2016年2月29日

コース概要

人気 手ぶらで参加、はじめての乗馬体験

手ぶらで参加、はじめての乗馬体験

初めての方でもお気軽にご参加いただける、お試しコースです。
レッスンでお待ちしている馬たちとのふれあいはもちろん、前半は馬に乗るところから後半は少し走るところまでを丁寧にゆっくり指導いたします。
年齢も男女も関係ない、みんなに楽しい乗馬をまずは1回体感して下さい。ご参加をお待ちしております。

コース詳細

資格取得 3日間で乗馬5級ライセンス取得コース

3日間で乗馬5級ライセンス取得コース

3日間で10回の騎乗と馬に関する基礎知識、馬を扱う技術を身につける短期集中コースです。
最終日のテストに合格すると、「公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会」認定の乗馬5級ライセンスが取得出来ます。

コース詳細

先着順招待 50歳からの健康乗馬

50歳からの乗馬ライフ

今やりたいこと、好きなことやってみませんか?
クレインはそんな方を応援して、乗馬スクール1回コースを毎月10名様にプレゼント!皆様のご応募お待ちしています。

コース詳細

人気 小中学生の子供乗馬塾

小中学生の子供乗馬塾

普段、生き物に触れる機会がない。あまり外で運動したがらない。
クレインはそんなお子さんのために、乗馬体験をご用意しました。
お子さんにお勧めの理由
「生き物と触れ合う体験は大切。」
「子供でも大きな馬を動かせる。」
「子供の普段と違った表情が見られる。」

お子さんに合わせてゆっくり進めるレッスンです。
歩くところから少し走る速歩(はやあし)まで体験できます。

コース詳細

会員向け ワンランク上の乗馬体験

ワンランク上の乗馬体験

メンバーレッスンと同じ45分の騎乗に加え、手入れ、馬装などを体験していきます。レッスン後は施設見学や会員システムの説明をおこないます。
お客様に合わせた乗馬プランをご案内させて頂きます。
乗馬が全く初めての方でもスタッフがマンツーマンでレッスンしますのでご安心ください。お子さんに合わせてゆっくり進めるレッスンです。
歩くところから少し走る速歩(はやあし)まで体験できます。

コース詳細

手ぶらで参加、 はじめての乗馬体験

レンタルOK!体験料金に含まれます[ヘルメット・エアバックベスト・ブーツ]あなたも乗馬体験1回コースで乗馬デビューしてみましょう!乗馬って聞くと「難しそう」「高いんじゃないの」なんて思っている方はいませんか?とんでもない!実は乗馬はとっても簡単なスポーツ。運動が苦手な人でも十分楽しめます。
馬を間近で見たことがない、触ったことがないような人でも、気軽に乗馬を楽しんでもらいたい。そんな思いから、乗馬クラブクレインでは国内35ヶ所の乗馬クラブで「乗馬体験スクール」を随時実施しています。
馬に触れることから、実際に騎乗し、ゆっくり歩かせたり、止めてみたりしながら、少し走るところまでを体験できる1日コースです。騎乗時間は約20分~30分ですが、初めての人にとっては、乗馬を十分に体験できる内容になっています。

体験乗馬の流れ

  • Step1準備するものは特にナシ。気軽に参加できます。

    Step1

    まずは騎乗申込書のご記入と料金のお支払いから。
    その後、レンタル装具を合わせます。装具はヘルメット・乗馬ブーツ・エアバックベストの3つです。
    初心者の方には、すべてレンタルでお貸ししています。動きやすい服装で、手袋をご用意してもらえれば、気軽に「乗馬スクール」で馬に乗ることができます。

  • Step2さぁ!馬とご対面

    Step2

    乗馬スクールで乗る馬にご挨拶。乗る馬の名前を呼んであげてみてください。
    この時、インストラクターが馬への接し方や注意することなどを説明してくれます。その後、皆さんが乗る前に、インストラクターが乗馬スクールの流れを説明します。馬の乗り方から、合図の出し方、ほめ方、馬から降りる方法まで一通り教えてくれます。

  • Step3いよいよ乗馬レッスンです。

    Step3

    では、さっそく乗ってみましょう。馬に乗るときは、踏み台を使って乗ります。もちろんインストラクターがサポートいたします。
    馬にまたがったら、いつもと違う視界、馬の乗り心地を感じてみてください。馬は1頭1頭個性があり、その馬によって乗った感じも変わりますよ。
    皆さまのペースに合わせて、インストラクターがレッスンを進めていきます。馬の揺れに慣れてきたら、ぜひ、少し走る速歩(はやあし)までチャレンジしてみてください。

趣味を乗馬に。3日間の乗馬5級ライセンス取得コース

知っていますか?実は乗馬にも乗馬ライセンス制度 があります。

趣味を乗馬に。3日間の乗馬ライセンス取得コースこれは公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会が認定している「乗馬ライセンス」とよばれる資格。技術や鞍数(くらかず)によって1級~5級までの認定証を発行しています。ちなみに、履歴書にも書ける立派な資格です!

