2011年11月28日~30日分

11月鞍数 48鞍  累計鞍数52,720鞍

今月は11月3日の行事に出席したので、50鞍には届かず。

11月30日(水)  
ジュネス

(調教)
第1馬場に配置してあった横木障害100cmを数回飛越。

ジュエル

(調教)
調馬索運動。
低障害反復飛越。

(所感)
先週24日(木)、物を見て立つわ跳ねるわ、走り回るわの状況だったので、年の為、調馬索による駈歩輪乗り。
矢張り、最初はかなり走り回ったり、跳ねたりだったが約10分で大体は納まる。
念の為、計20分間続け、その後、騎乗。
おとなしく運動。
低障害、反復飛越。
周囲のものに対する馴致にも注意して。


11月28日(月)  
ジュネス

(調教)
低障害反復飛越。

(所感)
来週末は競技につき沈静、確実な飛越を心掛ける。

ジュエル

(調教)
低障害反復飛越。

(所感)
助走における完歩の調整。
幾分上達したか?

2011年11月26日~27日分

11月27日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動のみ。

(所感)
昨日と同じく軽く運動。
口向きの調整。

ジュエル

(調教)
低障害反復飛越。

(所感)
割合落ち着いて飛ぶ。
当分はこの課目を。


11月26日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動のみ。

(所感)
例によって土日は混雑。
口向きの調整。

ジュエル

(調教)
低障害反復飛越。

(所感)
ほぼ落ち着いて飛越。
しかし、助走における完歩の調節については、なお向上の要。

2011年11月23日~25日

11月25日(金)  
ジュネス

(調教)
110㎝までの垂直障害飛越。

(所感)
どの馬場も込んでいて短時間の騎乗。

ジュエル

(調教)
上の第8馬場で運動。
低障害飛越を反復。

(所感)
昨日とは打って合わって、落ち着いて運動。


11月24日(木)  
ジュネス

(調教)
110cmのオクサー障害飛越。

(所感)
第1馬場に横木障害がおいてあったので。

ジュエル

(調教)
今日は水曜シフトにつき、
下の第5馬場にて馴致調教。

(所感)
いつものように、直ぐ傍の道路を数十名の集団(バードウォッチャーの人々か?)、ジョギンググループ、自転車等が通過。
それらを見て、立つは跳ねるは、ハミにかかって走り回るはで、いやはや一騒動。
やや、寒くなって馬が張って来たのか?
しかし、騎座の動揺は全くなかった。
まあ、年齢の割にはよしとするか。
30分くらい走り回ってほぼ落ち着く。

それにしても、ここまでやるとは、一寸意外だった。

20111124.gif


11月23日(水)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
駈歩の輪乗りを数分。
今日は日曜シフトにつき。

ジュエル

(調教)
低障害反復飛越。

(所感)
当分この方法。

2011年11月19日~21日分

11月21日(月)  
ジュネス

(所感)
こちらは、いとも落ち着いて飛ぶ。
最後に120cmの垂直障害飛越。

ジュエル

(調教)
昨日の状況に鑑み、低障害飛越を反復。

(所感)
効果あり思う。


11月20日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
昨日に続き午前中の進級入校テストに使用。

まずまず働いていたが普段のレッスンでは指示の明瞭でない騎手、あるいは飛越にあたり、ハミが馬の口の動きを妨害する騎手の場合、止まった方が楽だと馬が判断するようになったのではとの観察者の意見もあるとか。
指導上の、要注意事項か。

ジュエル

(調教)
90cmのオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
やや、ハミに出る傾向。
当分、低障害の反復のみとするか。


11月19日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
口向きの調整。
午後は進級入校テストに使用。
概ね良好に飛越したとかで、
まずは、やれやれ。

ジュエル

(調教)
低障害反復飛越。

(所感)
沈静を主に。

2011年11月16日~18日分

11月18日(金)  
ジュネス

(調教)
110㎝以下のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
こちらは、割り合い安定の感。

ジュエル

(調教)
90㎝以下のオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
徐々に飛越態勢が出来つつあるか?

飛越態勢が出来るってどういう事??

ここでいう障害の飛越態勢が出来るとは、障害を怖がったり逃げたりすることなく、身体を使い、正確に飛べる状態になっている事。
馬の身体の状態が良くなってきているだけではなく、精神的な部分も合わせて安定してきている事を言います。


11月17日(木)  
ジュネス

(調教)
110cm以下の障害を反復して飛越。

(所感)
今日は概ね落ち着いて飛越。

ジュエル

(調教)
90cm以下の障害を反復して飛越。

(所感)
今日は概ね落ち着いて飛越。


11月16日(水)  
ジュネス

(調教)
第1馬場にて低障害を反復飛越。

ジュエル

(所感)
先週、第5馬場で乗った時、案外
物を見たので今日もその馴致。

2011年11月12日~14日分

11月14日(月)  
ジュネス

(調教)
低障害を反復して飛越。
最後に110cmの垂直障害を飛越。

ジュエル

(調教)
濠の飛越練習。

(所感)
去る10月24日(水)濠の飛越練習中にカラスに驚いて走り回って以来、3週間ぶりに濠の飛越。
今日はカラスはおらず、落ち着いて飛越。
飛越に当たり、やや右へ寄りつつ飛ぶ傾向あり。今すぐ矯正をする程の事ではないが今後の経過には注意の事。


