全日本ジュニア馬場・馬場Part IIが行われました!

みなさま、こんにちは。

先週行われました全日本ジュニア馬場・馬場パートⅡの様子を
今回も引き続き、私元持がお届けいたします♪

しばし、お付き合いいただけると嬉しいです!


私.jpg


1日目の今日は馬の入厩と、明日から始まる予選に向けての練習です。
でも選手によっては、長旅をしてきた馬のことを気遣い、
今日は乗らないで過ごすという選手たちもちらほら・・


馬.jpgのサムネール画像のサムネール画像


えっ??

乗らないでいる選手たちは何をするかって??

その答えは・・

見る』です。


自分で乗って、技術の向上を目指すのはもちろんですが、
他の選手が乗っているのを『見る』ということは
とても大事なことなのです。


DSC_0029.JPGのサムネール画像


他の人が乗っているのを見てイメージをつくる、のはもちろんのこと
どういう風に乗っているのかを見て、
自分に当てはめられそうな部分があれば、それを吸収していきます。


見る.jpg


もちろん扶助というのは、馬一頭一頭に対して、
また、その場の馬の状況に応じて変えなければいけないものですから、
すべてがそのまま使えるわけではありません。

競技会となると、いつもと雰囲気の変わる馬っていますからね・・

みんな、いろんなやり方を試してみて、
その上で、その馬に対して一番良いだろうと
思われる扶助を確立させていくのです。

風.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


さて・・みんなの様子はどうかな・・?
緊張してるかなぁ~、と思いきや
厩舎を除くとみんな、わいわいした雰囲気で団欒していました。


やっぱり、普段から馬場合宿などで顔を合わせている分
みんな本当に仲が良くって、
何でも言い合える兄弟みたいです(笑


DSC_0087.JPGのサムネール画像


明日はみんなにとって、今までの集大成。
悔いの残らないように、思いっきりやってきてほしいです!

ロデオ.jpgのサムネール画像のサムネール画像

そしてそして・・

夜は恒例の決起集会!

お越しになられているジュニアのお父様お母様も一緒に、
みんなで募る話をしながら、明日に向けて一致団結します!


全員.jpg


ここでみんな今まであった色んな練習の思い出などを
語り合うわけです・・


頑張ろう!って言い合える、
何かを共感し合える仲間がいるって、本当に大切ですよね。

きっと、このメンバーはジュニアを卒業したとしても
この仲間をずっと忘れることはないんじゃないかな・・と、
写真を撮っていて少し羨ましくなった私です。。


P8073348.JPG


さあ、明日から競技スタートです、
みんな、思いっきり楽しんでやってきてくれるといいな♪

それではみなさん、次号に続きます・・


集合2.jpg


元持

富士通馬術部がクレイン栃木で部活動はじめました!

こんにちは、高橋です。

部活動というと、学生時代だけのような気がしますが、社会人になっても部活動があります。
その中でも『馬術部』というのはめずらしいかもしれません。
実は、日本社会人団体馬術連盟という団体があり、約28企業が登録しております。

富士通馬術部もその企業の一つ、8月よりクレイン栃木で活動をはじめました。
その日の活動の様子が届きましたので、ご紹介いたします。

-----------------------------

日本社会人団体馬術連盟に加盟する富士通(株)馬術部が8月よりクレイン栃木でトレーニングを開始しました。

DSC_0616.jpg

富士通馬術部は全部員数約30名。社会人馬術部の中では最大の部員数を誇る馬術部です。
クレイン栃木での初練習日には7名の部員が騎乗。部長・監督・コーチも総出で部員の指導にあたっておられました。

部員の構成は上級者と中級者・初心者とがそれぞれ3分の1程度の割合かと思います。

学生馬術部の出身者や子供のころから騎乗していたという部員は経験も豊富で、見事な騎乗振りでした。このような上級者を中心として年に数回開催される社会人馬術大会に出場しており、全日本社会人馬術選手権大会でも富士通馬術部は優勝常連団体ということです。

皆さん、馬術部というと体育会系のイメージをもたれる方も多いかと思いますが、富士通馬術部では全くそのようなことがなく、上級者も初心者も和気藹々とした雰囲気で部活動をされているといった印象でした。

DSC_0578.jpg

部員の中には富士通に入社してから乗馬を始めたという部員も少なくなく、上級者が新入部員の指導を行う形で練習を進めています。毎年済州島への合宿(旅行?)を企画するなど部活動を楽しむ活動にも取り組んでいらっしゃいます。このようなことで皆さん仲がいいんでしょうね。

クレイン栃木では富士通馬術部の技術向上に、部活動の充実と部員交流に寄与できるようこれからも協力を行ってまいりたいと考えております。会員の皆様もクレイングループの同じ仲間として、富士通馬術部を応援よろしくお願いいたします。

DSC_0755.jpg

日本社会人団体馬術連盟主催の競技会日程は日本馬術連盟ホームページよりご覧いただけます。

-----------------------------

以上、部活動の様子をお届けしました。

高橋