2013年5月25日~26日

5月25日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
常歩にて口向きの調整。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害、高さ80㎝のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
口向きに注意しつつ。
割合安定。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝幅50㎝の障害飛越を反復して。
駈歩は左右とも。

(所感)
 


5月26日(日)  
ジュネス

(調教)
常歩運動のみ。

(所感)
馬場に空きがなく。

ジュエル

(調教)
下の第5馬場が空いていたので場所の馴致をも兼ねて運動。

(所感)
予想通り?常歩から速歩を命ずるといきなり跳ね上がり突っ走り更に跳ね続けて走り続ける。
ここまでやるとは、ちょっと意外の感も。
しかし想定上の事でもあるので、輪乗りに導き駈歩をそのまま続ける。
約20分くらいだったか?
略おとなしくなったので、常歩・速歩を交えつつ左右の回転、停止、後退発進、左右の旋回等々を反復して実施。
先週は、競技会で不在にしており休日に準ずる日が多く、運動不足だった、と言う事もあったのかも知れない。
結果として第5馬場での運動をやって良かったと思うが、未だにこの状態は一寸困ったものでもある。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝幅50㎝の障害飛越を反復して。
駈歩は左右とも。

(所感)
次第に弾発のある歩様。
その点は進歩を認む。

2013年5月20日~24日

5月20日(月)  
ジュネス

(調教)
軽く障害飛越まで。

(所感)
普通なら常歩運動位の所なのだが、関西TVの取材(5月18日の続き)対応のため、軽い飛越調教まで。
(女子アナの騎乗は調馬策で速歩少々まで)

ジュエル

(調教)
調馬策作業。

(所感)
数日の休日後なので軽く。

アヴァンティ

(調教)
取材対応のため指導員に運動を一任。

(所感)
 


5月22日(水)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
常歩のみ。

ジュエル

(調教)
調馬策運動。

(所感)
駈歩を主に。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を飛越。

(所感)
駈歩は左右の手前とも実施。
この馬の競技中の運動は同じ指導員が続けていてくれてたので、休日後も殆ど変える所なしに。


5月23日(木)  
ジュネス

(調教)
口向きを主眼としつつ、低障害を反復して飛越。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害、高さ80㎝のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
口向きに注意しつつ。
休日直後なので特に慎重に。
これという程の変化はなし。

アヴァンティ

(調教)
左右の手前とも駈歩を実施。

(所感)
徐々に弾発のある駈歩に。


5月24日(金)  
ジュネス

(調教)
高さ100cm級の障害飛越を軽く。

(所感)
口向きについては、馬との対話に努めつつ。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害飛越を反復して。

(所感)
口向きに注意を払いつつ。
進歩はある?

アヴァンティ

(調教)
飛越は、従来通り。
駈歩運動は左右共に実施。

(所感)
弾発も少しずつ進歩。

2013年5月19日 第40回 近畿馬術大会

5月19日(日)  
ジュネス

第40回近畿馬術大会最終日。
5:30に起床。6:00に予約していたタクシーで会場へ。
早朝の事とて道路は空いていて約20分で着く。

  4日目ともなると、流石にかなり落ち着いて来た。特にOutDoorで運動している限り、先ず心配のない感。
これなら、何とかなりそうと思ったが、後から考えるとそれが失敗の因だったのかも知れぬが、それは済んでからの話。

下見で見るコースは過去2日間と同様、これと言って困難な所はない。となれば今回も無理な回転は求めず、かつスピードも追わずの方針だがかと言って規定タイムオーバーは避けたいので、最初の方の1箇所、第1障害を飛んで第2障害に向かう回転だけは出来る範囲の急回転をやってみる事にした。
さて、本番。決めておいた通り、第1障害から第2障害への誘導。回転そのものは略思い通りに回れたのだが、これをやった途端、馬は「あれ?!又あの急回転の連続か??」と思ったらしい。
慌てて障害に突進する状態を繰り返してしまい、バタバタと3落下。しまった事をした。

以上で、全ての私の出番はすべて終了。遅い朝食。その後、他種目(中障害A/B/C。大障害B等)の競技を見学。
私のやるべき事、やらねばならぬ事は未だ残っていると思ったのは1人善がりか??

