2014年9月27日~29日

9月鞍数 49鞍 累計鞍数54,840鞍
9月27日(土)  
アヴァンティ

【621鞍】
シートマット馴致飛越。事前に片方から一度だけ見せる。あと一息のところまで来ていると言えるか?

アストーレ

【118鞍】
ウォーキングマシーン。左後またもや落鉄。こんなにたびたびの落鉄は困った話。なんとか確実な対策はできないものか。


9月28日(日)  
アヴァンティ

【622鞍】
シートマット馴致。昨日とやや同じく事前に片方から一度だけ見せる。過失なく飛越。ところがその後の2回目に拒止。これは意外。従来ほとんどなかったこと。しかしまだ馴致不十分の状態にあるということは事実。とにもかくにも馴致に努めること。それ以外に方法はない。

アストーレ

【119鞍】
ウォーキングマシーン。昨日の落鉄は修復済み。それはありがたいが対策は別途考え要。2、3対策案は無いではないが。


9月29日(月)  
アヴァンティ

【623鞍】
シートマット馴致。この数日の経験により今日は一応両方から見せて後飛越。相変わらず警戒心一杯の飛越ぶりだが過失は全くなし。この段階までは来てるということ。しかしまだ充分でないというのが共に現実。毎度のことながらまだまだ努力、辛抱ということか。。

アストーレ

【120鞍】
ウォーキングマシーン。馬房内にいる間、後肢にブーツ。壁を蹴って左後肢落鉄を避けるべく。他にもう一策。しばらくは何とか保ってくれるのでは。

2014年9月24日~26日

9月24日(水)  
アヴァンティ

【617鞍】
上の馬場。シート横木。事前に片方から1回だけ見せる。警戒しつつも飛越。ところがシートを全開にしたところ、右へ寄りつつ拒止。いつも思うことだがまだこれがあるか。少しずつ進歩はしてるとは見えるのだが。

アストーレ

【115鞍】
ウォーキングマシーン、時間に余裕があるのでやや長く。


9月25日(木)  
アヴァンティ

【618鞍】
昨日に続きシート横木。事前に片方から1回見せる。過失なし。シートを全開にして向ける。これまた過失なし。昨日よりは進歩したということ。ただし障害の右側に置いた袖の形状、その影響もあったと考えるべきか。何時ものことながら、油断は禁物。

アストーレ

【116鞍】
ウォーキングマシーン。早く騎乗したいと思いは相変わらずだがこれといって決して焦らぬ様。


9月26日(金)  
アヴァンティ

【619鞍】
午前、上の馬場。駈歩を主に軽運動。
【619鞍】
午後、下の馬場。飛越。垂直オクサー共に110cmまで。

アストーレ

【119鞍】
ウォーキングマシーン。

2014年9月20日~23日

9月20日(土)  
アヴァンティ

【614鞍】
上の馬場。ハードシート横木。もうそろそろ良いのではないかと思い、事前に見せることなく飛越に移ったところ、最初に一回、シートを半折から全開にして向けてから2回。計3回急激に左によりつつ止まってしまった。この数日の状況から見てこれはちょっと意外。しかし馬の側からすればそれなりの理由があったものと言わざるを得ないわけか。その後は恐れず飛越。今日の結果は残念ではあるがいまさら落胆するほどのことではなし。また、幾分逆戻りをしてやり直すこと。それにしても油断だったと言うよりほかない所。

アストーレ

【112鞍】
ウォーキングマシーン。右後肢の緩鉄、早速釘絞め補習してもらってる。有り難いこと。やれやれの思い。


9月21日(日)  
アヴァンティ

【615鞍】
上の馬場。昨日のシート横木飛越の失敗を鑑み最低限の条件として一方からのみ一度見せて飛越。それでも一度、右へ避けるように拒止。しかし2回目には飛越し、その後は嫌わず。昨日の失敗の印象が残っていたのだろうか?まだ当分は用心のこと。

アストーレ

【113鞍】
昨日修復してもらった右後肢鉄は全く問題なしの状態なのだが、今度は左後肢。よほど板壁を蹴りでもしたのか、外側の釘は3本とも落ち、内側の2本のみでねじまがった状況でぶら下がってる。ともかくも鉄は脱す。現在、両前肢には鉄の上からブーツをはかせて常歩運動をしているわけだから場合によってはそれを後肢に転用するか?


