2014年1月29日~31日

1月の鞍数:71鞍/累計鞍数:54,269鞍
1月29日(水)  
ジュネス

(調教)
調整運動。

(所感)
もうボツボツ飛越調教を再開して可の感。

アヴァンティ

(調教)
①午前中、試しに下の馬場で環境馴致。(普段は上の馬場で運動の為)
②午後は、例の通り上の馬場にて。

(所感)
①下の馬場は、少々珍しい対象だと、見るもの聞こえるものすべてに対して反応する事頻り。
これは一寸意外。油断だったとも言えるか?価値ある戒め。調馬策による駈歩運動を両手前各10分。
②こちらでは、一向に平気。かくも異なるかの感。
高さ70㎝級の障害飛越を反復して。時間はやや少なく。飛越振りは可。


1月30日(木)  
ジュネス

(調教)
調整運動。駈歩まで。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
①昨日に続き、午前中下の馬場にて 環境馴致。調馬策運動も。
②午後は、高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越を反復して。

(所感)
①どれ程の効果があるかは結果を見るまで判らないが、それなりのものを期待して。
或いは曳き運動のみに絞る方が良いのか?
②徐々ながら、向上の感。


1月31日(金)  
ジュネス

(調教)
調整運動。

(所感)
駈歩まで軽く。

アヴァンティ

(調教)
①午前中、下の馬場にて曳き運動。
②午後、高さ70㎝の垂直障害を反復して飛越。

(所感)
①昨日の経験に基づき方法を変えてみる。少なくとも曳き馬中は全く沈静しており、何ら問題なし。
大いに効果有りと考えたのは私のほうだけで、レッスン中の指導員からは、馬が驚くので時間を変えてほしいとの事。
これは予期していた事でもあり、驚くには当たらないが、対策は考える必要あり。
②回転・助走・飛越を反復。
それぞれの扶助に応え得る状況?まだまだ前途は遠いが...。

2014年1月24日~27日

1月24日(金)  
ジュネス

(調教)
調整運動。駈歩輪乗りまで。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
①午前中、馴致を主体に。低障害通過を少々。
②午後、高さ70㎝の垂直障害、オクサー障害飛越を反復して。

(所感)
① 
②駈歩助走中の状況に注意しつつ。


1月25日(土)  
ジュネス

(調教)
調整運動。駈歩輪乗りまで。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
①午前中は馴致を主体にした調整。
②午後は、高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越を反復して。

(所感)
①地上横木、プランクなど種々に並べ替えて。
低障害の駈歩飛越を反復して。
②駈歩助走の歩度の調節、徐々ながら進歩はあるか?


1月26日(日)  
ジュネス

(調教)
駈歩輪乗りまで。

(所感)
ボツボツ飛越調教再開できるか?

アヴァンティ

(調教)
①午前中、馴致を主に。
②午後、高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害を反復して飛越。

(所感)
①低障害の連続飛越も。
②駈歩の助走における完歩の調節。


1月27日(月)  
ジュネス

(調教)
調整運動のみ。

(所感)
レッスンでも忙しくしてるので...。

アヴァンティ

(調教)
①午前中、馴致を主に。高さ70cmの垂直障害飛越を反復して。
②午後も同じく高さ70㎝の垂直障害飛越。

(所感)
① 
②駈歩助走中の完歩の調整に注意しつつ。

帰途、定期券購入。JR・北大阪急行共に。
更にJRの駅近辺の商店街にて、買い物数点。

2014年1月20日~23日

1月20日(月)  
ジュネス

(調教)
右前肢が速歩にて、軽く跛行。

(所感)
程度は軽いが用心して馬を休める。

アヴァンティ

(調教)
①上の第8馬場で調整運動。
②午後は通常の運動。
高さ70㎝の垂直障害を反復して飛越。

(所感)
①午前中、近くの工事の音響に驚いてか?
頭を下げて跳ねあげる事2.3回。
その後、沈静運動に心がける。
②工事の音響は午前中と、さして変わらなかったが、午前中のような興奮は見られず。

跛行とは?

