三重ホースファームは9月で1年が経ちました

こんにちは、高橋です。
秋を迎えた三重ホースファームから便りが届きました。
手探りの1年だったようです。

-----------
miehfaki6.jpg
三重ホースファームも、9月で無事に1年を迎えることができました。
今年、初めての夏を迎えたわけですが、やはり手探りの連続でした。
日中の暑い時間の放牧をどうするのか、放牧・集牧時間はどうするか、飼いつけの時間や内容、運動時間についてはどうするか...等々、日々、悩みながら進めてきました。

miehfaki4.jpgmiehfaki3.jpg
歩きながら食べ進み・・・いつの間にか草にラインができてます。

夏は、日中の気温が上がり倉庫の中が蒸すので、扇風機を回して倉庫の中で過ごさせるか、外に出して自然の風に当てるかを悩みましたが、結局、晴れた日は外に出しました。
自然の風にあたり、暑いときは日よけの下や日陰を探して自ら移動、馬も自然の中では本能に従うんですね。
汗をかく日が多かったので集牧後は、塩とふすまを給餌しました・・塩分補給は人と一緒です。
miehfaki7.jpgmiehfaki8.jpg
「ごはんに囲まれて幸せだ~。んっ!誰か来た?」という感じでしょうか。

水を飲む量も増え、集牧後に厩舎の水桶の水を一気に半分以上飲む馬もいます。
ウォーターカップを使用していないので、健康管理という部分ではそれぞれの馬がどれだけ水を飲んだかがよく分かるので、水を飲んでいない時の異常は早い段階で発見出来ます。
miehfaki5.jpg
ゴーヤで緑のカーテンを作りました。おいしそうで涼しそう。

馬の管理をする中で、飲水、飼い、ボロの量を把握するのは、非常に大切です。
夏の放牧場は、おいしそうな草がよく伸びて、馬たちも毎日、「早く外に行きたい!」と催促をしてきます。
miehf11.jpg食べる、
miehfaki16.jpg寝る、
miehf10.jpg遊ぶ。
うらやましい生活です。

夏の間中は、毎日毎日おいしい青草をたくさん食べていましたが、夏も終わりに近づくと草も少し茶色っぽくなってくるので、またきれいな草が伸びやすいように草を刈ったり、ボロを撒いたりしています。
miehf14.jpg
美味しい草があるのに・・・・なぜ?

ボロを撒いた効果は非常によく出ており、粘土質の少し硬い放牧場も、柔らかくなり、草の伸びもよく、きれいな緑の草が生えました。
miehf13.jpg

ここ数日は、牧場の周りに彼岸花やコスモスが咲き、すっかり秋らしくなってきました。
暑さが和らぎ、朝夕は過ごしやすくなり、馬たちも元気そうです。
miehfaki1.jpg

松岡
-----------

ボロとは馬糞のことです。
やはり、植物の生育にはボロが肥料となるんですね。
確かに、クレイン大阪でもたまに近隣の農家の方がボロを取りに来ている姿をお見かけすることがあります。

これからは、馬たちが過ごしやすい季節。
また、便りが届きましたらご紹介します。
miehfaki2.jpg

高橋


まほろばドレッサージュホースショー2017

こんにちは、元持です。

9月9日(土)~10日(日)にかけて
まほろばドレッサージュホースショー2017が行われました。
mahorobad1.jpg

クレインが開催するこの競技会、本社スタッフとオリンピックパークのスタッフは朝から掃除や準備にバタバタですっ(汗
mahorobad2.jpgmahorobad3.jpg

今回の競技会には、クレイン審判アカデミーの方々も多くご参加いただき、お手伝いいただきました。中にはわざわざ関東からお越しいただいた方もいらっしゃいました。
審判アカデミーの皆様、本当にありがとうございましたm(__)m
mahorobad4.jpgmahorobad5.jpg

そして今回の競技会で素晴らしい活躍をしてくれた選手が有山 哲哉選手!
パートナーのリフレクションⅠとセントジョージ賞典・インターメディエイトへの出場。
まだコンビを組んで間もないペアでしたが、そんな短さを感じさせない演技で各課目、見事に優勝しました!
○初日成績
セントジョージ賞典1位
インターメディエイト2位
○2日目成績
インターメディエイト1位
自由演技国体成年1位
mahorobad6.jpg

優勝後、有山選手よりコメントを頂きました。

-今回、出場されたすべての課目で優勝を果たしたお気持ちをお聞かせ下さい。

『今回の競技結果には大変驚いています。
リフレクション号で競技に出るのは2回目だったため、 少し不安もありました。
特にキュアはまだリフレクションで出場したこともなく、過去に三木HRPのインドアで馬が驚いた話を何人からも聞いていたため非常に不安でした。

しかしそんな不安はどこ吹く風と、全く気にする素振りもなく素晴らしい成績を上げてくれました。
私自身、この参加選手たちの中でここまで成績が良いとは予想もしておらず、リフレクションの
能力に驚いています。月並みですが、馬のお陰と思っています。』

-今後についてのお気持ちは?

 『今回の競技で全日本馬場出場の権利は獲得できたと思います。

次の目標は全日本馬場で64%以上の成績をあげ、
アジア大会の予選会に出場する権利を獲得することが目標です。

支えて下さっている会員様や事業所スタッフ、会社に感謝しつつ、全日本馬場でまずは良い結果を出したいと思います。』

有山選手、おめでとうございました。
mahorobad7.jpg

全日本馬場パートⅠでも、素晴らしい活躍をしてくれることを願っています。

元持