~青森の極寒に暮らす馬~ 寒立馬(かんだちめ)

kantachime-t.jpg

こんにちは。「立春」を迎え、暦の上では春の訪れですが...大寒波到来で、まだまだ寒いですね!東北の寒さのニュースを聞いていると、あまりの気温の低さにびっくりします。 最高気温が氷点下とは...、どのぐらい寒いのか想像もつきません。(ご苦労されておられる皆さま、申し訳ございません...。)

 暑さよりは寒さに強い馬達ですが、あまりに寒かったり、急激な気温の変化が予想される時など、クレインでは「馬着(ばちゃく)」という馬用のガウンのようなものを着せて寒さを和らげてあげたりします。本来の目的は、"寒さ対策"というよりは、"寒さによる冬毛の生えすぎを防止する"ことです。乗馬クラブという環境で暮らしているため、冬毛が多くなりすぎると、ブラシが通りにくいため汚れやおが粉が取れず、皮膚病等になってしまったり、運動の後、汗ばんだ体が乾くまで時間がかかりすぎて冷えてしまったりと、馬にとってマイナス面が大きいからなんです。人が服を着るのとは少し意味合いが違いますね。前回のブログで伊藤装蹄師が言っていた言葉。『馬を正しく理解する』。これもその一つかもしれません。


では、今回の本題、日本で暮らす極寒に打ち勝つ馬のおはなしを・・・

 寒い地域、暑い地域に住む馬たち、それぞれ特性は違いますが、中でも"極寒に強い"といわれる【寒立馬(かんだちめ)】という馬をご存じでしょうか? 調べてみましたのでご紹介いたします。
kandatime-oyako-200.jpgサラブレットとは異なるずんぐり体系。この馬たちは青森県の天然記念物です。


【寒立馬(かんだちめ)
青森県下北郡東通村尻屋崎周辺に放牧されている馬。青森の極寒にも耐えられるたくましい体格の馬である。南部馬の系統で足が短く胴が長くて、ずんぐりとした体形。

 南部馬を祖とし、藩政時代から明治、大正、昭和に亘って主として軍用馬として外来種との交配によって改良されてきた田名部馬であり、なかでも、尻屋地区ではこの田名部馬をブルトン種と交配することにより改良されてきた~。(日本古来の在来種と間違われやすいのですが、寒立馬は、「純血種が絶滅してしまっている中・大型在来馬の南部馬」と「外来種」との交配になります)

 一時期は頭数が9頭まで激減してしまったそうですが、現在は保護対策により40頭程に回復しているようです。寒立馬及びその生息地は青森県天然記念物に指定されています。

kantachibaashi-200.jpg


■名前の由来
 昭和45年尻屋小学校長岩佐勉氏が、当時「野放馬」と称されていた馬を次のように短歌に詠みました。
  東雲に 勇みいななく 寒立馬 筑紫ヶ原の 嵐ものかは

 さらに、昭和43年尻屋崎が下北半島国定公園に指定され、訪れた観光客が「白亜の灯台と寒立馬」が織り成す牧歌的叙情風景に魅せられ、誰ともなく「寒立馬」として愛称され今日に至っています。ちなみにマダギ(狩人)たちは、カモシカが厳寒のなか動かず何日もじっとたたずむ姿を「かんたち」と呼んでいました。

(引用:青森観光情報サイトより)

tantachiba-todai-160.jpg
下北半島の最東端にある。岬の先端には日本最大級の明るさを誇る白亜の灯台があります

 青森県ならどこでも寒立馬にで逢えるわけではなく、下北半島の最北端にある、東通村の尻屋崎という場所で出逢えるようです。かなり人に慣れている馬たちなので、身近に観察することができるのも魅力です。温泉やねぶた祭り、十和田湖など魅力がいっぱいの青森。観光の時はぜひ寒立馬達に会いに行きたいですね!