馬の歩様に異常をきたしている状態の事を言います。
原因はいろいろ考えられますが、腱や蹄を痛めた場合や硬い物に肢をぶつけたり、尖ったものを踏んだりした場合に跛行する事があります。


1月22日(水)  
ジュネス

(調教)
一昨日の事もあり、軽く運動。

(所感)
一昨日と比べて、右前の跛行は消失している。
今暫らく様子を見る。

アヴァンティ

(調教)
①午前中は、ブルーシートを使っての馴致。
②午後は、高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越を反復して。

(所感)
①幅70㎝は恐れず。
②オクサー障害にて1度落下。
瞬間的に、判断を騎手が迷ったのが原因か。


1月23日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
今の所、跛行の再発はないが、用心の事。

アヴァンティ

(調教)
①午前中、昨日に引き続きブルーシートの馴致。
②午後、高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害を反復して飛越。

(所感)
①徐々ながらも、毎回進歩。
②迷わぬ助走に心がける。
そのせいではと迄は、言えぬかもしれぬが過失なし。

2014年1月16日~19日

1月16日(木)  
ジュネス

(調教)
昨日に続きのんびり調整運動。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
①午前中は、馴致を主体に。 地上横木の類を繰り返す。
②午後は、高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越。

(所感)
① 
②回転・助走・飛越を反復して。


1月17日(金)  
ジュネス

(調教)
調整運動を軽く。

(所感)
一般レッスンで、かなり頑張っている様なので...。

アヴァンティ

(調教)
①午前中は、馴致を主体に。
②午後は、昨日と同じく高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害を反復して。

(所感)
①低障害飛越を反復して。
②助走中の完歩の調整。


1月18日(土)  
ジュネス

(調教)
高さ120㎝の垂直障害飛越を反復して。

(所感)
馬術部OBの方が来厩。

アヴァンティ

(調教)
①午前中、低障害を連続して飛越。
②午後、高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害を反復して飛越。

(所感)
 

朝は雪がチラホラ。路面に薄く積もる。


1月19日(日)  
ジュネス

(調教)
調整運動。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
①午前中、馴致を主に。
②午後、高さ70㎝の垂直障害、オクサー障害を反復して。

(所感)
①あらゆる物件を見せて回る。
②駈歩の助走における完歩の調整。

2014年1月13日~15日

1月13日(月)  
ジュネス

新春馬術大会 最終日
今日も私の出場種目M-Cは昨日と略同じく10:25開始。従って昨日と同じ要領で会場へ。

昨日と異なり、2日目の今日はすっかり落ち着いている。
今日の出番は、9番なのでこれまた昨日と同じ要領で下見の前に軽く準備運動。
昨日の経験に鑑み、飛越に当たっては軽く、しかし明確に指示。
調子は良し!の感。
事実、スタートして好調に飛越。この調子なら!と思ったのが、油断に繋がったのか?
最後から2つ目の第9障害(簡単な垂直障害 横木の高さは120㎝)をカランと落下。残念。
又も入賞を逸す。
唯、昨日と同じくファーストラウンドとしてのスピードはかなり速い方(2位?)だったので、この方面の調教には進歩があったと見て良いか。

午後、会員の方の競技出場の準備運動を行う。クラスは小障害B。
既に好調を取り戻しているので、沈静を主眼としつつ軽く騎乗。
予想通り、全く安心して見ていられた。
ファーストラウンド、ジャンプオフ(JO)共に減点0で4位入賞は良かった。ほっとした感。

帰りは最寄りの駅までタクシーで帰る。


1月14日(火)  

競技終了後の翌日の割には疲労を感じないが、これは油断禁物。
暫くしてから疲れが出てくるのは、年齢のせい!?


