乗馬に興味を持ったら・・オススメの本

こんにちは、高橋です。

少しずつ暖かくなってきましたね。
東京では代表的な桜、ソメイヨシノは美しい新緑に変わりましたが、まだまだ咲いている桜もあります。日本には数多くの桜の種類があり、野生の桜だけでも約100種ほどあるようです!


DSC_0045.jpg
イチヨウサクラ。八重咲きで花が大きく、ハラハラと花びらが舞って一瞬だけ違う空間にいるようでした。後ろの巨大なオブジェ・・・でどこかわかるかもしれません。


さて、今日は乗馬に関連する本のご紹介です。
「乗馬をしてみたいな。」または、乗馬を経験してみて「もっと乗馬のことを知りたい!」という方にオススメの本です。


まず最初は"乗馬をはじめよう"(高橋書店)です。
DSC01143.jpg
まったく乗馬を知らない方でも、「乗馬ってこんな感じなのか。」と乗馬を知っていただける本です。
基本的な、手綱の持ち方や馬の乗り方などはもちろんのこと、DVDで実際の馬の動きと乗り方を見ることができたり、馬の上でリラックスするためのストレッチの仕方なども紹介しています。


次は雑誌"乗馬ライフ"(ジェイ・オーシャン)です。
DSC01141.jpg
毎月発行される乗馬に関する雑誌で、そのときどきテーマに沿って乗馬のいろいろな面を知ることができます。乗馬クラブについて、ロンドンオリンピックなど馬術競技について、外乗(がいじょう:馬場を出て海岸や草原で馬に乗ること)について等、幅広い話題が魅力です。


最後は"HORSE CARE MANUAL"(インターズー)と"センタードライディング"(アニマル・メディア社)です。
DSC01142.jpg
"HORSE CARE MANUAL"は馬を飼うための完全ガイドとして馬の体のしくみから馬の健康について、また、馬に適した道具についてなど、馬を中心に書かれた本です。
馬の感覚器などのページは興味深く、馬という動物を知るための基礎知識を得ることができます。

"センタードライディング"は少し難しそうなイメージがありますが、実は初心者の方にも読んでいただきたい本です。最初のほうに、「自分が馬だと思ってみよう」という項目があります。そう、馬の視点から、馬に乗っているときの人の呼吸とバランスについて解説しているんですね。
きっと、乗る時のイメージに役立つと思います。


以上今日は本のご紹介でした。


DSC01144.jpg
クレイン茨城の周りの森は新緑の季節を迎え、いきいきとしています。

いよいよ、ゴールデンウィークに入りましたね。今年は天気もよさそうな感じです。
みなさん、馬に会いに行ってみませんか?
お近くの乗馬クラブクレインはこちらからどうぞ。

そうそう、関東圏にお住いの方は、東京都世田谷区にある馬事公苑のホースショーに行くのも楽しいかもしれません。
5/3~5で開催されています。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋


イチヨウサクラの写真・・・ヒントは関野吉晴さんのグレートジャーニーです。