【馬が主役!? 日本のお祭り】

matsuri-t.jpg

全国各地では、様々なお祭りが年間を通し開催されていますが、馬好きとしては、馬の登場するお祭りは、やはり見に行くのもとても楽しいですし興味があります。今回は、全国の様々な「馬が主役!?」なお祭りを調べてみました!
 
 
●京都
(筆者が)関東から関西に越してきて、嬉しかった事の一つに、「京都のお祭りに気軽に(日帰り)で行くことができるようになったこと」があります。京都のお祭りは馬が登場するものが非常に多く、中でも、葵祭りと、時代祭は本当に圧巻!美しい馬と、時代に沿った登場人物たちの衣装、大勢の観客の中、車道を堂々と歩く馬達の賢さにも驚かされるお祭りです。


【葵祭り(毎年5月15日)
約1500年前に始まったとされる下鴨神社と上賀茂神社の例祭。5月15日には、平安装束をまとった人々が練り歩く「路頭の儀」が開催されます。毎年京都市民の中から選ばれる葵祭りの主役「斎王代」はニュースになるほど注目されます。
参考:https://ja.kyoto.travel/event/major/aoi/

matsuri-4.jpg  matsuri-3.jpg

matsuri-2.jpg    matsuri-1.jpg


【時代祭】
平安神宮の創建を奉祝して始められた祭り。毎年10月22日(2019年は10月26日開催予定)に行われます。明治維新から平安時代へ遡る形で構成された行列は...なんと約2000名!とても見ごたえがあります。1000年の歴史を、二時間の行列で味わう事ができます。
参考:https://ja.kyoto.travel/event/major/jidai/


●千葉
【馬だし祭り (毎年10月第1日曜日)
神霊を馬の上に移して、若者が馬の手綱をつかみ砂浜を駆け回る勇壮な神事。
毎年9月に岩瀬海岸で「馬だし」が行われるところから馬だし祭りの名称として毎年大勢の見物客で賑わっています。
五穀豊穣や海上の安全、大漁を祈願する古い祭りの形態を今に残す神事として、平成29年に県の無形民俗文化財に指定されました。
参考、引用:富津市役所観光課
http://www.city.futtsu.lg.jp/0000000610.html


●岐阜
【花馬祭り】
五穀豊穣に感謝を表すお祭。竹ひごに沢山の色紙を付けた花を飾った木曽馬が、神社へゆっくりと練り歩きます。  10月第1日曜日に開催。

matsuri-5.jpg

画像:南木曽町観光協会
http://www.town.nagiso.nagano.jp/kankou/event/hanauma.html


●岩手
【チャグチャグ馬コ】
農耕馬に感謝する200年以上に及ぶ伝統行事。色鮮やかな衣装で着飾った100頭ほどの馬と馬主が神社で参拝後、盛岡八幡宮までの約13キロを行進。

97e2b241324d7095f98f4ba8d128f2b81-300x225.jpg  cha-DSC03452s.jpg

祭りの様子(動画)
Snapshot_62.png


参考:盛岡観光情報
http://www.odette.or.jp/?p=1351


TRC高崎のフロントには「チャグチャグ馬コ」の人形が飾られています。これは人形作家の会員様が造ってくださったそうです!

IMG_2950-b.jpg IMG_2954-b.jpg
 
衣装がとてもかわいいですね!現地で是非見てみたいものです。

その他にも上げうま神事が行われる三重県の「多度馬祭り」や、岩手の「相馬野馬追い祭り」京都八幡神社の「流鏑馬神事」等など...全国には馬の登場するお祭りが数多くあります!


ご旅行を計画するときに、ぜひお祭りもプランに組み込んでも楽しいかもしれません。ぜひ感想もお寄せください。