全日本馬場馬術大会2018 PartⅡを目指して!

こんにちは、元持です。
だいぶお久しぶりのブログ更新となってしまいました"(-""-)"

新年度に入り、馬場部の選手たちも馬のペアが変わったり、今までよりも上の課目を目指して練習したり、それぞれの想いを胸に日々がんばっています。

4月の合宿では、瀬理町先生より、如何に競技で点数を稼ぐことができるか、という貴重なお話もありました。

経路、というと、みんな難しい運動内容を必死に練習しますが、簡単なところの練習をおろそかにしやすいものです。
例を挙げてみると、肩を内への練習はするけれども入場停止、敬礼の部分の練習はしない、ということです。

難易度は違えど、つく点数は同じです。
そう考えると、より簡単な項目を完璧にして、より良いパーセンテージを目指す方が、早く良い結果に繋がりますよね?
20180524-1.jpg
普段必死に練習している選手たちは、難易度の高い運動の練習ばかりになってしまい、そのような点に着目することはなかなか難しいものです。
こういうことを学ぶ機会というのは大事ですね・・
目からうろこです('Д')

4月の合宿では、自分が練習したい運動項目ごとに班分けして行われました。
シンプルチェンジ、肩を内へ、ハーフパス、踏歩変換などなど。
普段自分ひとりで練習しているだけではなかなか行き詰ってしまうことも多いですが、瀬理町先生の解説付きレッスンは、人が馬と同様の動きをしてみることによって、新たな発見を見出すことができます。みなさんも、何かに迷ったら自分で馬の動きを再現してみるとよいかもしれませんね。何かひらめきがあるかも!?

また、人の声掛けで馬を停止させる、という練習も実施、ちょっとした声掛けで馬が停止してくれるように調教されていれば、経路中も苦労することはないですよね。
人の声掛けにきちんと反応した馬はご褒美に人参をもらい、それが正しかったことを学びます。


調馬策でも同じです。
20180524-2.jpg
今回は瀬理町先生の調馬策デモンストレーションがありました。
まだ3歳のオルフェーヴルの初子、ボワット・ア・ビジュ。
瀬理町先生のところに来てまだ1年とたたない若馬ですが、見事に、瀬理町先生の声掛けにきちんとした反応を示します。

当たり前のことなのですが、日々の調教、馬への接し方というのは、本当に大事なことだなと再認識させられた合宿でした。
馬はいかようにも変わります、応えてもくれます。

如何にして馬の良いところを引き出して調教していけるか・・
馬が成長してくれたら選手冥利に尽きますね。

目指すは、7/14~開催される第70回全日本馬場馬術大会2018 PartⅡ。
大会に向けて、6/11~13 御殿場市馬術スポーツセンターで合宿を行います!
4月から、どのように成長しているのか?
選手たちや馬の変わりぶりを見るのが楽しみです。

元持

華やかな祭りの馬達・京都葵祭5月15日開催!

初夏~夏にかけて、全国各地で様々な祭りが開催されます。
それらの祭りには、馬の出番も数多くあり、馬好きにはとても嬉しいシーズンでもあります。今回は、馬の登場する祭りの中でも特にお勧めの【葵祭(京都)】をご紹介!

20180512-1.jpg20180512-2.jpg20180512-3.jpg

●葵祭(あおいまつり)とは?
下賀茂神社と上賀茂神社の例祭で、5月15日に行われる。古くは賀茂祭り、または北の祭りとも称し、平安中期の貴族の間では、単に「祭り」と言えば、葵祭りのことをさすほど有名であった。

●名前の由来
江戸時代の1694年に祭りが再興されてのち、当日の内裏宸殿の御簾をはじめ牛車、勅使、牛馬にいたるまで、すべての葵の葉で飾るようになって、この名があるとされる。

引用:京都観光協会:https://www.kyokanko.or.jp/aoi/index.html

この祭りの見どころは、なんといっても路頭の儀(行列)です。平安貴族の華やかな衣装の人々や馬たちの行列が、京都御所~下賀茂神社~上賀茂神社へと向かいます。また、その行列はとても長く、総勢500余名、馬は36頭もいます。道のりは8キロにもわたります。

興味深いのが「斎王代(さいおうだい)」。斎王とは賀茂神社に仕えるために皇室から差し出された内親王(天皇の皇女・姉妹)のことで、現在は未婚の市民女性から選ばれるので「斎王代」とよばれます。葵祭りの主役にあたる人物で、毎年、斎王代が決定するとニュースで大きく取り上げられるので、耳にした事のある方も多いかもしれません。十二単(じゅうにひとえ)をまとい、大きな輿に乗り艶やかに登場します。
20180512-4.jpg
祭りの主役「斎王代」
20180512-5.jpg


それでは、実際に祭りに行く際の楽しみ方や、お勧めをご紹介していきたいと思います。

●祭りの楽しみポイント

①『事前に登場人物をリサーチ!』
行列は「本列」と「本列」に大きく分かれ、様々な位の人々が登場します。事前にどのような登場人物が出てくるのかを調べておくと、行列の見物がさらに楽しくなります!細かな衣装の違いも見所ですね。
20180512-6.jpg←牛も頑張っています
20180512-7.jpg20180512-8.jpg
20180512-9.jpg
↑昔の鐙(あぶみ)も間近で観察できます。鐙とは鞍にまたがった時に足を置くところです。

②『移動しながら見物!』
行列はとても長く、歩く速さもゆっくりなので、先頭から最後まで列を見終わった後に、次のポイントまで移動して、ロケーションを変えて見物することができます。私のお勧めスポットは「鴨川沿い」「糺(ただす)の森」の二カ所。太陽が降り注ぎ美しい新緑の街道を歩く光景と、神秘的で厳かな雰囲気の糺の森を歩く光景を二度楽しむことができます。
20180512-10.jpg
厳かな雰囲気の糺の森会場
20180512-11.jpg
気持ちの良い新緑が広がります。
20180512-12.jpg
↑鴨川会場から糺の森へは、鴨川を渡って行けば混雑を避け先回りできます

③『馬達の頑張りを応援!』
祭り当日は沢山の見物客やメディアで賑わいます。そんな中、とても落ち着いて賢く行列を歩く馬達の姿には、とても感動します!ぜひ、それぞれの馬達の晴れ舞台を応援してあげてください!(・・クレインから馬は出演していません。)

●祭りの注意事項
・日によっては気温が高い日も多くなります。暑さ対策、飲料水準備は万全に。
・馬の驚くフラッシュ使用の撮影、日傘の開閉などは禁止されています。マナーを守って見物しましょう。
・歴史ある人気の祭りなので混雑する事もあります。小さなお子様や、ご年配の方と出かける場合、有料観覧席もお勧めです(ゆっくりと座って観覧できます)

馬好きの方にはぜひ見て頂きたい、人気の祭り。初夏のお出かけにいかがでしょうか?

葵祭サイトはこちら↓
https://www.kyokanko.or.jp/aoi/index.html

Written by Okanami