【馬の品種のおはなし】サラブレッド編


Carly's Berries.jpg

乗馬や競馬で最も身近な「サラブレッド」。けれど、「サラブレッドって何?」と聞かれると意外と「なんだろう?」となりませんか?すらりとした長い脚と、奇麗な曲線、つやつやとした馬体をイメージされる方は多いと思います。
今日は、そんな「サラブレッド」の歴史を少しご案内したいと思います。馬好き、乗馬好きなかたは...ぜひぜひ知っていただきたいです。

サラブレッド(Thoroughbred)は、『徹底的に(Thorough)品種改良されたもの(Bred)』という語源からきているそうで、「強く、早い馬を...」と、血統を改良され、300年以上もの歴史を持つ品種です。体高は160㎝ほど、体重は500kgぐらいで、競馬など人を乗せた状態で時速60km以上ものスピードを出して走ることができます。奇麗な曲線とスタイルのとても美しい馬達です。血統が非常に重要で、サラブレッド同士の交配から生まれた品種以外はサラブレッドとして認められません。


【性格や能力】
血筋の規格はあるものの...その性格、能力はみなそれぞれ!本当に個性豊かです。甘えん坊、いたずら好き、怖がり、すぐ怒る子など(笑)たとえば餌の時間ひとつとっても、ご飯の時間と察すると、待ちきれずバタバタ大暴れ...なんて馬もいれば、ゆったりお行儀よく待っている馬もいます。人との相性も様々。体質的にも、毛の密度の濃い馬、暑さが特に苦手な馬、アレルギー体質など...人間と変わらないそれぞれ個体差があります。

DSC_1080-mi150.jpg mocomoco2-150.png
 
先日、訃報で競馬界を悲しませた、かの有名なディープインパクトは「スタッフが教えたことをすぐにできてしまう優等生で、人なつっこい性格」という特徴から、関係者からは『お坊ちゃまくん』と呼ばれていたそうですよ。
 
 
 
騎乗やお手入れなどのふれあいを通じて、お気に入りの馬が見つかると、ますます愛着がわき楽しくなりますね!乗馬クラブでは、それぞれの馬の性格や得意不得意に応じて、担当するレッスンや出場する競技などを考えていきます。障害物を飛ぶのが得意な馬は障害の競技やレッスンに、繊細な演技が得意な馬は馬場馬術の競技やレッスンに...という感じです。

IMGP9775-180.jpg baba180.jpg 252-182.jpg


【サラブレッドのおもな毛色】
鹿毛(かげ)・黒鹿毛(くろかげ)・青鹿毛(あおかげ)・青毛(あおげ)・芦毛(あしげ)・栗毛(くりげ)・栃栗毛(とちくりげ)・白毛 (しろげ)
kiro1.jpg
keiro2.jpg
keiro3.jpg

毛の色は茶色系も細かく分類され、様々な色があります。馬の個体を覚える時は、毛色と白斑という顔の模様を合わせて、覚えるのがお勧めです。

【サラブレッドの原点】
サラブレッドは競走馬や乗馬として、活躍をする優秀な品種で、世界中で飼育されているので、世界的にもとても有名な品種ですが、一番の特徴は『すべてのサラブレッドが1700年代に在来種改良として選ばれた3頭の馬の子孫である』ことではないでしょうか?「三大始祖」といわれる、バイリータルク、ダーレーアラビアン、ゴドルフィンアラビアンという3頭のアラブ系の馬から始まり、品種改良され、サラブレッドは誕生しました。日本にやってきたのは明治時代ですが、当初は競馬ではなく軍馬としての活躍でした。ちなみに、生産頭数第一位はアメリカ、2位はオーストラリアで、実際サラブレッドという呼び方が定着したのは18世紀末ごろだそうです。

root125.jpg
これだけ「血統」にこだわった品種だから、血筋が良く優秀な人の事を「○○のサラブレッド」などと、人間に対しても表現するのもわかりますね!ただ、注意してほしいのが、じつはこの表現、放送禁止用語に登録されていますので、比喩表現としては要注意です!


奥が深い「血」を受けつぐ馬達!ロマンの「サラブレッド」。2020年のオリンピック競技では、世界中の沢山のサラブレッド達が集まります。皆の活躍への期待が高まります!オリンピック競技では、馬の美しさ、運動能力の高さ、賢さなどを存分に知り、楽しむことができる種目が盛りだくさんとなっています。ぜひ、初めての方にもご覧になっていただきたいです。

 
 
written by Okanami

馬達の夏【暑さ対策と丸洗いの季節】

1-DSC_0696.jpg

酷暑が続いています。夏の日々は馬も人も汗びっしょり!熱中症対策や、体のメンテナンスが必要ですね。馬達はどんな夏を過ごしているのでしょうか...?


