エンデュランスの世界 その③ 実戦編

640300.jpg

こんにちは。去年の10月のブログでもご紹介した「エンデュランス競技」を取材して来ました!

2019年1月18日(金)~19日(土)の2日間、静岡県伊東市で『伊豆パノラマ・ライド 2019年1月大会』が開催されました。今までクレインの参加者は、東日本にあるクラブからの参加がほとんどでしたが、今回は東広島、金沢、大阪、服部と、西日本からも新メンバーが合流。2019年は、いつもより賑やかな新シーズの幕開けになりました。


では、競技の様子をお伝えしていたします。

≪前日≫ 
30028s.jpg 
他の馬術競技との大きな違いの1つが、競技前日にあるブリーフィング(打ち合わせ会)の、数時間前に実施されるホースインスペクション(獣医検査)です。馬場馬術の大きな国際大会では競技前に実施されることもあるそうですが、エンデュランス競技は、まさにココからがスタート。緊張した面持ちの人馬が、まるでお披露目会のように大会参加者の前を速歩していきます。パスした馬のお尻には、距離種目毎のカラーリングでナンバーがペイントされます。
写真 左 初めての選手もいるのでホースインスペクションの練習。

2996711s.jpg 30090_0s.jpg DSC_0187s.jpg
写真 左から
・前日の馴致風景。クレインチームとして新旧メンバーでサポートしながら馴致中。
・ライダーとクルー2名分のカラーゼッケン(ビブス)配布。ビブスを着ていない人は馬に触ることができません。
・ビブスの番号が馬のお尻にもペイントされチームがわかります。


【当日】
LINE_MOVIE_1549154991254_00001511s.jpg 

明け方5時前には馬の朝ご飯。まだ暗いうちからの活動なのですが、競技場の中に宿泊施設も完備されているため、選手・クルーにとっては嬉しい立地条件です。今回の最長クラス「80km競技」は午前7時スタート。まさに海から朝日が上がってくる姿を望みながら人馬が走り出しました。

30055s.jpg--------------------------------------
伊豆ホースカントリーのコースはいくつかのエリアにわかれています。
パノラマコース(全長約1km)、15kmコース、23kmコース、マウンテンコース。これらのコースを合わせて区間("レグ"といいます。)毎の距離が20km、30kmになっています。
(ルールについてはコチラを→「エンデュランスの世界 その② ルール編 」https://www.uma-crane.com/happy-crane/2018/11/post-278.html)

ただし、選手と馬たちの姿が見えるのはパノラマコースだけ。例えば「80km競技」の場合、スタートしてパノラマコースを2周走った後は、2時間ほど選手の姿が見えなくなります。その声援のない区間は、参加選手同士で並走し、声を掛け合いながら孤独にならない(!?)作戦を立てるそうです。
そんな特殊な環境のせいなのか、他の馬術種目、いえ恐らく他のスポーツではあまり聞かない、あることが許されています。それは携帯電話の使用です!競技中にクルーと選手が、あるいは選手が大会本部と電話で話してもOKなのです。前日のブリーフィングでも、「道に迷って困ったら電話して来てね」(笑)と主催者の方が伝えておりました。携帯電話の使用が可能ということで、「音楽を聴きながらの走行も良いのですか?」と聞いたら「ダメでは無いですよね。」と、とても緩やかな回答をいただきました。
------------------------------------------------

その後も、競技毎に続々と人馬がスタートしていきます。

29989s.jpg 30037s.jpg


8時51分、「80km競技」の先頭を走る遠藤選手&ソニアが、第1区間の30kmを走り終え帰ってきました。海外(インスタなどでイギリスからの報告をご紹介しました)から帰国して即、この大会のために、馬の輸送で西へ東へと奔走した遠藤選手。その走行距離に比べたら80kmなど大したことない! そんな雰囲気の序盤の30kmです。

鞍を外し、厩舎に戻って馬の心拍を落ち着かせます。夏なら水で馬の全身を洗ったり、汗を止めたりと、クルーが必死に馬のケアをするところですが、気温10℃の今大会ではゆっくり休ませることに専念。到着後は、10分程で獣医チェック。パスすると強制的に40分の休みを取ることが必要になります。
つかの間の休息。クルーもそっと距離を置いて遠藤選手とソニア、2人時間がひっそりと流れていました・・・。

