2015年5月27日~28日

5月27日(水)  
アヴァンティ

【910鞍】
午前、80cm級。
【911鞍】
午前、80cm級。
【912鞍】
正午前120cm。運動終了後、頭絡を脱し寝張りを着け替えてる折に何か驚いて馬が頭を振り上げた。左手で寝張りを持っていた私は左腕(肩?)を脱臼。暫く安静にしていたがかなり痛むので13時半ごろスタッフに車で送ってもらい桃山台のきど整形外科へ。痛む私の左腕を両手で掴んでゴリゴリ。これで整復?できたらしい。従来、私は独りで腕を回してコクンと嵌めていたのだがそれも今回の状況になった要因の一つとか。本当か?ともかく痛みはなくなった。次は10日位してからとのこと。治療に2~3週間かかるとのはなしだが、それは長過ぎる。脱着式のギプスと三角巾姿で帰宅。

アストーレ

【438鞍】
垂直80cm、オクサー60cm連続飛越。


5月28日(木)  
アヴァンティ
アストーレ

午前厩舎。今日からの「アストーレ」「アヴァンティ」2頭の運動につき、スタッフに依頼。調教補佐のお二人にも。

2015年5月23日~25日

5月23日(土)  
アヴァンティ

【905鞍】
午前、飛越120cm。いくぶん警戒はする?
【906鞍】
午後、下の馬場。馴致。軽運動。

アストーレ

【433鞍】
午前、塩ビシート馴致。ほとんど気にする様子なし。
【434鞍】
午後、高さ50cm、70cmの2種。連続飛越。


5月24日(日)  
アヴァンティ

【907鞍】
中間距離10.8m。コンビ初めて試みる。飛越は例によって確実だが不慣れの感あるのは仕方のないところか。

アストーレ

【435鞍】
午前、軽運動。散水作業にぶつかって。
【436鞍】
午後、垂直80cm、オクサー60cm。他馬も数頭運動中。そのせいかどうか、やや興奮。飛越は確実。


5月25日(月)  
アヴァンティ

【908鞍】
午前、軽運動(散水作業の影響)
【909鞍】
午後、100cm以下。沈静飛越。

アストーレ

【437鞍】
垂直80cm、オクサー70cm。反復飛越。当分この練習。

2015年5月19日~21日

5月19日(火)  
アヴァンティ

【899鞍】
午前中、上の馬場。110cm級まで。通常通り作業。
【900鞍】
午後、「服部フェスティバル」実施中の馬場にて、配置してあった障害コース。程度は低いのでまず速歩で一周。しばらく時間を置いて次回は駈歩で全コース飛越。

アストーレ

【430鞍】
高さ50cm、70cmの横木。その下に足踏み台、プラスティックブロックなどを並べる。物を見ることはなかった。落ち着いて連続飛越。


5月20日(水)  
アヴァンティ

【901鞍】
午前、120cm級。従来と変わらぬ調子で飛越。
【902鞍】
午後、下の馬場。馴致、軽運動。

アストーレ

【431鞍】
高さ50cm、70cmの連続飛越。左駈歩はまだ右に比べ変わりなしとまでは言えないが連続飛越には支障なし。地上に敷いたブルーシート(両端には横木を巻きつける)の通過はまったく平気。この点「サラ」である「アヴァンティ」とはかなり違う。


5月21日(木)  
アヴァンティ

【903鞍】
シートマット横木。暫く飛ばせていないので用心して取り組んだが恐れる様はなし。高さ100cm級まで。警戒はする。

アストーレ

【432鞍】
昨日に続き地上に敷いたブルーシートに馴致。いくぶん軽快はするがものを見ることはほとんどなしと言ってよい状況。br /> 【433鞍】
高さ50cm、70cm連続飛越。左駈歩での飛越になれさせるべく努める。飛越態勢次第に整ってきた。

