馬ってどんな動物?【24】・・・馬の身長はどこから測る?

こんにちは、高橋です。
今日はカレーライスの日だそうです。寒い夜は、なんとなく、ライスではなくカレーうどんが食べたくなります。

さて、お久しぶりの馬ってどんな動物シリーズ。
みなさん、馬の身長って、どこから測るかご存知ですか?
実は馬の身長はき甲と呼ばれる、首の付け根(項点)から地面までの高さで測ります。
(できれば蹄鉄をつけていない状態で)

馬の身長のことを体高(たいこう)といいます。体高はハンドとインチで表記されます。
もともとは、1ハンドは人間の手の幅だったそうですが、後に4インチと規定されました。
確かに・・・中指の付け根から手首までは4インチ(10.16cm)くらいです・・・

下のイラストを見ると、とてもわかりやすいです。体高は馬の種類によっても違います。
例えば、クライズデールという種類(一番左側の馬)は体高が17ハンドから18ハンドくらいです。
つまり、首の付け根までだけで約180cmはあるということですね。でかいな・・・

sincho.jpg

クライズデールは主に馬車をひく馬ですが、ビールメーカーのバドワイザーのキャラクターとしても知られています。毎年、この時期はバドワイザークライズデールはスーパーボウルのCMに登場します。

サラブレッドの体高は、結構幅があって15.2ハンドから17ハンドくらいです。サラブレッドは競走馬として優秀で、乗馬クラブクレインでも一番多い種です。

一番小さいのはミニチュアホース。
体高は38インチ(約96cm)です。
DSC02225.jpg
小ささがわかりますでしょうか。クレイン大阪にいる茶々です。近くの畑を散歩中、小さいけどちゃんと馬です。

競技はこの体高によって分かれている場合もあります。
ポニーの部みたいな感じです。もっと細かく~cm以下と分かれていることもあります。
tattersalls.jpg
Tattersalls International Horse Trials 2016 WEBサイトより

馬の身長ひとつとっても奥が深いですね。
私としては、本物のクライズデールを見てみたいです。

今日はこの辺で、最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

寒波が到来するようですが、馬は雪の中でも元気です!

馬ってどんな動物?【23】・・・馬も寝違える!?

こんにちは、高橋です。
みなさんお正月はどのように過ごされましたでしょうか?
私は、久々にのっぺを作り、家でのんびり過ごしておりました。(ちなみにのっぺは新潟の郷土料理です。)しかし、乗馬クラブでは12月31日も1月1日も当番のスタッフが、馬たちにご飯を上げたり、放牧をしたりしています。

DSC02191.jpg
お正月らしい写真を一枚。

馬たちにとっては、突然の休日。(大晦日も正月もわかりませんからね。)
いつもと生活サイクルが変わると、馬たちも体調を崩しやすくなります。
2015年も1月1日から疝痛(せんつう)という、人間でいったら便秘のような病気を発症する馬たちが数頭・・・当番のスタッフは大変です。当番以外のスタッフも獣医もかけつけます。
人間と違い、馬は腸の容量が多く消化器官の約9割を占めます。疝痛が重症化すると死に至る場合も・・だから、早めの発見と対処が必要になります。

DSC_0083.jpg
自由すぎるクレイン茨城の猫、タロー(手前)とジロー(奥)。幸せそうだなー。

それでは、どうやって疝痛の馬を発見するか?
私の経験で多いのは、まず前掻き(まえかき)です。前掻きとは、馬が片方の前脚で床を掻く動作をいいます。あっ、字のままですね・・馬が何かを訴えるときにする動作です。例えば痛みから解放されたい、おやつがほしい、馬房(自分のお部屋)に帰りたいなどの欲求を訴えます。

厩舎の中を歩いていると「カッ、カッ、カッ、カッ」という音がしてきます。
ご飯の時間以外であれば、疝痛の可能性が高くなりますので、音のする馬房へ行き馬の様子を確認します。

次に疝痛を疑う動作は、寝たり起きたりを繰り返しているときです。
実は、この寝たり起きたりを繰り返しているとき、馬も寝違いを起こすことがあります。
人間の寝違いと違い、馬の寝違いはケガをする可能性もありますので、すぐに助けにいかなければなりません。
ちなみに、馬が寝るのはこんな感じです。動画の馬は砂浴びをしているところです。

馬は立ち上がるとき、前脚をまっすぐ伸ばして後ろ脚に力を入れて立ち上がります。
寝転がったとき、あまりに馬房の壁に近すぎて前脚を伸ばして立ちあがるスペースがなくなったり、体勢を変えられなくなった状態を寝違いといいます。
体勢を変えられない苦しさから、ガンガン壁を蹴ったりしますので、スタッフは音で寝違いを起こしていると気付きます。

DSC01267.jpg
こんな感じで寝ている時はOKです。寝違いのときはたいてい馬がひっくり返っています。

そして、寝違いを解消するには・・・人が馬を引っ張ります!もちろん、男手が必要になります。
壁際でどのような状況かによっても変わりますが、尻尾や鬣(たてがみ)を持って、「せーのっ」と引っ張る、または、脚にロープをかけて、「せーのっ」と引っ張ります。
馬房に入るスタッフは、馬が起き上がるときに巻き込まれないよう、素早く逃げなければなりません。結構、危険です。

ついこの間も、クレイン茨城のロビンが寝違えていました。
私も音を聞いてかけつけたものの・・何もできず、外から「がんばれ!」「あと、もう少しだ!」とロビンを励ましているだけでした・・・伝わっていたかな?

馬は言葉を話さない分、人がいろいろと観察をして気付いてあげなければなりません。
そして、言葉は話さなくても、気持ちを伝えようとすることは続けなければならないかなと思います。乗馬というスポーツは、一朝一夕で上手くはなりませんが、続けていくことで馬とつながる感動もありますよ。

それでは、今日はこの辺で、最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

海外ではこんな光景も、いったい何頭いるんだ?

馬ってどんな動物?【22】・・・馬の知能は人間でいうと何歳?

こんにちは、高橋です。

クレイン茨城の周りの森は萌黄につつまれています。(ちなみに日本古来の色だと若草色、若芽色、若菜色などなど微妙な色の違いがあるようです。)

森がいきいきとしていて、鳥たちが集まってきます。特にウグイスの「ホーホケキョ、ホーホケキョ」
「ケキョケキョケキョ」と鳴いている声が目立ちます。
ちなみに、ホーホケキョは、「ここぼくのエリアだよー」という鳴き声で、ケキョケキョは「こっちにくるな!」という威嚇の鳴き声らしいです。

DSC01613.jpg
今日は雨でしたが、緑がさらに緑に輝いていました。


先日、オバマ大統領が来日された際、明治神宮で流鏑馬をご覧になられていましたね。乗馬、馬を知っている者からすれば、流鏑馬はかなり高度な技術、3つの的をすべて射るのは難しいのではないかなと想像します。

流鏑馬はいろいろと流派があるようですが、馬を駈歩(かけあし)で走らせること、もちろん弓矢を持つわけですから、両手を離して馬を走らせること、そして、鐙(あぶみ)の上に立って馬からの反動を吸収しながら弓を構えること、は一緒ではないかと思います。

もちろん、人の騎乗技術も必要ですが、前回紹介したように馬は臆病な動物です。
大きな弓をいきなり構えて、びゅんと音を出して矢を放つことは馬にとって怖いはずです。
そして、通常は人が手綱とバランスで馬を導きますが、ここでは手綱をはなし馬のバランスに頼って、信じて走らなければなりません。
実際に、ここまで辿り着くには、人と馬の努力の積み重ねがあったのではないでしょうか。

DSC01612.jpg
実はクレイン茨城にも流鏑馬レッスンが!今はおもちゃの弓矢で練習しています。

では、馬はどうやって、覚えていくのでしょうか?
馬は問題の解決はできませんが、物覚えは良いほうです。

17世紀のフランス人馬術家アントワーヌ・ド・ラ・ボウム・プルヴィネル氏の言葉ですが、「馬の世話においては、若い馬を苦しめることや、人間への嫌悪からその愛すべき優雅さを失わせることがあってはならない。それは、花の香りのようなもので、1度消えたら2度と戻ってはこないのだから」とあります。(William Micklem著ホースライディングマニュアルより)

威圧的でなはく、好意的に、早急に求めるのではなく、馬が覚えるまで繰り返し続けていくことが必要と言われます。馬はどちらかというと、"いつもと一緒"が安心します。だから、覚えてほしいことが"いつもと一緒"になるまで続けます。
必然的に馬の長所を伸ばし、教え方もシンプルになってきます。

さて、以上のこと加味すると馬は人の年齢でいったら何歳になるのでしょうか?
楽しい、嫌という感情表現があり、覚えることができるコミュニケーション能力を持つ馬。
私が聞いたところでは、だいたい2歳~3歳くらいと言われます。
馬に接するときは、言葉が通じない2歳か3歳を相手にしているつもりで接すると、コミュニケーションもうまくいくかもしれません。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋


GWはまだまだ続きます。
5月3日は京都の下鴨神社で流鏑馬が見られるようですよ。

馬ってどんな動物?【21】・・・馬はどんな性格?

こんにちは、高橋です。
クレイン茨城の周りの木々に少しずつ新しい芽がついてきました。
まだ季節は冬ですが、もう自然界では春の準備が進んでいるようです。

DSC01479.jpg
しらかば~あおぞ~ら♪ の歌詞にも出てくる辛夷(こぶし)の芽がふくらんできました。

さて、今日は馬の性格についてです。
馬は草食動物なので、基本的には怖いものからは逃げるという性質がある動物です。
もちろん、1頭1頭個性があり、性格の違いはありますが、大まかに見て共通する性格はあります。

そうですね、具体的なシーンを考えると・・・
例えば、馬場で馬に乗っているときに、風に飛ばされて白いビニール袋が飛んできました。
さて、馬はどんな行動をとるでしょうか?
三択です。

1.白いビニール袋に向かって走って行き、前脚で踏む
2.前脚をつっぱって止まり、ビニール袋から逃げる
3.何も気にせず、騎乗者の指示通りに運動を続ける

正解は2の前脚をつっぱって止まり、ビニール袋から逃げる。です。ごく稀に3のような気にしない行動を取る馬もいますが、たいていは逃げます。少し憶病な性格なんですね。

DSC01480.jpg
姫リンゴの芽もふくらんできました。

それでは、なぜ?憶病な馬が障害などを飛べるようになるのでしょうか。
それは、馬が人をパートナーとして信頼するからです。
障害を飛越するとき、その手前までは馬は目で距離間をつかんでいますが、飛越する瞬間は障害物を見失うので、人を信頼していなければ飛ぶことはできません。

また、こんな実験結果もあるそうです。
知らない場所に馬を連れていくとき、いつもご飯や世話を担当している人と行く場合とそれほどいつも一緒ではない人と行く場合と馬の心拍数の動きに違いがあったそうです。
知らない場所に行くと、憶病な性格の馬はたいてい心拍数があがるのですが、いつも世話してくれている人と一緒のほうが、あがり幅が少なかったそうです。(新馬の医学書参照)

憶病なところがある馬にとって、信頼できる"人"は強力なパートナーになるんですね。
なんだか、人間界と一緒!?

