2012年7月27日~29日分

7月29日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

ジュエル

(調教)
左手前の駈歩運動は軽く、少なく。

(所感)
左駈歩の違和感少しずつ良化しつつあるも、未だ幾分残っている。

未だしばらく辛抱する事。


7月28日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

ジュエル

(調教)
軽運動

(所感)
左手前の駈歩の違和感は、幾分良くなったか?
駈歩は右手前を主に。
左手前の駈歩の運動は軽く、少なく。


7月27日(金)  
ジュネス

(調教)
120cmの垂直障害、高さ115cm、幅120cmのオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
久し振り?の飛越演習。
落ち着いた飛越振り。

ジュエル

(所感)
昨日からの左手前の駈歩の違和感が、やや強くなってるので、左手前の駈歩はほとんど行わず。
飛越も行わず。

速歩では異常なし。

2012年7月23日~26日分

7月26日(木)  一時
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
ちょっと夏バテ??

ジュエル

(調教)
100cmの垂直障害、高さ90cm幅100cmのオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
飛越振りは悪くはないのだが、左手前駈歩の歩様に稍違和感。
用心して、早めに終わる。


7月25日(水)  一時
ジュネス

(調教)
下の馬場にて、高さ110㎝の垂直障害まで。

(所感)
駈歩助走の歩度、距離等を種々変化させて試みる。
馴れた飛越ぶり。

ジュエル

(調教)
調馬索運動。

(所感)
駈歩を主に約20分程度。


7月23日(月)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
駈歩輪乗りまで。

ジュエル

(調教)
昨日に準じ 100cm以下の垂直障害飛越を反復して。

(所感)
障害配置の場所、角度等を変えると意外に警戒した。
これ等の変化にも十分馴れさせる要あり。
 去る15日に試みた第4馬場東端の水溜りに、今日もかなり水が溜まってたせいか、最初見せた時はやはり入るのを、嫌う。
根気良く数回試み、前回よりは簡単にジャブジャブ入る様になった。

2012年7月20日~22日分

7月22日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
昨夕のサマーカップはよく働いたようなので、今日はゆっくり。
騎乗された女性会員3名は3,4,6位と全員入賞されたとの事。
「真面目にやってくれたらしいな」と話しかけると、「僕にとっては、軽いもんやった」と言うような顔をした。
服部 サマーカップ

ジュエル

(調教)
100cm以下の垂直障害飛越を反復して。

(所感)
2、3日楽をしていたせいか?
おっとりした飛越。矢張り連日緊張が続くといらいらする事もあるか。


7月21日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
午後、サマーカップ使用つき。

ジュエル

(調教)
軽運動。
駈歩輪乗りまで。

服部 サマーカップの様子。

今年のサマーカップは、昼間の急な雷雨により、競技の開始時間を遅らせてのスタートとなりましたが、会員の方々にも協力して頂き、競技を終了する事が出来ました。
あいにくの天候でしたが、、選手も馬たちも頑張りました!!

コースの様子
服部 サマーカップ服部 サマーカップ服部 サマーカップ 服部 サマーカップ

ジュネスの様子
服部 サマーカップ 服部 サマーカップ

競技を観戦される方々
服部 サマーカップ


7月20日(金)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
一般レッスンでの使用状況をも考え、軽くしたが或いは無用だったか?

ジュエル

(調教)
低障害飛越を反復して。

(所感)
昨日、程度を上げてるので。

2012年7月16日~19日分

7月19日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

ジュエル

(調教)
100cmの垂直障害、高さ90cm幅100cmのオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
暑さの時期なので、長時間は求めず。
概ねいい飛越。


7月18日(水)  
ジュネス

(調教)
下の馬場にて。
競技用の障害が数個配置してあったので、高さ115cm、幅120cmのオクサー障害飛越。

(所感)
安定した飛越振り。
暑くなってきたので回数は少なく。

ジュエル

(調教)
調馬索運動。
駈歩を主体に20分程度。


7月17日(火)  

九州では未だ雨が降り続いているが、近畿地区は梅雨明けとか。 一寸、あっけない感も。


7月16日(月)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
本日も日曜シフトにつき。

ジュエル

(調教)
100cmの垂直障害、90cmのオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
落ち着いて飛ぶので、機を見て垂直を110㎝にする。
意外なくらい平気で飛んだので、両側から1回ずつ、計2回飛んで終わりとする。

2012年7月13日~15日分

7月15日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
下の馬場内、至るところを歩きまわる。
馴致は何時になっても必要につき。

ジュエル

(調教)
100cmの垂直障害、高さ90cm幅100cmのオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
飛越振りは概ね可。
しかし、更に余裕を保ちつつ、いわば平常心で飛ぶ事が望ましい。
その為には、何をすれば良いという訳のものでもないが、ともかく練習を重ねる他ないという事か。
昼の休憩時、下の馬場を歩きまわる。第4馬場東端の水溜りを嫌う。何回も見せる。
15分くらい反復。
終わりには平気で入って行くようになったのは良いのだが、右前又も落鉄。
心理的な影響が歩様にも異常をもたらすのか?


