ロンドンオリンピックはじまりました!総合馬術を応援しよう!

こんにちは。高橋です。
ロンドンオリンピック!いよいよ始まりました!!
なでしこJAPAN、男子サッカーともに初戦を勝ちましたね。
幸先のいい出だしです。

馬術競技はというと
一番最初は7月28日~31日で行われる総合馬術からです。
日本は総合馬術団体と個人で競います。
乗馬クラブクレインからも根岸淳選手、弓良隆行選手、田中利幸選手が出場します!
すこしロンドンの天気が心配ですが・・・降らずにもってほしいですね。
DSC00781.jpg
日本は快晴です!クレイン茨城に来ているもっくんカフェの"氷"に夏を感じます。(2014年現在はクレイン茨城には来ておりません。)

さて、今回は総合馬術のみどころです。
実は、今までの競技、馬場馬術、障害馬術に加え、クロスカントリーの3つの種目すべてを競い合います。それも3日間で実施するため、馬の体調も考えながら競技を進めていかなければなりません。


1日目は馬場馬術、調教審査といいます。
選手の指示に従い正確な動きをしているかを審査します。
採点は馬場馬術と一緒ですが、減点に換算します。


そして、何といっても総合馬術のみどころは2日目のクロスカントリーです。耐久審査といいます。
クロスカントリーのコースを見ていただいたら、「えっ!こんなところをどうやって馬で走るの?」と思われることでしょう。
まずは、北京オリンピックの時の動画をYouTubeのOfficial Olympic Channelでご覧ください。
Equestrian - Eventing - Cross Country - Beijing 2008 Summer Olympic Games

ロンドンオリンピックではグリニッジパークの美しい自然の中にコースが組まれています。約6000メートルの自然の中を走るコースに45個の様々な障害が設置されています。

動画だと少しスピードが遅く感じるかもしれませんが、実際、目の前で見ると、ものすごい速さです。(時速34.2キロくらいのスピードです)コースが長いため、選手と馬が近づくと笛で「もうすぐ来ますよー。」と伝えています。

障害を1回飛ばずに止まったり、それたりすると-20点、2回目で-40点、3回目は失権となり競技を続けることはできません。規定タイムを1秒超過するごとに-0.4点と速さも減点対象になります。いかにスムーズに障害を飛越してコースを完走できるかがポイントになります。

クロスカントリーでは、馬と人の真のパートナーシップの強さが試されます。そして、このコースを完走するためには技術だけでなく"勇気"も必要とされるのです。

クロスカントリー競技は30日(日本時間30日20:30頃)に行われます。
DSC00780.jpg
ロンドンオリンピック公式サイトでは観客向けガイドがUPされてました。

3日目、障害馬術、余力審査に挑みます。
この競技の前に、獣医により馬体チェックがあります。2日目の過酷なコースを走行してなお、馬が競技を続けられるコンディションにあるかを診ます。(ホースインスペクションといいます)
2日目までの競技の総減点数で、ここまでの順位が出ています。
選手は障害馬術で上位を追うのか、それとも守る立場なのか、その順位により緊張感や心持ちも変わってきます。


さて、日本の活躍はいかに!
シドニーオリンピック以来3大会ぶりに、総合馬術団体に出場する日本チーム、クレインから出場する3選手と大岩義明選手、佐藤賢希選手の5人の選手と馬で競技に挑みます。そしてチームをまとめる監督として乗馬クラブクレインから岩谷一裕が参加します。
日本らしい、チームでの活躍に期待します!

NHKのロンドン2012オリンピックサイト(※終了しました)のネット生中継で競技の様子をご覧いただけます。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

もうひとつ・・・・
福島の相馬野馬追。
昨年は地震の影響で縮小されて開催されていましたが、今年は例年規模で実施されるようです。馬に関わる者としてはうれしいことです。
7月28日(土)~30日(月)で開催されます。


高橋