DSC01482.jpg
会員さんからいただいたお花がきれいに咲いていました。

馬が驚くときは、たいてい急な動きや音があったときです。
例えば、突然、風で何かが飛んでくる。
近くでこどもが走りだす。
突然、大きな音がなる。
見えないところから急に近付かれる。(馬の真後ろから近づくのはやめましょう!)
などなどです。

はじめて馬に接するときは、乗る馬についていろいろと教えてもらいましょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
明日はクレイン創設の日、1971年に乗馬クラブクレインははじまりました。
もう、クレインの歴史は43年になるんだなぁ。

高橋


あと1週間でソチオリンピックです。
と思っていたら、世の中寒いだけじゃない・・南半球はか。

馬ってどんな動物?【20】・・・馬のご飯、メインディッシュは何?

こんにちは、高橋です。
少し暑くなって、秋が戻ってきました。(台風はできるだけ来てほしくないですね。)

みなさんは、秋といえば何を思い浮かべますか?
私は、スポーツの秋!と言いたいところですが、どうしても、秋といえばきのこ!です。
クレイン茨城の周りでも、雨が降った次の日ににょきにょきっときのこが生えていたりします。
秋晴れの空、山へきのこ狩りに、なんていいですよね。


食べ物続きで・・今日は馬のご飯のお話です。
草食動物である馬にとって、主食は"草"です。
大きく分けて、馬のご飯は粗飼料と濃厚飼料の2種類になり、それぞれの馬の運動量や消化吸収能力に応じてご飯の量を決めます。

馬の胃は単胃で、牛とは違い胃が小さく、主に大腸でゆっくり消化されます。そのため、一度に多くのごはんを食べないように、1日3回以上に分けてあげるほうが良いようです。(クレインでは4回に分けてあげています。)

馬といえばにんじん。

というイメージですが、実はにんじんは補助的なもので、ご褒美としてあげるか、馬が食事を好きになるように混ぜてあげたります。にんじん以外には角砂糖や黒砂糖、はちみつ、りんご、バナナ、だいこん、にんにくなども食べるようです。
ただ、馬によって好き嫌いがあり、りんごや砂糖など甘いものは苦手とか、ちょっとクセのある香りのものは食べられないなどあります。


DSC01299.jpgDSC01304.jpg
左がイネ科牧草のチモシー、右がマメ科牧草のアルファルファ。チモシーの香りに誘われて、猫がやってきました。(クレイン茨城の事務所にいるコテツです。通称はチビにゃあ)

DSC01297.jpg
アルファルファをキューブ状に固めたヘイキューブ。少量でたくさんのアルファルファを食べることができます。

クレインでは上の粗飼料が半分以上を占めます。牧草にはたんぱく質、ミネラル、ビタミンが豊富です!

DSC01303.jpg
濃厚飼料のペレット。とうもろこしや燕麦、小麦粉、米ぬか、ふすま等々が配合された、栄養価の高い飼料です。

以上の飼料が、1頭1頭の馬の状態によって管理されています。
さて、馬のメインディッシュはどれでしょうか?
馬に聞いてみましょう。

ふむふむ・・・「牧草はいわゆるごはんみたいなものだから・・・メインはやっぱりペレットかな。」という声が聞こえてきました。「にんじんは?」と聞くと・・・「デザートだよ。」と。

なんて・・私の想像ですが、飼い付け時の馬を観察していると、そんな風に感じます。

馬たちのご飯、先に牧草が配られたりすると、少し食べつつ、ペレットを待っています。馬の視界にペレットの台車が見えると、牧草を食べるのをやめて、「ヒヒーン」とか「ドゥドゥドゥ」とか鳴いて台車を目で追っています。

そんな様子が愛らしいです。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
馬にデザート(にんじん)をあげるときは、乗馬クラブのスタッフに確認してくださいね。

高橋

世界のTOPライダーたちの動画。騎乗姿がさすがに美しいです!

Follow our riders on cmpetition day(※終了しました)

馬ってどんな動物?【19】・・・馬への接し方

こんにちは、高橋です。
ちょっと涼しくなったと思ったら、また暑さが戻ってきました。残暑ってやつですね。
しかし、お天気ニュースでは秋雨前線という言葉も、これから、どんどん秋に近づいていく雰囲気です。食べ物がおいしい季節になってくるなぁ。

さて、今日は馬への接し方です。(前回は馬への近づき方でした。)
主に、乗る準備をしたり、手入れをしたり、何か治療をしたりするときは、馬を洗い場という場所につなぎます。つくなぐというのは、下の写真のように両側の柱に曳き綱(ロープの先にチェーンがついたもの)がついていて、馬の頭についている無口頭絡(むくちとうらく)のリングのところにつなぎます。
DSC01271.jpg
クレイン茨城のシルクフォトグラフ、お部屋の掃除待ちです。「あちぃーなー」という声が聞こえてきそうです。

洗い場で馬に接するときに、気にすることの一つは馬の動く範囲です。
例えば、今の時期なんかは、ハエなどの虫が馬のお腹あたりに寄ってくることがありますが、馬は尻尾だけでなく、首を動かして、後ろ肢を動かして虫をはらおうとします。馬の動きを観察していると、後ろ脚を動かしたときに届くのはどこまでか、など範囲がわかってきます。


あと、馬は4本の肢で立っていますが、いつも4本の肢に体重をかけているわけではありません。どこか1本の肢を休めているときがあります。そういった場合、馬は体重をかけている肢をいきなり動かすことはありません。逆に、前肢を1本持って維持していたら、馬は動けないということです。(たまに、持っている肢に体重をかけてくる馬もいますが・・・)


また、馬は前には動きやすいですが、横や後ろには動きづらいものです。首も上下には動かしやすいですが、横に曲げるのは限界があります。
下の写真の奥にいるガネーシャは厩舎に戻りたいという気持ちを、上下に頭を振って意思表示しています。たてがみと前髪が浮いているのがわかりますでしょうか。こういう時、馬の前にいたら顔がぶつかりますが、横にいたら大丈夫です。

DSC01209.jpg
手前はクランキー、「何?」とこちらに興味を示しています。


もう一つ、気にすることは馬の気持ちや雰囲気です。
例えば、ブラッシングをするとき、馬にも触られたら嫌なところがあります。お腹の下などは比較的どの馬も嫌がったりしますが、そいういう部分にブラシをかけるとき、また、はじめて接する馬にブラシをかけるとき、馬の顔の様子を見ながらブラシをかけます。

触った時に耳を伏せたら、嫌だということです。そういう時は、他の大丈夫なところと交互にブラシがけをしたりして、嫌なところがずっと続かないようにします。

DSC01267.jpg
クレイン茨城のピカンテ、馬房(ばぼう)をきれいにしてもらい、きもちよさそうに寝てました。

基本的に、馬の動作には理由があります。
からだが大きい馬ですが、馬の雰囲気、動作を少しずつ理解していくことで、きっと、ベストパートナーになってくれるはずです。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋


そういえば、先日、「風立ちぬ」を見てきました、人は生まれる時代を選ぶことができない、その時を生きるしかないんだな、と感じました。馬もしかりで、人以上に時代も環境も選ぶことができない、丁寧に接していきたいです。
映画にでてきたシベリア、なんだか久しぶりに食べてみたくなりました。

馬ってどんな動物?【18】・・・馬に近づくときは?

こんにちは、高橋です。
今日から二十四節気では小暑、いよいよ夏本番な感じです。

DSC_0076.jpg
この間、都内に出た時に、たまたま、夏の夕暮れ時の美しい光景にであいました。


さて、今日は馬に近づくとき、触るときの流れについてです。
馬も生きている動物です。だから、たぶん、いろいろな感情を持ち合わせています。
私も馬とのつきあいは16年になりますが、日々、観察です。そして、見ているだけでもとてもおもしろいです。

まったく初めて馬に接するとき、馬のどこを見たらいいかわかりませんよね。
基本的には耳と目、そして、尻尾から、馬の表情を読み取ります。

では、少し想像しながら読んでいってみてください。
ちょっと先には、馬が立っています。
5mくらい手前から馬はこちらを見ています。耳もピンとしてこちらを向いています。馬は興味のある方向を見て耳を立てます。

「おっ、誰か来たな。」
そんな感じです。
DSC01236.jpg
クレイン茨城のマジカルフラッシュ。耳をピンとしてこちらを向くシーンを撮りたかったのですが・・・向いてくれず思わず草を手に気を引きました。

眠いときは、それほど気にしません。見た目にもボーっとした感じなのですが、耳もピンとするのではなく、少し横に開き気味で、目が半分閉じかかっていたりします。


馬の前まで来ました。
いきなり、近づきすぎてはいけません。
なぜなら、馬が顔を動かしたときに、その延長線上にいるとぶつかってしまうかもしれないからです。
DSC01237.jpg
これはダメです。
DSC01239.jpg
これくらいの距離感で、馬の斜め左側から近づきます。
馬の視野は左右それぞれ160度~170度くらい。なので、自分の真後ろは見えません。見えないところから近づくと、馬が驚いて蹴る可能性もありますので、後ろから近づいてはいけないんですね。あと、馬が耳を伏せていたら、それは嫌悪感を表していますので近づかないほうが賢明です。

馬の名前を呼んでみます。
馬は気にしてくれる場合と、それほど気にしない場合とありますが、呼んでいる声には気づいているので、「オレのこと呼んでいるな。」ぐらいには感じていると思います。
たまに、鼻を鳴らして「ドゥドゥ」と返事をする馬もいますが、それは、おそらく馬に好意をもたれているとき、もしくは、「何かおいしいものくれるの。」と期待しているときです。


近づいたら、触ってみたいですよね。
馬に触る時は左側から、首のあたりを手のひらでポンポンとたたいてあげます。ポンポンの動作は「よしよし」と頭をなでてあげる感じでしょうか。

もちろん、馬には触られると嫌な部分もあります。
例えば、下の赤枠で囲ってある部分は比較的どの馬も嫌がります。
DSC00765 (2).jpg
クレイン茨城のカリーノ。私の印象では、人間のことを好き・・・な気がする馬です。

ポンポンとしてあげても、馬の反応はあまりないかもしれません。
しかし、馬としては「この人間は、オレに対して友好的だな。」という感じを受けているのではないかと思います。
想像でしかありませんが・・・


今日は馬に近づいて、触るまでの流れを書いてきました。
基本的に馬との関係性は、一つ一つの動作に対する反応を見て、コミュニケ-ションをとっていきます。やはり、馬ごとに反応が違う場合もあり、そこは馬とのつきあい、楽しいところでもあります。

16年間馬と接してきて私が感じることですが、馬が返す反応には何かしら理由もしくは気持ちがあると思います。それが何かなんとなく理解できることもありますし、できないこともあります。
理解できていたとき、コミュニケーションが取れた時は、それは本当にうれしい瞬間です。


みなさんも、そんな体験してみませんか?
乗馬体験は初心者の方でも参加できます。気軽に体験してみてください。
会場はこちらからどうぞ。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

そういえば、7月7日は七夕でした。今日は晴れているから全国的に天の川が見えるでしょうか!?何を願おうかなぁ。


高橋

馬ってどんな動物?【17】・・・馬が195cmを飛んだ!

