涼しいイギリスからメッセージが届きました

こんにちは、高橋です。
暦の上では処暑、天地始粛(てんちはじめてさむし)です。
日本では、だいぶ涼しくなってきましたが、イギリスの田中選手から届いたメッセージ・・・Tetburyはもっと涼しいようです。

以下、田中 利幸選手からのメッセージです。※写真下のコメントは高橋です。
--------------------------------

dawn.jpg
Tetburyの朝

こんにちは、田中です。
みなさま日本の夏をいかがお過ごしでしょうか?もうすぐ夏も終わりですね。

イギリスではここ2週間、毎日、雨が降ったり止んだりと天気が変わりやすいです。
日本に比べ蒸し暑さはないのですが、最近では、朝、外に出ると息が白くなり、寒さを感じるくらいです。
日中は18℃くらいで朝晩は10℃前後です。

今回はそんなイギリスの厩舎の様子をお届けします。
kyusya.jpg
クラシカルな雰囲気の素敵な厩舎


kyusya1.jpg
みんなこっちを向いている姿がかわいいです。

厩舎の中は、蒸し暑さもなく、馬たちにとって、とても過ごしやすい環境になってます。
朝晩は冷え込む為、馬着を2枚着せてます。(日本のこの時期では考えられないです!)
※馬着(ばちゃく)とは馬用の服です。寒いときに着せて温度を調整します。

ma-ki.jpg
外を眺めているマーキー、いいなぁ。

9月に入ったら、アジア大会にむけて韓国の仁川へマーキーとともに移動します。
オランダを経由しての長旅になりますが、また様子などお届けできればと思います。

sunset1.jpg
建物も夕日も・・素敵です。

--------------------------------
いいですねー。馬ではないですが、暑さが苦手な私には理想的な環境です。
また、メッセージが届きましたらご紹介します。

今日はこの辺で。
いつも読んでいただきありがとうございます。

高橋

障害馬術監督 中野善弘 第2回ユースオリンピック(南京)便り

今年の甲子園(高校野球)は地元、大阪桐蔭が熱戦を制し優勝しました。

暑く短い夏に躍動する選手たちに感動した日々も終わり、
そろそろ秋を迎え入れる準備も本格的になりそうな日和です。

さて、この季節「躍動」出来るのは高校生を中心にしたユース世代だけなのでしょうか?

やはり、大人には夏は辛過ぎるのか・・・という理由ではないのでしょうが
14歳~18歳までのアスリートが集う『第2回ユースオリンピック』が中国の南京で8月14日~28日の会期で開催され、本日で閉幕となります。

メダルを取ると少しスポーツニュースでも取り上げられますが、
実は、このユースオリンピックに乗馬クラブクレインから馬術チームの監督として
中野善弘が参加しました。

今回は、中野監督から届いた現地の生情報、開会式や競技会(障害飛越個人・障害飛越大陸別団体競技)の様子を、ご紹介します。

選手村.jpg
豪華な外装ですが、各部屋にはTVも冷蔵庫も付いていないそうです。

16日に行われた開会式には約213の国と地域から約6,000人の選手が集まり、
習近平国家主席、IOC会長のバッハ氏、日本からは森元総理、竹田JOC会長も出席し、
それそれは盛大で優雅に、夏季、冬季オリンピックと何ら変わらない式典となりました。
(*ちなみに、中野は選手や監督としてオリンピックを何度も経験しております。)

夜の選手村.jpg
開会式後の夜の選手村

大会マスコット.jpg
大会マスコットキャラクターのレレ

馬術競技は6つの大陸別に(5名編成の)チームを組んで競う団体戦と個人戦が行われました。
※競技結果はコチラ⇒公式成績の閲覧は、YOGオフィシャルサイト(外部リンク)から

競技場.jpg

馬術競技施設も本当に豪華な設備で、冷房完備の屋内競技場には華やかな障害が並びました。

LASINO.jpgLASINO1.jpg

抽選の結果、日本チームの馬となった「 LASINO 」
(※30頭の馬は全てヨーロッパ産です。)

残念ながら成績はヨーロッパとの経験の差を見せつけられた結果となってしまいました。

表彰式1.jpg表彰式2.jpg


今回、参加したヨーロッパをはじめとするの他国の選手は通常H140~H150cmクラスの
競技会を飛んでいる選手が多いなど、東京オリンピックに向け、選手の育成方法や
競技会のレベルなど日本の課題を改めて肌で感じることができ、
非常に素晴らしい経験となりました。

異文化交流ブース.jpg
異文化交流ブース

選手間交流.jpg
選手間交流

以上、現地からのホットな便りでした。

この後、中野監督は、中国(南京)からフランス(ノルマンディー)へ移動します。
次なる地では、4年に一度開かれる馬術の祭典【世界馬術選手権大会(WEG)】が開催されます。

また、便りが届きましたらご紹介させていただきます。
皆様、ご期待ください。


多胡

全日本ジュニア馬場馬術大会最終章 『選手たちの今後の活躍を願って☆』

皆様こんにちは、元持です。

今回は全日本ジュニア馬場馬術大会の最終章です。
最後に、選手として出場されたみなさんをご紹介したいと思います。
※順不同でご紹介していきます。

-----------------------------------------


■江頭香蓮さん(クレイン金沢)
 新妻先生からコメントが届いております♪

フリーデンスドリーム.jpg

『福岡から遠いクレイン金沢まで練習にきてくれて、
本当によく頑張ってくれました。
フリーデンスドリームは、普段はぼやっとしているけれど
競技とかになると雰囲気の変わる馬で大変でしたね。
その中で今までで一番いい演技ができていました。よく頑張った!
この半年くらいで乗り方も良くなったので、福岡に戻っても
継続していけるように頑張ってください、金沢から応援しています!』




