クレイン獣医師特集! ①獣医さんってどんな仕事? 


   201901-1-m.png

 乗馬クラブクレインには獣医師が11名(男性:6名 女性:5名)在籍しており、全国のクレインの馬達の診療をおこなっています。クレインは全国35カ所、合計2800頭もの馬がいます!今回は馬達の日々の健康を管理し守っている、クレインの獣医師たちをご紹介したいと思います。

 まず、獣医師とはどんな職業でしょうか?獣医と聞くと一番に思いつくのは、動物病院の犬猫の先生のイメージが強いかと思われますが、それだけではなく他にも沢山の場所で活躍している獣医さんがいます。


◆獣医師の主な種類

・臨床獣医師(小動物)
 おもに犬猫の動物病院の先生がこちらです。ただ、近年の多様化するペットブームの中で、専門の分野を得意とする医師もいます。たとえばエキゾチックアニマルといわれる、爬虫類、鳥類・両生類など(犬猫以外の動物全般をさします)は特に専門知識を必要とするので、どこの病院でも診療してもらえるとは限りません。(筆者は以前プレーリードックを飼育していたのですが、プレーリーの治療に特化した先生がたまたま近所にいらしたのでとても助かりました!)

・臨床獣医師(大動物)
 馬・牛・豚などのほかに、動物園などに勤めている場合はキリンやサイ等を診療することもあります。クレインの獣医師達は馬の診療がほとんどなので、こちらの分野になりますね。

・国家公務員
国家公務員の獣医師は海外からの検疫業務などに携わったりします。特に「検査」のジャンルを得意とする医師たちです。

・地方公務員
 都道府県等の施設で主に活躍をしていて、食肉衛生検査や、狂犬病の予防注射など私たちの生活と密接した関係にある医師たちです。

・研究職 私立大学の講師、研究職。製薬会社など。

201901-2-sd.png

 同じ獣医でもこれだけ色々なジャンルがあるのですね!臓器の小さい小動物、固い甲羅を持つカメや、胃が4つもある牛など・・・それぞれ大変です!馬をメインとするクレインの獣医師達が一番苦労するのは、やはりその体の大きさだそうです。サラブレットだと平均450キロ~500キロほどの体重になるので、運搬はもちろん、体重測定や、手術台に乗せる等どれをとっても大仕事になります。薬に関しては馬専用の薬剤のほか、人間用の薬も使用しますが(これは大動物に限らずですが)、馬に使用する場合はその分量も一頭あたり人の10倍量になります。


◆クレインに所属する獣医師の基本的な業務

①馬の定期検診(血液検査等)
②ワクチン接種・防疫管理
③怪我や体調不良などの治療・手術
④競技会への同行(バイタルチェックや急なけがの治療など)
⑤学会なとでの発表
⑥購入馬の馬体検査
などがあります。
201901-3-s.png 201901-4-s.png

↑馬の足のレントゲンを撮っています。装蹄師など他の馬にかかわる人とも連携をとりながら治療を行います。
(クレイン大阪にて撮影)


 事務処理的なものも含め、獣医師の仕事は内容は多岐で、昼夜問わない急患業務や往診での長距離移動など大変な事が沢山ありますが、日々馬達のために頑張ってくれています!

    201901-5-1.png
    笑顔が可愛い先生ですが、病気の馬を前にすると顔つきが変わります。

 クレインの獣医師は女性獣医師も多く、現在は5名の女性獣医師が在籍しています。大きな馬を扱い、力仕事も多い。獣医師の中でも特殊なジャンルの馬の獣医をなぜ希望したのか? 女性医師ならではの苦労など・・・

次回は「クレインの女性獣医師」へのインタビューをご紹介いたします。

written by Okanami

馬のフィジオセラピスト?

こんにちは。障害馬術取材チームです!
全日本障害馬術大会2018PartⅠを取材にいった私たちが出会ったのが、競技馬を陰でサポートしてくれているフィジオセラピストの存在です。
競技馬と選手をどういった形でサポートしてくださっているのか、お話を伺いました。

===
◆エマさん 
オーストラリアで理学療法士の資格を取得されたあとに、取得の難易度が高いといわれる、馬の理学療法士の資格を取得されたというフィジオセラピストのエマさん。
普段はオーストラリアのオリンピックチームで活動されており、リオオリンピックの際にも選手と馬の活躍を陰で支えていた、縁の下の力持ちです。

元々ロッドコーチとお知り合いだったということや、クレインの選手からもフィジオセラピストがほしいというご提案があったとのことで、今回初めてクレインのサポートで来日してくださいました!
今回の全日本障害馬術大会に出場した、クレインの馬すべてを担当されています。

201812101.jpg
※写真:馬の体温を測るエマさん

【エマさんに一問一答】
Q.普段はどのような仕事をされていますか
A. 馬のマッサージや、故障した馬のリハビリトレーニングなどです。騎手と馬が最良の状態で大会に臨めるようコンディションを整えることを目的に仕事をしています。

Q.なぜ馬の理学療法士の資格を取ろうと思ったのですか?
A.人間の理学療法士の資格を持っていましたが、子供の頃から馬が大好きで、馬に関わる仕事をしたいと思っていたので、勉強して馬の資格も取りました。

Q.この仕事のやりがいはどこにありますか。
A.馬にとっての良い環境づくりや、馬をあらゆるストレスから守ることにつながっているという点だと思います。私は馬術競技のファンでもあるので、競技馬と選手の負担を減らし、パフォーマンスを上げることに貢献しているという実感が持てて、やりがいを感じています。

Q.世界各国でご活躍されているのですか
A.今はシドニーを拠点に、オーストラリア全土で活動しています。オーストラリアのオリンピックチームには常駐していますし、世界選手権でノルマンディーに行ったこともあります。2016年のリオオリンピックに同行した際、コーチをしていたロッドさんと知り合って、ご縁があり今回初めてクレインの馬を担当しました。

余談にはなりますが、国際競技ではフィジオセラピストを連れて行くのは当たり前なんですよ。イギリスのオリンピックチームはフィジオセラピストだけでも6人ついていくほどです。競技馬、選手、コーチ、獣医、装蹄師、フィジオセラピストが1つのチームとして戦っている国はやはり強いです。

Q.今後も日本で活動されるご予定はございますか
A今回の全日本大会が楽しかったので、またぜひ関わりたいです。日本はまだ馬のフィジオセラピストがあまりいないので、積極的に手助けができたらと思っています。

===
201812102.jpg
※写真:(左から)エマさん、通訳の茶谷さん、ロッドコーチ

フィジオセラピストのエマさんにお話をお伺いしました。ありがとうございました!
馬術競技を開催する上では、フィジオセラピストの他にもたくさんのスタッフがサポートをしてくれています。
機会があれば、そういった方々にもインタビューをさせてもらい皆様にお届けしたいと思います!

ちなみに、この12/15に『馬のためのグルーミング完全ガイド−WORLD-CLASS GROOMING for Horses−』が発売されます。
乗馬クラブクレインの瀬理町芳隆も監修に参加、グルームとは馬のケアや管理を専門とする人、世界選手権やオリンピックなどでは、監督やコーチとともに正式なメンバーとして登録される重要な人です。

そのグルーム界のTOPに立つ二人キャット・ヒル氏とエマ・フォード氏が書いた本です。
馬を知る上で、非常に大切なことが書かれています。
ぜひ、この機会にどうぞ。
201812103.jpg
参照:Amazon