こんにちは、高橋です。
五月も二十日を過ぎると、徐々に夏らしくなってきますね。
クレインでは6月1日から衣替え、スタッフもさわやかな白いポロシャツ姿になります。

さて、先日ゴールデンウィーク中に東京、世田谷区の馬事公苑で行われていたホースショー。5/5最終競技で行われた6段飛越競技で近森 広行選手と馬のタイムズスクエアが195cmの障害を飛越しました!すごいです!

DSC01191.jpg
195cmがどれくらいなのか測ってみました。TOYOTAハイエースより少し低いくらいの高さです。

六段飛越競技は一直線上に、6個の障害が組まれ、高さが徐々に高くなっていきます。
最後の障害が一番高いのですが、今回はその高さが195cmでした。

「えっ!?馬って走るだけじゃないの?」

と思われる方もいるはず。
実は、オリンピックの種目にもなっている馬術競技は演技する馬場馬術、障害を飛ぶ障害馬術、そして馬場と障害、クロスカントリー(自然の中を走りながら設置された障害を飛んでいく)の種目を3日間で競う総合馬術があります。

そう、馬はいろんな能力を持っているのです。
だから、人間と一緒にオリンピック競技に出ているのかもしれませんね・・


今回の六段飛越競技は障害馬術の一つです。
六段飛越競技
195cmを飛越中!の写真です。クリックすると少し大きくなります。
一番上にかかっているバーを落とさずに飛越しました。

飛んでいる瞬間はどんな感じなのかなぁ。
きっと、ふわっと、一瞬空を飛んだような感じなんだろうなぁ。
自分では経験できないので想像してしまいます。


馬が障害を飛ぶときは、障害に向かうスピード、走る歩幅、前に進もうとする推進力、障害へ向かう方向など、様々な要素が影響しています。そして、180cm以上の高さの障害になってくると、飛ぶとき馬の体は約45度にも傾きます。騎手はそんな馬の動きをじゃましないように、馬の重心とずれないようにバランスを取ります。

どういう状況だったら馬が飛越してくれるか、馬に乗っている騎手は様々な条件を考えながら障害を飛越しているんですね、なんだか生体力学の領域です。ここに馬の気持ちも加味されることになると、高い障害を完璧に飛越するということがいかに難しいかがわかってきます。

DSC00921.jpg
クレイン栃木、普段のタイムズスクエア、障害を飛んでいる時はキリッとしている・・気がします。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
馬術の世界は奥が深いですが、乗馬の世界は初心者の方もWelcomeです。みなさん気軽に乗馬してみてください。お近くのクレインはこちらからどうぞ。


高橋

馬ってどんな動物?【16】・・・馬たちの誕生日

こんにちは、高橋です。
この間、クレイン茨城の姫リンゴの木がボンッ!といっきに花を開かせていました。
つぼみはかわいらしいピンク色なのに、花が開くと真っ白で、とてもきれいです。
DSC01140.jpg

さて、今日は馬たちの誕生日についてです。

実はこの時期、馬たちは出産ラッシュを迎えます。
馬の妊娠期間は約340日前後で、3月、4月、5月に出産するパターンが多いです。
乗馬クラブクレインの馬たちの多くは元競走馬出身で、北海道生まれの馬たちが多いです。
一頭一頭に馬名札があり、馬のお部屋である、馬房(ばぼう)の扉に表示されています。
下の写真がそうなのですが、みんな、生年月日が4月生まれになっています。
DSC01120.jpgDSC01121.jpg

まだまだいます。
DSC01122.jpgDSC01123.jpg

まだまだまだいます・・・がこのくらいで。
DSC01124.jpg

馬の一年は、人の3~4歳くらいと言われますが、特に最初の3年間の成長は早く、だいたい人間の年齢だと15歳~17歳くらいになります。それ以降、1年ごとに3歳ずつ歳をとっていくと考えると、10歳で30代後半になります。


では、馬は何歳まで生きるのか?
日本では、一番長く生きた馬は、シンザンという競走馬で、35歳まで生きました。
35歳というと、人間の年齢に換算したら100歳を超えてしまいます。

普通ですと・・・25歳くらいが寿命と言われていますが、最近では少し伸びてきているような気がします。(私の感覚ですが・・・)もしかしたら、35歳にチャレンジ!なんて馬も出てくるかもしれません。


競走馬にくらべると、乗馬クラブの馬はつきあいが長くなります。もう10年前から知っているなんていう馬もたくさんいます。乗馬クラブクレインでは、人の転勤と同じように馬も転勤することがあるので、久しぶりに知っている馬に会うと、思わず「おまえも歳とったな~」と声をかけてしまいます。


馬との出逢い、馬とのつきあいも楽しいものです♪
みなさんも、意外なところで運命的な!?馬と出逢いがあるかもしれませんよ。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋


仔馬のことを調べていたら、ナショナルジオグラフィックでおもしろいコラムを見つけました。
ノンフィクションライターの廣川まさきさんがニュージーランドの牧場で過ごしたときのことを書いています。少し悲しいお話もありますが、動物たちがいきいきと描かれていていいですよ。
【連載】今日も牧場にすったもんだの風が吹く

馬ってどんな動物?【15】・・・春のブラッシング

こんにちは、高橋です。
全国で桜が咲き始めていますね。
クレイン茨城にも春が訪れています。

DSC01070.jpg
春を告げる樹、コブシ。クレイン茨城の厩舎近くできれいに咲いていました。
別名「田打ち桜」ともいい、農作業を始める時期の目安にもされていたようです。
千昌夫さんが歌われていた「北国の春」を思い出します・・・

さて、今日は冬から春へと移り変わる馬たちのお手入れについてです。
冬場、馬たちの毛は体温を調節するために長くなります。
DSC01087.jpg
馬の右前脚付け根の部分です。毛の長さつたわりますでしょうか・・・

この時期、気温が高くなってくると、馬たちの冬毛が抜けてきます。
そんな時は、ブラッシングが効果的です。
DSC01084.jpg
上の写真は基本的な馬の手入れ道具です。
右からゴムブラシ、仕上げブラシ、根ブラシ、鉄爪(てっぴ)、たてがみとしっぽ用のブラシ、たてがみ用金属製クシです。

ブラッシングをするときは、主に3つのブラシを使います。
DSC01085.jpg

まずは、根ブラシで大きな汚れを払います。
ブラシをかけるときは、馬の毛の流れに沿って、頭からしっぽにかけてかけていきます。
もちろん、馬も生き物ですから、触られると嫌なところ、デリケートなところがあります。
耳、目の周り、鼻や口の周り、前脚の付け根部分、後ろ脚の股部分などは、感覚が敏感なので馬の様子を見ながらブラッシングをしていきます。

なかなか取れない乾いた泥や、ボロ(馬の糞)などついているときは、ゴムブラシで汚れをとります。抜け毛が多いときも、ゴムブラシでマッサージをしながら抜け毛を絡め取っていくといいです。

そして、名前の通り、最後に仕上げブラシを使います。
このブラシは毛先が短く密になっているので、少し押しつけながら毛先が馬の皮膚に届くようにブラシをかけていきます。ブラッシングは汚れを取るとともに、血流を良くするマッサージ効果もあります。


きれいになった馬を見ると、ブラッシングは結構楽しくなってきます。
馬たちの毛が抜けるようになってきたら、「あぁ、春が来たなぁー」と感じます。
乗馬をしているからこその、春の感じ方ですね・・・

DSC00688.jpg

みなさんは、どんな春を感じていますか?
この季節、桜を見ながらの乗馬もいいですよ♪
全国のクレインはこちらからどうぞ。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋

馬ってどんな動物?【14】・・・白馬の王子様の白馬は白い?

こんにちは、高橋です。
もうすぐ、バレンタインデーですね。
日本はなんだかイベントが多いですが、そのときどき街が明るく、楽しい雰囲気になるのが私は好きです。そして、チョコも好きです。

DSC01000.jpgDSC00999.jpg
日本で馬具を作っているソメスサドル社。実はバッグや革の小物も作っています。
ブックカバーやペン、メモカバーなどはプレゼントにもいいかもしれませんね。

さて、何年か前に、乗馬クラブクレインでバレンタインデーに合わせて白馬の王子様になる芸能人は?というアンケートを実施したことがありました。
そのときの1位は・・・誰だったかなぁ・・・忘れてしまいましたが、今日は王子ではなく、白馬に注目です!

DSC01003.jpg
クレイン茨城のトーヨーコジーン。クラブでは一番真っ白です。ちなみにアメリカ生まれ10歳です。

実は、馬の毛色は父母からの遺伝が関係しています。
毛色でよく見るのは、栗毛(くりげ)、鹿毛(かげ)、芦毛(あしげ)の3種類です。

栗毛は明るい茶色でたてがみや尾も明るい茶色です。たてがみが光に透けると金色に見えるときもありきれいですよ。
鹿毛は体の毛色が茶色でたてがみや尾は黒色になります。色の暗さで、より暗い茶色になると黒鹿毛、青鹿毛と変わります。青鹿毛の見た目は、ほぼ黒色に近く、もっと黒に近くなると青毛といいます。うーん、青毛まで来ると青という色が名称に入っているように、きれいな黒すぎて光のかげんではブルーを帯びた黒に見えるときがあります。

芦毛は生まれた時は鹿毛や青毛のように色がありますが、歳をとるごとに灰色から白色に変わっていきます。上の写真のトーヨーコジーンは芦毛です。
生まれた時から白い毛色の白毛もありますが、非常に稀なので一般的に見ることは少ないです。

こういった馬の毛色は1頭1頭を識別するための健康手帳に記されます。
毛色は個体を識別する特徴の一つとなります。


世の中でイメージされる白馬は芦毛の毛色をした馬になります。
白馬の王子様の白馬は、生まれた時は白ではないんですねー。


さてさて、芦毛に乗った白馬の王子様的な方は・・・本当にいるのでしょうか!?
乗馬クラブクレインでは白馬にあうことができますよ。


最後に、毎年この時期にアメリカで行われるスーパーボール。
今年は2月3日に行われたのですが、それに合わせてBudweiserがイメージキャラクターである馬(昔は馬車でビールを運んだので、クライズデール種の馬がイメージキャラクターになっています。)BudweiserClydesdalesを起用したCMが話題になっていますのでご紹介いたします。
2013 Budweiser Super Bowl Ad
牧場で生まれたクライズデール種の仔馬と仔馬を育てた人との心温まるストーリーです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋

馬ってどんな動物?【13】・・・馬の動作でわかること

こんにちは、高橋です。
今日から大寒、款冬華(ふきのはなさく)です。先週の大雪はすごかったですね。まだ道のわきには少し雪が残っていたりします。しかし、暦の上では春の足音が・・・そして鰤がおいしい季節に!

