2013年4月29日 みっきぃホースフェスティバル

今月の鞍数 67鞍 累計鞍数 53,676鞍
4月29日(月)  
ジュネス

6時前に予約していたタクシーでホテルを出発。
20分ほどで到着。直ぐに騎乗。

先乗りの準備運動を行う。
昨日を経験した後でもあり、すっかり落ち着いている。これならばの感。
低いのを数回飛ぶ。今日の騎乗者は2名。今日も又、お二人とも安心して見ていられた。減点0。
これで、計6鞍全て減点0だったわけ。これだけでもそれなりの価値はあるか?
問題は私の出たインドアの競技のみ。

今度こそは、の気持ちはあったのだが気持ちの方だけが先走りしたか?
馬はかなり興奮を示し、バラバラ落下して言わば今日までの最低の状態を残してしまった。
実に残念ではあるが、済んだことは仕方がない。
今度、いかに対策し、挽回を期するべきか再考の必要有。

後の事を指導員諸氏に託し、14:00過ぎにタクシーで三木駅へ。
14:27分発の電車に間に合う。
去る3月と同じ時間帯だったか。17:00頃帰宅。

競技中の岩坪教官


2013年4月28日 みっきぃホースフェスティバル

4月28日(日)  
ジュネス

タクシーにて競技場へ。

今日の最初に競技に出られる2人の先乗り。
馬自体は3日目でもありすっかり落ち着いているのだが、昨日私が無理な要求をしたまま終わっているので飛越前後には少々ハミにかかる。それを修正すべく。
80㎝以下の沈静飛越を反復。何とかこれならばと言う状態になってくれて、やれやれ。
この種目は、広い外の競技場での事もあり幸いお二人とも減点0.うち1人は入賞したか?

次は、インドアでの中障害Dクラス。
昨日の失敗を挽回すべく、下見の時からそれなりの注意を心掛ける。
精一杯努力はするが、無理は避けるとの方針。
幸い、誘導についてはほぼ、計画通り。しかし、2落下だったのは、頂けない。
未だ馬の平常心が戻っていないという事か。とは言え、修正への第1歩は進み得たと思う。
速やかな回復を祈る事切。

昨日より少々早く、17:00頃ホテルへ。
近くで夕食を取り、明日の競技開始が7:15分なのでタクシーは早めに予約。



厩舎でくつろぐ岩坪教官


コース走行中の岩坪教官

2013年4月25日~27日

4月25日(木)  
ジュネス

(調教)
競技前につき軽運動。

(所感)
三種歩度を混ぜつつ。

ジュエル

(調教)
ウォーキングマシン約40分。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前のみ。

明日からの競技会(みっきぃホースフェスティバル)用の馬具等の荷造りをする。


4月26日(金)  
ジュネス

本日より三木ホースフェスティバル。今日から4日間(ただし今日はフレンドシップ競技のみ)
昨秋の体験に鑑み、平日より約30分早く7:50分頃家を出る。
結果的には、非常にスムーズに進んだ。
JRの踏切で横断棒が折損?とかの事故があり、約8分遅れたが殆ど影響なし。
電車を乗り換えて、三木駅からはタクシーでホースランドパークへ向かう。(タクシーは運よく?駅前に駐車してた)
10時頃には会場へ着。昨秋に比べると、かなり早く着いた。

フロンドシップ競技は「フレンドリー100㎝級」に出場。
約70名中の56番なので、時間はたっぷり余裕。インドアでのコース。
簡単ではあるが、明日からの事を考え、それなりのコースの選定には工夫を。
未だ満足出来る状態ではないが、ほぼ想定していた通りのコースを採り得た。
先ずは良かろうかと言った程度の出来。

夕飼いつけ、指導員の車で神戸のホテルへチェックイン。
チェックインしてから夕食に出かけたので、帰りは案外遅くなった。


4月27日(土)  
ジュネス

今日の出番は、12:00からなのだが、先にジュネス号で7:00開始の70㎝級の競技に出場される方の準備運動の為、6:30にタクシーを予め予約。予定通りに出て、競技場へ。
今週に入ってからは、一般レッスンには参加していないので体力が余っているのか?2~3回跳ねた。
とも角、沈静走行が出来るようにじっくりと運動。
幸い結果は悪くなく、参加された間の方お二人とも減点0。
お1人は76名中、10位に入賞。

