この夏、親子で見に行きたい映画!

こんにちは、高橋です。

この間、WEBでニュースをチェックしていて・・・「あっ、セイラだ!」と思ったら、アニメーション映画「メリダとおそろしの森」のイベントでした。
主人公メリダの日本語吹替え版声優の大島優子さんが乗って登場した馬で、ポニーとして紹介されていましたが、きっとクレイン茨城にいるセイラと同じハーフリンガーという種類ではないかと思います。
DSC00762.jpg
クレイン茨城にいるハーフリンガー種のセイラです。見た目は美しいセイラ・・見た目は・・。


「メリダとおそろしの森」はディズニーとピクサーがおくる、7月21日公開のアニメーション映画です。ピクサーはあのトイストーリーやカーズを制作したアニメーションスタジオです。
今回も楽しみですね!

実は、大島優子さんが馬に乗って登場したわけは、映画の中でメリダの愛馬アンガスが、相棒として登場するからです。映画の中のアンガスは、おそらく、ブルトンとかペルシュロンとか馬のなかでも重種(じゅうしゅ)という種類ではないかと思います。


ちなみに馬の種類は大きく3つに分けられ、その中でさらに馬の種類に分けられます。
軽種 サラブレッド、アングロアラブ・・・競馬場で見られます
中間種 セルフランセ、ハノーバー・・・オリンピック競技馬術などで登場します
重種 ペルシュロン、ブルトン、クライズデール・・・ばんえい競馬で見られます(以前のブログも参考にどうぞ)

ちなみに体高(たいこう・・馬の身長です)が147cm以下の馬はポニーといいます。
体高(たいこう)は地面から馬のき甲までの高さをはかります。
DSC00765.jpg
クレイン茨城のカリーノに協力してもらいました。


映画の予告を見たのですが、馬のアンガスがとても表情豊かに描かれています。
実は、ほんものの馬もアンガスくらいに表情があります。
耳、目、鳴き声、しっぽの動き、仕草などなど、馬の気持ちをわかろうとすれば、人でも感じとることができます。(もちろん、全部は無理ですが・・・)
馬に乗るたのしみのひとつは、言葉を話せない馬とコミュニケーションを取って、気持ちが通じたときに一緒になって走れる。そんなところにあります。

この夏、ぜひ、「メリダとおそろしの森」を見にいってみてください。
きっと、アニメーションならではの空間に引き込まれ、こころ動かされることでしょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし、夏休み馬に乗ってみたいと思ったら、お近くのクレインへどうぞ。
見学もできますよ~。

高橋