絵馬に願いを ~縁起物の馬達~

20210106 (1).jpg
 明けましておめでとうございます。今年も馬も人も幸せに、楽しい乗馬ライフを過ごすことができますようお祈り申し上げます。

 皆さんは2021年の抱負はありますか?初詣で1年の目標を神様に伝えたり、絵馬に願いを書いた方もいるのではないでしょうか?今までもブログ等で蹄鉄(幸運のモチーフ)、左馬(将棋の駒、福を招き、商売繁盛)などを紹介してきました。馬はなにかと幸運や神様とのつながりが強いので、ぜひあやかり2021年も良い歳にしたいものですね!

210106_1-1.jpg

<絵馬の由来>
 絵馬は合格祈願、家内安全など、何かを祈願するときに奉納することは知られていますが、願いが叶ったお礼としても奉納をする木のお札です。昔から馬は「神様」や「ご先祖様」が人間界に来るときに乗る乗り物として考えられていました。起源は「神様に生きた馬(神馬)を献上する古代の風習」からきています。お盆の時に胡瓜で馬を作るのも、そのような考え方からですね。平安時代ごろにはすでに馬を絵に描いて奉納する風習があったそうです。
 
 寺社には、本物の馬がいる所もあれば、「神馬舎」「神厩舎」などが(馬がいなくでも)設置されていたり、馬の像が置かれている場合もあります。全国的には、伊勢神宮(三重県)や住吉大社(大阪府)、日光東照宮(栃木県)、上賀茂神社(京都府)などは神馬を飼育している事で有名で、たとえば伊勢神宮では外宮、内宮それぞれに「宮内庁御料牧場」で産まれた馬達が「神馬」として飼育されています。
(注)神前への見参時等以外にも、普段から会う(見る)ことのできる神馬もいますが、驚かせたり、疲れてしまわないようにしっかりとご配慮をお願いします。


<大絵馬・小絵馬>
 絵馬には「大絵馬(おおえま)」「小絵馬(こえま)」と2種類あり、大絵馬は名前の通り大きなサイズで、専門の絵師などが描き観賞用として飾られています。通常「大絵馬」を有する寺社は「絵馬堂」に飾られているので、ぜひ参拝の際には見学してみてください。意外に気付かず参拝していることもあるかもしれません(普通の休憩所になっていたり、案内図で確認しないと分からない場合もあるので)。一方、「小絵馬」は一般的な参拝者が個人的な願いをかく絵馬です。安産祈願、恋愛成就、家族の健康や交通安全など...思い思いに描く事ができます。

<様々な絵馬>
 木札に屋根を付けた事が三角屋根型の絵馬の由来ですが、近年は一工夫された面白い絵馬が全国各地にあります。絵馬は基本的には奉納をするものですが、記念として持ち帰りコレクションする人もいるとか。ご朱印と同じように、絵馬を楽しみに参拝するのも楽しいですね。

【帯廣神社(北海道)】
帯広市にあるこちらの神社の絵馬は馬型です。
20210107-747.jpg 20210107-885.jpg

【貴船神社(京都府)】
絵馬発祥の地として知られています。もみじ絵馬があり、季節により限定カラー(緑等)もありオシャレな絵馬です。
210106_0.jpg

【伏見稲荷大社(京都府)】
白狐の形の絵馬。
202101-1324.jpg
 
【達磨寺(群馬県)】
だるま発祥の地といわれる群馬県のだるま絵馬。
26587169650_50a66bdb79_c.jpg

【熱田神宮(愛知県)】
星型に白い鳥のかわいく上品な絵馬。草薙の剣を祭る神社としても有名です。

【三光稲荷(愛知県)】
女子に人気!ピンクでハートの絵馬が有名です。

【河合神社(京都)】
美のパワースポット神社。手鏡型の絵馬に顔を描いて祈願します。


その他にも木以外の素材の絵馬も各地にあり、有田焼きで造られた絵馬(佐賀県・陶山神社)や紙制絵馬(岐阜県・水無神社)などもあり、ますます絵馬に興味がわいてきました!

一度にまとめて色々みたい!という方は、靖国神社では今年も全国各地の神社約300社から奉納された縁起絵馬が飾られる「全国神社奉納絵馬展」が毎年1月末まで開催されています。

 そして、こんなものも見つけました!今年は特に直接お参りもしづらいですが、「郵送で奉納できる絵馬」が全国にあるようです!これはありがたいですね。また自宅でゆっくりと書く事が出来るので、家族みんなで書いたり、一人でじっくりと願いながら書く事が出来るので良いかもしれません。(絵馬以外にもお守りや、ご朱印も郵送してくれる神社もあります。)
◆HanakoTokyo 郵送で奉納できる全国各地のユーモア絵馬8選! 
https://hanako.tokyo/news/lifestyle/203045/ 
※2021年1月時点のものです。

210106-5.jpg
 それぞれの年始。気持ちも新たに「馬パワー」をかりて願かけをしてみませんか?


written by Okanami