暑さ寒さも彼岸まで・・・秋の夜長にオススメの映画

こんにちは、高橋です。
22日から二十四節季は秋分、七十二候は雷及収声(かみなりすなわちこえをおさむ)です。
クレイン茨城では昨日の朝、ものすごい雷がなっていましたが、それも収まるのでしょうか!?

さて、夏が過ぎ、日も短くなってきました。
こんな季節は、なんとなくラフマニノフのピアノ協奏曲第3番が聞きたくなります。
音楽って、季節とか、時代とかそのときのシーンと一緒に記憶に残っていたりしますよね。
120814_182630.jpg


そして、今回ご紹介する映画も、なんとなく秋に観たくなる映画です。
タイトルは「モンタナの風に抱かれて」
秋の夜長、静かに見るのにふさわしい映画です。

モンタナの大自然を背景に、乗馬中の事故で傷ついた馬ピルグリムと少女グレースが、不思議な力を持つカウボーイ、トムによって再生していく、そんなストーリーです。


原題は「The Horse Whisperer」です。
馬の習性や性格を理解し、トラウマを与えず、馬が進んで行動してくれるよう、教える。そんな実在するカウボーイHorse Whispererのモンティ・ロバーツをモデルにしたと言われています。
カウボーイのトム役はロバート・レッドフォード、少女グレースを幼いころのスカーレット・ヨハンソンが演じています。


何よりも、モンタナの大自然を背景に馬とともに草原を駈けるシーンは美しく、おそらく馬に乗ったことがない人でも、その気持ちよさを感じることができるのではないでしょうか。
若いころに西部劇に出演していたロバート・レッドフォード、さすが、馬に乗るのは上手いです。

_DSC4392.jpg

とても印象的なシーンがあります。
事故で心も傷ついたピルグリム、携帯電話の音にビックリして草原に走って逃げたとき、トムはピルグリムから近寄ってきてくれるまで、ずーっと草原に座って待ちます。
私はこのシーンが好きです。

馬と人が魅力的に、穏やかに描かれていて、映画を観た後は、なんとなく心が落ち着きます。
馬と人も、人と人も、それぞれが思うところがあり、全てがきれいにまとまることはないですが、きれいにまとまらなくても、それぞれで良いところがあり、お互いに受け入れながら時間が流れていく。この映画には、そんな包み込むような雰囲気があるような気がします。

機会があれば、ゆっくりご覧になってみてください。

映画を見て馬に会いたくなったら、お近くの乗馬クラブクレインへどうぞ。
乗馬ははじめてという初心者の方もOKです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