2週間ぶりの更新になりましたが、その間、乗馬クラブクレイン本社では鎮祭が執り行われました。毎年1月に鎮祭、2月には馬頭観音祭が行われます。乗馬クラブですから、仕事のパートナーである亡くなった馬たち魂を鎮め、今年一年、無事皆様に乗馬を楽しんでいただけるよう祈願いたします。私も参加したのですが、とても厳かな雰囲気でした。

DSC_0050.jpg
仕事で神田橋近くを通った時、んっ!桜!?と思わず撮影しました。澄んだ青空にさくら色の花が映えてとてもきれいでした。

さて、今日は馬たちの耳の動作からわかること、をお届けします。

馬は草食動物なので、危険を察知するために視覚と聴覚が発達しています。
人間の耳が聞き取れる音は約20Hz~20kHzです。馬は約55Hz~35kHzなので、人には聞き取れない高音域の音も聞き取ることができます。

そして、馬の耳は180度以上回転させることができ、左右の耳を別々の方向に動かすことも可能です。だから遠くの音にも耳を向けて聞き取ることができるんですね。

音を聞き取る以外に耳は馬の感情を示すときもあります。
たとえば、下の写真のように耳をピンとたてて、馬の見ている方向と同じ方向を向いているときは何かに注意しているとき、興味を示しているときです。
馬術競技に障害飛越がありますが、障害に対して耳を向けていれば、興味をもって飛越しているということになります。(障害馬術については以前のブログをご参考ください。)
DSC00301.jpg
クレイン茨城のカリーノです。カリーノはどちらかというと人に対してオープンマインドな感じがします。

何かを警戒しているとき、いやがっているとき、痛いときなどは耳を伏せます。
目の表情と合わせてみると、怒っているのか、どこか痛いのか、なんとなくわかります。
(馬も怒っている時は目がつりあがっている感じがします。)

耳をくるくる動かしている時は、何かを感じて周りの音を聞いて状況を判断しようとしています。たぶん少しドキドキしているときです。こんなときは、もしかしたら次に驚いて走るかもしれない。という予測をして人も次の動きに準備したりします。
頭を高く上げて、耳をピンと音のする方向に向けた時は、既に驚いているときです。そういう時は人が低く落ち着いた声をかけてあげます。

リラックスしているとき、眠いときなどは少し耳が横に向いて力が抜けています。
こんなときは、なんだかいとおしさを感じます。

もちろん、馬は人の言葉はわかりませんが、そのときのシーンと人の声を記憶することはできます。馬を目の前にしたら、愛情をこめて馬の名前を呼んであげてみてください。
馬には声とともにその雰囲気も伝わっているはずです。


2013年、みなさんも馬と出逢ってみませんか?
2013年だから、2013円で馬に乗れます。1月31日まで期間を延長しております。
乗馬体験1回コース2,013円をご希望の方は会場にお電話、もしくはWEBからお申込ください。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋

馬ってどんな動物?【12】・・・馬の動作でわかること

こんにちは、高橋です。
暦の上では秋も最後の候です。(11/2~楓蔦黄もみじつたきばむです)
毎朝通っている道の両側の木々たちが、赤や黄色のコントラストで彩られ、光があたるととても美しいです。

DSC00827.jpg
クレイン茨城では森からドングリの便りが!?

DSC00828.jpg
秋の森に光が差し込んで、なんだかホッとする空間です。

さて、今回は馬の動作についてです。
動作といってもいろいろとあります。見るところは、耳、目、しっぽ、体の動き、鳴き声などです。
やはり、馬と一緒にいる時間が長いほど、なんとなくではありますが、何でその動作をしているのかがわかるようになってきます。

まずはわかりやすいしっぽの動きからです。
しっぽをブンブン振っているときがありますが、大抵は虫をはらうためです。
ちなみにお腹の下に虫が来ると、後ろ脚ではらいますし、前脚の付け根に虫が来ると、首を振って頭で虫をはらいます。

虫をはらう以外にしっぽをふるときは、少し不快感があるときです。
そういうときは、どちらかというと上下にしっぽをふります。
うれしいとき、興奮しているときはしっぽを高く上げます。


DSC00790.jpg
キングアーサーが鼻を出して「なんかちょーだい」と言っています。

次に馬が鼻のさきでツンツンしてくるときがあります。
これは、自分のほうに関心を向けてほしいとき、また、お菓子をおねだりしているときです。
(馬は砂糖も好んで食べます。メインの食事ではないので、馬をほめたりするときに少量をあげます。人間的に言うとお菓子みたいなものです。)
何かをおねだりするときは、鼻を鳴らして「ドゥドゥドゥドゥー」などと鳴くこともあります。


少しずつでも、何で馬がそういう動きをしているのかがわかってくると、馬に対する親近感もわいてきます。今回は、馬の近くにいるとよく見かける動作をご紹介しました。
まだまだあるのですが、続きはまたの機会に。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


そういえば、昨日の朝、にじいろジーン(毎週土曜あさ8:30~放送)で佐藤浩市さんがぐっさんと一緒に北海道で外乗を楽しまれている様子が放送されました。どうやら、お二人が出演されている映画「のぼうの城」(現在公開中)で、佐藤浩市さんは撮影の7~8割が馬の上だったそう。だから、ゆっくり馬に乗ってみたかったということでした。

"秋の外乗" いいですね~


高橋

馬ってどんな動物?【11】・・・馬も靴をはく!?

こんにちは、高橋です。
クレイン茨城では、遠くにいても金木犀の香りがふわっと風に乗って運ばれてきます。
「あぁ~秋だなぁ~」と感じる今日この頃です。

DSC_0026.jpg
馬場が夕陽をうけて輝いてました。

そういば、Superflyの「輝く月のように」という曲のMusicVideoでは、越智志帆さんが馬に乗って登場していました。曲のタイトルにあるように、とても幻想的な感じで美しかったです。
歌詞にある
「誰かのためになりたい 誰かのために生きたい
きっと、あなたに出逢ったから
生まれ変われたんだ」
というフレーズは、乗馬をしている私にとっては馬に出逢えたからと感じてしまいます。
志帆さん、この日はじめて馬に乗ったそうですが、最後は速歩(はやあし)で乗りこなしていました。すごい!


さて、今日は馬の靴!?のお話です。
みなさんは、馬の足を間近で見たことがありますか?
下の画像左は馬の足のアップです。
蹄(ひづめ)の下に鉄がついているのが見えますでしょうか?
蹄鉄は馬にとって靴のようなものです。
P1010239.jpgP1010169.jpg

実は馬の蹄は人間の爪と同じように伸びてきます。
なので、4~6週に1回は装蹄師さんが蹄を切り、角度を整えて、新しい蹄鉄をつけます。
上の画像、右側は左後足の装蹄(そうてい)をしているところです。
蹄鉄を打つ時は、釘で蹄鉄をとめていくので、装蹄師さんは自分の足を傷つけないように革製のエプロンをつけています。(馬はいつ何時動くかわからないですからね)
もちろん、釘は蹄の神経に触らないところを通して打ちます。(釘に向きがあり、こっちを外側にして打ったら釘は外側に出てくるというような仕組みです。)

8099.jpg

蹄鉄はその馬の蹄の形にあわせて、調整されます。
火炉(ほど)と呼ばれる炉で蹄鉄を熱して、金槌でたたいて形を変えていきます。
蹄鉄の形もいろいろとあるのですが・・・前足と後ろ足で変わりますし、エッグバーと呼ばれ丸い形の蹄鉄もあります。また、競馬と乗馬では蹄鉄の素材が違います。
競馬ではアルミ製の蹄鉄をつけます。実際に見たことがありますが、乗馬で使っている蹄鉄よりとても軽いです。やっぱり速く走らなければならないですからね。

実際、装蹄は非常に重要で、蹄の形や角度で馬の動きが変わることもあるくらいです。
そして、普段、馬に乗る私たちは蹄や蹄鉄のつき具合をチェックすることは必須です。
(少しゆるくなっていたら釘をしめるなど、メンテナンスします。)

馬にとって蹄鉄は重要なものなんですね。
そして、ヨーロッパでは魔よけのお守りにもなるみたいですね。
U字型が幸せをためるとか、U字型になるように飾るのがいいみたいです。
蹄鉄を手に入れる機会があれば、みなさんも試してみてください。
ヨーロッパでは玄関の扉や、車のフロントなどにつけるみたいです。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

凱旋門賞、オルフェーヴル惜しかったー。けど、がんばりましたね。お疲れ様です。


高橋

馬ってどんな動物?【10】・・・夏から秋へ移り変わる馬たち

こんにちは、高橋です。
9月になりました。

"走り"、"盛り"、"名残り"。
この日本ならではの言葉は、野菜の旬に使われるようです。
今は、夏野菜が名残り、秋野菜が走りの時期です。
なんだか、もう秋の気配が近づいてきているんだなあと感じます。

DSC00797.jpg
クレイン茨城のドングリの木には小さなドングリができていました。


さて、今日は夏から秋にかけて変化する馬たちのお話です。

馬はどちらかというと、寒さより、暑さのほうが苦手です。
夏の馬たちは、汗をかくことで体温を下げます。稀に汗をかきづらい馬がいます。そういった馬は自分で体温を下げることができないため、人間が水をかけて冷やしてあげます。
ちなみに馬の平熱は37.5℃~38.2℃くらいです。

馬が体温をさげられずに困っているかどうかを判断するには、体温計で測る以外に呼吸の様子を見るとわかります。

馬は鼻で呼吸をします。
安静時の呼吸数は1分間に8回~16回です。お腹がふくらみしぼんだ時を1回と数えます。
夏に運動した直後は、呼吸があがり鼻の穴が開きフガフガしている場合があります。運動していないのに厩舎(馬の部屋)にいても鼻の穴が開き呼吸が速いときは体温を下げられずに困っている状態です。そういったときは、水をかけて体を冷やしてあげます。

水をかけるときは、熱がこもりやすい後ろ脚の股の内側だったり、太い血管が通っている首の下側を冷やしてあげます。冷やしてあげた後はすぐに水分を拭き取ってあげます。そのままにしておくと、水が温められ逆に温度を下げにくくなるからです。

DSC00790.jpg
キングアーサーの鼻。暑さで少しピンク色になってます。


秋の馬たちは、温度が下がってくると、元気になってきます。
"天高く馬肥ゆる秋"と言いますが、まさにその通りで、食欲が増し、気温が低くくなる分、汗をかかなくなるのでカロリーの消費も少なくなります。夏より疲れなくなるんですね。


クレインでは毎朝スタッフが馬たちを運動させていますが、気温が下がってくると、ある日を境に急に馬たちが元気になります。乗った瞬間に「今日は、雰囲気が違う・・気をつけなきゃ」と。
なぜか、急になんですよね。徐々にじゃないんです。(そう思うのは私だけかな?)
けど、そういった変化も乗馬の楽しみの一つです。


みなさんが秋を感じるのはどんな時ですか?
食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、いろいろあるけど、乗馬の秋もいいですよー。
乗ってみたいと思ったら、クレインWEBサイトをご覧ください。もちろん、まったく初めての初心者の方もOKです!

