2014年5月30日~31日

5月鞍数 73鞍 累計鞍数54,556鞍
5月30日(金)  
ジュネス

【1,430鞍】
三種歩度。飛越練習も再開したいところだが、今週一杯は辛抱。

アヴァンティ

【477鞍】
午前中、上の馬場。ハードシート馴致。ドラム缶を除くと却って警戒。時間をかけて十分見せる。

【478鞍】
午後、軽く駈歩飛越。左後肢腫れそろそろ大丈夫。


5月31日(土)  
ジュネス

【1,431鞍】
三種歩度及び軽く飛越。そろそろ飛越も良しとする。

アヴァンティ

【479鞍】
午前、ハードシート馴致。未だ十分といえず。飛越も徐々に。

【480鞍】
午後、1完歩のダブル。低くして数回。。

2014年5月26日~29日

5月26日(月)  
ジュネス

【1,427鞍】
軽く三種歩度。

アヴァンティ

【471鞍】
午前、上の馬場。左後肢に擦傷痕。かなり大きい傷だが熱すでになく、腫れは残っている。軽運動。

【472鞍】
午後、速歩運動まで。左後肢腫れ徐々に小さく。


5月28日(水)  
ジュネス

【1,428鞍】
軽運動。

アヴァンティ

【473鞍】
左後肢腫れ縮小。ドラム缶馴致。

【474鞍】
軽運動。


5月29日(木)  
ジュネス

【1,429鞍】
軽く三種歩度。

アヴァンティ

【475鞍】
午前中、上の馬場。ドラム缶のすぐ横を通過。グルグル回る。

【476鞍】
左後肢腫れ半減。軽く飛越。

2014年5月23日~25日

5月23日(金)  
ジュネス

【1,424鞍】
少し以前から考えていた飛越への指示、今日のところ、マイナスに出た。1落下はともかく、オクサーでの助走で完歩が過大になって馬は踏切判定に迷ってか、後肢をすべり込ませて尻もちをつく形で止まってしまった。後で見ると両臀部に砂がついていた。よく倒れなかったもの。再行では難なく飛越。しかし落下したと見える。3過失とタイム減2点。倒した障害の修復タイムが加算をも含めて2点減だから、この方が幾分速くなったということか。特に強く追った覚えないから。それにしても残念な結果に違いない。


5月24日(土)  
ジュネス

【1,425鞍】
中障害C。今日は基準表C、スピード&ハンディネス。出番17番。昨日は私の指示に対して馬が少々焦ったを受けたので、今日は指示通り的確に伝えるよう努める。しかし決して力に頼らないよう、その一点は厳に注意。結果は悪くなかった。1落下したのはちょっと残念であったが、馬は指示に対しほぼ的確に服従かつ実施した。この数回の競技走行の中で最も良かったのでは。しかし成績そのものは決して良からず。これは指示が強くなることを極力抑えたせいか?あるいは指示をする方法そのもののマイナス面か?ともあれ、今後さらなる向上を。


5月25日(日)  
ジュネス

【1,426鞍】
昨日、一昨日の体験を鑑み、馬に対する働きかけが強すぎないよう、回転などでも無理は避けるよう注意。しかしいまだ馬にとっては過ぎた印象が未だにぬぐえなかったのか?結果として3落下。残念だったが、走行飛越の状態はまずまずの感。しかし一方、わずかながらタイムオーバーは意外だった。走行の歩度そのものの問題か?ともかくまだまだ課題は多くそれが楽しみということでもあるが。

2014年5月19日~22日

5月19日(月)  
ジュネス

【1,421鞍】
三種歩度。

アヴァンティ

【467鞍】
午前、上の馬場。オクサー。反復。

【468鞍】
午後、上の馬場。速歩飛越100cm。易々と。


5月21日(水)  
ジュネス

【1,422鞍】
三種歩度。13時三木市へ馬運車出発。

アヴァンティ

【469鞍】
午前、上の馬場。ドラム缶馴致。

【470鞍】
午後、上の馬場。垂直100cm、オクサー90cm反復。


5月22日(木)  
ジュネス

【1,423鞍】
この馬場(三木ホースパーク)もすでに数回。落ち着き払っていて服部の馬場で乗るのと全く変わらない。
100cm以下のコースでもあり、全然おそれず飛越走行。無論、無過失。

2014年5月16日~18日

5月16日(金)  
ジュネス

【1,418鞍】
軽運動。

アヴァンティ

【461鞍】
午前、上の馬場。垂直100cm。反復。

【462鞍】
午後、上の馬場。垂直100cm。反復。


5月17日(土)  
ジュネス

【1,419鞍】
軽運動。駈歩まで。

アヴァンティ

【463鞍】
午前、上の馬場。ドラム缶。シート馴致。

【464鞍】
午後、上の馬場。垂直100cm、オクサー90cm反復。


5月18日(日)  
ジュネス

【1,420鞍】
三種歩度軽く。

アヴァンティ

【465鞍】
午前中、上の馬場。垂直100cmを主に。

【466鞍】
午後、上の馬場。オクサー90cmを主に。

2014年5月12日~15日

5月12日(月)  
ジュネス

【1,415鞍】
常歩。

アヴァンティ

【455鞍】
午前、上の馬場。垂直100cm。

【456鞍】
午後、上の馬場。オクサー90cm。


5月14日(水)  
ジュネス

【1,416鞍】
飛越演習。垂直オクサー共に120cm。ほぼ確実な飛越ぶりとして良いか。

アヴァンティ

【457鞍】
午前中、上の馬場。ハードシート上にドラムの馴致。もちろん、事前に馴致はしたが、今日は一度も過失なし。この種の物件に慣れ始めたころに比べると全く夢のよう。

