新しい出発♪

こんにちは、高橋です。

ひさしぶりにブログを書いております。
ゴールデンウィークももう終盤、みなさまはいかがお過ごしでいらっしゃいますか?
わたしは、毎度のことですが・・・お仕事です。
東京、世田谷のJRA馬事公苑では恒例のJRAホースショーも開催しております。
明日が最終日になりますが、お時間があればこの機会に"障害馬術"を見に行ってみてください。


さて、イギリスからお便りが届きましたのでご紹介いたします。

9月に乗馬クラブクレインからアジア大会総合馬術に出場していた二人、田中選手と北島選手も、また、新しい環境でチャレンジがはじまります。トレーニング先のイギリスからコメントが届きました。少し、アジア大会を振り返り、そして、未来への気持ちを語っていただきます。

北島選手からのコメントです。

-北島選手にとっては、はじめての国際大会、アジア大会はいかがでしたか?

乗馬クラブクレインに入社し、自身では初めての国際大会であり、初の日本代表でした。

小さな頃から、日本を代表して出場する選手たち、そして、オリンピックに憧れていたので、夢であり、目標としてきた場所に立てたことはうれしかったです。

アジア大会に出場していた時間は、3日間(調教・耐久・余力)合わせても15分に満たないくらい。しかし、その出場していた15分間は、何年も何十年もの時間を費やしても惜しくないほど、価値のある15分であり、何物にも代える事の出来ない最高の場所でした。

演技中、走行中も冷静に対処でき、その時の自分に出来る事は出し切れたと思います。
また、この様な舞台に立てるよう挑戦して行きたいと思っています。


-2月にイギリスに移られ、はじめての海外でのトレーニング生活はいかがですか?

今は、アジア大会でもコーチをされていたアンジェラ・タッカー氏の元、イギリスでトレーニングをつんでいます。この様な環境でトレーニング出来ることに感謝する日々です。

イギリスでは文化や、習慣、環境の違いから、新しく新鮮に思える事は多くあります。馬・牛・羊など様々な家畜が町の多くで見受けられ、生活の一部となっています。
乗馬・馬術の競技も盛んで、日本での競技環境より、より身近に馬術を感じています。
イギリスではこういった環境が馬術競技の強さにもつながっているんだなと思います。
今しか出来ない生活を最大限、体で、頭で、感じ、日本に持ち帰りたいと思います!

-今後の目標は?

今後の最大目標としては、やはり、リオオリンピック、東京オリンピック出場、入賞を目指しています。近くの目標としては、まず、オリンピック地区予選に出場する為の、人馬の権利を取得する事です。今シーズンはアジア大会出場馬匹である、ジャストチョコレート号とマーキードプレスコ号に騎乗する予定です。この様な頼もしいパートナー達は他にはいません。最大限挑戦していきます!

そして、田中選手からのコメントです。

-少し前になりますが、昨年9月のアジア大会はいかがでしたか?

アジア大会では、イギリスでアンジェラとともに大会に向けてのトレーニングや競技を重ねてきました。マーキーとコンビを組んで今までで一番良い状態でアジア大会に臨むことができ、また、ベストパフォーマンスができました。

結果は・・・
団体では銀メダルは嬉しいのですが、個人でメダルを獲れなかったのは本当に悔しいです!
この経験を、悔しさを今後に繋げていきます。

-アジア大会のとき、コーチアンジェラさんが「マーキーはあなたことが好きなんじゃない。」と言っていましたが、それを感じることはありますか?
そうですね。
マーキーとコンビを組んで4年になります。
日々のトレーニングや数々の競技を経験して人馬共に信頼関係が築き上げていると感じます。
例えば、競技で私が失敗した時に助けてくれ、また、マーキーが失敗した時、私が助けたりと互いにカバーしあい経験を積んできました。

-今後の目標は?
今後の目標は、リオオリンピック・東京オリンピックに出場してメダルを獲得する事です。
今年は、リオオリンピック出場枠をかけた地域予選会が10月にありそこで出場枠獲得を目指します。


以上、北島選手、田中選手からのメッセージでした。
少し前にいただいていたのですが、ご紹介するのが遅くなってしまいました。

実は、わたくしも、この度、茨城から大阪にやってまいりました。また、大阪での様子もいろいろとお届けできればと思います。


高橋

ゴールでウィーク、お休みの方も、お仕事の方も、ちょっと旅した気分♪ホースシュー?