前回より1時間早く13:30頃の神戸電鉄に載る。三木駅発のでんしゃに乗り、帰途につく。
今回の競技参加の数日中に、財布を置き忘れたのに危うく気が付き慌てて引き返した事2回。
(共に無事ではあった)いやはや、年齢は取りたくないものだと嫌という程に知らされた。

2013年5月18日 第40回 近畿馬術大会

5月18日(土)  
ジュネス

第40回近畿馬術大会。
6:00起床。6:30にはタクシーで出て7:00には到着。
今日の種目は、中障害D S&H(スピードアンドハンディネス 規定は基準表C)なのだが、今回の出場目的に鑑み、規定による競技の性格は考えず、昨日と同様無理のない誘導を採る事に専心。

8:00競技開始。
私の出番は48人中13番。下見開始が早かったので、下見を済ませてから騎乗。
今日のコースはタイムを速くしようと思えば回転よりも(それが重要なのは当然として)スピードそのものを追う他ない構成なのだがスピードは考えず昨日と同様、減点0を目標に走行する事とした。
準備運動では殆ど先月以前の状態に変わらず。無理のない準備に専念。

インドアに入ってから少しピリピリした感は残ってたものの、昨日よりも落ち着いた。
スタート後も全然慌てなくていいんだよ!と言い聞かせつつ走行。良くそれに応えてくれた。
昨日に続き、減点0で完走。
スピードは最初から要求していなかったので、順位は高くはないが、これは当然といって良い。
とも角、先月の大失敗の後であり今回はいっそ参加を中止して気分転換に当てようかとも思っていた所なのでやれやれこれで何とか持ち直せるかと安心。

  昨日と同じく早めに宿舎へ。
明日の競技は今日より更に早く競技の開始が7:30.
6:30には競技場に着かなくてはならない。早めにタクシーを予約。

2013年5月17日 第40回 近畿馬術大会

5月17日(金)  
ジュネス

第40回近畿馬術大会。
今日の私の出場種目中障害Dは9時開始につき慌てるほどの事はない。
(規定は238-21につき、減点0ならば早いほうが上位)
出番は、53人中42番(少々変更はあったかもしれぬ)なので、下見を済ませ、20番目の頃から騎乗。

昨日に比べれば、更に落ち着いたの感。
下見をしての感想として、昨日と同様、無理な回転の要求は一切避ける。但し出来る範囲で小回りに心掛ける事とする。
スタートし数個を飛越した辺りで馬の方から「ああ、判った!」と言ってくれたような感。
インドアでは初めての無過失走行。昨日のようなタイム減点もなかったからその点でも進歩はあったと言えるか?
但し、特に歩度は追わなかったから、順位の方で振るわないのは当然。
先月末の心の曇りが一つ腫れたのは嬉しい事。

午後は早めに宿舎へ。
明日は開始が8時。タクシーを早めに予約。

2013年5月15日~16日

5月15日(水)  
ジュネス

(調教)
高さ100㎝級の障害を軽く飛越。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
ウォーキングマシンを約40分。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左右共に。
徐々に向上。


5月16日(木)  
ジュネス

本日より、三木ホースランドパークにて近畿馬術大会。
前回(4月26日)と同様、約30分早く起き、7:50に出る。
今回も極めてスムーズに阪急新開地へ。10:40頃三木着。タクシーは駅前に駐車してた。
これも運が良いと言える一項か。タクシーで三木ホースランドパークへ。
フレンドシップB(高さ100㎝以下)は12:30より。私の出番は52人中22番だったか。
4月の失敗はほとほと身にしみているのでその点は十二分に注意。無理な要求、強い要求は一切避け常に馬を安心させ興奮することなく走行、飛越するよう十分に注意。
準備運動場では先ず落ち着いていたが、屋内へ入るとかなりピリピリした感。
安心させる様、柔らかな扶助で運動を繰り返す。

いよいよ、インドアでの飛越。
上記方針に基づき一切無理な誘導は避ける。しかし未だ興奮は残っていると見え、ハミにかかる事も数回あった。
極力落ち着かせる様、言い聞かせつつ走行。
半ば行き過ぎて「あぁ、これは大分判ってきたな」と思われる状態になってくれたが、それで安心した訳でもあるまいに最後から2つ目の第8障害(全部で9障害、10飛越)をカランと落下。
しかし、前回バラバラと落とし続けたのに比べれば、大分回復してくれたと言って良い。
この点は、幾分満足。しかしタイム減点2を喰ったのは今後の課題。

早めに宿舎に戻る。ホテル近くで夕食を取る。

2013年5月11日~13日

5月11日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害、高さ80㎝のオクサー障害を反復して。

(所感)
助走中の口向き、徐々ながら進歩はあるか?

