クレインで出会える元競走馬一覧

最近では、競馬好きが高じて乗馬にチャレンジする方も少なくありません。このページでは、当クラブで出会える元競走馬をご紹介します。「え!あの元競走馬もいるの?」なんて発見があるかもしれません。

馬名主な戦績事業所
ニックバニヤン 羽田盃競走(S1)優勝、全日本2歳優駿(JPN1)5着 仙台
リキアイサイレンス アルゼンチン共和国杯(G2)3着 茨城
ヘイアンウィンザー シクラメンS(OP)優勝、ヒヤシンスS(OP)2着 竜ヶ崎
エアマックール アルデバランS(OP)優勝 竜ヶ崎
オークファイヤー 岩手県知事杯OROカップ[地方G]優勝 竜ヶ崎
ハレルヤサンデー 新潟大賞典(G3)優勝、福島テレビオープン(OP)優勝 竜ヶ崎
アドマイヤボス 有馬記念5着、天皇賞(春)5着、宝塚記念6着 竜ヶ崎
トーワベガ 中山グランドジャンプ(J.G1)3着、中山大障害(J.G1)10着 東武
マイネルギブソン コスモス賞(OP)優勝 東武
ダイワスペリアー 日本ダービー3着菊花賞6着 伊奈
ダイワジアン 中山記念(G2)3着 伊奈
ダイワスペリアー 日本ダービー(G1)3着、セントライト記念(G2)2着 伊奈
メジロマントル 鳴尾記念(G3)優勝、朝日CC(G3)3着 伊奈
ミヤビペルセウス 中山大障害(J.G1)11着 狭山
アレグラール 平安S(G3)4着、エルムS(G3)5着 狭山
ゴールデンハインド 札幌日経OP(OP)優勝、万葉S(OP)優勝 千葉
サミーミラクル マーチS(G3)2着、ガーネットS(G3)3着 千葉
シアトルフレーム アイビーS(OP)優勝 千葉
リリーキャスケード 阪神ジュベナイルF(G1)出走8着 千葉
ロードアクレイム 神戸新聞杯(G2)2着、菊花賞(G1)6着 富里
ジェラスガイ 韓国馬事会杯(OP)優勝、中山記念(G2)3着 東京
トップコマンダー 日経新春杯(G2)優勝、函館記念(G3)2着、朝日杯3歳S(G1)出走5着 東京
ナイストップボーイ NZT(G2)2着、NHKマイルC(G1)出走14着 ※クレイン馬名:レイ・ロング 金沢
フサイチシンイチ 日本ダービー 恵那
メイショウホダカ タイランドカップ(OP)優勝 恵那
レッドスプレンダー 中スポ賞ファルコンS(G3)3着 ※クレイン馬名:エクラ 恵那
マイネルブラウ 小倉大賞典(G3)優勝・2着1回、テレビ東京杯青葉賞(G3)3着、中日新聞杯(G3)2着、愛知杯(G3)2着、トヨタ賞中京記念(G3)3着、東京優駿(G1)出走14着 浜松
ベラージオ トパーズS(OP)優勝、東京大賞典(G1)4着、マーチS(G3)3着 ※クレイン馬名:ルチル 三重
コウエイテンカイチ 障害4歳以上(OP)優勝、皐月賞(G1)出走16着※クレイン馬名:天 三重
ナイトフライヤー 京都ジャンプS(J.G3)2着、谷川岳S(OP)2着、白富士S(OP)3着、マイルチャンピオンS(G1)出走16着※クレイン馬名:ナイト 三重
エリモシャルマン 天皇賞春 ※クレイン馬名:シリウス 東海
タマモサプライズ 阪神ジャンプS(J.G3)3着、障害4歳上(OP)優勝2回※クレイン馬名:ラピスラズリ 東海
スカイディグ二ティ 菊花賞2着、有馬記念5着 京都
フィ二ステール 東京優駿(ダービー)15着 京都
モガリブエ 小倉サマージャンプ(J.G3)3着 京都
アルナスライン 菊花賞2着、天皇賞(春)2着、有馬記念6着、宝塚記念6着、10着 大阪
ジンクライシス JCD3着、エルム2着 大阪
バクシンオー 福山 アラブ2冠 大阪
タイキヴァンベール 白嶺S(準OP)優勝 大阪
キンショーテガラ 共同通信杯(G3)2着 ※クレイン馬名:ウォームハート 大阪
サイキョウワールド 淀短距離S(OP)優勝 大阪
ジョウノバッカス 朝日フュ―チュリティS 加古川
ハギノハイグレード ジャパンカップダート3着、フェブラリーS5着 加古川
オリエンタルロック 札幌2歳S(G2)優勝 ※クレイン馬名:チョコクロ 加古川
トーホウアラン 京都新聞杯(G2)優勝、中日新聞杯(G3)優勝、京都大賞典(G2)優勝、朝日チャレンジカップ(G3)2着、 加古川
デルフォイ 京都新聞杯(G2)2着 加古川
ロスタイム 梅田S(準OP)優勝 奈良
クリールサイクロン 新潟3歳S(G3)優勝、スプリングS(G2)優勝 奈良
タイキダイナスティ 障害3歳上(OP)優勝 奈良
アドマイヤテンクウ 京成杯(G3)2着 奈良
オースミブライト 皐月賞(G1)2着、日本ダービー(G1)出走4着、神戸新聞杯(G2)優勝、京成杯(G3)優勝 OP
コアレスアルダン 中山大障害8着 OP
マイネルマクロス 皐月賞(G1)出走7着、日本ダービー(G1)出走16着、芙蓉S(OP)優勝、京成杯(G3)2着、毎日杯(G3)3着 岡山
シャイン シンザン記念(G3)2着、中京2歳S(OP)優勝、皐月賞(G1)出走、日本ダービー(G1)出走 倉敷
フェラーリピサ フェブラリーS(G1)5着、かしわ記念(統一G1)3着、エルムS(G3)優勝、根岸S(G3)優勝 倉敷
シェーンヴァルト デイリー杯2歳S(G2)優勝、皐月賞(G1)4着、日本ダービー(G1)6着 多々良

