Voice1.飯田 順一郎 (インストラクター養成コース 金沢分校 卒業)

Voice1.飯田 順一郎 (インストラクター養成コース 金沢分校 卒業)

乗馬学校に入学するまで 講習の様子馬の世界にもともと興味がありました。大学生の時、北海道の牧場でアルバイトも経験しました。そして、大学4年生の時、一年間、ヴィテン乗馬クラブ・クレイン金沢で会員として馬にのっていました。大学卒業後は大学院で生物学の勉強をするつもりでしたが、同じ学ぶなら実践の場で経験を積みたいという思いから、乗馬学校のインストラクター養成コースに入学しました。

乗馬学校に入学して 馬とのふれあい乗馬学校では、今までとは違って一歩踏み込んで仕事として社会人として、乗馬のことを学べたことは本当によかったです。技術の習得と馬学などの知識の習得。乗馬を仕事にするということは、馬に乗ることだけではありません。インストラクターはサービス業でもありますので、接客業なども勉強する必要があります。実際、入学するまで、乗馬クラブで馬に乗っていたので、ある程度、馬のことについて知っていたのですが、乗馬クラブのスタッフの方と身近に接することで、その大変さがより一層実感できました。でも、大好きな馬の世界だったので、苦労したというよりも、充実したとても楽しい一年でした。

クレインに入社して レッスンの様子クレインに入社して全国にあるクレインの各乗馬クラブのどこかに配属されますが、大学生の時、会員であったクレイン金沢の所長が一緒に仕事をしたいと言ってくださり、まずは、そこで勤務できたことが、ものすごく嬉しかったです。  乗馬クラブは生き物を扱うということで、時間がイレギュラーになることもあり、慣れるまでは、体力的にたいへんだというところもありました。でも、そんな大変さも、実際、馬に乗ることはもちろんですが、いつでも、身近に馬を感じ、馬と接することができることで、次第に好きな仕事をしているという充実感に変わっていきます。そこがこの仕事の最大の魅力でもあります。 今はクレイン本社の経理部に所属しています。私は経理の経験がありませんでした。最初はわからなく、できないことも多く戸惑いました。でも、これも馬に乗ることと同じで、できないことが少しずつできるようになると、だんだん面白くなってきます。まだまだ、日々勉強です。

将来の夢 騎乗今後、競技会に出場する予定です。私が調教させていただいた馬で、今から期待に胸が膨らんでいます。これからも、どんどん馬に乗っていきたいです。 それから、経理の仕事も、早く一人前になれるように頑張っていきます。そして、経理の仕事を極めたいと思います。クレインの乗馬学校に入学するということは、馬への漠然とした知識がしっかりした形になるということです。乗馬に関することが、将来を見据えてしっかり学べます。本当に貴重な経験を得ることができました。

先輩からのメッセージ

全国33ヶ所でクレイン乗馬学校 生徒募集中!

資料請求