【馬のつく地名】

uma-name1.jpg

以前のブログで「馬」のつく苗字をご紹介しましたが、苗字以外にも「馬」のつく地名(町域)が全国にあります。たとえば源平の合戦で活躍した「麿墨(するすみ)」の塚がある「東京都・馬込(まごめ)」という地名は、江戸時代に武蔵の国における馬産地だったことが由来だそうです。今回のテーマは全国各地の「馬」地名!そのなかでも、少し珍しい地名(地域名)を中心にご案内したいと思います。


「美馬牛(びばうし)」北海道
アイヌ語のピパウシ(カラス貝の多くいるところ)に由来しているが、当て字で馬、牛をつけた。


「馬首(うまくび)」新潟県
内浦海岸沿いにあり、出崎が馬の首に似た地形であることに由来しているといわれている。


「宝馬(ほうま)」千葉県
古くから馬産地として栄えた地域。明治時代には下総御料牧場が作られた。


「遊馬(あそま)」埼玉県
狭い湿地の挟間にあったことからついた?もしくは古くから馬を放牧していた地域からなどの説がある。


「小伝馬町、大伝馬町」東京都
江戸時代に伝馬役という、宿場での馬や物資の準備や世話をする人がいたことに由来。

map-202011.jpg
 
「駒場(こまば)」東京都目黒区
駒込、駒沢と同様に武蔵野一帯にある「馬」にちなんだ古い地名の一つで、馬の牧場を意味する。「駒」とは馬、「場」は牧場を指す。ここで産出した良馬は、古代・中世にかけて軍馬として重用されたという。駒場を駒場野と称したこともある。
引用:目黒区HP https://www.city.meguro.tokyo.jp/smph/gyosei/shokai_rekishi/konnamachi/michi/chimei/hokubu/komaba.html


「馬場町」 全国
全国に馬場町はあり、厩や練習用の馬場があった場所に由来することが多い。たとえば「高田馬場」は江戸時代に幕府御用達の馬の飼育場があった。他にも青森から鹿児島まで日本全国に多数あり(こちらは苗字として全国に広がってもいる)

baba202011.jpg


 まだまだ紹介しきれず!他にも美馬市(徳島県)、吉馬(兵庫県)、馬野原(島根県)などなど。多くの地名になるほど、日本には古くから身近に馬がいたことが良くわかりますね。「馬」のつく地名の場所に住むことができたら、馬との縁を感じてしまうかも。実際に、体験乗馬に来て下さったり、乗馬を習い始める方の中には「うま年だから...」「名前に馬が付いていて...」など、なんとなく昔から「馬」が気になっていてというお客様も少なくありません。生活にとても身近な苗字や地名には沢山の「馬」が隠れているので、気にしてみると沢山見つかると思います。すでに「馬」地名に住んでいるよという方は...羨ましい!(笑)めずらしい地名などありましたら、ぜひ教えてください。

IMG_3354.JPG


<馬地名 こぼればなし>
「馬」がつく地名はもちろん海外にも!世界の絶景などでよく紹介されるカナダユーコン準州の「ホワイトホース」の地名の由来は、ユーコン川の波を馬のたてがみにみたてたことから(←なんて素敵な由来!)。オーロラの名所。ちなみにホワイトホースはオーストラリア、アメリカなどにも同地名があります。日本にも白馬(はくば)が長野県や宮崎県にあります。


written by Okanami

全日本総合馬術大会2020・CCI3*-S/CCI2*-S Miki 2020レポート

DSC_6306.jpg

秋が深まる三木ホースランドパークで開催された第50回全日本総合馬術大会2020。
メインになるのは、今年の総合馬術日本一を決める全日本総合馬術選手権競技(CCI3*-S)です。

今回は2日間で総合馬術3種目が行われました。1日目午前に馬場馬術、午後に障害馬術、2日目にクロスカントリーという順番です。
競技の順番が入れ替われば、馬の調整も変わってきます。
皆、最後まで馬の調整に余念なく臨んでいました。

クロスカントリー競技の動画を見ていただくと、馬のいきづかいと選手の気迫も感じられるかと思います。

選手権競技入賞者と各クラス優勝者のコメントをお届けします。

〇全日本総合馬術選手権競技(CCI3*-S)
3位 弓良隆行選手&ポーチャーズホープ(クレイン京都)
千会長から「また頑張ってね。」と声をかけられた弓良選手。
IMGP1999.jpg
-障害はタイムを気にしすぎて、コントロールからはみ出てしまった部分があり、馬は良く飛んでいたんですけど、自身の判断ミスもあり落してしまったかなと思います。
どちらかというと、総合で馬場・クロスカントリー・障害と3日間で障害を迎えた方が落とすことが少ないのですが、ちょっと馬の調整が上手くいきませんでした。
クロスカントリーに関して思い切って楽しく走れました。馬が得意なので、障害もしっかり飛んでくれていて、少し無茶したところもあったけど馬が応えてくれました。


〇 EV90 競技
1位 遠藤 彰選手&クライナーリリー(クレイン大阪)
IMGP1921.jpg
今シーズン、コロナの影響もあって競技に出場するのが初めてだったので、普段よりも少し前入りをして馬の緊張を取るようにしました。運動量を考えて調整したので、初日の馬場も思っていたより馬が落ち着いて演技をしてくれたので、ある程度の点数が取れたと思います。障害とクロスカントリーに関しても、馬が非常に前向きに障害に対してアプローチしてくれていたので、結果につなげることができました。
来季に向けては、クラスを上げるべくEV90での経験を糧に、EV100でも活躍できるよう調整していきます。

〇 EV80 競技
1位 桂田大輝選手&ウーノ・ベルジュ(クレイン東海)
IMGP1796.jpg
今回の競技は反省点も多く私自身は納得の行く内容ではありませんでしたが、1位と言う結果を勝ち取ることができ、大変嬉しく感じています。
日頃の東海のスタッフの協力や応援があり、馬もトラブル無く完走出来たので、今後も技術を磨いてクラブの代表として活躍が出来る様に、あらゆる関係者皆様に感謝の気持ちを持って総合馬術に臨みます!
ありがとうございました。

〇 ジュニア総合馬術 I 競技
1位 尾﨑希歩選手&トリックスター(クレイン京都)
202010241.jpg
トリックスターの馬場は入場する前に馬が少し緊張してしまったけど、ジュニア総合の時よりいい内容で演技できたと思います。障害はクロスカントリー競技よりも前だったので馬が元気だったのでよく飛んでくれて、最後だったので満点で帰ってこれて良かったです。クロスカントリーは心配なのは水だけだったのですが、躊躇せずどの障害も飛んでくれて、タイムが厳しく減点がついたけどちゃんと帰ってこれて良かったです。
フラジョレットの方が馬場が良かったです。障害は絶対満点でと思って臨みました、クロスカントリーは水への飛び降りが苦手だったんだけど、ちゃんと飛び込んでくれて良かったです。

〇 ジュニア総合馬術 III 競技
1位 真川葵衣選手&フォルゴーレ(クレイン三重)
IMGP1992.jpg
馬場でミスがありましたが、障害は減点0で戻ってくることが出来て1日目は良い感じで終われました。
2日目のクロスカントリーは水濠に不安がありましたが、先生が
ずっと水濠の練習をして下さって、競技ではしっかり飛び込んで
くれたので良かったです。
これからもしっかり練習して、良い形で来シーズンを
迎えられるよう頑張ります。

総合馬術2020年シーズンはこれで終わりですが、馬と人そして選手の競技への探求とトレーニングは続いていきます。
また、どこかで選手たちの様子をお届けします。

高橋