東京2020!~馬術競技について~

top.jpg

先日オリンピックのメダルデザインが発表され、オリンピックムードがさらに盛りあがってきましたね!沢山の競技種目があるオリンピックの中で、「馬術」は残念ながら、まだまだマイナー競技ですが、実は初めての人でも楽しめる見どころが沢山の競技です!ぜひオリンピックを機会に「馬」や「馬術」を知る人が増えてくださると嬉しいと思っています。
 
【競技概要】
馬術は、動物を扱う唯一のオリンピック競技で、男女の区別なく同じ条件で実施されることが特徴。人馬ペアで競技を行うため、選手と同様に騎乗馬の資質も問われます。

個々の人馬のパフォーマンスは個人成績としてカウントされ、各国チーム3人馬の成績を合計したものが団体成績となります。 馬術競技はパリ1900大会で初めて実施。
(引用:https://tokyo2020.org/jp/games/sport/olympic/equestrian/ )

【種目】
◆馬と人の美しさを楽しむ!馬場馬術(団体・個人)
20メートル×60メートルの長方形のアリーナ内で行われます。
・馬の演技の正確さや美しさを競う規定演技
・必須の要素で構成し、音楽をつけて行う自由演技の2種類。

s1.jpg  a1.jpg
 
人馬一体の美しさを楽しめます。また、魅せる演技として人も馬もおしゃれをしているので、そちらもぜひ注目して下さい。


◆ダイナミックさなら!障害馬術(団体・個人)
アリーナに設置された様々な形状の障害物を、決められた順番どおりに飛越し、走行します。障害物の落下や、馬が止まったり横に逃げたりするなどのミスなく、規定タイム内にゴールすることが求められます。
迫力満点の障害競技。障害物の大きさは、最大で高さ160センチ、奥行き200センチにもなり、馬の身体能力に驚かされます!
(引用・参考:https://tokyo2020.org/jp/games/sport/olympic/equestrian/ )

t.m2.jpg  t.m.jpg


◆3度楽しむ!総合馬術(団体・個人)
馬場馬術と障害馬術にクロスカントリーを加えた3種目を同じ人馬のコンビで行い、合計減点の少なさを競う複合競技。人馬ともに総合的な能力やテクニックが求められます。3日間かけて行われるため、馬のコンディションを良い状態に保つようケアすることが重要となります。

t.1.jpg  t2.jpg


ひとくちに「馬術」といっても、種目により特徴や見どころも全く違います。気に入った馬をさがしたり、スピードや迫力にハラハラしたり・・・。ぜひ自分のお気に入りの種目を見つけて頂きたいです。


【競技日程】
◆総合馬術・7月31日(金)~8月3日(月)
・7月31日(金)
馬場団体兼個人 1日目 - 1組 8:00 - 11:10
馬場団体兼個人 1日目 - 2組 17:30 - 20:55

・8月1日(土)
馬場団体兼個人 2日目 - 3組 8:00 - 11:10

・8月2日(日)
クロスカントリー団体兼個人 8:30 - 11:55

・8月3日(月)
障害団体決勝及び個人予選・個人決勝 17:00 - 22:15


◆馬場馬術・7月25日(土)~7月29日(水)
・7月25日(土)
団体兼個人グランプリ 1日目 17:00 - 22:00

・7月26日(日)
団体兼個人グランプリ 2日目 17:00 - 22:00

・7月28日(火)
団体グランプリスペシャル 17:30 - 22:40

・7月29日(水)
個人グランプリフリースタイル 17:30 -21:25

◆障害馬術・8月4日(火)~8月8日(土)
・8月4日(火)
個人予選19:00 - 22:45

・8月5日(水)
個人決勝 19:00 - 21:40
 
・8月7日(金)
団体予選19:00 - 22:05

8月8日(土)
団体決勝 19:00 - 21:20

(引用: https://lion-sports.com/bajutu_nittei_kaijo_rule/)

 三種の競技は、それぞれで開催日程が異なります。詳細やスケジュールは公式ページをご覧ください。↓
https://tokyo2020.org/jp/games/schedule/olympic/

TV放映に関しては、すべてが放映されるわけではありませんがインターネット中継などもありますので、ぜひそちらも合せてご覧ください。


written by Okanami