7月14日(土)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

ジュエル

(調教)
低障害のみ、反復して飛越。


7月13日(金)  
ジュネス

(調教)
垂直障害、オクサー障害共100cm以下を反復して飛越。

(所感)
暑くなってきたので、回数は少なく。

ジュエル

(調教)
垂直障害、オクサー障害共90cm以下を反復して飛越。

(所感)
落ち着いている。

2012年7月9日~12日分

7月12日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

ジュエル

(調教)
右前落鉄は、昨日修復。
今日は時間の都合で、調馬索運動作業のみ。


7月11日(水)  
ジュネス

(調教)
120cm以下の垂直障害飛越を反復して。

(所感)
下の馬場に数個、障害が配置してあったので、落ち着いて飛越。
回数は少なく。

ジュエル

(調教)
調馬索作業。

(所感)
軽く。
右前蹄、落鉄につき。


7月9日(月)
ジュネス

(調教)
120cmまでの垂直障害飛越を反復して。

(所感)
軽快に飛越。回数は少なく。
3月以来だったか?
使用していなかった革長靴を再使用。
左足外側に薦められたパットを当てた所が意外にも足幅はかなり細くなっていて、全く痛みなし。
妙な事もあるものだ。
痩せたのか?それにしても、何故?
ともかく、結構な事ではあるが。

ジュエル

(調教)
軽運動。

(所感)
昨日、右前落鉄により。

2012年7月6日~8日分

7月8日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

ジュエル

(調教)
100cmの垂直障害飛越。

(所感)
落ち着いた飛越振り。
安心した。
昼の休憩時、下の馬場を歩き廻る。未だ場所により、状況により水溜り等を怖がる事も時々。
道路で子供たちがローラースケートを始めた時、その音に驚いて走りだしかけた事1回。
馴致に於ける効果無視できぬものあり。
右前、落鉄したのは不覚。


7月7日(土)  

七夕  七夕

ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
下の馬場、主として移動索の外側と固定策の内側との間の通路を歩き廻る。
これは馴致に有効。
ジュエルでも馴致すべきか。

ジュエル

(調教)
低障害飛越を反復して。


7月6日(金)  
ジュネス

(調教)
120cmの垂直障害、高さ120cm、幅130cm以下のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
どちらもいい飛越だったので回数は少なく。

ジュエル

(調教)
90cmの垂直障害、高さ80cm、幅100cm以下のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
大体安定した飛越。

「2012年7月6日~8日分」続きを読む

2012年7月2日~5日分

7月5日(木)  
ジュネス

(調教)
軽運動。

ジュエル

(調教)
100cmの垂直障害飛越。

(所感)
平気で飛ぶ。
寧ろ以外の感。
過去の記録を見ると3月30日に一度100cmを試み、その後又90cm以下に戻して今日まで来ている。
それが良かったのか?


7月4日(水)  
ジュネス

(調教)
80cmの障害飛越を反復して。

(所感)
去る6月3日の競技で物を見て失敗した件、その後この種類の障害の馴致をせねばと思いつつ、延び延びになっていたのを、今日やっと実施。
高さ80cm位の横木にビニールシートをかけ、その上に更に横木を。地上に敷いたビニールシートの上は問題なく飛んだが、この形にすると案外、物を見た。2~3回接近・反転を繰り返し、十分見せる。
その後は平気で飛越。
1ヵ月後ながら、やってよかった。

物を見るってどういう事?

馬は、人から見て、なぜこんな物が恐いのかと思うようなものに対しても恐怖感を持ち、立ち止まったり逃げたりすることがあり、これを『物を見る』と言います。
これは本能的なものであり、この『物を見ている』時に懲戒すると馬は恐いものに対して二度の恐怖心を持たされることになり、身体を硬くしてしまうのでこれが続くと騎手への信頼感は無くなってしまいます。
馬が物を見ている時は、十分に見せて声をかけ、愛撫をして安心させる事が大切です。
障害飛越競技の場合は、障害物の横にあるそでを見たり、カラフルな色合いの障害物を見て止まろうとしたりする事があります。

ジュエル

(調教)
調馬索作業。
30分、下の馬場にて。

(所感)
馬場がぬかるみだったせいもあるのか?、調馬索を持つ私の手を振り切って逃げ周り、走り回る事2回。
大分周囲に迷惑をかけた。


7月2日(月)  
ジュネス

(調教)
120cmの垂直障害、高さ115cm、幅120cm以下のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
どちらもいい飛越なので回数は少なく。

ジュエル

(調教)
90cmの垂直障害、高さ80cm、幅100cm以下のオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
割り合い安定した飛越振り。

2012年6月29日~7月1日分

7月1日(日)  
ジュネス

(調教)
軽運動

ジュエル

(調教)
低障害飛越を反復して。

(所感)
沈静と口向きの柔軟に留意しつつ。

6月鞍数 52鞍 累計鞍数53,086鞍

6月30日(土)   午後
ジュネス

(調教)
軽運動。

(所感)
駈歩運動の輪乗りまで。

ジュエル

(調教)
90cmの垂直障害と高さ80cm、幅100cmのオクサー障害飛越を反復して。

(所感)
大体安定した飛越。


6月29日(金)  
ジュネス

(調教)
垂直障害、オクサー障害共、120cmクラス級まで。

(所感)
いい飛越。
口向きの柔軟には特に留意しつつ。

ジュエル

(調教)
低障害 飛越を反復して。

(所感)
落ち着いて反復して飛越。
そろそろ10㎝あげてみるか?

梅雨の合間の晴天