9月23日(火)  
アヴァンティ

【616鞍】
上の馬場。シート横木馴致飛越。まずシートを半折にしてその上に横木。片方から一回だけ見せて飛越。用心はしたが無事飛越。数回飛ばせた後シート間隔を全開にして向ける。今度はわざと事前に見せることは全くせず。かなり用したと見え右側へ急激によりはしたが何とか飛越。しかしもし右側の袖の代わりに横木をかけていなかったら果たして飛び得たか?ともあれその後は過失なく飛越。以上の状況からみると使途に対する恐怖はまだ完全に払しょくされていないもののあと一息というところまでは来たわけか。さらに努力、辛抱を。

アストーレ

【114鞍】
昨日落鉄の左後肢修復済み。有り難い。とはいっても今日も運動はウォーキングマシーンのみ。

2014年9月13日~15日

9月13日(土)  
アヴァンティ

【608鞍】
下の馬場。空き時間を利用してシートマット、馴致飛越。この馬場におけるこの種類の飛越は従来扶助が多かったが、今日は回数を重ねて慣れたせいもあるのだろうか飛越前に十分見せたせいもあろうが好調に飛越。今後も違った場所、環境で繰り返し馴致のこと。

アストーレ

【106鞍】
ウォーキングマシーン。


9月14日(日)  
アヴァンティ

【609鞍】
上の馬場。最近、備品のシートマットは概ね慣れたかと思われるので久しぶりにソフトシートに馴致。おくゆきはば60~70cmにして地上に敷き上に60~70cmの横木。念のため事前に見せる。鼻端で触れるようにしてみているところへ軽く砂をすくってパラパラまくと、驚いて横っ跳びに逃げる。たぶんそうするだろうと予期していたので慌てることはなし。数回試してせいぜい慣れさせる。その後飛越。全く過失なし。形状を自由に変えられるこのシートの馴致はまたしばらく続けることにするか。

アストーレ

【107鞍】
ウォーキングマシーン。相変わらず。もうしばらくの辛抱。


9月15日(月)  
アヴァンティ

【610鞍】
馴致を主に。地上横木支柱ブロックなどの組み合わせ。

アストーレ

【108鞍】
ウォーキングマシーン。

2014年9月10日~12日

9月10日(水)  
アヴァンティ

【605鞍】
下の馬場。シートマット他馴致飛越。先週うまくいったのに慢心したわけでもあるまいが、地上にシートを置き、低い横木をかけた障害で右へ避けるように止まったこと3回。これは大失敗。同時に貴重な戒め。さらに注意を怠らぬこと。やり直して何とか常態に戻る。対策考えること。

アストーレ

【103鞍】
ウォーキングマシーン、今日は時間に余裕があったのでやや長く45分位。


9月11日(木)  
アヴァンティ

【606鞍】
上の馬場。馴致飛越。昨日の失敗を取り戻すべく上の馬場でシート、馴致飛越。慣れた場所のせいか、一向に平気。つまり直接対象、シート障害のみならず、周囲の環境、それと対象障害の組み合わせにも注意せよということか。一つ進歩ではある。

アストーレ

【104鞍】
相変わらずウォーキングマシーン。


9月12日(金)  
アヴァンティ

【607鞍】
上の馬場。横木が約20本ぐらいまとめておいてあった(全幅約3m)ので幅障害に見立て馴致飛越。サイズからいえば当然でもあろうが、易々として飛越。終了後、踏切地点を調べてみると、手前側の横木の端すれすれ(1~2cm)の所で踏み切っている。よくもこれほどの判断が、またそれに対応する動作が出来るものだ。馬の方から言わせればそれぐらいはできて当然と言うかもしれないが、人間の感覚からすれば驚くべきと言わざるをえぬところ。このような動物と毎日何気なく付き合っているのだという現実、心に深く刻んでおかねば、と思わされること、切。

アストーレ

【105鞍】
ウォーキングマシーン。少し時間に余裕があったので、やや長めに45分間。

2014年9月17日~19日

9月17日(水)  
アヴァンティ

【611鞍】
下の馬場。他馬約10頭、運動してる中に混じって。この方が怖がらなくなった。シート横木に馴致。事前に見せはしたが全く嫌わず。先週のことを思いあわせれば進歩ありといえる。

