~世界で乗馬を楽しむ~

IMG_0919-s.jpg
現在の日本では、生活になかなか馴染みのない「馬」たちですが、世界では馬が日常生活に身近にかかわっている国や、観光として「馬」に乗ることができる地域が数多くある国などがあります。海外の馬事情!きになりますね。

 最大10連休というGWにとうとう突入しましたね!皆さんはどのようにお過ごしですか?久しぶりの海外旅行という方も多いのではないでしょうか?今日は、旅行好き湯布院スタッフ(Yさん)の海外馬ショットを入手しましたので、ちょっとご紹介!

①トルコ:カッパドキア(「美しい馬の土地」という意味だそうです)

toruko-s.jpg toruko-s-ta.jpg

 トルコ名産のターコイズ石は旅のお守りで、外乗の馬の首飾りにも使用されていました。


  
red-s.jpeg club-s.jpeg
↑トルコでの外乗!             ↑トルコの乗馬クラブ
(「赤い河」といわれるクズルウルマク川) 


②ウズベキスタン

UZ-s.jpg
 アラビア文字で描かれた馬の顔です。他の生き物たちも多数ありました。 


③台湾

taiwan-s.jpeg

 交通安全の横断幕です。『門構えに馬』という漢字で、「飛び出す」や「飛び込む」「突然現れる」などの意味があるそうで 、「赤信号で駆け込むと危ないですよ」というものでした。門をくぐる馬が骸骨に変わっていくところが日本ではない表現かと思います。


 世界遺産や、美味しいグルメと合わせ、海外での「外乗」は憧れますよね!乗馬未経験の方から経験者向けなど、内容も様々ですが、どのような国(場所)で楽しむことができるのかリサーチしてみました!

【フランス】
フランス南部、プロヴァンス地方南の地中海湾岸に「カマルグ地方」という広大な湿原地帯があり、カマルグ馬に乗る外乗を楽しむことができる。美しい芦毛が特徴で、それだけでもテンションがあがりそう!

【イギリス】
ロンドンなどの主要の都市部を離れ、少し田舎の方に行くと数多くの牧場や乗馬クラブがあり、外乗を楽しむことができる。またジプシー達の馬祭りなど、馬に関する行事も開催される。古城めぐりの馬ツアーなどはイギリスらしさ満載!

【ニュージーランド】
美しいビーチと自然を楽しみたいならば、ニュージーランド!白いビーチや砂丘、草原など、馬に乗りながら地球を全身で感じられる事間違いなし!

【モンゴル】
日本の約4倍の面積をもつ広大な国。大草原と小さなモンゴル馬。ゲルの風景、満天の星空。日本とはまた違った外乗を味わう事が出来る。


少し気軽に行ける海外としては、グアムやサイパンでも外乗が体験できます。

日本でも北海道から沖縄まで沢山の外乗スポットはありますが、日本国内を飛び出し、海外の外乗を体験するのも素晴らしい思い出になると思います! ただし、言葉の壁以外にも、安全面への配慮や、道具、服装の規定など、場所により様々ですので、事前にしっかりと情報を集め、自分のレベルにあったコースやツアーを選択することをお勧めいたします。それらを踏まえて、ぜひ!世界の馬達に会いに出かけてみてください♪

【障害馬術レポート】Japan Open 2018年度 Final戦/CSI2★ KAKEGAWA 2019

こんにちは。障害馬術取材チームです!

3月22日(金)から3月24日(日)にかけて、静岡県掛川市にあるつま恋乗馬倶楽部にて「Japan Open 2018年度 Final戦/CSI2★ KAKEGAWA 2019」が行われました。

1tumagoi.JPG
※写真:つま恋乗馬倶楽部、競技馬場の外観


2gate.JPG 3sakura.JPG
※写真:(左)競技馬場への入り口ゲート 
(右)つま恋乗馬倶楽部の敷地内に咲いていた桜

今回の会場であるつま恋乗馬倶楽部は、芝生が青々とした、広大で自然豊かな競技場で、馬たちも心なしか気持ちよさそうに競技をしているように見えました。一時厚い雲に覆われて、お昼なのに暗い...というシーンもありましたが、徐々に天気は回復し、最終日には気持ちの良い晴天に恵まれましたよ!

まずは、3月22日の大会結果からお伝えします。各競技で、クレインから入賞以上の成績を収めたのは以下の選手でした!

【Japan Open競技】
Eグレード標準障害:森 裕悟選手(乗馬クラブ クレイン東京)&レクター  3位入賞
Cグレード標準障害:平永 健太選手(乗馬クラブ クレイン栃木)&ヴェジータ 6位入賞

【CSI競技】
フューチャーズカップS&H:鈴木 正紀選手(乗馬クラブ クレイン東京)& Sグランツ
4位入賞
S&H 145:中野 善弘選手(乗馬クラブ クレイン千葉 富津)&CRNベガス 優勝
     
既にクレインの選手たちが大活躍ですね!
今回は国際大会も兼ねた大会のため、外国人選手が多く出場され、また外国人の審判も招かれ、より国際色の強い大会であったように感じられました。

4shinpan.JPG
※写真:シンガポールから来日されたヤップ審判員(左)と松尾審判長(右)

ここからは3月23日と24日に行われた各競技の詳細について、走行中の写真とともにご紹介していきます♪

【3月23日】

◆Open100 JDアマチュアトライアル
全11人馬が出場したこちらの競技では、クレインからは鈴木 正紀選手(乗馬クラブ クレイン東京)& Sグランツが出場しました。序盤から安定した走りを見せ、減点0のまま、52.43というタイムで完走し、3位に入賞です!