【458鞍】
午後、上の馬場。垂直ダブル。90cm+100cm。2回落下があったのはちょっと意外。


5月15日(木)  
ジュネス

【1,417鞍】
常歩。道路工事中の音響を案外警戒。

アヴァンティ

【459鞍】
午前中、上の馬場。昨日と同じくハードシート上にドラム缶を馴致。過失なし。垂直障害90cmと100cm。一度落下あり。

【460鞍】
午後、上の馬場。垂直ダブル。90cm+100cm。過失なし。確かに日々進歩。感嘆の他なし。

2014年5月9日~11日

5月9日(金)  
ジュネス

【1,412鞍】
軽運動。

アヴァンティ

【449鞍】
午前、上の馬場。オクサー80cm級。

【450鞍】
午後、上の馬場。垂直90cm級。


5月10日(土)  
ジュネス

【1,413鞍】
常歩。

アヴァンティ

【451鞍】
午前、上の馬場。ハードシート状にドラム缶2個を横倒して置き、すぐ上を接して横、両側から十分見せたが、最初から鼻端をドラム缶にくっつけて確認。恐れず飛越反復。

【452鞍】
午後、上の馬場。垂直オクサー。垂直は100cm。はじめてだったか?全く平気で飛越。乗っている方が却って拍子抜け。


5月11日(日)  
ジュネス

【1,414鞍】
飛越演習。2完歩ダブル。垂直120cm。

アヴァンティ

【453鞍】
午前、上の馬場。ハードシート状にドラム缶載せその上に横木。十分見せたつもりだったが珍しく初回、一度止まった。一度飛んでからはためらわず飛越。

【454鞍】
午後、上の馬場。垂直100cm。オクサー90cm。スムーズに。

2014年5月6日~8日

5月6日(火)  
ジュネス

【1,410鞍】
常歩。

アヴァンティ

【439鞍】
午前中、上の馬場。垂直オクサー90cm級。

【440鞍】
午後、上の馬場。垂直オクサー90cm級。


5月8日(木)  
ジュネス

【1,411鞍】
オクサー120cm級。確実に飛越。

アヴァンティ

【447鞍】
午前、下の馬場。練習中の他馬4~5頭。慣れぬ場所とて立ち上がり踊りだそうとしたこと2~3回。しかしさほどのことなく済む。
配置してあった諸障害、煉瓦、衝立等などに接近するのはさして怖がらず。しかし飛越させるまでに至らず。

【448鞍】
午後、上の馬場。垂直オクサー90cm。

2014年5月3日~5日

5月3日(土)  
ジュネス

【1,407鞍】
常歩。

アヴァンティ

【439鞍】
午前中、上の馬場。垂直オクサー90cm級。反復飛越。

【440鞍】
午後、上の馬場。垂直オクサー90cm級。反復飛越。


5月4日(日)  
ジュネス

【1,408鞍】
常歩。

アヴァンティ

【441鞍】
上の馬場。ドラム缶横木。恐れず嫌わず。。

【442鞍】
上の馬場。垂直オクサー90cm。


5月5日(金)  
ジュネス

【1,409鞍】
常歩。

アヴァンティ

【443鞍】
上の馬場。地上横木。奥行150cm駈歩飛越す。

【436鞍】
上の馬場。ドラム缶、ブロックなど馴致。

2014年4月30日~5月2日

4月30日(水)  
ジュネス

【1,404鞍】
三種歩度諸運動。軽く。

アヴァンティ

【433鞍】
午前中、上の馬場。ドラム缶に馴致。ほとんど恐れず。意外なくらい。

【434鞍】
午後、上の馬場。飛越。ドラム缶(横にして)、上に横木。反復飛越。

4月鞍数 64鞍 累計鞍数54,483鞍

5月1日(木)  
ジュネス

【1,405鞍】
三種歩度。

アヴァンティ

【435鞍】
午前中、上の馬場。他に3頭が運動中。幾分興奮。以前のように強くはないが。

【436鞍】
午後、上の馬場。1完歩のダブル。割合上達。


5月2日(金)  
ジュネス

【1,406鞍】
上の馬場。軽く飛越。先週の失敗、なんとか修正できるかの感。

アヴァンティ

【437鞍】
午前中、上の馬場。垂直オクサー90cm級。反復飛越。

【436鞍】
午後、上の馬場。垂直オクサー90cm級。反復飛越。