おうちでゆっくり馬時間 <絵本編>

book-top.jpg
大変な時期ですが皆さまはお家でどのようにお過ごしでしょうか?我が家は幼稚園児、保育園児共にお休みとなり、一緒に料理をしたり、映画を見たりしながら過ごしています。せっかくの「おうち時間」。少しでも楽しい時間になるような情報を、何かお伝えできたら良いなと思っています。今回は、おうちで気軽に「馬時間」を楽しむことのできる絵本がテーマです!フェイスブックなどで、何度かご紹介してきた馬本紹介の絵本編!イラストの可愛い絵本や、大人も感動、楽しむことのできるものなど...持っている絵本から、読んでみたいと思っているものまで、いろいろ選んでみました。ぜひ感想や、他にもお勧めの本がありましたら教えてください。

●この世でいちばんすばらしい馬
絵:陳江洪 訳:平岡敦 出版社:徳間書店

『中国の優秀な画家が、武将に頼まれ馬を描くと、その馬は絵を飛び出し戦場に行き・・・』力強く、でもどこか物悲しい雰囲気の絵は、絹地に墨という手法で描いたという珍しい絵本です。絵本に登場する画家は、実際に1000年以上前に実在した「韓幹(ハン・ガン)」という画家をモデルにしているそうです。(絹地に墨の手法は、この韓幹の手法に倣っています)。ドイツ児童図書賞受賞作品であり、子供にはもちろんですが、少し大きめサイズの本の絵をじっくりと楽しんだり、深いストーリーを味わうなど、大人にもぜひ読んでいただきたい一冊です。

72070-200.jpg


●はちみついろのうま(世界傑作絵本シリーズ)
絵: オリガ・ヤクトーヴィチ 作: 小風 さち 出版社: 福音館書店

日本人の作家のストーリーに、ロシア人の絵本画家が絵を描いている作品。繊細で美しい表紙を見て読んでみたくなる絵本です。『はちみつ色の美しい髪の色の娘は、入ってはいけない森へキノコを求めて入ってしまいます。そこでやまんばに馬の姿に変えられてしまった娘は...』絵が可愛く、ストーリーも童話のような内容なので小さな女の子でも喜ぶかもしれません。

●ミルクマンという名の馬
作:ヒルケ・ローゼンボーム  訳:木本栄  出版:岩波書店

馬語がわかるヘルマンと馬のミルクマンの冒険の物語。ポップな表紙からも想像できる、クスッと笑える楽しい物語。『ヘルマンが風邪で学校を休んだ朝、家の中に一頭の大きな白い馬が入ってきて・・・』

72069-200.jpg


●白い馬
絵:東山 魁夷  文・構成:松本 猛  

名画を読む物語絵本。画家の東山魁夷(ひがしやまかいい)の絵にストーリーをつけた画集のような絵本です。表紙になっている「緑響く」そのままの世界観と、あの「いわさきちひろ」さんの長男である「松本猛」さんの文。きっと癒される一冊です。馬好きならおそらく一目見て魅かれる「緑響く」。幻想的な雰囲気と、美しい緑と青。この絵が大好きで、我が家では玄関に飾っています。ぜひ大人の画集のような感覚でページをめくってもらうのがお勧めです。


p.jpg

何か気になる本はありましたか?実話、フィクションもあわせると、馬が主人公やテーマになった絵本や小説はいろいろあります。ぜひ、家でゆっくりと楽しんでみてください。

written by Okanami