5suzuki.JPG
写真:鈴木選手の表彰式の様子。素敵な笑顔です!

ここで、3位に入賞された鈴木選手にお話をお伺いしました。
「ここ最近、手綱を引きすぎて馬の動きを止めてしまうことがありましたが、今回はできるだけ馬の動きに身を任せるように意識したらうまくいきました。パートナー馬のSグランツは去年の8月からコンビを組んでいますが、安心して乗れる馬です。また自分の持ち馬でもありますので、9月の全日本選手権に共に出場できるよう練習していきたいと思います」

ありがとうございました!

◆CSI 標準飛越競技150
全14人馬が出場したこの競技では、クレインからは中野 善弘選手(乗馬クラブ クレイン千葉 富津)&CRNベガスが出場し、接戦の中で優勝を勝ち取りました!

最大150㎝もの高さの障害を飛び越えるという、難易度が高いこちらの競技ですが、パートナー馬であるCRNベガスと息の合った走りを見せ、減点0のまま、64.06のタイムで完走!会場内には大きな歓声が上がりました。

6nakano.JPG 7nakano.JPG
※写真:(左)中野選手&CRNベガスの走行中の様子
(右)中野選手の表彰式での写真。

表彰式を終えた中野選手にコメントをいただきました!
「明日の決勝に向けて、コンディションを整えるような走りができたと思います。タイムを意識しましたが、あまり馬に負担をかけすぎると明日に響くと思い、バランスを考えながら走るようにしたところ、結果が出て良かったです。もともと馬の能力も高いので、明日もタイムを意識しつつ、正確に飛んでいきたいと思います」

ありがとうございました!

8nakano.JPG
※写真:中野選手のウィニングラン。ガッツポーズ!

【3月24日】

◆Cグレード決勝
全29人馬が出場したこちらの競技は、クレインからは平永 健太選手(乗馬クラブ クレイン栃木)&ヴェジータが出場しました!
第一走行では、スピードも意識した攻めの走りを見せ、減点0のまま69.57という好タイムを出し、ジャンプオフへ進出です!続くジャンプオフでは、減点があったものの最後まで安定した走りのまま、46.31というタイムでフィニッシュ!6位入賞を果たしました。

9hira2.JPG 10hira.JPG
※写真: (左)平永選手とヴェジータの第一走行時の様子
(右)ジャンプオフでの様子

昨年のアジア大会では総合馬術団体での金メダル獲得にも貢献した平永選手ですが、今回障害馬術のJapanOpenに参加するにあたり、明確な理由があったそうです!

「いま、総合馬術の中でも、障害馬術の点数の比重が大きくなっているのもあり、もっと高さのある障害で練習がしたいと思っていました。おかげで今回、総合馬術における障害競技では感じることのできないほど、大きな緊張感の中で試合に臨むことができました。今後世界に挑んでいく際にも、高い障害を飛んだことがあるという経験の有無で結果は左右されると思ったので、障害馬術の大会にも出場していきたいと思っています。」

高みを目指し努力を続ける平永選手の言葉から、競技への真剣な想いが伝わってきました...!総合馬術でのご活躍も期待しています!
ありがとうございました!

11hira.JPG
※写真: ヴェジータと共に表彰式に参加した平永選手

◆CSI 標準障害飛越競技 140
こちらの競技では全20人馬が出場し、森 裕悟選手(乗馬クラブ クレイン東京)&CRNコスタブラバが出場しました。
終始安定した走りを見せ、減点0のまま第二段階走行へ!スピードを意識しつつも丁寧な走行で減点0をキープし、70.07というタイムで3位に入賞です!

12mori.JPG
※写真:森裕悟選手とCRNコスタブラバの走行時の様子

表彰式後の森選手にお話をお伺いしました!
「昨日よりもスピード感を持って臨めたのが良い結果につながりました。CRNコスタブラバはとても能力が高く、思い切りの良さが長所の馬なので、その良さを引き出せるように試行錯誤している最中です。今は11月の全日本選手権に向けてポイントを稼いでいきたいと考えています。馬の体調を整えつつ、自分のトレーニングも頑張りたいです」

ありがとうございました!

13mori.JPG
※写真:表彰式後の森選手。おめでとうございます!

◆CSI グランプリ競技
CSI2★ KAKEGAWA 2019のラストを飾るこちらのグランプリ競技に、クレインからは中野 善弘選手&CRNベガスが出場しました!

第一走行では障害を華麗に飛び越えながら、減点0のまま75.00というタイムで走り切り、ジャンプオフへの進出を決めました!集まった大勢の観客が見守る中、続くジャンプオフでは、スピード感を持った走りを見せ、41.77という好タイムを出して完走し、4位に入賞しました!

14nakano.JPG 15nakano.JPG
※写真: (左)中野選手とCRNベガスの第一走行時の様子
(右)ジャンプオフでの走行の様子

競技を終えた中野選手から、今回の感想と今後の抱負をお聞きしました!
「今は11月の全日本に向けて、大障害の選手権で勝つことが目標です。やはり3日間出場し、3日目に勝たないと意味はありません。最終日に向けてどのようにコンディションを整えていくかが今後の課題になると思います。150のクラスは安定した走行を維持しつつ、タイムを意識して、トレーニングを続けていきたいです」

ありがとうございました!

16syuugou.JPG
※写真:最後にクレイン障害馬術チームの皆さまでパチリ★


以上で3日間を通して11種目の競技に出場し、そのうち2種目でクレインの選手が優勝するという結果を残すことができました。
応援してくださった皆様、ありがとうございました!

引き続き、応援よろしくお願いします!