インドアの競技(本番)は今日が初めて。昨日のフレンドリージャンプ(フレンドシップ)では、まずまずの感だったので今日は更に上を目指すべく数か所の新案を試みたが、これは大失敗に終わった。
馬が不安を感じてしまい、落下数個。
更に私自身が馬の反応付いていけず、誘導ミス。
文字通りの大失敗。
しかしこれも経験の一つとして克服し乗り越えて行くのみ。
或いは少々時間を要するかも知れないが...。
明日の先乗りは出場順の関係で今日よりは少し余裕。

18:00時頃同じホテルに宿泊の諸君と共に車でホテルへ。
近くの食堂街で夕食をとる。店舗が多数あって、見て廻るだけでもかなり時間を要した。
明日は、今日より少し時間に余裕あり。

競技中の岩坪教官

2013年4月24日

4月24日(水)  
ジュネス

(調教)
軽運動。
3種歩度運動まで。

(所感)
さすがに今日は一般レッスンでの出番は無い様なので。

ジュエル

(調教)
ウォーキングマシン約40分。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
午前中ウォーキングマシンでの運動を約30分。(これは休日明けなので、念の為)高さ30㎝、幅50㎝の垂直障害を反復して飛越。

(所感)
右手前の駈歩が意外と簡単に発進した。偶然か?
維持は容易。
水溜りをかなり警戒している。
顔に飛沫のかかるのを嫌うのか?

4月26日より、三木ホースランドパークで競技会が行われます。
皆様の応援よろしくお願い致します。

第15回みっきいホースフェスティバル馬術大会
4月26日(金)~4月29日(月・祝)
主催:公益法人 三木山人と馬とのふれあいの森協会
会場:三木ホースランドパーク

4月26日(金)
フレンドシップ  インドア100㎝

4月27日(土)
みっきいジャンプM-D PartⅠ (105㎝)

4月28日(日)
みっきいジャンプM-D PartⅡ (110㎝)

4月29日(月・祝)
みっきいジャンプM-D ファイル (110㎝)

2013年4月19日~22日

4月19日(金)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
常歩のみ。

ジュエル

(調教)
下の第5馬場にて。
駈歩を主に。

(所感)
走り出したことも1度。
周囲を気にしたか?

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
速歩での横木通過後、右手前の駈歩発進。これ幸いと持続。
軽快な駈歩(違和感はほとんどない)


4月20日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動

(所感)
 

ジュエル

(調教)
高さ100㎝の垂直障害、高さ90㎝のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
割合い落ち着いていた。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前のみ。
指導員が騎乗中走り出したこと一回。これは珍しい。
会員の方にも駈歩を。
軽快な歩様。


4月21日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
常歩のみ。

ジュエル

(調教)
高さ100㎝の障害飛越を反復して。

(所感)
助走、完歩の調整、更に向上を。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝以下の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前の駈歩のみ。
会員の方3名、駈歩を。


4月22日(月)  
ジュネス

(調教)
ジュエル号で飛越したものと同じ障害を軽く飛越。

(所感)
回転などを織り交ぜつつ。

ジュエル

(調教)
100㎝以下(1完歩のコンビネーション含む)の障害が数個配置してあったので、軽く。

(所感)
概ね可。

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝以下の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前のみ。

新馬調教を終えて、第8馬場から降りてくる岩坪教官と会員の方たち。

2013年4月14日~18日

4月14日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
ウォーキングマシンで約30分運動後、低障害を反復して飛越。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
高さ20㎝、幅50㎝の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前の駈歩のみ。


4月15日(月)  
ジュネス

(調教)
高さ120㎝の垂直障害、高さ110㎝以下のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
落ち着いて飛越。
回数は少なく。

ジュエル

(調教)
高さ90㎝の垂直障害、高さ80㎝以下のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
口向きは徐々に進歩?

