乗馬をするならこだわりたい道具、番外編

こんにちは、高橋です。
今日の競馬、ジャパンカップはジェンティルドンナが勝ちましたね。
オルフェーヴルは2着でした。凱旋門賞でも2着だったので、今日は勝てると良かったのですが・・・勝負の世界は厳しいです。

DSC00830.jpg
毎週木曜と金曜にクレイン茨城に来ているもっくんカフェ。サンドとコーヒーがおいしいです。

さて、今回は乗馬をするならこだわりたい道具、番外編です。

道具という感じではないですが、馬に乗る時に必要なグローブ、そして、ブーツを履いた時にちょうどひざ下をカバーしてくれるロングソックスです。

まずは、グローブから。
乗馬用のグローブは手綱を握るときによく使うところ、親指と人差指の間と薬指と小指の間が、二重で補強されています。
DSC00848.jpgDSC00854.jpg
手綱を握るときは、薬指と小指の間を通して、親指と人差し指で挟みます。
すべらないように持ち手側が革になっていてるもの、もしくはグローブ自体が革製のものが多いです。

グローブを選ぶときは、実際につけてみてにぎり具合を確かめてみてください。
指にあまりがないか、にぎるときにきつかったりしないか、また、グローブの厚みはどうかなど、手にはめてみてフィットするものを選ぶのがいいです。

DSC00847.jpg
これからの時期は、こんな発熱するグローブもいいかもしれないですね。

カラーは黒や茶色が多いですが、最近は赤やピンクなどカラフルなものも出ています。ヘルメットやブーツが黒や茶色が多いので、グローブは鮮やかな色にしてもおしゃれな感じがします。


次は、ソックスです。
乗馬をされている方は、結構ソックスにはこだわりがあるのではないでしょうか。
ソックスを履くときは乗馬ズボン(キュロット)をソックスの中に入れて履くのが一般的です。
DSC00850.jpgDSC00851.jpg
最近はブーツを履いたような絵柄のソックスもあります。

DSC00853.jpgDSC00852.jpg
キラキラした伸縮性のある生地のソックス、キュロットと色を合わせて履くとカッコイイです!

選ぶときは、キュロットの色や柄と合わせて考えるといいです。


今日は、乗馬の道具、番外編としてグローブとソックスをお届けしました。
グローブやソックスなら、乗馬をされている方へのプレゼントとしても最適ですよ。

それでは、今日はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

誰かへのプレゼントを考えるって、少しワクワクして楽しいですね。

高橋