●馬達の熱中症対策

人間の熱中症対策、予防は ①睡眠、休養 ②水分、塩分、栄養補給 ③暑さをしのぐ服装やグッズなどがあると思いますが、実は馬達も一緒です!


<水分、塩分、栄養補給>
クレインでは馬達の厩舎に、鼻で押すと自動で水が出てくる「ウォーターカップ」がついているので、いつでも自由に好きなだけ水分補給ができます。また、レッスンの合間は洗い場でバケツに沢山のお水をもらいます。(喉が渇いている時はあっという間に飲み干してしまいます!)スポーツドリンクを飲ませる場合あもあります(←甘党の馬たちなので、好きな子が多いですが、健康管理のためスタッフの許可をもらってくださいね。)また、厩舎にはオレンジやベージュ色の石の塊のようなものが置いてありますが、これは「鉱塩」といって、舐めることで塩分補給ができる馬用の塩飴のようなものです。


<暑さをしのぐ>
洗い場では、夏場は扇風機やシャワーミストが大活躍!馬は犬や猫と違い人間の様に全身から汗をかくので、気化熱を利用したり、汗のお手入れやコントロールが必要となります。虫を防いだり、シャワー後の乾燥を助ける通気性の良い夏用ラグ。冷汗ジェルなど、馬用の夏対策グッズも進化しています。

1-DSC_1061.jpg
※暑さ対策以外に、この季節に活躍するのが"フライラグ"。虫よけ効果があります。


●丸洗い

夏場は、レッスンの合間は固く絞ったタオルで汗を拭き取ってあげたり、鼠径部の太い血管の通る部分を水で冷やしてあげたりします。そして、1日の終わりには「丸洗い」をして、すっきりさっぱりしてもらいます。

180-DSC03538.jpg 180-DSC07862.jpg

①足周りのお手入れ(裏掘り)などは通常通り行う



②冷たすぎない温度の水(もしくはぬるま湯)で全身の汗や汚れを流していく。たてがみに隠れた内側、尻尾の付け根など汚れの溜まり易い部分は念入りに。ブラシや、たわし、メッシュスポンジなどを使い、マッサージも兼ねてゴシゴシと洗っていく。
 
※水をかける時は、心臓から遠い部分から。馬が怖がらないようにゆっくりと。
※水を怖がる子もいるので、いきなり背後や顔からかけないように注意。(逆に水が大好きで顔にかけると喜ぶ馬もいますが(笑))

 
耳回りや、顔の汗が溜まりやすところは固く絞ったタオルなどで汚れを取る。シャンプー、リンスなどを使った時は、成分が残らないよう念入りに洗い流す。(基本的には水のみでOKです)
 

 
③馬用の水きり(汗こき)などを使い、全身の大まかな水分をきる。その後乾いたタオルで水分をとり、全体をしっかりとかわかす。最初は毛並みに逆らってしっかり拭くと乾きやすいです。
 
180-DSC09497.jpg
※濡れたまま厩舎に帰すのはNG。せん痛(馬の腹痛)などの原因にもなってしまいます。蹄が乾いているかも確認くださいね。
 

 
しっかりと乾いたら、軽くブラッシング。トリートメントのスプレー等を使う事もあります。
 
お手入れいただく会員様は、丸洗いのタイミング、方法など指導員に聞きながら行なってくださいね!


Snapshot_56.png Snapshot_52.png
※しっぽやたてがみもトリートメントスプレーなどでさらさら、つやつやに。ブラッシングはしっぽの先から少しずつほぐしていく感じで行ないます。


 
●その他
馬の体質も様々で、特に夏の暑さが苦手な子は、夏季期間のみ涼しい地域に休養にでる場合もあります。また、レッスン時間を早朝やナイターに比重を置き、昼間の休憩時間を長くとる夏季スケジュールに変更したり、馬の飼料を夏用の栄養価の高いものにメニュー変更したり等の対策をクレインでは行なっています。
 
 
立秋を迎え暦の上では秋ですが、まだまだ暑さは続きます。人も馬もしっかりと暑さ対策をして、夏を乗り切りたいですね!
 
 
written by Okanami