1000分の1の確率!? ~奇跡の双子達~

hutago.jpg

街中で双子の赤ちゃんに出会うと、なんだかとてもウキウキとした嬉しい気分になってしまうのは私だけではないと思うのですが、如何でしょうか??
 
先日12月13日は『双子の日』でした。1874(明治7)年12月13日に、「双生児、三つ子出産の場合は、前産を兄姉と定む」という太政官布告が出された事にちなんだ記念日だそうです。馬の世界(特にサラブレッド)では双子は大変めずらしく(双子を妊娠することがあっても、栄養や成長の面で2頭無事に生まれ育つ確率は限りなく低く、1000分の1ともいわれています)まず見ることはありません。しかし、ごくまれに双子が無事に生まれたというエピソードが世界各地にあるようです。

99a8b12f026272fba5cb2af3dbcd16b5_l (2).jpg

【日本】
北海道:重種馬の双子(2015年)

「馬を飼って40年になりますが、双子が元気に生まれたのは初めてです。母馬が出産後も健康なので安心しました」と話すのは稚内市の米田貢さん(64)。所有する重種馬が、双子の子馬を無事出産し、地域の話題となっている。子馬は鹿毛(かげ)の雄と栗毛の雌で、母馬は地方競馬で活躍した「ソウヤミサキ」。近隣組合員も「本当に珍しいね」と驚きの声を上げている。
引用:http://nosai.or.jp/mt6/2015/07/post-2713.html 農済ヘッドラインより

【アメリカ】
ミスターピン&ミスターポン競走馬デビュー(2018年)

 ウエストバージニア州チャールズタウンで生まれた、ミスターピン&ミスターポン。母馬の馬体が大きかったことなどから、分娩時まで双子という事に気づかれませんでした。出生時約11キロという低体重で生まれたミスターピンでしたが、奇跡の成長を遂げ無事に2頭競走馬デビューを果たします。

 2頭の調教師であるカーティス氏は「ミスターポンは気質が本当に良く、いつか素晴らしい乗用馬となるでしょう。ミスターピンは競走生活を終えたら、素晴しいポロ競技用の馬となるでしょう。しかし願わくは、彼らを競走させて、2勝ぐらい挙げさせたいと思います。彼らは現役を引退すればそれぞれふさわしい拠点を見つけるだろうと、確信しています」とコメントしている。
参考:https://www.jairs.jp/sp/contents/newsprot/2018/14/1.html



【オーストラリア】

出産まで気づかず! 健康な双子誕生 (2012年)

 オーストラリアのメルボルンで初めて双子のイヤリングが上場された。大きな母馬だったため、出産まで獣医師も気づかなかったそうです。健康に産まれた双子は、それぞれに姿形のいい牡馬と牝馬。セリで、牡馬は1万ドル、牝馬は7千ドルでそれぞれ落札されました。
 引用、参考: ハイランド真理子「世界オモロイ競馬ニュース」

horse-1199215_1280.jpg


 世界各地でニュースになるほど「馬の双子誕生」は珍しく、その確率から家畜や財産の増える吉兆の証しといわれたりもするようです。人間と同じ単体動物の哺乳類の中でも馬の妊娠期間は人間よりもさらに長い、約330日間。もし、馬の双子ちゃんに出会う事が出来たら、きっと素晴らしい幸運があなたにも訪れるかもしれませんね!

 
IMG_1065.JPG IMG_1089-1.jpg
*双子ではないですが、仙台海岸公園馬術場で今年生まれた『きなこ』君。生まれたてと初めて立った時です。

<動物の妊娠期間>
馬:約330日(1回の出産で1頭 )
ゾウ:約660日(1回の出産で1頭)
犬:2か月前後(1回の出産で3~12匹)
ハムスター:2週間~1か月(1回の出産で10匹前後 )
※人間の妊娠期間はトツキトウカ約280日です。