アストーレ

【109鞍】
ウォーキングマシーン、時間に余裕があったのでやや長く。


9月18日(木)  
アヴァンティ

【612鞍】
上の馬場。ビニールシート馴致。必要はないかと思ったが事前に見せる。おくゆき70cm~100cm。共に嫌わず平気でもう一段広げようかと思ったがそれは控える。

アストーレ

【110鞍】
相変わらずウォーキングマシーン。


9月18日(金)  
アヴァンティ

【613鞍】
上の馬場。馴致。

アストーレ

【111鞍】
ウォーキングマシーン。右後肢鉄、緩鉄。まださしてひどくはないが要注意。次回、装蹄師来厩日は30日とか。それまで何とか無事維持できればよいが。

2014年9月6日~8日

9月6日(土)  
アヴァンティ

【602鞍】
シート横木馴致飛越。シート形状は一昨日と同じ三種に変えて。特に事前に見せることなしに向けたが全く過失なし。さらに他の物件、状況にも慣れさせること。まだ疑問もある状態だったのでまずやれやれ。

アストーレ

【100鞍】
相変わらずウォーキングマシーンの運動のみ。蹄が充分伸びるまではしばらく辛抱すること。その後の付き合いは数年になるはずだから。今は1~2ヶ月待つのは考えてみれば短いもの。


9月7日(日)  
アヴァンティ

【603鞍】
時間の関係もあり、馴致を主に。馬場内に置いてある横木支柱、他を組み合わせて配置し、常歩通過を反復。以前に較べればかなりの進歩とみてよいか。

アストーレ

【101鞍】
ウォーキングマシーン。


9月8日(月)  
アヴァンティ

【604鞍】
ウォーキングマシーン。

アストーレ

【102鞍】
ウォーキングマシーン。

2014年9月3日~5日

9月3日(水)  
アヴァンティ

【599鞍】
下の馬場。シート横木馴致飛越。先週(8/27)の失敗を鑑み注意を払ったせいでもあろうが、全く過失なし。事前に十分に見せたのも一因かと思えば、まだまだ油断は禁物。今後、毎週水曜日には下の馬場での馴致飛越を心がけること。今日は他馬10頭以上が馬場内で運動していたがこの方には全く恐れる気配は見せず。

アストーレ

【99鞍】
ウォーキングマシーン、約30分。他馬1頭がすでに中で運動中だったが動ずることなし。


9月4日(木)  
アヴァンティ

【600鞍】
シート横木馴致飛越。事前に十分見せる。過失なし。地面に半折、全開、横木にかけの山形の3種類。事前に見せずに向ければはたしてどうだったか。まだ疑問は残る。

アストーレ

【98鞍】
ウォーキングマシーン。


9月5日(金)  
アヴァンティ

【601鞍】
軽運動。常歩を主に。

アストーレ

【99鞍】
ウォーキングマシーン。

2014年8月30日~9月1日

8月鞍数 77鞍 累計鞍数54,791鞍
8月30日(土)  
アヴァンティ

【596鞍】
シート馴致飛越。徐々に進歩しつつありと思う。

アストーレ

【93鞍】
午前。左駈歩。これまた徐々に進歩。左前落鉄。残念。

【94鞍】
午後。曳き運動前肢にブーツを履かせて。いわば試みに曳いて歩くと言ったところ。


8月31日(日)  
アヴァンティ

【597鞍】
シート馴致飛越。そろそろ慣れてきたのではと思いシートの形状を変えて試みたところ、右寄りに急激な拒止。まだこれがあるかと思わせられた。厳に注意。油断こそ大敵。

アストーレ

【95鞍】
左前、鉄、修復はされてるがまだ当分、通常程度の調教はできそうもないのでウォーキングマシーンのみ。馬房内でもブーツをはかせて。


9月1日(月)  
アヴァンティ

【598鞍】
シート馴致飛越。①半折にして地上に。②全開にして地上に。③横木にかけて山形に。の3種類を次々飛越。念のため、事前に見せたが全く過失なし。当分この方法を反復。

アストーレ

【96鞍】
ブーツを履いたままウォーキングマシーン。ここしばらく騎乗調教が出来ないのは残念ではあるけれども、当分辛抱の他なし。