2015年5月16日~18日

5月16日(土)  
アヴァンティ

【895鞍】
110cm。

アストーレ

【425鞍】
午前、50cm以下。連続飛越。左駈歩主眼。
【426鞍】
午後、同上。飛越態勢。割りあい整ってきた。


5月17日(日)  
アヴァンティ

【896鞍】
久しぶり?に1完歩のダブル飛越。100cmまで。
【897鞍】
下の馬場馴致。軽い駈歩運動まで。

アストーレ

【427鞍】
高さ50cm、70cmを各1個を作り連続飛越。興奮することなく反復。左駈歩はまだ不得手。


5月18日(月)  
アヴァンティ

【898鞍】
80cm以下。沈静飛越。

アストーレ

【428鞍】
午前、態勢の改善。駈歩助走完歩の調節。左駈歩を重荷。
【429鞍】
午後、高さ50cm以下。連続飛越。

2015年5月13日~15日

5月13日(水)  
アヴァンティ

【891鞍】
飛越80cm。軽く。

アストーレ

【420鞍】
午前、態勢の改善。完歩の調節。
【421鞍】
午後、70cm以下。連続飛越。


5月14日(木)  
アヴァンティ

【892鞍】
午前、90cm以下。沈静飛越。
【893鞍】
午後、下の馬場。場所に慣らせつつ駈歩運動まで。今日は立つ、はねる、走り回るは一度も無し。次第に落ち着いてきたのも事実か。

アストーレ

【422鞍】
午前、70cm以下。連続飛越。左駈歩の飛越は右駈歩に比べると不得手ではあるが何とか続け得る状態にはなってる。当分、我慢して反復実施の他無し。これは同時に騎手にとっては楽しみでもある。


5月15日(金)  
アヴァンティ

【894鞍】
80cm以下、沈静飛越。

アストーレ

【423鞍】
午前、低障害連続飛越。左駈歩を主眼に。
【424鞍】
午後、作業内容は上記に同じ。根気よく反復。

2015年5月9日~11日

5月9日(土)  
アヴァンティ

【887鞍】
午前、駈歩発進。やや軽くなった。ここ数日来の状況に鑑み一部装具変更。効ありと思う。当分これを試みる。

アストーレ

【415鞍】
午前、態勢の確立、完歩の調整。左駈歩に比べると左駈歩はなお不得手。ともかく慣らすべく反復実施。
【416鞍】
午後、作業内容は午前と同じ。ひたぶるに繰り返す。


5月10日(日)  
アヴァンティ

【888鞍】
飛越110cm。素直に飛ぶ。
【889鞍】
上記に気を良くして午後軽く。

アストーレ

【417鞍】
態勢の確立。低障害飛越。


5月11日(月)  
アヴァンティ

【890鞍】
100cm以下。軽く飛越。

アストーレ

【418鞍】
午前、態勢の改善。完歩の調整。割りあい可。
【419鞍】
午後、連続飛越。70cm。横木+足台など馴致。

2015年5月5日~8日

5月5日(火)  
アヴァンティ

【884鞍】
昨日考えたとおり、今日は敢えて駈歩は求めず速歩の低障害飛越までとする。しばらく様子を見る心算。

アストーレ

【410鞍】
低障害駈歩飛越反復。特に左駈歩中の飛越。いくぶんかは上達しつつあるか。


5月6日(水)  
アヴァンティ

【885鞍】
軽運動を主として。そのせいか否か、案外簡単に駈歩発進も可能。しかしまだ油断は禁物。

アストーレ

【411鞍】
【412鞍】
低障害飛越。飛越態勢、助走における完歩の調整、割りあい上達しつつはあるもまだ十分とは言えず特に左駈歩飛越において。また各種形状の障害にも慣らせる。それが馬の注意力、警戒心を高める効あるも確か。


5月8日(金)  
アヴァンティ

【886鞍】
昨日と同様、軽運動。扶助には従順。しかしこれで可なのか否か少々疑問も残る。

アストーレ

【413鞍】
【414鞍】
低障害連続飛越。態勢の正良。駈歩飛越における完歩の調整に留意。次第に進歩は認められるがまだ、安心して任せ得る状況には至らず。

2015年5月2日~4日

5月2日(土)  
アヴァンティ

【880鞍】
午前、駈歩発進。やや軽くなった。
【881鞍】
午後、80cm旧。沈静飛越。

アストーレ

【406鞍】
態勢、割りあい可。左駈歩飛越も。


5月3日(日)  
アヴァンティ

【882鞍】
午前、軽運動。駈歩の発進、維持、割りあい軽快に。

アストーレ

【407鞍】
飛越態勢、完歩の調整、かなり良くなってきた。しかしまだ左駈歩で助走は飛越後、右駈歩に転換すること多し。左駈歩の維持を強制する必要はないが、両手前を自由に均等に使用しうる状況にまで慣熟させることは必要。


5月3日(月)  
アヴァンティ

【883鞍】
駈歩発進、例によって重い。むしろ運動量を軽減して様子を見るか。

アストーレ

【408鞍】
駈歩による低障害飛越。特に左駈歩中の飛越。さらに慣熟すること。
【409鞍】
午後、上記を反復す。