【馬と交通ルール】


 こんにちは!朝晩、寒くなってきましたが如何お過ごしですか? でも、『行楽の秋』ともいいますが、日中は過ごしやすくお出かけになる方も多いのではないでしょうか?車でのお出かけも増えるかと思いますが、秋は交通事故も多い季節らしいのでお気を付けください。原因の一つが、日暮れが早まることだとか。だから秋に交通安全運動週間があるそうです。たまに、馬って道路走れるの?とか、聞かれることがあるのですが、今回は、馬は交通ルールではどのような扱いになるのか、【馬と交通ルール】について詳しくご説明したいと思います。


      IMG_4145-s.jpg

 馬は、交通ルールでは「軽車両」扱いになるという事はご存知の方も多いかもしれません。軽車両とは、自転車、荷車、その他に人、もしくは動物の力に牽引され、かつレールに乗らないで運転する車の事を称した物を言います。牛、三輪車、人力車、リヤカーなども含まれます。これらの軽車両には運転免許は不要とされていますが、自動車と同様の交通規則があり、違反すると交通切符が切られてしまいます!


 では、交通法規上では馬はどのようになっているのでしょうか・・・・


【馬の交通法規】

*馬をつないでおく時は、軽車両の駐停車に関する法規にのっとって行わないと違法駐車になる。
*スピードの出しすぎはスピード違反になる。
*曳き馬による散歩は自転車を押して歩く歩行者と同じで、歩行者扱いである。
*飲酒運転は禁止。また、馬にお酒を飲ませて乗馬すると「整備不良」になる。

 飲酒による馬の整備不良!?ウソのようですが本当の話です(笑)びっくりですね!そして、軽車両(この場合は馬)には、適当な制動装置(ハミと手綱)、安全を確保できるもの(鞍)を備えなければならないというきまりもあります。

      horse0052-po-ss.jpg
馬の飲酒・・・、こんな感じになるのでしょうか??・・・(笑)


【馬の違反事項】

*飲酒運転(懲役)
*手放し運転
*携帯電話を使用しながらの運転
*信号無視
*傘さし運転などの不安定な乗り方


 自転車などと同様に、安全を第一に考えた規則となっています。北海道など自然が多く、馬との生活が珍しくない地域では様々な標識が立っているようで・・・とても興味深いですね!

hito-uma.png  keikai-iroiro.png  uma-ohdan.png

http://matsukoaki.webcrow.jp/RoadSideSign02_notable.html#ウマ

実際のところは、都会では車なども多く通りますし、雨の日のコンクリートやマンホールは蹄鉄が滑ってしまったり、ボロ(馬の糞)の処理の問題などもあり、自転車と全く同じように一般道で走るのは問題が多いので(特に日本では)あまり現実的ではないようですね。

DSC_1630-s.jpg
夕暮れ時、くれぐれもお気をつけください。 (クレイン大阪にて撮影、2018/10)


 車や自転車に乗る時に、ぜひ少し馬の交通ルールも思い出してみてください。

そして、ゆずりあいの心を持って、これからの秋、楽しみましょう!



written by Okanami


三重ホースファーム便り5 2018春夏編

こんにちは、高橋です。
天高く馬肥ゆる秋、まさに三重ホースファームはそのような季節を迎えております。
が、今回は、9月までの半年間の三重ホースファームの様子をお届します。
(秋の三重ホースファームを体験したい方は、クレインの会員さまでしたら11/4、11/17に"牧場体験"がありますので、よろしければご参加ください。詳細は各所属クラブへお尋ねください。)

実は、今年の4月に新しく南大阪ホースファームができ、春に4頭の馬が移動していきました。クレインでは、この2か所で馬たちのケアと引退した馬たちが余生を過ごせるよう運営をしています。

さて、4頭去り、新たに馬が入ってきた三重ホースファーム。
8頭いた馬のうち6頭が牝馬(ひんば)という、女子が多い状態になっていたようです。
201810221.jpg私たち、牝馬sです!草まであと少し。

三重ホースファームを管理する松岡さんも
「今は8頭の馬たちが過ごしています。8頭のうち6頭が牝馬というなかなか困った状況に
なったと思っておりましたが、みんな仲良くしてくれています。
一般的に若い牝馬は、気分に波があって人に慣れていない場合は扱うのが難しいと言われています。人で言うと反抗期の女子高生みたいなもんでしょうか...?
幸い今いる馬たちは、最初は様子を見るのに蹴ろうとすることもありましたが、今ではすっかり仲良しで、安心して放すことで出来ます。」
と少し気にかけていたようです。

201810222.jpg?心配されている?
201810223.jpg「大丈夫、上手くやるわよ。」と声が聞こえてきそう。

春はあっという間に過ぎ去り、何頭かの馬たちがクラブに戻って行きました。
201810224.jpg201810226.jpg

201810227.jpg柱の隙間から・・ひょっこりはん?

今年の夏は気温が高く、7月の初旬で36℃、37℃の日があり大変だったようです。
「昨年は、放牧している馬たちも日除けの下に入ったり頸筋に汗をじわっとかく程度で、日中も風がある日は外に出せたのですが、今年は馬の様子を見ながら早めに集牧する日もありました。
馬の年齢や暑さに弱い馬は体温が上がり、呼吸が速くなってしまうので、長時間外にいるのは熱中症にかかる可能性もあり、洗い場で水をかけたり丸洗いをして身体を冷やすようにしました。」と松岡さんも大変だったようです。

が、そのような松岡さんの苦労は露知らず、馬たちは好きなように、思い思いの夏を過ごします。
君たち、幸せだねー。
2018102211.jpg!何か話している?
2018102212.jpgと思ったら、ダーッシュ!おいかけっこが始まります。

夏は良く草が伸び、馬たちもおいしそうに食べていました。
2018102213.jpg2018102214.jpg

「元気になった馬は各クラブへ戻っていきます。長期の馬は、半年から1年近くになる馬もいますが、放牧したり休養して良くなる馬は、早い馬で1ヶ月ほどで戻っていきます。
ここに休養に来る馬の症状は、蹄が悪く長期休養が必要な馬や、腱を痛めた馬、拍車痕や鞍傷が出来てしまった馬など様々です。
放牧していても、昨日まで仲良しだった馬が退厩したら、どういう反応をするのか見ていますが、私たちが思っているほど馬は寂しがったりせず、今一緒に放している馬と仲良くしています。
「今ある状況を受け入れる」という馬の性質が本当によく分かります。」
馬とともに長い時間を過ごす松岡さん、馬博士になりそうですね。

2018102215.jpgみんな、一緒に何かを見ている。と思ったら
2018102216.jpg次の瞬間は、てんでばらばらに

今回はこの辺で、また便りが届きましたら、ご紹介いたします。
2018102217.jpg
きれいな夕空

高橋