85歳の現役教官、岩坪徹が近畿馬術大会に出場!

こんにちは、楠本です。
タイトルにある通り、本日はクレインで活躍する85歳の現役教官、
岩坪徹(いわつぼとおる)をご紹介させていただきます。

iwatsubo2.jpg

今でも3頭の新馬(競走馬あがりの馬)を乗用馬や競技馬に出来るよう
日々調教を担当しており、その年齢を微塵にも感じさせません。

また、大学入学時に計算し初めてからの累計騎乗回数は何と53,752回(※H25年5月末)!
まさに「鉄人」と呼ぶに相応しいです。

そう言えばつい先日、80歳でエベレスト登頂最高齢を樹立された三浦雄一郎さんが
TVで話題になっていましたね。80歳を越えての登頂は本当に素晴らしいと思います。

先に紹介した岩坪も5月16日(木)~19日(日)に三木ホースランドパークにて開催された
「近畿障害馬術大会」に最高齢での出場を果たしました。

kinki.JPGmiki.JPG


今日は、競技の様子をご紹介すると共に、
岩坪が会期中やその前後で新聞・TV局の取材を受けておりましたので、
その風景をご紹介したいと思います。

初日のフレンドシップB時は「朝日新聞」様に取材いただきました。

kyusha.jpgasahi_interview.jpg

2日目の中障害D時は「関西テレビ」様に取材いただきました。

iwatsubo3.jpgiwatsubo1.jpg

【岩坪が出場した競技の様子】

2013年5月16日(木)
フレンドシップB
乗馬:ジュネス


2013年5月17日(金)
中障害飛越D
乗馬:ジュネス

(補足)障害飛越競技について

競技形式はいくつかありますが基本的に採点は減点方式で行われます。

・障害に触れるなどしてバーを落下させたり、障害を壊した場合は減点4。

・馬が障害を避けたり(逃避)、障害の前で停止してしまったり(拒止)、騎手の意図に反して勝手に円を描くように回ったり、後退したり(不従順)した場合は反抗として減点4。

・反抗が2回で失権


岩坪が85歳で競技出場を継続しているように、乗馬は長く楽しめるスポーツです。

クレインでは、50歳以上の方を対象に、
「50歳からの健康促進キャンペーン 健康促進乗馬体験2回コース」に毎月20名様を抽選でご招待しております。ご興味をお持ちの方はこちらからご応募をどうぞ。

全国の会場が知りたい方は、こちらからご確認ください。火曜を除く、毎日初めての方対象の乗馬体験を実施しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

楠本