アヴァンティ

(調教)
高さ20㎝、幅50㎝以下の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前の駈歩のみ。


4月17日(水)  
ジュネス

(調教)
垂直障害、オクサー障害共に高さ110㎝級。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
ウォーキングマシンで運動。

(所感)
調馬策よりは馬にとってはこの方が馬にとって楽かと思い。

アヴァンティ

(調教)
高さ20㎝、幅50㎝以下の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前の駈歩のみ。
歩様は次第に軽快に。


4月18日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
一般レッスンの参加にも忙しく。

ジュエル

(調教)
高さ100㎝の垂直障害、高さ90㎝級のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
口向きに注意しつつ。
幾分進歩はあるか?

アヴァンティ

(調教)
高さ30㎝、幅50㎝以下の障害を反復して飛越。

(所感)
駈歩は左手前の駈歩のみ。
何れは左右どちらの手前にも慣れてくれるものと信じて。

アヴァンティ号に騎乗される岩坪教官

競技会出場予定

平成25年4月26日(金)~4月29日(月・祝)
第15回 みっきいホースフェスティバル馬術大会
於 三木ホースランドパーク

4月26日(金)
 フレンドシップ インドア100㎝

4月27日(土)
 みっきいジャンプM-D PartⅠ (105㎝)

4月28日(日)
 みっきいジャンプM-D PartⅡ (110㎝)

4月29日(月・祝)
 みっきいジャンプM-D ファイル (110㎝)


平成25年5月16日(金)~5月19日(日)
第40回 近畿馬術大会Ⅰ:障害飛越競技大会
於 三木ホースランドパーク

5月16日(木)
 フレンドシップ

5月17日(金)
 中障害飛越D 
 (H110、W130以内 障害個数10~12)

5月18日(土)
 中障害飛越D スピード&ハンディネス
 (H105、W120以内 障害個数10~12)

5月19日(日)
中障害飛越D ファイナル
 (H110、W120以内 障害個数10~12)

日頃の調教の成果を発揮できるように頑張りますので、皆様のご声援よろしくお願い致します。

2013年4月11日~13日

4月11日(木)  
ジュネス

(調教)
昨日に準じ、高さ120㎝の垂直障害、高さ110㎝級のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
オクサー障害で落下2回。
これは珍しい。
緊張に関連してか?

ジュエル

(調教)
高さ90㎝級の垂直障害、オクサー障害を反復して。

(所感)
口向きに留意しつつ。
まずまずの飛越振り。

アヴァンティ

(調教)
駈歩は殆ど左手前のみ。

(所感)
脚に対し、頭を振り上げた事一度。進歩道程の一反応と見てよきや否や。
駈歩は、右手前にこだわらぬことに。


4月12日(金)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
昨日、一昨日とやや程度をあげたので。

ジュエル

(調教)
低障害を反復して飛越。

(所感)
口向きに注意。

アヴァンティ

(調教)
高さ25㎝の横木通過を反復して。
駈歩は左手前の駈歩のみ。

(所感)
右手前の蹄跡行進に於いても駈歩は左手前の駈歩を維持。
やがて、馬自身で右手前の駈歩をなし得るように馴れさせる方針。


4月13日(土)  

早朝、5:33分淡路島震源地の地震。
高槻市付近は震度3~4。
交通機関の早い復旧をあてにして家を出るも、JRは茨木にて運転見合わせ。
復旧の目途立たず。
結局阪急にて高槻へ戻り、クラブへTEL連絡。
ウォーキングマシンによる運動を依頼。
交通機関の完全復旧は最終19時頃になったとか。

2013年4月8日~4月10日

4月8日(月)  
ジュネス

(調教)
高さ120㎝の垂直障害飛越まで。

(所感)
落ち着いて飛越。
次の段階へは、何時?

ジュエル

(調教)
昨日と同様、高さ100㎝の垂直障害を1個置いて、反復して飛越。

(所感)
低障害の反復飛越時には、口向きに注意。
徐々に進歩?

アヴァンティ

(調教)
三種歩度諸運動。

(所感)
昨日とは打って変わって?
大人しい。右手前の駈歩は十分ではなかった。
しかしおとなしいので、指導員の騎乗後、会員の方にも速歩運動まで、行う。


4月10日(水)  
ジュネス

(調教)
下の馬場にて、高さ120㎝の垂直障害、高さ110㎝級のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
飛越振りは可。

ジュエル

(調教)
今日、取材の為時間が少ない為、ウォーキングマシンを利用。

(所感)
調馬策運動よりは馬の態勢が自由な点で、好都合なのでは?

