母と娘、今はライバルです!?

こんにちは、高橋です。
つくば市では田んぼに水がはられ、日が暮れる頃になると蛙たちが大合唱をしています。
季節が春から初夏に移り変わりつつあるんだなぁと感じる今日この頃です。
ちなみに暦の上では今日から夏。立夏、蛙始鳴(かわずはじめてなく)です。

さて、もうすぐで、母の日ですね。みなさんは何か準備されていますか?

今日は母の日にちなんで、クレイン茨城で乗馬を楽しまれている本間景子さん(母)陽子さん(娘)のお二人にお話しをお伺いしました。

DSC01147.jpg
1月にクレイン茨城に来たデンコウヤマト。乗馬のレッスンに慣れるように、いろいろと教えているところです。お二人は今、そのデンコウヤマトへの教え方を、レッスンで学ばれています。


-お二人が乗馬をはじめられたきっかけは何だったんですか?はじめられるときに不安はなかったですか?

景子さん-体験乗馬の新聞折込チラシを見て申し込みをしたのがきっかけです。体験のみのつもりただったので不安はなかったです。

陽子さん-私は、両親が先に乗馬をしていたので、誘われて・・・どんなものかと体験に行ったのがきっかけです。それまで、楽しそうにレッスンや外乗に行っている両親を見ていたので、特に不安はありませんでした。


-そうですか。では、はじめられたのはお母様の景子さんが先だったんですね。お二人で乗馬に一緒に来られることはありますか?

景子さん-土日は一緒に行きます。お互いの都合が合えばですが・・・

陽子さん-そうですね、レッスンが別なので毎回ではありませんが、都合が合えば一緒に行きます。

-お家に帰られてからも馬の話をされたりしますか?

景子さん-レッスンを受けた後はいつも馬の話で盛り上がります。乗った馬の話であったりレッスン内容であったり・・

陽子さん-「レッスンでこんなことがあったよ。」とか・・・あと、今年の1月からは一緒に新馬調教に参加しているのですが、私は土日しか行けないので、平日に母が調教に行ってきた日は、何をやってきたか、どんな様子だったか等を聞いたりします。

(新馬調教とは、乗馬クラブにやってきたばかりの馬が、乗馬のレッスンに慣れるようにいろいろと教えていくことです。)

DSC01183.jpgDSC01166.jpg

-馬のどんなところが好きですか?好きな馬はいますか?

景子さん-馬の容姿の美しさ、のびやかに走っている姿、下くちびるがやわらかいところが好きです。馬では・・・ラスカルが好きです。素直さを感じます。やっぱり、レッスンで上手くいった馬は好きになれますね。

-レッスンで上手くいくというのは、馬ともコミュニケーションがとれているという感じでしょうか?

景子さん-そうですね。そんな感じですね。あとは、ヤマトの新馬調教をはじめて、接する機会が多くなってきたというのもあって、馬が、ヤマトが好きになってきたところもあります。

-陽子さんはいかがでしょうか?

陽子さん-私はヤマトが好きですね。顔がかわいいのと、ずっと面倒を見ていて・・やっぱりかわいくなってきました。馬の筋肉が引き締まっていて格好良いところがいいです。

DSC01161.jpgDSC01148.jpg
デンコウヤマトくん。通称ヤマトです。

-乗馬をはじめられてから、何か変わったことはありますか?

陽子さん-それまでは、あまり、馬に興味はありませんでしたが、馬が好きになってCMやテレビ番組で馬が映れば反応するし、馬のことをよく考えるようになりました。
あと、筋肉(特に内腿)がついて少しは痩せた・・はず?

景子さん-馬が好きになり、馬の話題も増えて、日常のマンネリに刺激になりました。(馬に乗ることで)体力を使うので、持久力がつきました。今60代ですけど、どこまで続けられるかも楽しみのひとつです。

陽子さん-家族で共通の話題も増えましたしね・・・馬がプリントされたTシャツを見つけると「これ、かわいいよね。」と話したり・・あっ、あとお互いにライバル意識が芽生えたりして(笑)

景子さん-そうそう、私が追いつかれないように、がんばらなくちゃ!と(笑)

-なるほど(笑)景子さんは乗馬歴4年7カ月に対して、陽子さんは7カ月ですからね。今後の目標はありますか?

陽子さん-私は、まず、4級ライセンスを取って外乗に行きたいです。

景子さん-そうですね。さっき言った、どこまで乗れるかチャレンジしたいですし・・あとは、お父さんも一緒にやっているので、いつか、家族で旅に行きたいですね。

-馬に乗る旅ですか?

景子さん-そうですね、北海道あたりにでも、行けたらいいなぁと思っています。

DSC01157.jpg
左が景子さん、真ん中ヤマトくん、右が陽子さんです。

-最後にこれから乗馬をしてみたいと思われている方にひとことお願いします。

景子さん-目標を持って始めるのも良いですし、気軽に乗馬を楽しみ、たまにはレッスンを離れて外乗に参加し、草原や海岸を馬の脚で歩いてみるのも楽しいですよ。

陽子さん-「乗馬」と聞くと敷居が高い気もしますが、インストラクターさんは面白い方ばかりだし、馬もかわいくて癒されるし、きっと楽しめると思います!


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
母の日、一緒に乗馬なんてのもいいですね。


高橋


前回のイチヨウサクラの写真は上野にある国立科学博物館でした。特別展グレートジャーニー人類の旅は6月9日まで開催されています。近代的動力に頼ることなく・・ときには馬も?南米からアフリカ大陸まで旅をした関野吉晴さん、すごいです!