残りの第2区間(30km)、第3区間(20km)を合わせ、合計80kmを無事に走破して帰って来た遠藤選手&ソニア。朝の7時にスタートし、ゴールした時刻は、お昼を過ぎた2時23分。

LINE_MOVIE_1549155338918_00000211s.jpg序盤‐中盤の60kmまでは笑顔もあった遠藤選手でしたが、終盤の20kmでは、ちょっと顔にも疲労の色が・・・。馬の体力も維持しなければならないので、ゴール直前のパノラマエリアでは馬から降りて引っ張って歩くシーンも見られました。さすがにゴール後は声も出せず、ひと廻りカラダが小さくなったように見えた遠藤選手。お疲れ様でした!

最後のインスペクションも無事にパスし、トータル走行時間5時間53分で優勝となりました!
長距離の激闘を終えた、遠藤選手&ソニア、それを支えたクルーの皆さまに大きな拍手を送ります。

1549156477527s.jpg 30000s.jpg

その後も続々と人馬が帰って来ました。その度にあわただしくなるゴール地点。ここからのクルーの皆様のチームワークが素晴らしいです。鞍をはずす人、馬を引く人。最終関門である獣医検査をパスするために各チーム、馬のケアに余念がありません。まさしく「馬」を中心に、選手・クルーのチームで戦うエンデュランス。人馬一体を目指す競技のクライマックスを目にしました。

30069s.jpg 30124.jpg
写真左から
・ご飯待ちの与那国馬チーム。この真横を馬と選手は駆け抜けていきました。
・空は近く、相模湾も富士山も見渡せる伊豆ホースカントリー。海に沈む夕日がとても魅力的でした。

残念ながら今回参加した人馬の中には、ゴールは切ったものの獣医検査でパスできなかった馬もいました。リベンジを目指し、人馬共に心肺機能を高めるトレーニングを積んでいるのだろうと思います。

まだまだ知らない方も多いこの競技。馬をパートナーに大自然を進み、選手とクルーが力を合わせ1頭の馬に集中する。他の競技と一味違うエンデュランスの魅力はたくさんあります。これからも、いろんな情報をお届けできればと思います。お楽しみに!

< クレイン獣医師特集! ② 活躍する女性獣医師たち >

      t1-hayami-DSC07517.jpg


 先日は獣医という職業や、クレインで働く獣医師の仕事内容などをご紹介させていただきました!
獣医師特集第2弾は、女性獣医師にスポットを当てます。

 クレインの馬達の治療や健康管理をしている「大和高原動物診療所」。その獣医達は、関東と関西に拠点をおいて活動しています。たとえば、大阪駐在の獣医師は、奈良や京都、中国・九州方面を。茨城駐在の獣医師は、仙台、東京、埼玉、石川等・・・など。それぞれスケジュールを組み、定期的なワクチンや健康診断、そして当然、急患があればかけつけます。全国各地のクレインを回り、毎日大忙しです!

 その獣医師11名の中の5名の女性たち。彼女たちはみな華奢で女性らしく、一見、大きな馬を扱うイメージは浮かびません。その彼女たちが大動物の獣医を目指した背景は? また女性であることの苦労などは・・・? 少しお話を伺ってみました。


《クレイン女性獣医師インタビュー 》


◆真栄田 和江(まえだ かずえ)獣医 
(千葉県出身 日本獣医生命科学大学卒業)

200member_maeda.jpg
 

Q.1 なぜ獣医師を目指したのですか? 
 「動物のお医者さん」という漫画にはまり。大学卒業後、動物病院で犬猫の獣医として勤務。その時期クレインの会員になり、馬の魅力にとりつかれ、5年前に馬の獣医に転向。
(←動物の獣医さんと言えばやはり犬猫!その道を進んだにも関わらず、転職を決意させるほどの馬の魅力!なんだか嬉しいですね)


Q.2 女性ならではの苦労・悩みはありますか?