■宇田川祐美さん(クレイン加古川)
 白石先生からコメントが届いております♪


ファンタベジャール2.jpg


『結果としては、今まで練習してきた内容通りだったかと言えば
多少のずれは何回かありました。緊張からきたミスもあったと思います。
そういうところは場数が必要になりますので、これからは僕が
もっとサポートして、アドバイスができるようにしていきたいです。
ぜひこの経験を活かして、今後の練習に繋げて言ってほしいです。
これからも頑張ってください!』



■坂田捷さん(乗馬クラブ高崎)
 山中先生よりコメントが届いております♪

BBビー.jpg


『坂田君、今回の競技では予選落ちはしたものの、
気の難しいBBビー号を上手く操って、今までの中で
一番良い内容で演技をすることができましたね。
悪天候の中、よく頑張ってくれたと思いますが
この結果に満足せずさらに上を目指して頑張ってもらいたいです。』




■大木優里さん(クレイン千葉)
 有山先生からのコメントが届いております♪

ノルマンディ.jpg

『1日目は、納得のいく演技が出来なくて残念な結果でしたが、
2日目の演技はとても良かったです。
これからも、順位にだけに拘るのではなく、
自分の納得のいく演技を目指してほしいです。
1日目の悔しさをバネに、そして2日目の達成感を糧に
来年につなげていってほしいです。頑張れ!!』




■長崎健人さん(クレイン大阪)
 瀬理町先生からのコメントが届いております♪

ジェネラス.jpg


『競技経験も浅く簡単な馬ではないのですが、健人はよく乗っていました。
この馬にとってはM1のレベルが現在の適正レベルかもしれません。
馬のクオリティーを充分審判にアピールしてくれた健人に感謝してます。』




■川上藍さん(クレイン大阪)
 増田先生からのコメントが届いております♪

ヴォーカル.jpg


『競技経験もそんなに多くない中、よく頑張ってくれたと思います。
ミスした部分に対する悔しさなどもあるとは思いますが、これで周りの
人たちのレベルもわかったし、来年、またこの競技に出場し、良い演技が
できることを目標に、一緒に頑張りましょう!』



■日樫萌希さん(クレイン加古川)
 白石先生からのコメントが届いております♪

エリタージュ.jpg


『練習通りとはいかなかったですが、その中でミスがでないよう
最大限カバーして乗れていたと思います。
萌希は、クラブで乗っているときと競技場での内容に
差が出やすいので、競技でも同じ雰囲気で安定した
演技ができるように一緒に頑張っていきましょう。』




■吉岡尭祐さん(乗馬クラブ高崎)
 山中先生よりコメントが届いております♪

ボーンセット.jpg


『吉岡君はボーンセット号で安定した演技を見せ予選通過をしたのですが、
決勝ではキュアの経験不足からか12位に終わってしまいました。
来年に向けて全体の運動の質の向上とキュアの表現力をつけて、
見ている人を楽しませる演技ができるようになると上位を狙えると思います。
頑張ってください!』




■新関加奈さん(クレインオリンピックパーク)
 露崎先生からのコメントが届いております♪

ドミナス.jpg


『ドミナスがベストな状態ではない中、大変良く頑張りました!
次は長崎国体だね!今回以上の良い演技ができるよう
一緒に頑張ろう!!』




■永末奈々さん(クレイン伊奈)
 関口先生からコメントが届いております♪


ストロングドン.jpg


『馬場馬術というものを本格的にやりだし、
最初は馬場運動の基礎的なところから始まったのですが
この短期間で本人の努力によってすごく上手になりました。
永末さんは障害の方が好きなみたいなのですが、馬場馬術に振り向いてもらえるよう、
僕自身も頑張っていきます!』



■小田瑞穂さん(クレイン福岡)
 佐々木先生からコメントが届いております♪

メイフェア―.jpg


『今までたくさん練習してきた甲斐がありましたね。
練習ではうまくいかなかったことが、競技ではできているところもあり
とてもよかったと思います。パーセンテージも今までで一番良いところ
までいけたので、今後は完成度をもっと上げていけるように頑張っていきましょう!』




■鶴田恵美里さん(狭山乗馬センター)
  宮田先生からのコメントが届いております♪

シュープリーム.jpg


『今回で3回目の競技参加となりました。鶴田さんも、以前より
合宿に参加したり、競技会の回数も増え競技慣れしてきた所でしたね。
おしくも決勝戦では馬との調和が取れず、悔しい思いをしましたが、
今回の経験をバネにして、さらに頑張っていってほしいです。
一緒にがんばりましょう!』



-------------------------------------------------


いかがでしたでしょうか・・。

選手と先生は二人三脚で、日々馬と向き合っています。
今回の結果は様々ではありましたが、選手は、今自分たちのできる
ベストを目指して頑張ってます。

これからの彼らをぜひ一緒に盛り上げていきましょう♪

全4回に渡ってお送りしてきました全日本ジュニア馬場馬術大会ブログも
今日でおしまいです。書いてきた私としては、少しさみしい気持ちもあります(涙)
が!!、きっとまたどこかでみなさんとお会いできる機会があるはずです!

次回をお楽しみにどうぞ・・☆

それでは皆様、
お読みいただき、ありがとうございました。


元持