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

最近、笑い声は世界共通なのでは!?とふと思いました。
笑うという感情はどこにいっても「はっはっはっ、HaHaHa」という感じで、通じ合うんだろうなぁ。
ちょっと、うれしい気づきでした。


高橋

ロンドンオリンピックは馬術を応援しよう!~障害馬術編~

先日、いつもより遅い時間帯に厩舎へ行ったら・・・
そこは人間のいない馬だけの世界。
そーっと入っていくと、馬たちのひそひそばなしが聞こえてきました。
私に気付いた馬たちは、「はっ!!人間が来たぞ!」と一斉に頭を高くして私を確認します。
そのあとは「ドゥドゥドゥー。ヒヒヒーン。ブブッ。」などと馬語で私に話しかけてきました・・・
DSC00771.jpg
クレイン茨城のオルフェウスが通りかかった私に何か頂戴と言っています。

こんにちは、高橋です。
もちろん、馬たちのひそひそばなしは私の想像です(笑)

もう少し現実を描くと、基本、厩舎(きゅうしゃ)にいるとき馬たちは休憩をしています。もうレッスンもすべて終わり、みんな自分たちのお部屋(馬房ばぼう)に戻っていました。
そろそろ、夜ごはん(飼い)の時間かな~というときに、私が厩舎に入っていったので、馬たちは「んっ!ごはんか!?」と鼻をならしていたわけです。
馬たちは少し遠くのものを耳や目で確認するとき、頭を高く上げます。
なんとなく、馬の世界に一人ではいってしまったような気がして・・・ついファンタジーな想像をしてしまいました。

DSC00769.jpg
クレイン茨城の厩舎のこの通路には両側に28馬房29頭!?の馬たちがいます。
なぜ29頭なのかは・・・イチローとサブローが一緒のお部屋だからです。


さて、本題に入ります。
前の話は何の関係もないかというと、実は少し関係があります。
ロンドンオリンピック馬術競技の種目の一つ、障害馬術について、今日はかんたんにみどころをお話します。


まずは、北京オリンピックの際の様子をYouTubeのOfficial Olympic Channelでご覧ください。
Equestrian - Individual Jumping - Beijing 2008 Summer Olympic Games

障害を飛ぶ前、馬は頭をあげて障害を見ていましたよね。
馬の目は顔の横についており、瞳孔が横長なので、視界は人間よりも横長に見えています。そのため、縦方向の視野が限られており、両目で障害を確認するためには頭をあげて見ないと見えないんですね。馬は両目で見ることにより、障害までの距離を認識します。


選手はこういった馬の性質や性格、学習力をわかった上で、トレーニングを行っていきます。

オリンピック本番はというと・・・

障害馬術では馬場に設置された、10個以上の障害を決められた順番、コースで飛んでいきます。採点は減点方式で、障害コースを完走するスピードも要求されます。

障害を飛越する際、障害のバーを落とさずに完璧に飛越しなければならないのですが、完璧に飛越するためにはその障害へ入り方であったり、スピードであったり、そこまでの準備がとても重要です。それは飛越する障害の種類によっても変わります。(高さや幅が変わります。オリンピックでは障害の高さは高いもので160cm、もしくは幅ある障害で200cmの幅がついた障害が設置されます)

そのため選手は障害コースを下見する際に、自分の歩幅で障害と障害の間の距離を測り、馬の走っている歩数を何歩で(どれくらいのスピードで)障害を飛越するか想定します。

採点は障害のバーを落としたら-4点、障害を飛ぼうとせずに反抗したら1回目は-4点、2回反抗したら、その時点で失権(失格)となります。もちろん障害を飛ぶ順番を間違えたり、落馬したり、制限タイムを超過しても失権となります。

映像で障害馬術を見るときは、障害の種類、騎手と馬がどういう道筋で障害に向かっているか、どうやってバーを落とさないように飛越しているのかなど見てみてください。きっと選手は飛越しているときには、次の障害を見ています。そして、障害飛越後、1歩目から想定したコースを走るよう馬に指示を出しているはずです。


4日~6日で予選が3回行われ、Best35の選手と馬が8日のFinal roundに進むことができます。
日本からは、杉谷泰造選手と武田麗子選手が出場します!
みなさん応援しましょう!!
次回は馬場馬術のみどころです。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
7月7日は七夕ですね。
何か短冊に願い事はされましたか?織姫と彦星が年に一度会える日ですね~star.gif

高橋

この夏、親子で見に行きたい映画!

こんにちは、高橋です。

この間、WEBでニュースをチェックしていて・・・「あっ、セイラだ!」と思ったら、アニメーション映画「メリダとおそろしの森」のイベントでした。
主人公メリダの日本語吹替え版声優の大島優子さんが乗って登場した馬で、ポニーとして紹介されていましたが、きっとクレイン茨城にいるセイラと同じハーフリンガーという種類ではないかと思います。
DSC00762.jpg
クレイン茨城にいるハーフリンガー種のセイラです。見た目は美しいセイラ・・見た目は・・。


「メリダとおそろしの森」はディズニーとピクサーがおくる、7月21日公開のアニメーション映画です。ピクサーはあのトイストーリーやカーズを制作したアニメーションスタジオです。
今回も楽しみですね!

実は、大島優子さんが馬に乗って登場したわけは、映画の中でメリダの愛馬アンガスが、相棒として登場するからです。映画の中のアンガスは、おそらく、ブルトンとかペルシュロンとか馬のなかでも重種(じゅうしゅ)という種類ではないかと思います。


ちなみに馬の種類は大きく3つに分けられ、その中でさらに馬の種類に分けられます。
軽種 サラブレッド、アングロアラブ・・・競馬場で見られます
中間種 セルフランセ、ハノーバー・・・オリンピック競技馬術などで登場します
重種 ペルシュロン、ブルトン、クライズデール・・・ばんえい競馬で見られます(以前のブログも参考にどうぞ)

ちなみに体高(たいこう・・馬の身長です)が147cm以下の馬はポニーといいます。
体高(たいこう)は地面から馬のき甲までの高さをはかります。
DSC00765.jpg
クレイン茨城のカリーノに協力してもらいました。


映画の予告を見たのですが、馬のアンガスがとても表情豊かに描かれています。
実は、ほんものの馬もアンガスくらいに表情があります。
耳、目、鳴き声、しっぽの動き、仕草などなど、馬の気持ちをわかろうとすれば、人でも感じとることができます。(もちろん、全部は無理ですが・・・)
馬に乗るたのしみのひとつは、言葉を話せない馬とコミュニケーションを取って、気持ちが通じたときに一緒になって走れる。そんなところにあります。

この夏、ぜひ、「メリダとおそろしの森」を見にいってみてください。
きっと、アニメーションならではの空間に引き込まれ、こころ動かされることでしょう。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし、夏休み馬に乗ってみたいと思ったら、お近くのクレインへどうぞ。
見学もできますよ~。

高橋

馬ってどんな動物?【9】・・・乗馬クラブクレインの馬の1日

こんにちは。高橋です。
今日は梅雨にはいったけど、快晴hare.gifクレイン茨城からお届けします。

DSC00750.jpg

今回は馬の1日にスポットをあててお届けします。

朝は6:00頃に1回目の飼い(ごはん)が配られます。また、体調をみるために体温を測り、OKであればスタッフにより運動を行います。

ごはんの中身はというと・・・
DSC00751.jpgDSC00752.jpg
乾草やヘイキューブ等、基本は草です。いくつかの種類を栄養のバランスをみて与えます。
1頭1頭、運動量や健康状態に応じて内容が変わります。

DSC00748.jpg
11:00頃、昼飼いを食べるカリーノ。

馬たちは1日4回(6:00、10:00、15:00、20:00)に分けて、ごはんを食べます。
というのも馬の胃は一度に多くの食べ物を消化することができないからです。
その上、馬の腸は長く、180度にまがっているところが2カ所あり、おりたたまれるようにお腹におさまっているため、食べたものがつまりやすくなっています。(人間で言うと便秘のようなものです。馬の場合は疝痛せんつうといいます。)

DSC00754.jpg
今日、朝から疝痛だったウォータネバダ。治療中に動かないように鼻ねじをされています。
がんばれ~
疝痛の時は、1日レッスンもお休みし治療に専念します。もちろん、ごはんは抜きです。

通常、馬たちは1日に2レッスン~6レッスン、休憩をはさみながら参加します。
レッスンに参加している間、もしくは休憩中に馬たちのお部屋(馬房ばぼう)が掃除されます。
DSC00755.jpg
お部屋掃除待ちの秋(シュウ)、そして奥は獣医さんに治療されているウォータネバダ。

掃除したあとのお部屋は・・・
DSC00749.jpg
木くずが敷き詰められてふわふわです。馬たちはもどってくると、気持ちよさそうに寝転がったりします。

最後のレッスンが終わると、馬たちは足を洗い、手入れされ、お部屋(馬房ばぼう)に戻ります。
馬房にいるときは、ぼーっとしているか、立ったまま寝ています。

私の見た感じではありますが、馬たちはごはん前が一番テンションがあがります。
鼻をならして、前かきをして、自分のところにごはんが来るのを待っています。音がお届けできないのが残念ですが、馬たちの個性的な鳴き声を聞くことができます。(ドゥドゥとかヒーンとかヒヒヒとかです・・・わかりづらいですね・・前かきとは馬が何かを訴えるときの仕草のひとつで、前足をあげて地面をカツカツとかきます)


毎日見ている馬たちですが、みんな表情があり、個性的で、いとおしい存在です。
大きな瞳でみつめられると、何かをしてあげたくなります。
みなさんも、「見つめてもらいたいなぁ。」とか思えてきましたか?

そんな方はお近くの乗馬クラブクレインへお越しください。
いつでもお待ちしております。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

乗馬を始めるときに揃えたい道具、ベスト5!

