馬で森の中を走り抜ける!

朝、森の中に入ると木漏れ日が心地よく、鳥たちのさえずりが聞こえる。

IMGP1816.jpg

少し周りを見渡すと、んっ!馬の看板が見える。
IMGP1815.jpg
その先は大きな丸太みたいなものが・・・

そう、ここは兵庫県三木市にある三木ホースランドパークです。

こんにちは、高橋です。第45回全日本総合馬術大会2015に行ってきました。
9月5日は総合馬術2日目、クロスカントリーが行われました。

朝、コースを少し歩いてみたのですが・・・
坂あり、丸太あり、池ありと馬で走るには難しそうな、その技術力が求められるコースが組まれていました。
IMGP1819.jpg

このコースを馬で走って行くのか・・・
やっぱりすごい!
何回見ても、どうやって馬で越えて行くのか想像がつきません。

クロスカントリーでは馬のスピード・スタミナ・ジャンプの能力が試されます。そして、同時に選手は自分が乗る馬のペースや特徴を理解しているかを試されます。

例えばこの障害、連続して設置されています。

根岸選手とバーリントンスター、CIC2*競技に出場していました。

みなさん、どこが障害かわかりましたか?

最初の丸太(障害名はビッグログ)を飛んだあと、水に飛び込みます(飛込み水濠)。そして、さらにジャンプして水から飛び出し(バンケット)、再度、水に入り、映っていませんが、さらにその先に障害が設置されていました。

最初のビッグログを飛んで、飛込み水濠の時に、馬が躊躇しそうなのを感じ、勇気づけるかのように「はっ!!」と声を出す選手もいました。

コースを完走するだけでなく、規定タイム内にゴールを切らなければならないので、走るところはペースを上げます。

片山選手とリーノレオン

他出場選手の動画はこちらでご覧いただけます。


2日目が終わった後、馬たちは脚を冷やされ、湿布され、明日の朝に行われるホースインスペクションに備えて、獣医に調子を診てもらいます。

3日間続くというのが、総合馬術の見どころでもあります。
いかに3種目の競技を乗り切るか。それも重要なポイントです。

引き続き最終日の様子をお届けします。

高橋

時を同じくしてイギリスではThe Land Rover Burghley Horse Trialsが行われていました。
さすが、イギリスでも大きな大会のひとつ、賑わいがすごいです。

Fuji Horse ShowAutumn Grand Prix最終日!

こんにちは。障害馬術取材チームです。

前回に続き、2015 Fuji Horse ShowAutumn Grand Prix CSI1*-W Fujiについてです。
今回は最終日に行われた競技のうち2つをピックアップしたいと思います!

まずは、第20競技「フジ中障害飛越競技Dファイナル」。
クレイン千葉の木下建太郎選手とマジックアワーが1位に!
そして、クレイン伊奈の西山侑男選手とトチワカが2位に、東武乗馬クラブ&クレインの徳田成朗選手とCRNエンデバーが5位に入賞しました。

1kinoshita.jpg
※写真:木下建太郎選手とマジックアワー

2日目よりもコンディションが良さそうな選手と馬たち。
午後に入ると雨が降り出し、気温もぐっと下がってきましたが
まだまだ選手たちは活躍を見せてくれました。

それが、第24競技「フジ中障害飛越競技Aファイナル」!

同競技には、30名の選手がエントリー(内6名が棄権)し、クレインからは
中野善弘選手、重枝佑佳選手、岩館正彦選手、木下建太郎選手、徳田成朗選手、泉早也圭選手、横田裕哉選手、伊濱武史選手が出場しました。[出番順]
2course.jpg
※写真:第24競技コース表

同競技は、コースの難易度よりも74秒という時間制限が選手たちを苦しめ
タイム減点を取られる選手が多い中、中野善弘選手とCRNベガスが減点ゼロで走行!
中野選手含む3人馬でジャンプオフが行われました。

ジャンプオフでも中野選手は唯一減点ゼロで走行。
見事1位を獲得しました!
3nakano.jpg

4nakano2.jpg
※写真(上下):中野善弘選手とCRNベガス

今競技会の公認種目については、後日、日本馬術連盟のホームページで結果詳細が掲載される予定です。ご興味のある方は是非ご覧ください。


さて、今回のレポートはまだまだ終わりません!
次回ブログでは、今回出場していた馬についてご紹介したいと思います!