 日本には他にも、国や県などの天然記念物になっている日本固有の馬(在来馬、和種馬などと呼ばれています)がいます。北海道和種または道産子(北海道)、木曽馬(長野県木曽地域 )、御崎馬(宮崎県都井岬)、対州馬(長崎県対馬)、野間馬(愛媛県今治市)、トカラ馬(鹿児島県トカラ列島)、宮古馬(沖縄県宮古島)、与那国馬(沖縄県与那国島)。どの馬もポニーに分類される、小柄でずんぐりした体型の可愛らしい馬たちです。
misakiuma-160.jpg  kisouma-160.jpg
左:御崎馬  右:木曽馬 

日本の馬に逢いに行く」、そんな旅も素敵かもわかりませんね。


written by Okanami



【尻屋崎・寒立馬】
https://www.aptinet.jp/Detail_display_00000049.html
【青森県観光情報サイト】
https://www.aptinet.jp/index.html

【馬の蹄(爪)と装蹄師の仕事】

CRANE_0227-top.jpg

 こんにちは!先日は馬の獣医師についてとりあげましたが、その他にも馬の健康に関わる携わる特殊な職業として「装蹄師(そうていし)」という仕事があります。ご存知でしょうか? 一言でいうと「馬の爪のケア&靴屋さん」とでもいいましょうか。人間にとって体重を支える足に関わる爪や靴は、体全体の健康にまでも影響する重要な部分です。これは馬も同じです。サラブレッドなら500キロほどの体重を支え、走り、演技や運動をするにあたり、蹄(爪)の調子や蹄鉄(ていてつ)(=馬にとっての靴)の状態はとても重要です。今回はそんな装蹄師たちの仕事を皆様に知っていただきたいと思います。
 
CRANE_0068.jpg


■装蹄とは?
 装蹄とは、馬の蹄(ひづめ)に蹄鉄を装着する作業の事をいいます。大昔の野生の馬達は草原を走ることで、伸びた蹄を自然にすり減らし、伸び具合を調節していました。しかし、人間のパートナーとして家畜化されるようになり、伸びる量よりもすり減る量が増えてしまい、蹄の中にある神経や血管を刺激してしまうようになりました。人間でいう深爪の状態と考えていただければと思います。そこで、人間は馬のために靴と同じような「蹄鉄」を考え出したそうです。

≪装蹄の目的≫
①蹄(爪)の保護
②治療
③能力の向上


■装蹄師の仕事
 装蹄の大まかな流れは...

1、着けている蹄鉄を外す(除鉄じょてつ 
  CRANE_0216.jpg

2、伸びた蹄を切って整える(削蹄さくてい
 1.JPG 2.JPG 3.JPG

3、熱い鉄を蹄の形に合わせて叩く(修正・適合)
 6.JPG 7.JPG
 4.JPG 5.JPG


4、釘で蹄鉄と蹄を留め、外れないようにする(釘つけ・釘締め)  
 8.JPG

このようになります。


 蹄は1ヵ月に1㎝程度伸び、1頭当たり30分~1時間ぐらいの時間をかけながら、装蹄の作業を行います。乗馬で活躍する馬たちの蹄鉄の素材は「鉄」なので、火をたいた炉に鉄を入れ、真っ赤に熱した鉄を叩く修正や適合の作業は、一見、鍛冶屋さんの仕事のようです。1頭1頭蹄の大きさや、形も違いますし、歩き方の癖、年齢や競技種目からくる疲労部分などを見極め、その馬にとって最適で健康な状態を目指し、蹄鉄の形を整え装蹄します。中には治療の一環として獣医師と連携しながら、ということもあります。

DSC00128-1.jpg DSC00129-1.jpg
 
 初めて装蹄作業を見る方は、熱い鉄を蹄につけたり、釘を打って留めることに驚くかもしれませんが、人間でいう爪の伸びた部分に行っているのと同じなので、痛みはありません。ですが、どの作業も装蹄の熟練した、経験と技を必要とする作業になります。

DSC_0847.jpg
  *その技を駆使し、イベントなどでは、ハート♥の蹄鉄なんかを作ってくれたりします!