こんにちは。高橋です。

初夏を感じる今日この頃。
DSC00702.jpg
車と比較すると木の大きさがわかります!

クレイン茨城の入り口には、トトロに出てきそうな、大きなドングリの木があります。
木の下にいると、風が通るたびに、さらさらさら~♪ と音がして心地よいです。
毎週木曜と金曜にはこの木の下にもっくんカフェがOPENします。


さてさて今回は乗馬を始めるときに揃えたい道具、ベスト5と題してお送りいたします。

早速1位からどうぞ。

1位 ヘルメット
DSC00703.jpg
安全のためにもヘルメットは必須!最近は、夏に最適な通気性のあるヘルメットが人気です。

2位 キュロット
DSC00709.jpgDSC00711.jpg
キュロットは伸縮性があり、馬にも乗りやすいです。
ひざやおしりがレザーで補強されており、乗った時鞍へのフィット感も増します。
乗馬道具の中でも、キュロットへのこだわりを持っている方は多いです。
タックありなし、ローウエスト、生地の素材、カラーなどなど、実際に試着して自分にあうものを選びます。

3位 ジョッパーブーツ・チャップス
DSC00706.jpg
くるぶし丈のショートブーツとひざから下にまくチャップスのセットです。
ブーツが短いので足首を曲げやすく、馬にも乗りやすくなります。

4位 ボディプロテクター
DSC00708.jpg
ヘルメットと同じく安全面から必要なベスト。COOLタイプのボディプロテクターが人気です。

5位 鞭(ムチ)
DSC00710.jpg
競馬の騎手が持っているような鞭と違って、長さが短く、しなやかさがあります。持ち手に紐がついていて、うっかり落としてしまわないようになっています。
馬もいろいろで、合図を出してもぼーっとしている場合は、ムチでパチンと音を出し、馬に少し緊張感をもってもらいます。

以上ベスト5をお送りしました。

これから乗馬をはじめようかな。
と思われている方は、どうぞ参考になさってください。
一度に全部そろえなくても、少しずつ思うものからそろえていくのもいいですよ。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

2012ロンドンはオリンピックだけじゃないですよ!

こんにちは。高橋です。
開催まで100日をきり、いよいよ、ロンドンオリンピックムードも高まってきました!
馬術でも日本からの出場が決まっています!
DSC00693.jpg
クレイン茨城では姫リンゴの花が咲いていました。ピンク色のつぼみ、白い花と葉の緑のコントラストがとてもきれいです。

馬術競技はオリンピック競技の中で唯一、男女の区別がなく、動物と人がともに競う競技です。
(詳しくは以前のブログをご覧ください。)

今回のロンドンオリンピックでは、障害馬術(8/4,5,6,8)、馬場馬術(8/2,3,7,9)、総合馬術(7/28~7/31)に日本からの出場が決まっています!総合馬術団体はシドニーオリンピック以来3大会ぶりの出場です!(カッコ内はオリンピック開催日です)

競技を間近で見れる、その迫力は、きっと乗馬初心者の方でも楽しめるし、感動できることと思います。(まったく初めて見る方は、競技ルールだけでも予習をしておくと、楽しんでみることができると思います。競技ルールについては日本馬術連盟サイトをご覧ください)


そして、せっかくロンドンに行くのであれば、オリンピックだけでなく、ぜひこの舞台を見てみてください!ロンドンで人気の舞台「ウォーホース」。

映画で公開されていた戦火の馬は記憶に新しいですが、実は映画よりも先に舞台で上演されています。スピルバーグ監督もこの舞台を見て映画を作るきっかけの一つになったとインタビューで答えていました。

馬好き、乗馬をしている人であれば、この舞台は必見です。

DSC00692.jpg
新緑の気持ちよい季節。クレイン茨城のトラボルタもぼーっとしていました。

先日、アナザースカイ(日本テレビ系列毎週金曜23:00~放送)で生田斗真さんがロンドンを訪れた際に、舞台を観劇し(号泣されたそうです)、その後、舞台に登場していた作り物の馬(けど限りなく本物に近い馬)ジョーイに逢い、その動きに驚かれていましたが、ほんとうにすごいです!

演じられている方々は、心底馬を理解しているのではないだろうか。と思うほど繊細でリアルな動きで、私はアナザースカイを見るだけで感動していました。


オリンピック前後のチケットは、まだ入手可能です。
(はぁ~、わたしも見にいきたいなぁ・・・心のこえ)
オリンピック馬術観戦と舞台「ウォーホース」観劇、この夏ロンドンオリンピックに行かれる方にお勧めのコースです。


高橋

桜と馬にまつわる映画をご紹介!

こんにちは、高橋です。
今、クレイン茨城の桜は満開です。

この時期、日が照ってくるとポカポカして、洗い場にいる馬たちも少し寝むそうです・・・zzz
DSC00680.jpg
ドングリの木から木漏れ日がさしています。


こんな季節は、外で気持ちよく馬に乗りたいですね。
そんな、気持ちよく馬に乗っているシーンが登場する映画をご紹介します。

その映画は「雷桜」。
キャッチコピーは「女は、恋さえ知らなかった。男は、愛など信じなかった。美しくも奇妙なその桜が、二人の運命を変えた。」です。江戸時代、身分違いの恋を描いたラブストーリーです。

今回は乗馬の視点から映画をご紹介します!

何より、映画では乗馬シーンがたくさん登場します。岡田将生さん演じる清水斉道と蒼井優さん演じる雷(らい)が、美しい自然の中を、馬で駈け抜けていきます。


この映画のために、お二人は約3カ月ほど乗馬の練習をされたということですが、とても3カ月の経験とは思えないほど、上手く馬に乗っています。(なんと両手を放して速歩をするシーンも・・)


ちなみに、蒼井優さんが乗っている白い馬。白毛というめずらしい毛色の馬ではないかと思います。通常、皆さんが競馬場などで目にする白い馬は芦毛という種類で、歳を重ねるごとに白くなっていきます。だからところどころグレーの色が混ざっているんですね。
ygoldchange.jpg
芦毛のゴールドチェンジです。クレイン山口にいます。


そして、タイトルにもある桜がとても印象的に登場します。
美しい風景と、二人の純粋な恋、そして馬で颯爽と駈けるシーン。
今、この春に、見てみたい映画ではないでしょうか。

桜を見ると、ふと、映画のワンシーンを思い出します。
DSC00688.jpg
クレイン茨城の桜です。

桜を見て、馬に乗る、そんな休日も素敵ですね。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋

馬ってどんな動物?【8】・・・馬の健康診断?

こんにちは。高橋です。

前回に引き続き、馬ってどんな動物?をお送りします。
実は乗馬クラブクレインには、"厩務長"というお仕事があります。

何をするのかというと・・・
馬の体調管理、運動、給餌の調整などなど馬たちが過ごしやすいように、健康でいられるように管理します。それに加えて、年に1回全頭検査があります。クレインの各クラブ馬たち約2,400頭が、大和高原診療所の獣医師により検査が行われます。
全頭検査はいわゆる人間の健康診断みたいなものです。


さて、厩務長の朝は馬の体温を測るところから始まります。
馬の体温ってどこで測るの?
と思われる方もいらっしゃると思いますので、今回はクレイン茨城の福島厩務長に実際に体温を測ってもらいました。
DSC00650.jpg
クレイン茨城の馬、ガネーシャさんにもご協力いただきました。「んっ。おしりがむずむずするぞ。」

後ろから見ると・・・
DSC00651.jpg
こんな感じです。

簡単にご説明しますと、馬の直腸に(おしりに)体温計を入れて測ります。平熱は37.5度前後です。人間より少し体温が高いんですね。馬の体温は毎朝測ります。

次に馬の運動をするのですが・・・その前に馬体をチェックします。
馬房(ばぼう)でけがをしていないか、前日の運動で脚を怪我したり腫れたりしていないか、病気の兆候はないか。などなどを見ます。
その他にも厩務長の仕事はあります。ごはんを上げた後にお腹の痛そうにしている馬がいないか見回ったり、けがをした馬や病気の馬がいたら手当をしてあげます。(時には獣医さんに来てもらい治療につきそいます)


馬も生き物ですから、体調が悪いときや痛いときは、何かしらそのシグナルを発しています。
背中が痛いのに鞍をつけたら嫌がりますし、脚が痛いときは馬房から出たがらない時も。また、疝痛(せんつう)といって、便秘の症状のときは前脚で地面をかいたり、横になってお腹をじっとみたりします。

馬は"ことば"を話せないですから、人間が馬の発しているシグナルを受け止めなければなりません。そのためにも、厩務長や私たちスタッフは日頃から馬を観察し、経験から馬のけがや病気に対する知識を身につけるよう日々精進しております。

DSC00507.jpg
このような本も参考になります。(写真はHORSE CARE MANUALです)


さて、2月も今日で最後、もうすぐ震災から1年がたとうとしています。
先日、クレイン茨城の事務所でこんなぞうきんを発見しました。
DSC00623.jpgDSC00620.jpg
被災された方々が縫われたぞうきんです。1枚購入すると200円が作り手の方に渡されます。ぞうきんは1枚1枚縫われた方のお名前と出身地、メッセージなどが入っています。
ぞうきんを買われた方が作られた方を思ってぞうきんを使う。いい仕組みなのではないかと思いました。


まだまだ、日常を取り戻すことができない日々を送られている方も、多いかと思います。
長い時間がかかるなか、少し疲れたなぁと感じた時は馬にでも逢いに来てください。
いつでもお待ちしております。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

馬ってどんな動物?【7】・・・馬の動き方

こんにちは。高橋です。
今日は、馬の動き方について簡単にご紹介いたします。

みなさんは、馬に乗るというとどんな映像をイメージしますか?
やはり、草原を走っているシーンでしょうか?
私は映画「ロードオブザリング」や「ラストサムライ」など、ひろい草原を走っているシーンを思い浮かべます。(もうすぐ「戦火の馬」も公開です!3月2日からです!以前のブログをご覧ください。)

あの、草原をダーーーッ!と走っているシーンは、馬の走り方から説明すると"駈歩"(かけあし)もしくは"襲歩"(しゅうほ)という走り方です。

_DSC4392.jpg
クレイン湯布院の外乗はこんな草原を走ります!