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左右の手前とも。
弾発、徐々に。


5月12日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
常歩のみ。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害、高さ80㎝のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
口向きは未だに安心は出来ない。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を飛越。

(所感)
駈歩は左右の手前とも。
最近、割合軽快な駈歩。


5月13日(月)  
ジュネス

(調教)
高さ「110㎝の垂直障害、高さ100㎝のオクサー障害を反復して。

(所感)
軽く。
競技直前の時期なので。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害、高さ80㎝のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
口向きに注意。
以前に比べれば、改善の跡は見えるが、猶向上の要。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左右の手前とも。
目に見えて進歩。

2013年5月8日~10日

5月8日(水)  
ジュネス

(調教)
垂直障害、オクサー障害共に100㎝級。

(所感)
軽く飛越。

ジュエル

(調教)
ウォーキングマシン約40分。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝幅50㎝の障害飛越を反復して。

(所感)
駈歩は左のみ。
しかし次第に弾発のある駈歩に。


5月9日(木)  
ジュネス

(調教)
垂直障害、オクサー障害共に110㎝級。

(所感)
軽く飛越。
回数は少なく。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害、高さ80㎝のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
口向きに注意。
割合安定した飛越。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を飛越。

(所感)
駈歩は左手前のみ。
しかし弾発は徐々に向上。


5月10日(金)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
常歩のみ。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝以下の障害飛越を反復して。

(所感)
先に第1馬場へ。
それだけでやや興奮気味。
その後、第8馬場へ移動。
幾分、興奮が残っていた。
意外な位。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を飛越。

(所感)
駈歩は左右共に。

競技会出場予定

平成25年5月16日(金)~5月19日(日)
第40回 近畿馬術大会Ⅰ:障害飛越競技大会
於 三木ホースランドパーク

5月16日(木)
 フレンドシップ

5月17日(金)
 中障害飛越D 
 (H110、W130以内 障害個数10~12)

5月18日(土)
 中障害飛越D スピード&ハンディネス
 (H105、W120以内 障害個数10~12)

5月19日(日)
中障害飛越D ファイナル
 (H110、W120以内 障害個数10~12)

日頃の調教の成果を発揮できるように頑張りますので、皆様のご声援よろしくお願い致します。

2013年5月5日~6日

5月5日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害、高さ80㎝のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
この数週間、駈歩の助走中の口向きに注意を払って来たせいか割合飛越は正確。
徐々ながらも、進歩はある?

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50cmの障害飛越を反復して。

(所感)
前進気勢旺盛な歩様を求めつつ走行。
そのせいか否か、駈歩は左右とも発進、維持。
しかし未だ十分とは言えず。


5月6日(月)  
ジュネス

(調教)
高さ100㎝の垂直障害、高さ90㎝以下のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
軽く飛越。
平常心の維持に心掛ける。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝以下の垂直障害を反復して。

(所感)
まずまずの出来と言った感。

アヴァンティ

(調教)
高さ3cm、幅5cmの障害飛越を反復して。

(所感)
従来容易だった左手前の駈歩発進を嫌った。この運動に慣れ過ぎて、新鮮な状態を失ったのだろうか?
後半には、前進気勢旺盛な駈歩に戻る。
昨日に続き、両手前とも発進、維持この点は、予期していた通りと言えるか?

2013年5月1日~4日

5月1日(水)  
ジュネス

(調教)
こちらは、競技で丸4日間働いた後なので軽く三種歩度の運動。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
丸5日間しっかりした運動を休んだ後なので、念の為ウォーキングマシンで運動。約1時間。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
念の為、午前中にウォーキングマシン1時間運動。
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
その効果かどうか、13:00よりの騎乗では、先ずはスムーズに運動。
それでも、1~2回ははねたか?
駈歩は右手前も。


5月2日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
飛越を数回。ゆったりと。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝以下の垂直障害、高さ80㎝以下のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
飛越振りには、変化はなし。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前のみ。
しかし、スムーズに。


5月3日(金)  
ジュネス

(調教)
軽く。
100㎝以下の障害を反復して飛越。

(所感)
なんとなく落ち着いた感。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝以下の垂直障害を反復して飛越。

(所感)
概ねスムーズな飛越。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前のみ。


5月4日(土)  
ジュネス

(調教)
昨日と同じく、軽く。
飛越を数回。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
低障害を反復して飛越。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前のみ。