 日本には「日本装削蹄協会」があり、毎年全国各地の予選を勝ち抜いた選手が技術を競い合う「全国装蹄競技大会」が開催されています。最優秀賞には農林水産大臣賞が授与されます。また、アメリカでは国際的な競技大会も開催されています。今回写真で登場してくれてます伊藤装蹄師は、2017年国際大会にも出場しています。その伊藤装蹄師に聞いてみました!


【装蹄で一番注意することは?】
 人馬の安全第一。 ←装蹄に使用する道具や場所には、危険なものも沢山あります。やはり、これが一番に来るんですね。

【この仕事のやりがいは?】
 馬が少しでも長い期間、健康に働けること。 ←装蹄で、馬の足元を整えることで、体のバランスも整い健康につながるそうです。

【日々のケアで皆さまにアドヴァイスは?】
 馬の性質を正しく理解し、向き合って(扱って)いけば、馬との楽しい時間を過ごせると思います。 ←「正しく理解」これが大切ですね。

とのことでした。

 『安全第一』も『長く健康に』ということも、『馬を正しく理解して』いないとできないことです。これは、馬に関わる全ての者に対していえることでもあるのだと思います。"人間とは異なる動物である"という事を正しく理解した上で、心が通じ合えるようになれたらいいですね。


 装蹄師の活躍の場は主に①生産地②競走馬③乗馬などの分野です。馬に携わる仕事が気になっている方、乗馬をされている方...馬を愛するすべての方に!ぜひ馬達の活躍を陰で支える職人!「装蹄師」という仕事の世界も、もっと知っていただけたらと思います。


written by Okanami



エンデュランスの世界 その③ 実戦編

640300.jpg

こんにちは。去年の10月のブログでもご紹介した「エンデュランス競技」を取材して来ました!

2019年1月18日(金)~19日(土)の2日間、静岡県伊東市で『伊豆パノラマ・ライド 2019年1月大会』が開催されました。今までクレインの参加者は、東日本にあるクラブからの参加がほとんどでしたが、今回は東広島、金沢、大阪、服部と、西日本からも新メンバーが合流。2019年は、いつもより賑やかな新シーズの幕開けになりました。


では、競技の様子をお伝えしていたします。

≪前日≫ 
30028s.jpg 
他の馬術競技との大きな違いの1つが、競技前日にあるブリーフィング(打ち合わせ会)の、数時間前に実施されるホースインスペクション(獣医検査)です。馬場馬術の大きな国際大会では競技前に実施されることもあるそうですが、エンデュランス競技は、まさにココからがスタート。緊張した面持ちの人馬が、まるでお披露目会のように大会参加者の前を速歩していきます。パスした馬のお尻には、距離種目毎のカラーリングでナンバーがペイントされます。
写真 左 初めての選手もいるのでホースインスペクションの練習。

2996711s.jpg 30090_0s.jpg DSC_0187s.jpg
写真 左から
・前日の馴致風景。クレインチームとして新旧メンバーでサポートしながら馴致中。
・ライダーとクルー2名分のカラーゼッケン(ビブス)配布。ビブスを着ていない人は馬に触ることができません。
・ビブスの番号が馬のお尻にもペイントされチームがわかります。


【当日】
LINE_MOVIE_1549154991254_00001511s.jpg 

明け方5時前には馬の朝ご飯。まだ暗いうちからの活動なのですが、競技場の中に宿泊施設も完備されているため、選手・クルーにとっては嬉しい立地条件です。今回の最長クラス「80km競技」は午前7時スタート。まさに海から朝日が上がってくる姿を望みながら人馬が走り出しました。

30055s.jpg--------------------------------------
伊豆ホースカントリーのコースはいくつかのエリアにわかれています。
パノラマコース(全長約1km)、15kmコース、23kmコース、マウンテンコース。これらのコースを合わせて区間("レグ"といいます。)毎の距離が20km、30kmになっています。
(ルールについてはコチラを→「エンデュランスの世界 その② ルール編 」https://www.uma-crane.com/happy-crane/2018/11/post-278.html)

