震災を乗り越えて・・新たな道に!

本日2回目の更新です。
そして、2つ目のストーリーは"ロードグレイシア"という馬に関わるお話です。

実は、ロードグレイシアは2011年3月11日震災の時、仙台市若林区の海岸からほど近い乗馬クラブクレイン海岸公園にいました。もちろん、突然のことですから人の避難が最優先され、馬たちは厩舎に残されたままでした。

海岸から1キロも離れていない場所で、おそらく10Mを越える津波にのまれたのではないかと想像します。生存は絶望視されていた中で、55頭のうち36頭の馬が救出され、今は全国の乗馬クラブクレインで活躍しています。その中の1頭がロードグレイシアでした。


先日、クレイン仙台海岸公園を実際に見てきたのですが、施設は今もそのままで、この状況の中でどうやって馬たちは生き残ったのだろう?と思えるほどです。数々ある奇跡の中の一つではないかと思います。
(仙台に行ったお話は先日のブログをご覧ください)


そんな中、2011年3月にロードグレイシアは乗馬クラブクレイン茨城にやってきました。
そして、永松選手と出逢い、新たな人生ならぬ馬生がはじまります。

IMG_1013.jpg
スタートを切った後、いきいきとクロスカントリーのコースに走っていく、永松選手とロードグレイシアです。

永松選手とロードグレイシアが出逢って、1年と少しが過ぎました。
去年、秋の大会に引き続き、今回の大会でもノービス競技で1位と活躍しました!
IMG_1014.jpg

ロードグレイシアと永松選手のパートナーシップの強さを感じます。

震災を乗り越えた馬、ロードグレイシアが新たな場所で活躍していることが、少しでもみなさんの励ましになり、前を向く勇気を持つ、ちょっとしたきっかけになればと思います。

DSC00714.jpg
競技前、厩舎の窓から外を眺めていたロードグレイシア


高橋