ロンドンオリンピックまで、あと、1カ月!馬術を応援しよう!

こんにちは、高橋です。
ロンドンオリンピックまであと1カ月となりました。
にわかに、世間もオリンピックムードが高まってきていますね。
テレビで馬術競技を放送してくれないかな~と思う今日この頃です。


馬術競技のスケジュールは・・・
総合馬術が7/28~31
馬場馬術が8/2,3,7,9
障害馬術が8/4~6,8
での開催となっています。

競技の結果はもちろん、ロンドンオリンピック公式サイトで確認することができますが、やはり映像でみたいですよね。

そんな方はYouTubeのOfficial Olympic Channelをご覧ください。
全部ではないですが、どのような競技場で馬術が行われているのか見ることができます。
例えば、北京オリンピックの総合馬術クロスカントリー競技はこんな感じです。
Equestrian - Eventing - Cross Country - Beijing 2008 Summer Olympic Games

馬術競技は英語で"Equestrian"になります。
ちなみに、総合馬術は"Eventing"、障害馬術は"Jumping"、馬場馬術は"Dressage"です。
映像を見るとき、どこの国の人かはゼッケンの国旗で判別できます。
DSC00767.jpg
鞍の下にしくパッドのようなものをゼッケンといいます。

みなさんに馬術競技をオススメする理由は、実は他の競技とは違う魅力があるからです。

魅力その1 馬術は男女が対等に競い合います。男女対等に競うのは馬術だけです。
魅力その2 60代以上の人も活躍しています。北京オリンピックの障害馬術団体で出場したカナダのイアン・ミラー選手は61歳で銀メダルを取っています!
魅力その3 動物だけどパートナーである馬と一緒に競い合います。人だけでも、馬だけでもダメです。人馬ともに呼吸があい、パーフェクトなパフォーマンスができなければなりません。

そして、総合馬術、障害馬術、馬場馬術それぞれにみどころと迫力、そして感動があります。
ロンドンオリンピック開催まであと少し。
そのみどころを、初心者のかたにもわかりやすく、少しずつご紹介していきます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