馬とのめぐりあいを大切に・・・いざ、ロンドンオリンピックへ!

本日3回目の更新です。
そして、3つ目のストーリーはロンドンオリンピックの話題です。
5月30日、ロンドンオリンピック馬術の日本代表選手が日本馬術連盟より発表されました。

乗馬クラブクレインからは、弓良隆行選手、根岸淳選手、田中利幸選手が総合馬術団体競技の代表として選ばれました。

実は弓良選手は25日~27日に開催されました総合馬術大会に出場していました。
その折、少しだけお話を伺うことができましたので、みなさんにご紹介いたします。

IMG_1021 (2).jpg
DSC00740.jpg
弓良選手とミスターダンディーが走り抜けていきます。

「」内が弓良選手のコメントです。
少し専門的な言葉も入ってくるかもしれませんが、そのままお読みください。下に簡単に説明させていただきます。

-今はイギリスに拠点を置いてトレーニングをされているそうですが、どのような生活をされているのでしょうか。
「普段はトレーナーがついて、ギャロップで基礎体力づくりをします。日本では、そういったトレーニングをすることがなかったので、慣れるまでは大変でした。あとは、どちらかというと競技に出ることで馬の調整をしていくのが向こうのやり方で、オリンピックまでにあと4回競技に出場して本番に臨む予定です。普段の生活では・・・苦労といったら英語でしょうか(笑)」
(ギャロップは襲歩という馬の走り方になります。競馬の走り方というとみなさんもわかりやすいかもしれません。)


-日本で開催される競技とヨーロッパで行われる競技で違いはありますか。
「競技が開催される場所が、公園など起伏のある場所が多いですね。日本の場合は平地が多かったので、その起伏があるなかで走るということが大変でした。」


-今日でも競技の様子を見ていると、私なんかは見ているだけでハラハラ、ドキドキするのですが、クロスカントリーで怖いという気持ちはありませんか。
「怖くないと言えばうそになりますが、怖いという気持ちより集中力が必要ですね。クロスカントリーではだいたい30個~40個の障害を飛ぶので、その障害をクリアすることしか考えていないです。最後まで集中力を途切れさせないようにすることが大事です。」
(クロスカントリーは自然の中に固定された障害が設置され、時速34.2キロの速さで走りぬけていきます。)


-今乗っている馬は2頭ということですが、コンビを組んでどれくらいになるのでしょうか。
「ラティーナとフーリガンの2頭ですが、主にラティーナで競技に出ています。ラティーナとはコンビを組んで4カ月ですが、馬への信頼は大きいです。馬場が苦手なので今後の課題です。」
(馬の名前:ラティーナ43 牝馬10歳、馬の名前:フーリガン セン馬16歳の2頭です。)


-やはり、馬との関係は大きいんですね。
「そうですね。競技に臨むにあたって馬との信頼関係、パートナーシップは非常に重要です。」


-今回はシドニーオリンピック以来、3大会ぶりの総合馬術団体での出場が決まっていますが、個人と団体では違うのでしょうか。(団体では5人馬が出場し各国の上位3人の成績で競います)
「同じクレインからの仲間もいるし、日本は特にチームワークがいいです。個人では、やはり欧米のトップライダーにはかないませんが、チームであれば上位に肉迫できる実力はあると思います。」


-今後に向けてのお気持ちは?
「やらなきゃな・・やっとここまでこれたのだから、できることを全部出し切りたいと思います。だから、みなさんにも見ていてほしいです。」


以上弓良選手からのコメントでした。
実は、同じクレインにいながら、話をするのは今回がはじめてでした。弓良選手はほんとうに馬への純粋な気持ちを持つ、実直な青年というイメージです。突然のインタビューにもかかわらず、気さくに笑顔で応えていただきました。(弓良選手のイメージ伝わってますか・・)


弓良選手がどのような舞台で挑んでいるのか、わかりづらい部分もあるかと思いますので、今年4月にイタリアで行われた競技の様子をご紹介します。(下記サイトからご覧ください。)
この競技のCCI***クラスに出場したのですが、ラティーナとのコンビで4位に入賞しました!
GALLERYをクリックするとその時の競技の様子を見ることができます。
Centro Ippico La Pista-Vairano

最後に「見ていてほしい。」とコメントした弓良選手。
まさに、この競技には「見る」という言葉があっているかもしれません。
その競技の迫力に圧倒され、自然と息をのんで見守っている。静かに心の中でガンバレ!と思う。そんな応援の形もあるのではないでしょうか。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
ロンドンオリンピック総合馬術団体は7月28日~31日で行われます。
私も日本から見守っていたいと思います。


高橋

震災を乗り越えて・・新たな道に!