乗馬クラブクレインでは、3日で乗馬5級ライセンスが取得できる体験乗馬コースを各クラブで随時、実施しています。

ちなみに乗馬5級ライセンスなら、合格率ほぼ99%。 ほとんどの方が短期間で基礎をマスターしながら、資格を取得しています。

認定されれば、あなたの顔写真のついた乗馬ライセンス認定カードが発行されます。
「自分の技術を証明できるものが欲しい」「少しでも多くの資格を取っておきたい」 という方に乗馬ライセンスはオススメです。

  • コースの詳細

    コースの詳細

    3日間で全10回の騎乗レッスンと、テキストを使った馬学講義や、手入れなども取り入れた短期集中コースです。馬に触れて、乗って、馬についての知識が身につきますので、乗馬や馬のことを充分に満喫できる内容になっています。

  • 料金について

    料金について

    各会場にて異なります。詳しくは各クラブにご確認ください。 定員になり次第締め切ります。定員数は会場によって異なります。お早めにご予約ください。

  • 乗馬ライセンス日程

    1ヵ月以内のお好きな3日間を選べます。平日でも土日でもOKです。
    連続でなくても大丈夫!詳しくは、最寄りの会場にお問い合わせください。

    乗馬ライセンス日程

  • プランご提案例

    予約状況からあなたに合わせたプランをご提案します。

    【ケース1】シフト勤務で忙しい看護師さん まずは、初回日のみご決定ください。
    2日目以降は、次回の勤務表が出てからご連絡いただければOK!

    【ケース2】土日は確実にお休みの学校の先生 「毎週土曜日は乗馬の日」と決めて、お越しいただくことも可能です。

    【ケース3】平日に時間のゆとりがある主婦の方 午前から夕方前までですので、スケジュールの組み立てがし易いと思います。
    乗馬ライセンスご受講後、お買いものをして夕飯の支度をされる方も多いです。

もっと広がる乗馬の楽しみ方

もっと広がる乗馬の楽しみ方最近、海辺や山で乗馬を楽しめる野外騎乗(外乗:がいじょう) ができる施設が増えています。旅先でちょっと馬に乗ってみたいと思ったとき、乗馬ライセンスがあればとっても便利です。

日本国内の乗馬クラブではこの乗馬ライセンスがその人の騎乗技術の共通の目安になっているので、旅先や牧場などさまざまな所で乗馬を楽しみたい方は、ぜひとも取得されることをオススメします。

また、どんどん級を重ねていけば、エンデュランス(*)など、さまざまな乗馬競技 への参加資格も得ることができます。
級が上がれば上がるほど、乗馬の楽しみ方はもっと広がります! 乗馬競技のひとつ。馬と騎手が一組みとなり、コースを走り所要時間を競う。いわば馬のマラソン

乗馬5級ライセンス取得コースの流れ

乗馬5級ライセンス取得コースは、3日間で受講するコースなので、土日祝日のコースは受講者が集中します。そのため、人数が多い場合は班分けし、班ごとに騎乗レッスンと各種講習を交互に受けます。

  1. 騎乗レッスン 1日目騎乗レッスン 初日は馬に触れるところから軽速歩(けいはやあし)までを3回に分けて練習します。
    乗馬5級ライセンスの合格基準は、「軽速歩が取れること」「方向転換ができること」ですので、3日間で10回の騎乗をすることで軽速歩をマスターします。

  2. 手入れ講習 1日目手入れ講習 ブラッシングや蹄の裏掘りなどの馬の手入れの仕方を練習します。
    スタッフがまずはお手本を見せますので、怖がらずにチャレンジしてみましょう。

  3. 馬装講習 1日目馬装講習 馬に鞍や頭絡(手綱やハミ)をつける練習をします。

  4. テキスト講習 2日目テキスト講習 2日目にテキストを使って、筆記試験の出題ヶ所の講義を受けます。次の日が筆記試験なので、皆さん一生懸命ですが詳しい講義をしますので絶対合格間違いなしです。

  5. 筆記試験 最終日筆記試験 最終日の騎乗の合間に筆記試験をします。前日に講義を受けている範囲内から出題されます。実技試験に比べれば楽勝です。

  6. 実技試験 最終日実技試験 最終レッスン内で実技試験をします。指導員の号令に従って、発進・停止・方向転換など馬を自分の思い通り動かせるかを審査します。

クラブによってコース設定や料金、実施日程が違いますので、受講を希望する人は、まずは最寄りのクラブのページをご覧になってください。

各乗馬ライセンスの審査内容

  • 乗馬5級ライセンス

    馬の動きに慣れる

    • 乗馬、下馬ができる
    • 手綱の持ち方及び索馬ができる
    • 馬上で体操できる

    etc......

