~スペイン女王から上杉謙信まで!?~ 月光の馬「パロミノ」

palomino.jpg
月光のように金色に輝く馬をご存知ですか?美しい馬体に、銀色にも見える白く輝く尾。レッスンに登場したら一際目立つこと間違いなしの「パロミノ」は、馬の毛色の種類の一つです。そして、その毛色の馬自体を指します。被毛は淡い黄褐色~クリーム色が特徴です。純粋のサラブレッド・アラブ系ではほぼいませんが、その他の品種では見ることのできる毛色で、日本でも出会うことができる馬達です。
 
「パロミノ」が広く飼育されているアメリカでは、パレードや、乗馬、ウエスタン競技、ホースショーなど、様々なシーンで登場します。日本でも競馬場の誘導馬(競馬場で競走馬が本馬場に入場する際に誘導する馬)に抜擢されたりと大活躍な「パロミノ」達です!

_DSC0895.jpg  _DSC0925.jpg

【名前の由来】
スペインの金色のブドウの名前に由来するという説などがあります。(シェリー酒の個性を造るための大切な要素となっている品種。小粒でワインにビター・アーモンドの風味を与えるそうです!?お酒が好きな方はぜひお試しください♪) また、スペインの女王イザベラがパロミノをたいへん気に入り、100頭ものパロミノを飼育していただそうです。そのことからパロミナを「イザベラ」と呼ぶこともあるそうですが、女王イザベラが飼育していた馬を、アメリカに持ってきてファン・デ・パロミノに譲ったためとの説もあります。
PalominoListan_Blanco_grapes_growing_in_Tenerife.jpg  300px-Mare_and_foal_(Kvetina-Marie).jpg
出典:ウィキペディア

【パロミノホース協会】
 アメリカでは「パロミノ」は毛色というより品種のような地位を築いている馬で、それには「パロミノホース協会」が大きく関係しています。血統の記録と血統書の交付を行い、「パロミノ」を維持するために設立された協会(1936年)だそうです。たしかに、こんなに美しい馬達なら、子の血統を絶やさず守っていきたいと思うのも納得ですね。今はアメリカだけでなく、世界各地でパロミノに出会う事が出来るのも、この協会の貢献のおかげかもしれません。


【歴史上の名馬】
 上杉謙信の愛馬で有名な放生月毛(ほうしょうつきげ)この「月毛」とは「パロミノ」のことをさし、川中島の戦いにおける武田信玄との一騎討ちで騎乗していたと言われています。
Kawanakajima_Takeda_Shingen_vs_Uesugi_Kenshin_statue.jpg
出典:ウィキペディア
 

 パロミノとすこし似た毛色に雄花栗毛と河原毛がありますが、雄花栗毛(おばなくりげ)は白い長毛(しっぽなどの毛)を持つ栗毛で、河原毛(かわらげ)は黄褐色~亜麻色の体を持ちますが、長毛や四肢は黒色になります。

Finnhorse_draught.jpg  1024px-Buckskin_New_Forest_pony.jpg
(左)雄花栗毛 (右)河原毛
出典:ウィキペディア


 芦毛や栗毛、青毛など...生き物のなかでもとてもカラフルな特徴をもつ「馬」たち。騎乗はもちろんですが、牧場や乗馬クラブで「馬の毛色」に注目してみるのもお勧めです。
 
 
written by Okanami

最初で最後のグランプリ!『Arriba De Herma』・・今後は繁殖牝馬に!?

こんにちは、元持です。

2019年11月8日(金)~10日(日)にかけて、
全日本馬場馬術大会2019パートⅠが行われました。

今回注目したのが、
瀬理町選手と共にグランプリクラスに出場した馬『Arriba De Herma』アリーバ・デ・ヘルマです。

20191108-1.jpg

この馬は、約3年前に日本にやってきました。
Mクラスレベルの馬としてやってきたのですが、ここ半年間ほど瀬理町選手が乗り出してから、みるみる頭角を現し、最終的にはグランプリクラスの内容が踏める馬となりました。

なぜ、今回が『最初で最後のグランプリ』??
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それは、アリーバは今回の全日本馬場パートⅠを最後に繁殖牝馬としての余生を送ることになるからです。
実はアリーバは、日本で唯一、『Gribaldi(グリバルディ)』の血統を持つ馬なのです('Д')‼

『Gribaldi』って何??って思うかもしれませんよね、
『Edward Gal & Totilas』と言えば、何となく想像つく方もいらっしゃるかもしれません。

そう、かの有名な馬場馬『Totilas』の父親が『Gribaldi』なのです!!
アリーバはその『Gribaldi』の血を引いています。
その血統を日本に残していくために、繁殖牝馬となることが決まりました。

20191110-1.jpg

気性も穏やかで、人に対して協力的で従順です。
少ししんどい運動になっても人に反抗するような態度をみせたことはありません。

全く牝馬っぽさを感じない不思議な馬です。

競技で使用している馬で、繁殖にもっていく馬を私は今回初めてみました。
競技馬というのは、引退したらスクーリングホースになったり、するケースが多いですからね。

どんな優秀な子どもを産んでくれるのか、アリーバの今後がとても楽しみです。

第一子が産まれたときには、また皆様にお知らせできればと思います。
では今回はこの辺で、最後までお読みいただきありがとうございました。

今回の全日本馬場馬術大会パートⅠの結果はこちらから
https://www.equitation-japan.com/index.php?menuindex=posts&cat=18&pno=7296

20191110-2.jpg

元持真麻