1月15日(水)  
ジュネス

(調教)
競技明けにつき、のんびり調整運動。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
①午前中は馴致を主に。
プランク障害、横木類を数本地上に並べて。
②午後は飛越調教。
高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害飛越を反復して。

(所感)
 

14:30頃、OBS大分放送(ラジオ)の電話取材。
事前に質問事項など連絡してもらってたので、ほぼ予定通り数分で終わる。

2014年1月10日~12日

1月10日(金)  
ジュネス

(調教)
調整運動。

(所感)
駈歩まで。

アヴァンティ

(調教)
①①午前中、上の第8馬場にて、ブルーシートの馴致を行う。
②午後の演習。
高さ70㎝の垂直障害飛越を反復して飛越するのみ。

(所感)
①行うごとに進歩。br /> ②他馬との関係もあり。


1月11日(土)  
ジュネス

(調教)
調整運動。駈歩まで。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
午後、通常の運動。
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
踏切地点の判定、駈歩の完歩の調整。
徐々ながら、上達の感。

今日の午後早々に杉谷乗馬クラブで行われる新春大会に参加する馬匹の輸送。正午までに必要なものの荷造り。
新大阪駅から天王寺へ行き、さらに電車に乗って17:00頃旅館に着。
定位置(体験乗馬用馬場横の洗い場)にまとめる。


1月12日(日)  
ジュネス

第49回 新春馬術大会

今日の私の出場種目 M-Cクラスは10:30開始予定なので、時間的には余裕。
朝食は、昨夕駅前で勝ったパンを食べ、旅館のバスで杉谷乗馬クラブへ向かう。

出番は21人中8番目なので下見の前に軽く準備運動。
準備運動場が初めての場所だったせいか、また年始以降暫らく楽をさせて貰ってたせいか意外に元気。
2.3回立ち上がろうとし、跳ねる事も。繰り返しハミにかかって走り出そうとする。
無論直ぐ押える。少々意外ではあったが。
飛越運動を終わった頃には平常の状態に復した。
高さ120㎝以下のコースだが120㎝一杯あったのはホント。少数ではなかったか。
決して困難なコースではない。にも拘わらず、2落下してしまったのは、大失敗。
準備運動で興奮を示したので馬に対する働きかけが、やや消極的過ぎたのかも知れない。
ただ、タイムは従来何時も遅い方だったのが、全体の中の3位。
無論、スピードは成果に関連のないファーストラウンド1走行だから、直接の意味はないが昨年来、意識的に調教項目に加えてた所ではあるので、一つ成果と言えるか。

午後、会員の方が騎乗して小障害Bのクラスの準備運動。
既に1鞍済ませた後なのですっかり落ち着いていた。軽く飛越運動まで。
本番でも落ち着いて走行。-4点で入賞は出来なかったが、安心して見ていられた。

後の事は、若い諸君に任せ早めに宿舎へ。
夕食は駅前でとる。

2014年1月6日~9日

1月6日(月)  
ジュネス

(調教)
高さ120㎝の垂直障害を反復して飛越。

(所感)
オクサー障害をも飛びたかったが、時間の関係もあり、控える。

アヴァンティ

(調教)
①午前中、醍8馬場にて、ブルーシートの馴致を行う。
②午後の演習。
高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
①先月末、28日に比べ更に進歩。
警戒はするが、1回目から殆どためらう事無く通過。
僅かに幅を拡げて再行。これも同様。
嬉しい事。
②駈歩の助走における完歩の調節、次第に正確に。
常に馬の判断を尊重。


1月8日(水)  
ジュネス

(調教)
下の第1馬場に障害が数個配置してあったので、それを活用。
中間距離7.2Mオクサー障害と垂直障害のコンビネーション。
高さ120㎝の垂直障害、オクサー障害、幅130㎝にして数回飛越。

(所感)
快い飛越。

アヴァンティ

(調教)
①午前中、上の馬場でブルーシートを使用した馴致。
幅は50㎝に拡げて反復。
②午後は通常の調教騎乗。
垂直障害・オクサー障害を回転しつつ連続して飛越。

(所感)
①例によって、警戒はするが、殆どためらう事なし。
去る6日の状態に比べても、順調に進歩の感。
②左右の回転は、駈歩の手前の如何を問わず何ら違和感なし。
これまた、嬉しい事。