もちろん、いきなり走るのは難しいですが、意外と駈歩は練習すればできるようになります。
余談ですが、「ROUTE66 たった一人のアメリカ」という番組で山下智久さんがカウボーイにチャレンジしていたのですが、2日目には牛を追いながら速歩を乗りこなしていました。。すごいです。

馬にとって基本的な動き方(走り方)は4つです。

常歩(なみあし)
速歩(はやあし)
駈歩(かけあし)
襲歩(しゅうほ)

それぞれにリズムがあります。
常歩は4拍子、速歩は2拍子、駈歩は3拍子、襲歩は4拍子です。常歩と襲歩は同じリズムですがスピードと脚を出す順番が違います。このリズムは乗った時の揺れ(反動といいます)の違いを生み出します。


それぞれの走り方は映像で見ていただくといいのですが、ここでは言葉で説明いたします。

もし、実際に映像で見てみたいという方は「乗馬をはじめよう」のテキストについているDVDを見ていただくとわかりやすいかもしれません。
DSC00615.jpgDSC00618.jpg
"乗馬をはじめようDVD付"クレインでも販売しています。ちなみに、表紙の写真は常歩、軽速歩、速歩、駈歩の連続写真です。


それでは馬の動き方を簡単にご説明します。

常歩は同じ側の脚が後⇒前、後⇒前と着地します。たとえば、右後、右前、左後、左前という感じです。乗っていると少し体が左右に揺れる感じがします。

速歩は前と後の脚が斜め対で同時に着地します。たとえば、右前と左後を同時に前へ、左前と右後を同時に前へという感じです。この動作の連続で速歩のとき、騎乗者は少し上にはずむ感じがします。

駈歩は右回りと左回りで脚の出し方が違います。そして2拍目に斜め対の脚が同時に着地します。たとえば左回りの場合は、右後、左後と右前、左前と3拍で着き、左前が着いたあと全部の脚が地面から離れる空間期があります。このため、騎乗者は速歩のときより、前後の揺れとふわっと浮く感覚があります。

襲歩は駈歩の2拍目の斜めの対の脚が同時ではなく、後が少し早く着地するため4拍になります。襲歩は主に競馬などで見られます。

このように、馬の動き方が変われば、乗っている揺れも変わります。生き物だからこその感覚ですね*^-^*

みなさんも機会がありましたら、実際に乗って感じてみてください。

2月22日~26日まで夫婦の日乗馬体験キャンペーンを実施しています!
お申込は19日までですのでお早めに!
(こちら(※終了しました)のサイトからお申込いただけます。)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
少し寒い日が続くようですが、乗馬をするとカラダが温まっていいですよ~(*゚ー゚*)

高橋

馬ってどんな動物?【6】・・・冬の馬たち

こんにちは。高橋です。
秋が深まってきましたね~。
陽ざしがあたたかくてここちよいクレイン茨城からお届けします。

クラブのベランダでタオルを干していたら赤とんぼが数匹とまっていました。
つかまりやすいのかな?
DSC00555.jpgDSC00554.jpg


今回は冬の馬についてのお話です。

馬も寒くなってくると"馬着"(ばちゃく)という馬用の服を着ます。
DSC00561.jpg
今の時期ですと日中はあたたかいので、夜に着せて朝に脱がせる感じです。
写真はクレイン茨城のピカンテです。


寒くなってくると、馬の毛は厚い冬毛に生えかわわり、体から熱が逃げるのを防ぎます。
下の写真を見比べてください。上が冬毛です。少しわかりづらいかもしれませんが、実際に目の前で見ると、モコモコしていてぬいぐるみのようです。
DSC00558.jpg
ラスカルです。かわいいですよ~お顔は後日お披露目いたします。
下が普通の毛、シルクフォトグラフです。きれいな馬です。2頭ともクレイン茨城にいます。
DSC00556.jpg


馬は人と同じで、暑いと夏バテをする場合があります。そして涼しくなり、寒くなってくると本領発揮といわんばかりに元気になってきます。(季節の変わり目、朝運動しているときに、んっ?今日は元気かも・・・と変わるときがあります。)

冬は馬も元気になるんですね。
元気なので運動をすると汗をかくこともあります。あまり毛が長いと体がぬれたままで乾きにくくなり、逆に体を冷やしてしまうので、毛刈りをする馬もいます。(馬専用のバリカンがあります!)

毛刈りはけっこう大変です。
馬は音や慣れていないことには敏感に反応したりするので、様子を見ながら丁寧に毛刈りをしていきます。毛の刈り方には"ハンタークリップ"や"ブランケットクリップ"などの種類があり、熟練した人はほんとうにきれいに毛刈りします。




DSC00562.jpgDSC00563.jpg
これからの時期の乗馬ウェア。袖に馬のロゴがついています。


乗馬は冬もできるんですか?

と聞かれることがありますが、冬はある意味乗馬シーズンです。馬は元気になり、乗馬ウェアもいろいろ揃い、ファッションを楽しみながら乗馬するというイメージです。馬に乗ればからだもポカポカしてきて、外に出にくい冬だからこそ丁度いい運動になります。


もうすぐ12月!cid_01_111127_144207__841SH@softbank_ne.gifです。「今年のクリスマスは乗馬。」なんていうのもよくないですか?
いつもと違う自分にであえるかもしれませんよ。
もちろん初心者の方もOKです!cid_01_111127_172029__841SH@softbank_ne.gif

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日は大河ドラマ江の最終回。江の乗馬シーンが見れそうです!cid_02_110911_171056__841SH@softbank_ne.gif

高橋

Happy!乗馬ライフ2 馬との出逢い・・・

こんにちは。高橋です。
前回に引き続き、私が乗馬をはじめてからの日々をお話したいと思います。


大学時代に乗馬をはじめて、少し慣れてきたころに担当する馬ができました。
(ショコラ・オレというポニーとデスコダンサーというサラブレッドです。ディスコじゃないですよ。)
担当すると、毎日健康状態をチェックし、その日の運動が少なければ乗ったりしていました。
ポニーのショコラ・オレに乗るとよく落馬したものです(・・。)ゞ
IMG_0971.jpg
馬との出逢い・・・いつどこで出逢うでしょうか?

必然的に他の馬に比べて接する時間が長くなるので、その馬の特徴をより知ることができました。デスコダンサーから学んだことは他の馬に接する際にも、とても役に立ちました。思えば、はじめての乗馬体験もデスコダンサーです。
デスコダンサーにはいろいろと教わりました。


私は乗馬をはじめて15年くらいですが、担当した馬は9頭です。どの馬も個性的で、愛らしい馬たちです。馬たちとかかわってきてわかったことは、馬は純粋だなぁ。ということです。


uma.jpg
クレイン茨城のトキシラズです。カメラに鼻を近づけて確かめています。

馬とコミュニケーションを取ることは難しいことではないと思います。もちろん、言葉は話せませんが、彼らは目や耳、行動などでそのときの感情を伝えてきます。
そして、人が愛情をそそげば、馬もそれに応えてくれます。


乗馬をはじめたとき、馬との出逢いは、一つの楽しみになります。
ほんとうに一頭一頭見た目も、性格も違い、乗ってみるとさらに違いがわかり、知れば知るほど楽しくなってきます。


乗馬クラブではさまざまな馬との出逢いがあります。

もともと乗馬クラブの馬たちは、乗馬クラブにいたわけではなく、いろいろなところからやってきます。(以前書きました乗馬クラブの馬はどこから来るの?をご覧ください。)
多くは競馬を引退したサラブレッドですが、牧場から来る馬もいます。
クレイン茨城にはサラブレッドの他に、中半血、スポーツ種、ハーフリンガー、トロッターなどの馬がいます。)

DSC00532.jpg市場風景.jpg
北海道では競りが行われたりします。ここでも新しい馬との出逢いがあります。

どこで、どんな馬に出逢うかわかりません。
人と同じように出逢いは大切にしたいですね。


あなたのすぐ近くにも、出逢いを待っている馬がいるかもしれません。
どこかで馬を見かけたときは、近寄って声をかけてみてください。


今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。
これから少し寒くなるようですので、みなさまも風邪などにはお気を付けくださいませ。
乗馬をするとカラダがポカポカあたたまっていいですよ~ヽ(=´▽`=)ノ

高橋

馬ってどんな動物?【5】・・・馬の種類

こんにちは。高橋です。
最高気温が20℃、秋だなぁ。と思う今日この頃。

この季節、なぜかノスタルジックな気分になります。

馬たちもすごしやすい季節です。

DSC00509.jpg
秋です。栗です。おいしいですよね~=*^-^*=

今日は馬の種類のお話です。
以前も少しふれましたが、乗馬クラブにいる馬のほとんどはサラブレッドです。
なぜなら、競馬を引退して乗馬になる馬が多いからです。


しかし、馬の種類はサラブレッドだけではありません。
ウエスタンで使われるクォーターホース、おもにヨーロッパで生産されるセルフランセや
ハノーバー、そして馬車などをひく、クライズデールやブルトンなどです。
それ以外にも日本古来の馬、道産子や木曽馬、宮古馬がいます。


これらの馬たちは大きく分けて、軽種、中間種、重種にわかれます。

サラブレッドは軽種。(競走馬として活躍する馬が多いです)
セルフランセ、ハノーバーは中間種。(オリンピック馬術競技で金メダルを取る馬もいます)
クライズデール、ブルトンは重種。(馬車をひいたりします)

といった具合です。

DSC00507.jpg
こういった本に馬の種類などが出ています。(写真はHORSE CARE MANUALです)

それぞれの馬の特徴は目で見て、接してみないと、なかなかわかりません。
日本でよく目にすることができるのはサラブレッドです。
競馬場に行けば見ることができます。(乗馬クラブクレインにもいますよ~)

セルフランセやクライズデールなどは日本ではなかなか見ることができません。

そこで少し画像でご紹介します。
クライズデールは主に馬車をひく馬ですが、ビールメーカーのバドワイザーのキャラクターとしても知られています。(昔は馬車でビールを運んでいたことに由来して、8頭のクライズデールと1匹のダルメシアンがマスコットになっています)

バドワイザークライズデールのCMは馬が人のように描かれています。
少し親近感を持ってもらえるかもしれません。

クライズデールの子供が先輩たちにあこがれて馬車をひこうとするストーリーです。CM1

あの9.11テロから10年、祈りをささげる馬たちです。CM2


いかがでしたでしょうか。
どの種類の馬も1頭1頭個性があり、体は大きいのですがかわいらしさがあります。
実際に馬たちは感情があり、いろいろな仕草で人に気持ちを伝えてきます。


言葉で会話ができなくても、気持ちが通じ合えることがある。

と私は思います。

まずはサラブレッドを見に行かれてはいかがでしょうか。
近くの乗馬クラブクレインで見ることができます。(もちろん乗れます!)

そして、馬を名前で呼ぶようになったら、あなたも馬の世界に1歩足を踏み入れた証です('-'*)フフ

皆様のお越しをお待ちしております。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

高橋

馬ってどんな動物?【4】-金沢で馬が生まれました-

こんにちは。高橋です。
さわやかな風がふく夏のクレイン茨城からお届けします。

今日はひさしぶりにアグネスセブンに乗りました。
いろいろな馬に乗っていると、より1頭1頭の違いが感じられます。
乗った後は馬用シャンプーで汗を流しすっきりヽ(^◇^*)/
けどセブンはどう思っていたかは・・わかりません。
DSC00381.jpg
馬好きは馬グッズにも目がないです。坂道をカタカタ歩く木のおもちゃです。


さて、本題に。
先月、6月10日にクレイン金沢にいるオリーブが出産しました!
そして、つい先日名前が決まりました。
「ポップスター」元気な男の子です。
orive-colt2.jpgcolt-hip.jpg

馬の妊娠は平均で340日、短くて310日。
クレイン金沢に来た時には既に妊娠中だったようです。
(最初はわからず・・・途中で気がつきました・・んっ?お腹大きい?)