アヴァンティ

(調教)
午後の取材に備え、ウォーキングマシンを利用し30分程度の運動。

(所感)
落ち着いていたのはそのせい?
取材では、三種の歩度(駈歩は左手前のみ)の運動。
騎乗終了後、記者からインタビュー。
略歴、馬術に取り組むと決めた理由等々。

取材の様子





取材を受けられる岩坪教官。

2013年4月7日

4月7日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動のみ。

(所感)
何時もながら土日は忙しいので。

ジュエル

(調教)
高さ100㎝の垂直障害飛越。
反復して。

(所感)
口向きに注意しつつ。
割り合い可。

アヴァンティ

(調教)
30分ぐらい騎乗運動。

(所感)
昨日、私が乗れなかったせい?
運動量は変わらなかったが通常通り騎乗した所、頭を上げ頭頚を振って跳ね上がり、飛び出して走る。
これを繰り返す事数回。
昨日の左肩の半脱臼が再現せぬかが少々心配だったが、幸いそれはなかった。
30分ほど運動したのち、常態に戻る。やれやれ...。
その後、指導員が騎乗。

岩坪教官 85歳の誕生日
作業終了後、新馬調教班の方々、計7名で小生の誕生祝賀会。
ケーキ、花束を頂き、歓談約1時間。

Happy Birthday

2013年4月4日~4月6日

4月4日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
駈歩輪乗りまで。

ジュエル

(調教)
煉瓦障害他馴致。

(所感)
思ったより嫌わず。
口向き注意。

アヴァンティ

(調教)
右手前の駈歩。

(所感)
今日は思った程には発進せず。
そんな日もあるという事か。


4月5日(金)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
昨日と同じく駈歩の輪乗りまで。

ジュエル

(調教)
軽運動。

(所感)
4月からレッスンプログラムが変更になっていたのに気付かず。
不覚。

アヴァンティ

(調教)
高さ25㎝の横木を速歩で通過。
右手前の駈歩発進は案外と簡単に発進。

(所感)
しかし、反復は出来ず。


4月6日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
 

ジュエル

(調教)
垂直障害、オクサー障害共、高さ90㎝級まで。

(所感)
口向きに注意しつつ。
そのせいかどうか分からないが過失はなし。
しかしまだまだ油断は禁物。

アヴァンティ

(調教)
高さ25㎝の横木を速歩で通過。
左手前の駈歩を指導員が騎乗して。

(所感)
小生、左肩を半脱臼。
暫らく時間がかかったが左肩を大きく回すと「コクン!」と音。
復旧。
左腕に稍無理な位置、姿勢をとらせた事が原因?今後はくれぐれも要注意。暫らく時間が経ってから半脱臼 の原因(或いは遠因と言うべきか)はあれではなかったかと思い当る事あり。
確定は出来ないが、恐らくそれが因では?と思われる。
(ジュエルの左口の調整に関連して少々左腕に力を入れた)

2013年4月1日~4月3日

4月1日(月)  
ジュネス

(調教)
100㎝以下の障害を反復して飛越。

(所感)
軽く飛越のみ。

ジュエル

(調教)
低障害を反復して飛越。

(所感)
口向きに注意しつつ。

アヴァンティ

(調教)
高さ25㎝、幅50㎝の障害を速歩で通過。

(所感)
右後肢の傷のあった部分の経過は良。
右手前の駈歩、飛越後の発進は徐々に進歩。
維持は容易。


4月3日(水)  
ジュネス

(調教)
第1馬場にて。
高さ120㎝の垂直障害、高さ110㎝級のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
いい飛越振り。

ジュエル

(調教)
調馬策作業。

(所感)
駈歩を主に約20分運動。

アヴァンティ

(調教)
高さ25㎝、幅50㎝の障害飛越。
速歩での通過を反復して。

(所感)
右手前の駈歩が、次第に容易に。