 背が低いので体格的なハンデは感じますが、体力的には負けていないと思います。 レントゲンなどの機材を載せた大きい車での往診なので、細い山道や、通路などには苦労しています。
(←「治療をしているのだけれど、痛いので(好きな馬に)嫌われるというジレンマがあります。」なんて回答もありました。獣医さんにとってはちょっと辛いところですよね。)


Q.3 やりがいや、得意な治療分野は何ですか?
 治った、治らないがはっきりしているので「外科」が好きです。治療が成功した時のやり遂げた感は毎回うれしく思います。 
(←大きく分けると、外科系、内科系に好みが分かれるようですね!体の大きい馬の手術は、麻酔や診療台にのせる等だけでもとても大がかりな作業になります。)


Q.4 休日の過ごし方、趣味、好きなものなど教えてください。
 読書と、録り溜めたドラマの録画を見ること。      
大好きな猫を飼っています。気の置けない同居人です♪
toshizo-s.jpg 名前は歳三 !(←写真お借りしました。可愛いですね❤)

Q.5 獣医という立場から、乗馬をする方々への希望やアドバイスはありますか?
  馬の可愛いところだけではなく、危ないところも知っていただいて、丸ごと親しんでほしいと思います。「こんな大きな動物と意思疎通をはかれる」という事が、乗馬の醍醐味です。騎乗の練習だけではもったいない。正しい距離感で仲良くなってください。 

◆奥原 秋津(おくはら あきつ)獣医
(東京都出身、帯広畜産大学卒業 )

200member_okuhara.jpg

Q.1 なぜ獣医師を目指したのですか? 
小さい頃から動物が好きで、漠然と獣医を目指していました。乗馬を始め、馬に関わる仕事がしたくなり、馬の獣医を目指すようになりました。 


Q.2 女性ならではの苦労・悩みはありますか?
 夜すぐに眠くなるので(笑)夜間の診療は辛いです。 冷え性で、冬にはしもやけになることが毎年悩みです。
(←女性ならではのお悩みと先生ならではのお悩み!?)


Q.3 やりがいや、得意な治療分野は何ですか?
 便秘の馬の状態が改善した時が一番すっきりしてうれしいです。
(←便秘は馬にとって定番でもありますが、その一方で命取りな病気でもあります!) 


Q.4 目指す獣医像はどのようなものですか?
話しかけやすい獣医を目指しています。 
(←獣医さんに限らず、お医者様はそれが一番かと思います。)


Q.5 休日の過ごし方、趣味、好きなものなど教えてください。
時々旅行。時々ゴルフ・釣りに挑戦中、その他趣味探し中です。 


Q.6 ペットはいますか? その子はどんな存在ですか?
 就職一年目に拾った子猫を飼い始めました。 朝起こしてくれて、夜湯たんぽになってくれる、私の中では世界一可愛い、さび猫です。 
(←どうも猫派の獣医さんが多いようです(笑)5人中3名猫を飼育!)


Q.7 獣医を目指す人へのアドバイスや、自分がもらったアドバイスで心に残る言葉を教えてください。
 受験勉強のポイントはセンター試験。大学では学生の間にいろいろな獣医の所で、勉強をして話を聞くと世界が広がります。 心に残っている言葉は、乗馬の恩師から「競馬の獣医は沢山いるけど、乗馬のことわかる獣医さんはあまりいないから、獣医になったら是非診てくれ」と言われたことが支えとなりました。


 やはり、乗馬をする人も、治療をする人も感じる馬の魅力の1つは「大きい動物」というところでしょうか。あんなに大きな体なのに、優しい瞳、賢い頭脳。治療も騎乗も心を通じ合わせることで、その人にしか見えないものがあると思います。馬達の健康と命を支える重要な職業「獣医師」。その世界で活躍する彼女たちの、日常や努力・・・すこし垣間見るが出来たような気がします。普段は各クラブを回り診療をしていますので、見かけた時はぜひ話しかけてみて下さい!おもしろい話が聞けるかもしれませんよ。


200member_imamura.jpg 200member_hayami.jpg  200member_kanbayashi.jpg
  
(左から、今村獣医・速水獣医・神林獣医です。 彼女たちのインタビューなどもFB、インスタグラムなどで公開予定!)



written by Asuka Okanami