※2016年3月19日現在。

クレイン東京に在籍していて急遽、繁殖牝馬になった「オーロラ」の話

■父は偉大なマックイーン

しかし勝てずで競走馬抹消→母にもなれず乗馬クラブを転々。クレイン東京で大人気の乗馬になるも、まさかまさかの黄金血統の母になるため北海道に戻る。

「ミツワオーロラ」→現在「大栄牧場」繁殖牝馬
 彼女がクレイン東京に在籍していた期間は2010年9月~2012年5月です。

2010年8月の新馬戦で「オルフェーヴル」がデビュー、翌2011年に「ゴールドシップ」がデビューすると俄かにマックイーンの牝馬である「オーロラ」もクラブ内で黄金血統の話が出てきました。ただし、彼女の場合は繁殖牝馬で働いていた期間もなく、年齢も8歳で乗馬界から戻るなんて誰も思いもよりませんでした。

そして乗馬として人気者だった「オーロラ」に、まさかまさかのオファーが届いたのが2012年の春でした。牧場としてはすぐにでも戻したかったようですが、あまりの人気にGWが終わるまではクラブの予約が既に満杯。
「頑張って良い子を産んでね...」と皆に見送られてクラブを後にした1年後の5月7日、大きなお母さんから小さな女の子が誕生しました。父:ステイゴールド、母の父:メジロマックイーン「黄金の血統」

とはいえJRAでデビューするのは本当に大変な世界。そんな執念の子「シアヌークビル」が表舞台で走りだしました。

当時の「オーロラ」を知るスタッフとお客さんを中心に皆で今、母子を応援しています。

全国33ヶ所で乗馬体験実施中!

乗馬体験のお申し込みはクラブごとに随時お受けしております。まずはクラブをお選びいただき、ご希望のコースをご予約ください。