ただし、選手と馬たちの姿が見えるのはパノラマコースだけ。例えば「80km競技」の場合、スタートしてパノラマコースを2周走った後は、2時間ほど選手の姿が見えなくなります。その声援のない区間は、参加選手同士で並走し、声を掛け合いながら孤独にならない(!?)作戦を立てるそうです。
そんな特殊な環境のせいなのか、他の馬術種目、いえ恐らく他のスポーツではあまり聞かない、あることが許されています。それは携帯電話の使用です!競技中にクルーと選手が、あるいは選手が大会本部と電話で話してもOKなのです。前日のブリーフィングでも、「道に迷って困ったら電話して来てね」(笑)と主催者の方が伝えておりました。携帯電話の使用が可能ということで、「音楽を聴きながらの走行も良いのですか?」と聞いたら「ダメでは無いですよね。」と、とても緩やかな回答をいただきました。
------------------------------------------------

その後も、競技毎に続々と人馬がスタートしていきます。

29989s.jpg 30037s.jpg


8時51分、「80km競技」の先頭を走る遠藤選手&ソニアが、第1区間の30kmを走り終え帰ってきました。海外(インスタなどでイギリスからの報告をご紹介しました)から帰国して即、この大会のために、馬の輸送で西へ東へと奔走した遠藤選手。その走行距離に比べたら80kmなど大したことない! そんな雰囲気の序盤の30kmです。

鞍を外し、厩舎に戻って馬の心拍を落ち着かせます。夏なら水で馬の全身を洗ったり、汗を止めたりと、クルーが必死に馬のケアをするところですが、気温10℃の今大会ではゆっくり休ませることに専念。到着後は、10分程で獣医チェック。パスすると強制的に40分の休みを取ることが必要になります。
つかの間の休息。クルーもそっと距離を置いて遠藤選手とソニア、2人時間がひっそりと流れていました・・・。

残りの第2区間(30km)、第3区間(20km)を合わせ、合計80kmを無事に走破して帰って来た遠藤選手&ソニア。朝の7時にスタートし、ゴールした時刻は、お昼を過ぎた2時23分。

LINE_MOVIE_1549155338918_00000211s.jpg序盤‐中盤の60kmまでは笑顔もあった遠藤選手でしたが、終盤の20kmでは、ちょっと顔にも疲労の色が・・・。馬の体力も維持しなければならないので、ゴール直前のパノラマエリアでは馬から降りて引っ張って歩くシーンも見られました。さすがにゴール後は声も出せず、ひと廻りカラダが小さくなったように見えた遠藤選手。お疲れ様でした!

最後のインスペクションも無事にパスし、トータル走行時間5時間53分で優勝となりました!
長距離の激闘を終えた、遠藤選手&ソニア、それを支えたクルーの皆さまに大きな拍手を送ります。

1549156477527s.jpg 30000s.jpg

その後も続々と人馬が帰って来ました。その度にあわただしくなるゴール地点。ここからのクルーの皆様のチームワークが素晴らしいです。鞍をはずす人、馬を引く人。最終関門である獣医検査をパスするために各チーム、馬のケアに余念がありません。まさしく「馬」を中心に、選手・クルーのチームで戦うエンデュランス。人馬一体を目指す競技のクライマックスを目にしました。

30069s.jpg 30124.jpg
写真左から
・ご飯待ちの与那国馬チーム。この真横を馬と選手は駆け抜けていきました。
・空は近く、相模湾も富士山も見渡せる伊豆ホースカントリー。海に沈む夕日がとても魅力的でした。

残念ながら今回参加した人馬の中には、ゴールは切ったものの獣医検査でパスできなかった馬もいました。リベンジを目指し、人馬共に心肺機能を高めるトレーニングを積んでいるのだろうと思います。

まだまだ知らない方も多いこの競技。馬をパートナーに大自然を進み、選手とクルーが力を合わせ1頭の馬に集中する。他の競技と一味違うエンデュランスの魅力はたくさんあります。これからも、いろんな情報をお届けできればと思います。お楽しみに!