11月13日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
口向きの調整。

ジュエル

(調教)
高さ90cm、1完歩のコンビネーション障害飛越。

(所感)
なぜか案外躊躇した。
先週9日(水)第5馬場で少々物を見て躊躇した後にコンビネーション障害をやったのが影響したのか?
とすれば、益々馴致には留意せねば。


11月12日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
口向きの調整。

ジュエル

(調教)
低障害を反復して飛越。

(所感)
沈静運動。
口向きの柔軟を主眼に。

2011年11月6日~11日分

11月11日(金)  
ジュネス

(調教)
高さ110㎝幅110㎝までののオクサー障害飛越。

(所感)
いい飛越。

ジュエル

(調教)
低障害飛越を反復して。

(所感)
途中、様子を見ながら90㎝のオクサー障害飛越を数回。


11月10日(木)  
ジュネス

(調教)
120cm以下の垂直障害飛越。

(所感)
ジュエルと同じく、助走距離等種々に変化させつつ。

ジュエル

(調教)
90㎝の垂直障害飛越。

(所感)
助走に入る位置、助走距離等
種々に変化をさせつつ。


11月9日(水)  
ジュネス

(調教)
1完歩のコンビネーション障害飛越を反復して。
高さは110㎝、幅110㎝。

ジュエル

(所感)
池側の第5馬場が空いていたのでそこで騎乗。
道を通る人、自転車、ジョギングをするグループ等等にもかなり気を使う。
益々、馴致の必要あり。
第1馬場にあった1完歩の90㎝のコンビネーション障害を反復飛越。


11月7日(月)  
ジュネス

(調教)
低障害飛越を反復して。

(所感)
最後にオクサー障害
高さ110㎝、幅110㎝。

ジュエル

(調教)
昨日に引き続きオクサー障害飛越。


11月6日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
口向きを主に。

ジュエル

(調教)
オクサー障害飛越。

(所感)
低いものながら、少々幅をつけて、反復飛越。

2011年11月4日~5日分

11月5日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
口向きの調整。

ジュエル

(調教)
低障害反復飛越。

(所感)
鎮静と口向きの柔軟を主に。


11月4日(金)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
口向きの調整。

ジュエル

(調教)
この3日間、第8馬場は馬場馬術のクリニックに使用するので運動の為の場所と時間の調整に一苦労。

90㎝以下の垂直障害反復飛越。

(所感)
助走中の口向きに重点。

岩坪徹(83歳)が生涯現役スポーツ賞「金賞」を受賞しました。

「生涯現役スポーツ賞」とは、府民スポーツ・レクリエーションフェスティバル組織委員会(大阪府)が50年以上の長きに亘り、スポーツ・レクリエーション活動に親しみ、健康で豊かな地域づくりに貢献してこられた方に贈呈しています。

11月3日の文化の日に授与式があり、平成23年度は金賞7名、銀賞15名に賞状が贈られました。岩坪徹教官も授与式に参加し、金賞の賞状を贈られました。

iwatsubo_111103_01 生涯現役スポーツ賞「金賞」を受賞  iwatsubo_111103_02 生涯現役スポーツ賞「金賞」を受賞
(※岩坪 徹(83歳)/活動年数:75年/活動種目:馬術競技)


2011年10月31日~11月3日分

11月3日(木)  

6:30起床。
大阪府スポーツレクリエーション組織委員会からの生涯現役スポーツ賞の表彰式。於 大阪府立体育館。
9:30集合との事だったので普段より少々早めに出る。地図があったので迷う事はなかった。
9:15頃会場着。
式そのものは簡単に済む。賞状を授与するのみ。
金賞7名。銀賞59名。と団体賞。
式終了後、和太鼓の演奏があった。


11月2日(水)  
ジュネス

(調教)
下の馬場で運動。

(所感)
こちらは他馬がいてもいなくても全く平気。
たまたま置いてあった横木120㎝までを飛越。

ジュエル

(調教)
下の馬場。
垂直障害、オクサー障害が数個配置してあったので連続して飛越。

(所感)
飛越には問題はないが、馬場内で運動している
他の人馬(5~6騎いたか)を気にしてイライラ。
この点は十分馴致する要あり。
これが出来なければ、どれ程飛越調教が進んでも競技馬としては使い物にならぬ。


10月鞍数 54鞍  累計鞍数52,672鞍
10月31日(月)  
ジュネス

(調教)
120cmまでの垂直障害飛越。

(所感)
落ち着いている。

ジュエル

(調教)
オクサー障害の飛越練習

(所感)
高さは90cm止まり。
幅は120㎝。
注意して飛ぶ。