厩。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
昨日の例に鑑み、プランクの両側に横木を並べて試みると幾分警戒。
脚で推進しつつ、反復すると次第に馴れはしたが、幾分興奮。
これも経験の一つかと思いながら継続。
今後の経過如何。




取材中の岩坪教官。
取材に来られたタレントの原田伸郎さんと。




11月10日(日)  
ジュネス

(調教)
軽速歩・常歩運動のみ。

(所感)
日曜日の事とて仕方ない所か。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害を反復して飛越。

(所感)
やや歩度を伸ばした駈歩。
プランク障害、昨日よりはマシ。
同じく横木を沿えて、又、右手前の駈歩発進。
数度試みて、成功したもは2回。徐々に進歩。


11月11日(月)  
ジュネス

(調教)
高さ120㎝・幅130㎝のオクサー障害を反復して。

(所感)
全くためらいなく正確に飛越。
両側から1回ずつ。
2回飛越して終わる。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
歩度にも留意しつつ。
プランク、割合い平気で右手前の速歩輪乗り(稍小さく)上から右手前の駈歩発進を試みたが今日は果さず。

2013年11月4日~7日

11月4日(月)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
駈歩運動まで。
カドリール発表会につき時間の都合もあり。

アヴァンティ

(調教)
垂直障害・オクサー障害共に70㎝を反復して飛越。

(所感)
左右の回転を混ぜつつ、連続して飛越。
飛越振りは可。
駈歩の手前は、殆ど左手前のまま。
しかし、回転に支障は感じさせず。
当分はこれで可とするか。


11月6日(水)  
ジュネス

(調教)
オクサー障害を主に、垂直障害120㎝、オクサー障害は高さ130㎝まで。

(所感)
下の馬場に障害が配置してあったので、第1馬場で騎乗。
正確な飛越振りだったので、2回飛んで止める。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越を反復して。

(所感)
プランクは、垂直障害で高さ50cm位で懸けてあったので、両側から十分見せた後、向ける。全くためらう気配なし。
地上に置いた方が馬にとっては気になるのか?

2頭共、午前中に運動を終了。


11月7日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
調教審査関連の運動種目を意識的に取り入れて実施。
左右 手前の指示を伴う駈歩発進。
輪乗り上で、反対駈歩の維持等。
どちらも実施は可能。
気持ち良いものではないが。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越を反復して。

(所感)
幾分、スピードを保って飛ぶ事をも教えるべきか。
将来の飛び方を考慮して。

2013年10月31日~11月3日

10月31日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
駈歩運動まで。

アヴァンティ

(調教)
垂直障害・オクサー障害共に70㎝を反復して飛越。

(所感)
飛越は確実に慣れてきた。
駈歩飛越では完歩の調節も安定して任せられる。興奮する事もなし。
唯、他馬との接近には要注意。
威嚇しようとする事も。

10月度 鞍数50鞍/累計鞍数54,082鞍

11月1日(金)  
ジュネス

(調教)
垂直障害のみを反復して飛越。

(所感)
レッスンとの関係もあり。
時間は短く。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越を反復して。

(所感)
横木3~4本とプランクを並べて置き、見せる。
随分警戒。
しかし、暫らく見せてから向けると大袈裟に跳ねて飛び越える。してやったりと、大袈裟に愛撫して馬をほめる。
数回反復すると、略常態に通過できるようになった。
まさにやった!の感。


11月2日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
常歩を主に。
レッスンで2鞍働いた後なので。

アヴァンティ

(調教)
垂直障害・オクサー障害共に70㎝を反復して飛越。

(所感)
昨日と同じく、プランクを使用して。
警戒はするが、嫌いはせず。
更に馴致を怠らぬこと。


11月3日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
常歩を主に。
レッスンの合間をぬって。

アヴァンティ

(調教)
高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越を連続飛越。

(所感)
プランク・横木と組み合わせ、地上に置いて馴致。
警戒はする。
さして嫌いはせぬが。