  • 乗馬4級ライセンス

    馬を自分で動かす

    • 方向転回・回転、図形運動がスムーズにできる
    • 停止-常歩-速歩-常歩-停止が大体スムーズにできる
    • 駈歩の発進、維持ができる

    etc......

  • 乗馬3級ライセンス

    • 5級、4級の運動を含め各個にて駈歩の発進、維持、歩度の伸縮が概ねできる
    • 巻き乗り、半巻きができる
    • 地上横木の通過ができる

    etc......

  • エンデュランス3

    20kmトレイルライド(屋外騎乗)完走できる。

  • 障害3級ライセンス

    障害数6~8個程度で、コンビネーション障害は含まなくてもよい。
    高さ90㎝程度の障害を2個以上設置してあるコースを完走出来る。

  • 馬場2級ライセンス

    日本馬術連盟第2課目2004にて審査

  • 障害2級ライセンス

    障害数8~10個程度で、ダブル障害を含み高さ110cm程度の障害を1個以上設置してあるコースを完走できる

  • エンデュランス2ライセンス

    40kmエンデュランス(馬と騎手が一組みとなり、コースを走り所要時間を競う。いわば馬のマラソン)を完走できる

  • 馬場1級ライセンス

    日本馬術連盟第3課目2004にて審査

  • 障害1級ライセンス

    障害数8~10個程度で、ダブル障害を含み高さ110cm程度の物を全障害数の70%以上設置してあるコースを完走できる。

  • エンデュランス1

    国内外のエンデュランス競技において80km以上のコースを2回完走できる。

5級ライセンス受講費用

5級ライセンス受講費用の内訳をご紹介いたします。スクール料金は、クラブにより異なりますので、各クラブページにてご確認下さい。

ライセンスの受講には、スクール料金以外に「ライセンス申請料」「装具レンタル料」「保険料」「テキスト料」が別途必要となります。各クラブページでは、その総額費用を記載しております。

スクール料金

各クラブにてご確認下さい

ライセンス申請料

11,000(税込)

装具レンタル料

4,950円(税込)

保険料

600

テキスト料

660(税込)

装具レンタル料、保険料は3日分の合計費用となります。(1日分の各費用は装具レンタル料1,650円(税込)、保険料200円(非課税)

50歳からの健康乗馬 毎月10名様を先着順でご招待!

50歳以上の方限定で、毎月、各会場先着順で10名様を「50歳からの乗馬ライフ」にご招待いたします。

50歳からの乗馬ライフ 最近、50代・60代で乗馬を始めるかたが増えています。
はじめられた方の声を聞いてみると・・・
「乗馬は生きている馬が相手、そこがおもしろい。」
「意外と運動になる。健康維持にはいいです。」
「やっぱり、走る爽快感はたまらない。」
というようなコメントが。

今だからやりたいこと、「新たな趣味探し」をされてみてはいかがでしょうか。

乗馬クラブクレインでは、そのきっかけとして「50歳からの乗馬ライフ」を実施いたします。
これからの時間、少しだけ、馬とともに過ごす心豊かになれる時間を送ってみませんか?

50歳からの乗馬ライフ応募する

50歳からの健康促進として、乗馬がお勧めの理由

密かにみんな気にしてる!?消費カロリーデータ:乗馬430kcal 「ただ、馬に跨っているだけで何故、健康に良いのか?」
そう思われる方も多いと思います。

しかし、ゆっくり歩く乗馬もウオーキングと同等の有酸素運動になるのです。
ご存じのように、有酸素運動は体脂肪を燃やし、体重を減らすのにも役立ちます。

実は、乗馬はジョギングやテニスより一定時間あたりの消費カロリーが高いというデータが出ています。

50歳からの健康促進として、乗馬がお勧めの理由

主なレッスン内容

  • 動かしてみる(発進の練習) 動かしてみる
    (発進の練習)
    馬に乗って、手綱の持ち方・鐙のはき方・騎乗姿勢ができたら、さっそく馬を動かしてみましょう。 馬のお腹に足で合図を送ると、馬が歩きはじめます。

  • 止めてみる(停止の練習) 止めてみる
    (停止の練習)
    馬の歩く速度や揺れに慣れたら、止める練習をします。馬を止めるには、少しだけ肩を引き、バランスを後にかけ、手綱を手前に引きます。

