アジア大会選考競技会の模様をお届けします!Part2

こんにちは、高橋です。

今日はCCI1*Miki2014の3日目をお届けします。

DSC02002.jpg
表彰式までお天気がもちました。

本日の総合馬術3日目を終えての結果は・・・

2位北島選手とジャストチョコレート
4位永松選手とケレシン パイレーツ
5位北島選手とクラシックリアクション
6位根岸選手とバーリントンスター

でした。

3日目最終の障害馬術競技に残ったのは、出場した15人馬中10人馬でした。
まさに前日のクロスカントリーは"タフ"なコースだったようです。

DSC01958.jpg
こんな森の中のUP、DOWNのある障害を走った翌日は、馬の疲労も大きいようです。
障害馬術で障害のバーを落とさずにゴールを切ったのは、北島選手とクラシックリアクションだけでした。


北島選手とクラシック リアクション。

アジア大会総合馬術の選考基準として、馬場馬術が減点平均が50以内、クロスカントリー減点0、障害馬術が減点0がありましたが、今回の大会でその基準を満たす人馬がいなくなったため、次回行われる大会も含め総減点数がより少ない人馬が選ばれることになります。

総合馬術の3回目の選考会は来月7月11日~13日の全日本総合馬術大会で行われます。お時間がありましたら、ぜひ、目の前で馬と人のすごさ!を見に来てください!

そして、御殿場で行われていた馬場馬術の選考競技会も気になります。
露崎選手とレグルスの結果は・・・63.377%でした。
昨日より成績は良くなりましたが、順位は変わらずでした。
詳細の結果は馬術連盟サイトをご覧ください。


雨の中、足を運んでくれたみなさん、ネットでご覧いただいたみなさん、応援をありがとうございました。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

アジア大会選考競技会の模様をお届けします!

こんにちは、高橋です。

本日は、アジア大会選考競技会の模様をお届けします。

私は三木ホースランドパークで開催されているCCI1*Miki2014に来ております。
朝はあいにくの雨、コースを見に行った少しの時間で、傘をさしていたのにずぶぬれに・・・そんな中でも、さすが選手たち、歩いてコースの最終下見を行っていました。

DSC01940.jpg
選手たちの足跡が重なってのこっていました。

DSC01937.jpg
コーナーという障害。角度が90度に作ってあるため、馬的には!?見づらい上に飛びにくい障害になっています。

実際に飛ぶとこんな感じです。一番最初に飛んでいる障害がコーナーです。

根岸選手とシュシュート。

今回のクロスカントリーコースは加藤 大助コースデザイナーが作りました。「今回はチャレンジできる時期でもあるから、新しい障害も入れて作っている」と話されていました。
クレイン総合馬術の監督をつとめる岩谷 一裕監督も「今回みたいなタフなコースをちゃんと帰ってきてこそ実力がつく。」と話すコースです。

タフなコース・・確かにそうかもしれません。
実際、今日は雨も降っていたこともあり、落馬で失権する選手も。

永松選手とケレシン パイレーツ。なんのことなく走っているように見えますが、実は雨でぬれた芝生の馬場はすべりやすく、実際に目の前で転倒した人馬もいました。

さて、本日の結果は・・・

2日間の競技を終えて、北島選手とジャストチョコレートが2位に入っております。
※総合馬術は1日目馬場馬術、2日目クロスカントリー、3日目障害馬術を行い、3日間の総減点数が少ない人馬が1位になります。

3日目はまた明日お伝えいたします。

そして、もうひとつ、御殿場では馬場馬術のアジア大会選考会が行われています。
乗馬クラブクレインからは露崎 康弘選手とレグルスが1日目のセントジョージに臨みました!
本日は実力を出し切れず、60.614%でした。※結果の詳細は日本馬術連盟サイトをご覧ください。
明日に向けて調整し、再度挑みます!
※馬場馬術は運動課目が決まっており、その出来具合で点数がつきます。最終的に満点の内、何パーセントの得点率だったかで競い合います。パーセントが高い人馬が1位になります。

みなさん、応援をよろしくお願いいたします。

高橋