本日2回目の更新です。
そして、2つ目のストーリーは"ロードグレイシア"という馬に関わるお話です。

実は、ロードグレイシアは2011年3月11日震災の時、仙台市若林区の海岸からほど近い乗馬クラブクレイン海岸公園にいました。もちろん、突然のことですから人の避難が最優先され、馬たちは厩舎に残されたままでした。

海岸から1キロも離れていない場所で、おそらく10Mを越える津波にのまれたのではないかと想像します。生存は絶望視されていた中で、55頭のうち36頭の馬が救出され、今は全国の乗馬クラブクレインで活躍しています。その中の1頭がロードグレイシアでした。


先日、クレイン仙台海岸公園を実際に見てきたのですが、施設は今もそのままで、この状況の中でどうやって馬たちは生き残ったのだろう?と思えるほどです。数々ある奇跡の中の一つではないかと思います。
(仙台に行ったお話は先日のブログをご覧ください)


そんな中、2011年3月にロードグレイシアは乗馬クラブクレイン茨城にやってきました。
そして、永松選手と出逢い、新たな人生ならぬ馬生がはじまります。

IMG_1013.jpg
スタートを切った後、いきいきとクロスカントリーのコースに走っていく、永松選手とロードグレイシアです。

永松選手とロードグレイシアが出逢って、1年と少しが過ぎました。
去年、秋の大会に引き続き、今回の大会でもノービス競技で1位と活躍しました!
IMG_1014.jpg

ロードグレイシアと永松選手のパートナーシップの強さを感じます。

震災を乗り越えた馬、ロードグレイシアが新たな場所で活躍していることが、少しでもみなさんの励ましになり、前を向く勇気を持つ、ちょっとしたきっかけになればと思います。

DSC00714.jpg
競技前、厩舎の窓から外を眺めていたロードグレイシア


高橋

馬と築かれたパートナーシップ

こんにちは、高橋です。
今日は、先日5月26日行ってきました"第33回全日本ヤング総合馬術大会2012"の模様とその周辺のストーリーをお届けします。場所は東京、世田谷にある馬事公苑です。

DSC00731.jpgDSC00732.jpg
この日は天気がよく、小さなお子さんを連れたご家族の方が散歩していました。馬事公苑は一般の方も中に入ることができます。


今回はさまざまなストーリーがありました。
なので、3回に分けてお届けします。
1回目は競技の様子をお届けします。


総合馬術という競技は、3日間にわたって馬場馬術、クロスカントリー、障害馬術と開催されます。だからThree Day Eventともいわれます。
馬術競技の中でも特に馬とのパートナーシップが重要です。なぜなら、2日目に行われるクロスカントリーは技術だけでなく、人馬の勇気も必要とされるからです。


"勇気"が必要とされるって・・・どんな競技なんだろう?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますので少しコースをご紹介します。

たとえばこんな障害。
DSC00736.jpg
画像の左奥の障害を飛んだあと、坂をくだり、2つ目の障害を飛びます。2つ目の障害の下には乾濠(かんごう)が掘ってあります。馬にとって見えづらいということは怖さにもなります。
平永健太選手とアイリッシュブルーは、みごと飛越していきました。

そして、クロスカントリーではスピードも要求されます。
DSC00735.jpg
伊藤正平選手とシュシュート。通った後の砂埃がスピードの速さをあらわしています。

ゴールを切った直後の馬たちは、息も荒く汗でびっしょりです。獣医師に馬体チェックを受け、大丈夫であれば、厩舎に戻り、クールダウンします。
DSC00729.jpg
永松選手とアイシングラー、競技後に汗を流してもらっています。
何よりも馬のコンディションが優先されます。


乗馬クラブクレインからは17名の選手と18頭の馬が出場しました。
もちろん、競技に挑むときは自分と馬だけになりますが、競技以外の部分では選手同士お互いに協力しあい、同じ方向を向いているように見えました。
DSC00727.jpg
準備運動の際、障害の高さを変えたりするため他の選手が下でフォローしています。

それぞれの選手が真剣で、
IMG_1025.jpg
石元公平選手とジャン・ギャバン、気迫が伝わってきます。

成功も、失敗もあったけど、
DSC00739.jpg
西原郁人選手とモデラート、力強く目の前を走りぬけて行きました。

前を向いていく選手たちの強さを感じた1日でした。
そんな、選手たちを見ていると応援せずにはいられなくなります。

2012年、総合馬術大会はまだまだ開催されます。(開催日は馬術連盟サイトをご覧ください)
機会がありましたら、ぜひ見に行ってみてください。
きっと、感動する一日になることでしょう。


高橋