生まれたばかりの仔馬は目が見えません。
けど乳を飲もうとする仔馬は何度も転びながら立とうとします。

なかなか立ち上がらなくてもすぐに人間が手助けをしようとしてはいけません。
仔馬が自らの力で立ち上がり、母馬との絆が自然に結ばれるのを見守ります。

立ち上がったらひと安心(´▽`) ホッ
母馬にくっついてひょこひょこ動きます。


すごいですよね。
生まれてすぐに何をするべきか本能的に備わっているんですね。


実は乗馬クラブではあまり馬の出産は見られません。
だからこそ、今回の仔馬の誕生はなんだかうれしく、これからの成長がとても楽しみ!


すくすくと成長中のポップスターはクレイン金沢で見ることができます。
海沿いにある素敵な乗馬クラブです。この夏、ぜひ足を運んでみてください。
105_4.jpg105_6.jpg

そして、夏休み、どこに行こうかな~と悩んでいるお父さん、お母さん。
近くの乗馬クラブで感動体験はいかがですか?
会場はこちらからとうぞ。


私も金沢行っちゃおうかな・・・なんてね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


高橋

東日本大震災から3カ月・・・奇跡の馬たち

こんにちは。高橋です。
今日もクレイン茨城からお届けします。


今日は2頭の馬をご紹介します。
下の写真は先日6月11日、12日山梨県馬術競技場で行われたホーストライアルシリーズの様子です。
IMG_0667.jpg
永松敬一郎選手とロードグレイシア。

こてつ3.jpg
正井基行選手と「こてつ」。


実はこの2頭は、3月11日、クレイン仙台海岸公園で津波にのまれながら奇跡の生還をはたした馬たちです。ロードグレイシアは永松選手とこてつは正井選手と新たなパートナーシップを築き、こうして競技に出られるまでになりました。

あんな怖い思いをして、けどまた人を信じてくれる馬。
なんてやさしさと勇気をもった動物なんだろうと思います。
私は涙もろいので、これまでのことを思うと感動して涙がでてきてしまいます(・_・、)




東日本大震災から3カ月が経ちました。

3月11日は忘れることのできない1日です。
クレインでも地震と津波の被害がありました。
特に仙台市若林区にあったクレイン仙台海岸公園は津波にのまれ大きな被害を受けました。
おそらく10mを越える津波が馬たちのいる厩舎を襲ったと想定されます。



どうか生き残っていて・・・
クレインの誰もがそう祈っていました。

津波がさった翌日。

クラブから2キロ離れた場所で1頭の馬がみつかりました。
そして地震から2日後クラブ周辺に馬が多数いると情報が入りました。


奇跡でした。

55頭の馬たちのうち37頭が生きていたのです。
P1000777.jpgP1000780.jpg


地震から3カ月。


クレイン仙台泉パークタウンは営業を再開しました。
あのとき、助かった馬たちはクレインの各クラブに場所を移し、今の生活を送っています。仙台泉パークタウンには治療をされ徐々に回復してきている馬たちがいます。


少しずつですが、前に進んでいます。

馬たちの力が、やさしさが、少しでも皆さんのお役に立てればと思い、仙台泉パークタウンではふれあい乗馬をはじめました。
ふれあい乗馬はこちらからどうぞ。


みなさんが馬に逢ってみたいと思われた時に来てください。
いつでも乗馬クラブクレインがお待ちしています。

DSC00312.jpg
ロードグレイシア。今はクレイン茨城にいます。
こてつ.jpg
こてつ。今はバークレイとしてクレイン倉敷にいます。

クレインWEBはこちらからどうぞ。

ブログを読んでいただきありがとうございます。
高橋

馬ってどんな動物?【3】-馬はすごい!-

こんにちは。高橋です。
今回は昨日5/28取材に行ってきた"第32回全日本ヤング総合馬術大会2011"のJRA馬事公苑(東京都世田谷区)での様子を交えながらお送りします。

DSC00339.jpg
馬事公苑は普段は公園のような感じで入ることができます。


総合馬術って何?


そんなみなさんのために簡単にご説明します。

3日間で行われる競技なので"Three Day Event"とも言われます。
同じ選手と馬で3つの種目を競い、3日間の総合成績で順位を決めます。

1日目馬場馬術競技
2日目クロスカントリー競技
3日目障害馬術競技
それぞれ調教審査、耐久審査、余力審査と言われ、2日目のクロスカントリー競技が特に重要な種目になります。

今回はその2日目のクロスカントリーを取材してきました。
クロスカントリーは野外に自然に近い形で設置された固定障害を走り抜けていく競技です。
DSC00328.jpg
田中利幸選手とマーキードプレスコ


"パートナーシップ"と"勇気"


それがこの競技のテーマでもあります。
このクロスカントリー競技は、もちろん人馬の技術や経験も必要になりますが、それ以外に馬との"パートナーシップ"、そして、その上に成り立つ"勇気"が必要になります。


一番最初にお話ししましたが、馬は言葉を話せません。
だから人が馬を思いやることでコミュニケーションを図ろうとしなければ馬とのパートナーシップを築くことはできません。


ほんとうに強いパートナーシップで結ばれた人と馬だけがこの競技に参加できるといえるでしょう。


厩舎にいるときはこんな表情をしている馬でも
DSC00323.jpg
アイシングラーです。目と耳を下の画像と見比べてみてください。

競技に出ると表情が変わります!乗り手の意識と馬の意識が同じ方向を向いてます。
DSC003302.jpg
永松敬一郎選手とアイシングラー。クリックすると少し大きくなります。


みなさん違いがわかりましたか?
ものすごい勢いで通り過ぎていったので画像が少しぼやけています・・・


ここまで来て言いますが、実は私はクロスカントリーを見たのは今回がはじめてです。
目の前を通り過ぎていく選手と馬たちを見ていて、ほんとうにドキドキ!
緊張しました(〃´o`)=3 フゥ(選手でもないのに・・・)

けど何よりも競技では馬のコンディションが重視され、コースの作成であったり、獣医による馬体検査であったり、多くの人が競技を支えていました。
DSC00353.jpg
クロスカントリー走行後に獣医のチェックを受けていました。


そういったみんなの思いの中、競技が開催され、ほんとうに真剣に熱い思いを持った選手と馬たちは感動的で素晴らしかったです。
DSC00365.jpg
根岸 淳選手とミスターダンディー。クリックすると少し大きくなります。

改めて馬のすごさ、馬に乗ることの素晴らしさを感じた1日でした。

総合馬術競技は今後も開催されます。
機会があれば、ぜひ実際に見に行ってください。感動します!(はじめて見た私が言うので間違いありません)

日程は(社)日本馬術連盟 開催予定カレンダーでご覧いただけます。
みなさんも、選手を応援してくださいね!


高橋

馬ってどんな動物?【2】

こんにちは。高橋です。
少しくもり空のクレイン茨城からお届けします。
馬ってどんな動物?2回目です。

DSC00314.jpg

前回もお話しましたが、馬は言葉を話せませんので人が馬の様子を感じ取ることでコミュニケーションを図ります。今回は馬の気持ちを表す目と耳について少しお話します。


馬の目は顔の横についています。
顔の横についているとどう見えるかというと・・・
実は片方の目で160度~170度くらい見ることができます。
とても広い視野を持っているんですね。


よく「馬の後ろから近付いちゃダメ!」と言われますが、それは唯一自分の後ろは見ることができないため、いきなり後ろから近づくと馬を驚かしてしまうことになるからです。


馬が驚くとどうなるかというと・・・
走って逃げるか、驚いた標的を蹴って遠ざけようとします。
みなさん馬に近づくときは後ろから近づかないようにしましょうね。


次に馬の耳についてですが、
馬の耳は人には聞き取れない高音域の音を聞くことができ、遠くの音にも反応します。
そして、耳の動きは馬の気持ちを表します。

何かに注目しているとき、馬は両目と両耳を注目しているほうに向け確認しようとします。
下の画像のような感じです。
DSC00301.jpg
前回も登場したカリーノです。


ちょっと不快な気持ちを持っているときは耳を後ろにふせます。
(おびえる、怒る、痛みを感じる、落ち込む・・・などの感情です)
写真を撮るのが難しいのでイラストになりますが、下のような感じです。
vol01_01.gif

耳を伏せているときにどんな気持ちなのかは、その時の周りの状況も見て判断します。

ただ、基本はボーっとしていることが多い馬。
耳は少し横に開き、目がとろ~んとしていることも。


みなさん。なるほど~と思っていただけましたでしょうか?
今後も少しずつ馬についてご紹介していきますのでお楽しみに!


けど何よりも実際に馬を目の前にしたほうがわかりやすいです。
これを機に乗馬してみようと思った方はぜひお越しください。

乗馬クラブクレインWEBサイトはこちらからどうぞ。

高橋

馬ってどんな動物?

こんにちは。高橋です。
カラッと晴れたクレイン茨城からお届けします。

DSC00300.jpg
花菖蒲が涼しげに咲いています。

さて、みなさんは大きな馬を目の前にしたことがありますか?
なかなかないですよね。
実は知れば知るほど興味深い動物です。


言葉を話せない馬。

けど生きていますから感情はあります。

もちろん馬は人ほど知能はありませんから、人が馬の気持ちや感情を思いやらなければ、なかなか人の言うことも聞いてもらえません。


"おたがいさま"ということです。


人と人だとコミュニケーションが取れる分、自分の思いや周りの環境、立場などでなかなか相手の立場に立つということができないこともあります。

しかし馬はそんなことは気にしません。
人の思いや立場など関係なく、目の前にいる人であり、自分(馬)にとってどんな人なのか。それだけです。そしてたまに気付かせてくれることがあります。


"思いやる"とはどういうことか。


ちょっと新鮮な感覚・・・気持ちになれます。

前置きが長くなりましたが、みなさんが馬の気持ちを知ろうとするとき、どこに注目すればよいか?少しずつご紹介していきます。


次回は基本中の基本、馬の「耳と目」についてです。
お楽しみに!
DSC00302.jpg
厩舎から現れた私を確認しようとするカリーノ ( ゚o゚)ハッ

乗馬クラブクレインの乗馬スクールではただ乗るだけではなく、馬についてもいろいろと知ることができます。

実際に馬を目の前にして見てみたい!

そんな方はお近くのクラブへどうぞ。


みなさまのお越しをお待ちしております。

高橋