馬たちのお手入れと、お手入れグッズ

DSC_1067.jpg

 こんにちは!大型連休が終わり、日常生活が戻ってきましたね。皆様リフレッシュはできましたか?気温もぐんぐん上がり、最近は暑い日も続いています。そろそろ馬も人も汗をかく季節がやってきました。

 今回は馬の毛と、汗をかく夏のお手入れについてお話ししたいと思います。馬も人も「体毛」は体温の保持や、保護の役割をもっています。馬達は犬などと同様に、一年の中でも、毛が抜け換わる「換毛」という時期があり、その時期はブラッシングをすると、本当にびっくりするぐらいの毛が抜けます。ちょうど今の時期、春先から夏にかけては、モコモコの冬毛が抜けて生え換わります。


DSC09502s.jpg

 馬のお手入れというと、色々ありますが、①蹄(ひづめ)のお手入れ ②体のお手入れ ③尻尾やたてがみのお手入れ が主な個所でしょうか。特殊な場所としては、歯の検診などもありますが、そちらは専門の先生にしていただいています。

サラブレッドであれば、500キロ程もある体重を支える大切な蹄や、全身の毛のお手入れは、毎日欠かせません。そして、ブラッシングは、単に綺麗にするというだけでなく、マッサージ効果、そして馬との大切なふれあいの時間でもあります。


DSC09498s.jpg

 お手入れでは沢山の道具を使用します。馬用のものから、100円ショップなどで購入するものまで(笑)様々です。↑の写真はブラシ類で、マッサージをしたり、ゴミを取ったり、櫛のように使ったり、ゴム製の堅めのものから、毛足の長いもの、柔らかいものなどがあります。

 
DSC03538s.jpg

 そして、夏場は特に馬達も汗びっしょりになるので(馬は人間のように全身汗をかく動物です)一日の終わりのシャワーは欠かせません。たまにはシャンプーやコンディショナーをしたり、艶出しスプレー等を使うこともあります。-

DSC09499s.jpg
↑全身を洗う時に主にしようする手袋型のブラシと、水きりに使うグッズ。

DSC09497s.jpg
↑(左から)ブラシ(長)、ブラシ(短)、ゴムブラシ、尻尾等をとくブラシ、ミトン型のブラシ、水きり、艶出しスプレー

 その他にも、爪の泥を落とすときに使用する「てっぴ」や、伸びてきたたてがみや、尻尾をカットするハサミ、毛束の量を調節する梳き櫛等もあります。


AG0A0877s.jpg

 これから暑い夏がやってきますが、ぜひしっかりと相棒の馬達のお手入れをして、沢山コミュニケーションをとってあげてくださいね!そして、クラブの設備にはシャワーも(シャワーのお湯が温泉!というところも)ありますので、皆様もレッスン後にはさっぱりとして、リラックスして下さい♪