  • スピードを上げたり、下げたり スピードを上げたり、
    下げたり
    馬の揺れに慣れて緊張がほぐれてきたら、今度は、馬の歩くスピードを早くしたり遅くしたりする練習をします。この練習で乗っている人の合図が馬にちゃんと伝わっているかを確認します。

  • 慣れてきたら少し走らせる 慣れてきたら少し走らせる 馬への合図が確認でき、常歩(なみあし)に慣れてきたら、少しスピードアップして速歩(はやあし)を体験してみましょう。常歩に比べて、少し揺れが大きくなりますが、最初にインストラクターがバランスの取り方を教えてくれますよ。

騎乗後のアンケート レッスンの後は装具レンタルを返却し、着替えなどをした後に「騎乗後のアンケート」にご協力ください。また、乗馬スクールを参加され、もっと本格的に習ってみたい方には、乗馬クラブクレインの会員システムをご案内させていただくこともできます。お気軽にご質問ください。

体験者さんの声/終わってみてからの感想は?

渡部恵理さん渡部恵理さん(25)運動神経なんて関係ナシ。十分乗馬を楽しめましたね。5.0一番かわいかったのは、馬の耳。喜ぶと耳がピンと前に向くんです。なんだか馬の気持ちが分かったようで、本当に愛くるしい!また、馬の目を近くで見るとガラスみたいにキレイで、なんだか癒されてしまいました。
普段は運動なんかひとつもしてない私ですが、運動神経なんて関係ナシ。十分乗馬を楽しめましたね。

馬がはぐくむ、豊かなこころ

レッスンや世話を通じた動物とふれあい。

馬がはぐくむ、豊かなこころそして世代の違う大人とのふれあい。ふたつのコミュニケーションを通じて、学習塾では学ぶことができない「創造性」や「社会性」を身につけることもできるのです。

たとえば、会員さんのお母さんから「動物とふれあうことで、笑顔が増えた」「引きこもりがちだったうちの子が、積極的になった」といった声も。

乗馬は情操教育といった役割も担っているのです。

また馬に乗ることだけでなく、一所懸命に彼らの世話をしてあげることは「相手の身になって考えること」や「我慢すること」「相手に感謝する」ことを身をもって体験できます。

ほかにも、自分とは違う大人の人たちと一緒にレッスンを受けることは、他人とのふれあいという面も持っています。子供が元気よく挨拶をするようになったというのは、よく聞く話です。

馬がはぐくむ、豊かなこころ馬がはぐくむ、豊かなこころ馬がはぐくむ、豊かなこころ

馬の世話を通じて、動物と触れ合う楽しさ、生き物の尊さを学びます。お子さんが一生懸命馬の世話をしているの見るたび、成長を感じ取ることができます。

体験者さんの声

スイミングもピアノも続かなかったうちの子。だけど、乗馬はずっと通い続けている

お母さん「やっぱり動物と触れ合うのは楽しいみたい。乗馬をしにいく、ではなく、馬に会いに行く感覚で、乗馬を続けていますね。また、乗馬に通わせてあげる代わりに、『いい子でいること』を約束。すると、お手伝いをがんばるようになりました」――小学3年生の娘さんを持つお母さん

他の習い事のストレス発散にもなっている。塾の勉強にも集中して取り組んでいる

お父さん「子供も学校や習い事で日々ストレスを感じているようです。乗馬はそのストレスを発散してくれる習い事。意外なことに、乗馬のおかげで他の習い事にも集中できるようになったようです。成績が伸び悩んでいる時期だったので、本当に助かりましたね」 ――小学5年生の息子さんを持つお父さん

孫と一緒に乗馬クラブに通っています。共通の話題ができ、以前にも増して仲良くなれました

お孫さんと通う会員さん「"あの馬がかわいい""図形運動ができるようになった!"など、いつも孫と馬の話題で盛り上がっています。どちらが先に上達できるか競争ですね(笑)」 ――お孫さんと通う会員さん

乗馬を趣味にしたい方向け乗馬スクール

乗馬を趣味にしたい方向け乗馬スクール「毎日の健康に」、「生涯の趣味として」など、乗馬のご継続に興味のある方はお気軽にご参加ください。

メンバーレッスンと同じ45分の騎乗に加え、手入れ、馬装などを体験していきます。レッスン後は施設見学や会員システムの説明をおこないます。
お客様に合わせた乗馬プランをご案内させて頂きます。
乗馬が全く初めての方でもスタッフがマンツーマンでレッスンしますのでご安心ください。

ワンランク上の乗馬体験WEBから申込む

全国35ヶ所で乗馬体験実施中!

乗馬体験のお申し込みはクラブごとに随時お受けしております。まずはクラブをお選びいただき、ご希望のコースをご予約ください。