アジア大会選考競技会の模様をお届けします!Part2

こんにちは、高橋です。

今日はCCI1*Miki2014の3日目をお届けします。

DSC02002.jpg
表彰式までお天気がもちました。

本日の総合馬術3日目を終えての結果は・・・

2位北島選手とジャストチョコレート
4位永松選手とケレシン パイレーツ
5位北島選手とクラシックリアクション
6位根岸選手とバーリントンスター

でした。

3日目最終の障害馬術競技に残ったのは、出場した15人馬中10人馬でした。
まさに前日のクロスカントリーは"タフ"なコースだったようです。

DSC01958.jpg
こんな森の中のUP、DOWNのある障害を走った翌日は、馬の疲労も大きいようです。
障害馬術で障害のバーを落とさずにゴールを切ったのは、北島選手とクラシックリアクションだけでした。


北島選手とクラシック リアクション。

アジア大会総合馬術の選考基準として、馬場馬術が減点平均が50以内、クロスカントリー減点0、障害馬術が減点0がありましたが、今回の大会でその基準を満たす人馬がいなくなったため、次回行われる大会も含め総減点数がより少ない人馬が選ばれることになります。

総合馬術の3回目の選考会は来月7月11日~13日の全日本総合馬術大会で行われます。お時間がありましたら、ぜひ、目の前で馬と人のすごさ!を見に来てください!

そして、御殿場で行われていた馬場馬術の選考競技会も気になります。
露崎選手とレグルスの結果は・・・63.377%でした。
昨日より成績は良くなりましたが、順位は変わらずでした。
詳細の結果は馬術連盟サイトをご覧ください。


雨の中、足を運んでくれたみなさん、ネットでご覧いただいたみなさん、応援をありがとうございました。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