1月9日(木)  
ジュネス

(調教)
調整運動。

(所感)
駈歩まで。

アヴァンティ

(調教)
午前中、上の馬場でブルーシートに馴致。
午後は通常の運動。
70㎝級の障害を連続して飛越。

(所感)
行うごとに進歩。

競技会出場予定

平成26年1月12日(日)・13日(月・祝)
第49回 新春馬術大会
於 杉谷馬事公苑

1月12日(日)
 第2競技:中障害飛越競技C(公認)10:30~11:20
 H120W140

1月13日(祝)
 第13競技: 中障害飛越競技C(公認)10:25~11:15
 H120W140

日頃の調教の成果が出せる様に頑張ります。
皆様のご声援よろしくお願い致します。

2014年1月1日~5日

1月1日(水)  

2014年(平成26年)
文字通りの日本晴れの晴天。
白味噌の雑煮と三重のおせち料理で新年を祝う。
今後とも。出来得る限り意義有る人生を、と誓う。
料理はなかなかの美味で満足。

10:30頃未だ早いかとも思いつつ、郵便受けを見に。年賀状が既に纏めて入れてあった。
私の分は40枚。出したのは47枚だから1日にしてこれだけ着くのは効率よしと言う事か。


1月2日(木)  

年賀状 午後1枚。
昨日に纏まり過ぎたか?


1月3日(金)  

初出勤。
今日のレッスンは特別プログラムにつき、午前中に馬運動を終わらすべく、約30分早く家を出る。
所が時計を持ち忘れたのに気付き、逆戻り。それでも6:30過ぎのバスに間に合う。

ジュネス

(調教)
調整運動。駈歩まで。

(所感)
下の馬場に障害が数個配置してあったのでそれを利用する心算でいたのが、私が馬場へ出るころには格納してしまい果たさず。
馬は落ち着いていて、休み明けとは思えぬ位。

アヴァンティ

(調教)
騎乗前、時間に余裕があったので、ウォーキングマシーンで約30分運動。
低障害が数個配置してあったので、連続して飛越。

(所感)
しかし、このウォーキングマシンの運動は無用だったか?
終わってから騎乗しての感じでは、やや重かった。
低障害の飛越に関しては好調だった。

12:30より新春の鏡開き。
私は「乾杯」の音頭。

帰途、定期券紛失。


1月4日(土)  
ジュネス

(調教)
高さ120㎝の垂直障害を飛越演習。

(所感)
落ち着いて飛ぶ。
オクサー障害をも試みたかったが、時間の関係もあり。

アヴァンティ

(調教)
①午前中、上の馬場。
プランク障害、他馴致を主眼に。
低障害反復飛越も。
②午後は、通常通りの演習。
高さ70㎝の垂直障害・オクサー障害を 反復して飛越。

(所感)
落ち着いて飛ぶが、技術、技巧の面では猶、向上の要。

昨日、紛失したと思っていた定期券が、帰宅後見つかる。
北大阪急行とJR共に遺失届をしているので、今朝はその後始末。朝、少々早めに出て各電車の事務所へ。
幸い、処理は簡単に済む。

それにしても、「これが年齢というものか?」と思い知らされた一件。


1月5日(日)  
ジュネス

(調教)
調整運動。
殆ど常歩のみ。

(所感)
 

アヴァンティ

(調教)
①午前中、上の馬場にて物件馴致。
ブルーシートの両端に横木を巻いた例のタイプ。
②午後は高さ70㎝の垂直障害とオクサー障害を反復して飛越。

(所感)
①無論、未だ警戒はするが回を重ねる毎に進歩しているのは、十分理解できる。
今後、更に継続・努力。
②一度、オクサー障害を派手に落下。
原因は、馬よりも私の心の迷いにあったか?