馬場ジュニア選手たち、全日本に向けて・・

こんにちは、元持です。

5月13日(土)~14日(日)にかけて「第44回近畿馬術大会」が三木ホースランドパークで行われました。

今回PickUpしてお伝えする選手は以下のジュニア選手たち5名です。


kawakami.jpg
川上藍選手&ファンタベジャール
1日目セントジョージ 4位 64.297%
2日目自由演技成年馬場馬術 優勝 68.375%

ojiro.jpg
小代智貴選手&アリーバ・デ・ヘルマ
1日目少年馬場馬術 優勝 62.762%
2日目自由演技少年馬場馬術 3位 64.333%/M2課目 3位 62.272%

takizawa.jpg
滝澤和希選手&エステファニア
1日目少年馬場馬術 2位 62.543%
2日目自由演技少年馬場馬術 優勝 65.333%

okuhira.jpg
奥平優里選手&フェルレ
1日目少年馬場馬術 3位 61.929%
2日目自由演技少年馬場馬術 2位 64.708%

oda.jpg
小田瑞穂選手&セクレタリス
1日目少年馬場馬術 8位 57.587%
2日目自由演技少年馬場馬術 4位 60.374%/少年馬場馬術 2位 61.359%
※順不同

ジュニアではないのですが素晴らしい結果を残してくれた我らが瀬理町先生&レグルスの結果です。
serimachi.jpg
1日目 グランプリ 優勝 65.100%
2日目 グランプリ 優勝 65.600%
※瀬理町先生は11月に行われる全日本馬場パートⅠに出場予定です。詳細は追ってお伝えいたしますね。

いずれの選手も全日本ジュニアでの活躍が期待される選手たち。
今年に入り、新たなコンビで挑んだ今回の競技、そこで大きな結果を残してくれたのが上位5名です。

各選手からコメントをもらっていますのでご紹介します。
-------------------

川上藍選手

今年コンビを組ませていただいているファンタベジャールは、いつも私の扶助(合図)に素直に
応じて、気持ちよく経路をまわらせてくれる素晴らしい馬です。ただ、まだ私の扶助の不正確さや反応の遅さによるミスが目立つので、7月の全日本ジュニア選手権までに改善して、人馬共に万全の状態で挑みたいと思います!


小代智貴選手

今回はアリーバ・デ・ヘルマという馬に乗らせていただき、ジュニア規定と自由演技に出させてもらいました。両方悪くはなく、結果は規定が62%、自由演技が64%でした。規定演技では馬を急かしすぎて伸長常歩が速歩になってしまったりして自分の中ではイマイチでした。
今後はジュニア選手権で上位入賞できるように頑張ります。


滝澤和希選手
ジュニアの規定演技はイレギュラーが出てしまい、もう一歩のところでした。
自由演技の経路はとても難しく、今回はミスなくこなすことができましたが、点数が上がらなかったのが悔しいです。馬は勝てる馬なので、残り2カ月で、自分の苦手なところを全て潰して今年の全日本ジュニア選手権は必ず勝つ!!


奥平優里選手

今回はあまり緊張せずに競技を楽しむことができました。
ただ、一瞬気が緩んでケアレスミスをした部分があったので、同じ轍を踏まないように心掛けます。フェルレとコンビを組んでまだ3ヶ月ですが、この馬のポテンシャルを更に引き出せるように練習を積み重ねていきます。そして全日本ジュニアでは観る人を魅了する演技を目指します。


小田瑞穂選手

1日目のジュニア課目では消極的な演技でベースが低くミスも多くなってしまいましたが、2日目は馬を積極的に前に出すことができ、結果も61.359%でてよかったです。
ジュニア選手権までには、苦手なハーフパスやハーフピルーエットなどの運動の改善をしていきます。また、ベースが下がる駈歩、常歩の練習もしっかりして良い成績を残せるようにしていきます。

---------------------------

いかがでしたでしょうか?
7月の全日本ジュニア選手権まであと2カ月。各選手の磨きのかかった演技をみるのが楽しみですね♪

今年の全日本馬場は7月15日(土)~17日(祝)の3日間です。
全国のクレインで頑張っている馬場の選手たちの集大成の場でもあります。
みなさん是非、応援に来てください!
きっと馬場馬術の魅力を感じていただけるはずです!!

お待ちしております(#^.^#)

元持

はじめてのチーム戦、オーストラリアで奮闘!

こんにちは、高橋です。

はじめてのオーストラリアで国別対抗の競技に参加した、乗馬クラブクレインオリンピックパークのカデットチームに所属する上田彩乃選手(18)、木村友哉選手(17)、楠本將斗選手(16)。

1494386233008.jpg

なんと、はじめてのチャレンジにもかかわらず、2位に入りました。
1494386241119.jpg

オーストラリア現地では、岩谷コーチ、ロッドコーチに教えてもらいながらトレーニング。
1494386237304.jpg
左から、岩谷コーチ、楠本選手、ロッドコーチ、木村選手、上田選手。

みんな、成果を発揮でき、良かったです!
1494386225275.jpg1494386229486.jpg
1494386216940.jpg1494386221297.jpg

そして、さすがはオーストラリア、周りにはサーフスポットがたくさんあります。
1週間程の滞在の合間に、バランス練習も兼ねてサーフィントレーニングも行いました。
1494386208054.jpg
いつもと違うトレーニングに四苦八苦しながらも、みんな楽しくトレーニング。

短い期間ですが、さまざまな経験ができた1週間でした。
若い世代、海外で、現地の空気を感じながら、馬術のトレーニング、いいですね~。
私も若かったら・・・

今回は、クレインオリンピックパークカデットチームのオーストラリア遠征の様子をお届けしました。

高橋