東日本大震災から3カ月・・・奇跡の馬たち

こんにちは。高橋です。
今日もクレイン茨城からお届けします。


今日は2頭の馬をご紹介します。
下の写真は先日6月11日、12日山梨県馬術競技場で行われたホーストライアルシリーズの様子です。
IMG_0667.jpg
永松敬一郎選手とロードグレイシア。

こてつ3.jpg
正井基行選手と「こてつ」。


実はこの2頭は、3月11日、クレイン仙台海岸公園で津波にのまれながら奇跡の生還をはたした馬たちです。ロードグレイシアは永松選手とこてつは正井選手と新たなパートナーシップを築き、こうして競技に出られるまでになりました。

あんな怖い思いをして、けどまた人を信じてくれる馬。
なんてやさしさと勇気をもった動物なんだろうと思います。
私は涙もろいので、これまでのことを思うと感動して涙がでてきてしまいます(・_・、)




東日本大震災から3カ月が経ちました。

3月11日は忘れることのできない1日です。
クレインでも地震と津波の被害がありました。
特に仙台市若林区にあったクレイン仙台海岸公園は津波にのまれ大きな被害を受けました。
おそらく10mを越える津波が馬たちのいる厩舎を襲ったと想定されます。



どうか生き残っていて・・・
クレインの誰もがそう祈っていました。

津波がさった翌日。

クラブから2キロ離れた場所で1頭の馬がみつかりました。
そして地震から2日後クラブ周辺に馬が多数いると情報が入りました。


奇跡でした。

55頭の馬たちのうち37頭が生きていたのです。
P1000777.jpgP1000780.jpg


地震から3カ月。


クレイン仙台泉パークタウンは営業を再開しました。
あのとき、助かった馬たちはクレインの各クラブに場所を移し、今の生活を送っています。仙台泉パークタウンには治療をされ徐々に回復してきている馬たちがいます。


少しずつですが、前に進んでいます。

馬たちの力が、やさしさが、少しでも皆さんのお役に立てればと思い、仙台泉パークタウンではふれあい乗馬をはじめました。
ふれあい乗馬はこちらからどうぞ。


みなさんが馬に逢ってみたいと思われた時に来てください。
いつでも乗馬クラブクレインがお待ちしています。

DSC00312.jpg
ロードグレイシア。今はクレイン茨城にいます。
こてつ.jpg
こてつ。今はバークレイとしてクレイン倉敷にいます。

クレインWEBはこちらからどうぞ。

ブログを読んでいただきありがとうございます。
高橋