2011年8月26日~28日分

8月28日(日)  
ジュネス

(所感)
軽運動。
一般のレッスンでもよく働いているようなので。

ジュエル

(調教)
90cm以下のオクサー障害
反復飛越。

(所感)
飛越は次第に確実になりつつあるか。


8月27日(土)  
ジュネス

(所感)
一般のレッスンのほうも忙しそうなので軽運動。

ジュエル

(調教)
100cm以下の垂直障害飛越。

(所感)
割り合い正確な飛越だったので早めに切り上げる。


8月26日(金)  
ジュネス

(調教)
120cmの垂直障害飛越、反復。

(所感)
軽快な飛越。
暑さを考え、運動量も少なく。

ジュエル

(所感)
昨日の取材では以外にクルクル走り回り運動量も多かったので今日は軽く。

2011年8月22日~25日分

8月25日(木)  
ジュネス

(所感)
取材で時間を取られた事もあり、軽い運動のみ。

ジュエル

(調教)
90cmの垂直障害飛越まで。

(所感)
第8馬場にて取材を受ける。
※取材の様子は別途UPさせて頂きます。


8月24日(水)  
ジュネス

(調教)
110cm以下の垂直障害飛越。

(所感)
落ち着いた飛越。
夏バテを考え、運動は軽く。

ジュエル

(調教)
100cm以下の垂直障害飛越。

(所感)
飛越振りはまずまず。
夏バテを考え、運動は軽く。


8月22日(月)  
ジュネス

(調教)
110cmの垂直障害飛越、反復。

(所感)
運動としては軽く、多くは求めず。
飛越は軽快だった。

ジュエル

(調教)
100cmの垂直障害を反復飛越。

(所感)
割り合い落ち着いた飛び振り。

2011年8月19日~21日分

8月21日(日)  
ジュネス

(調教)
軽い運動。
飛越は行わず。

(所感)
夏バテ考慮。

ジュエル

(調教)
低障害の沈静飛越。

(所感)
口向きに注意しつつ。


8月20日(土)  
ジュネス

(調教)
低障害の反復飛越。

(所感)
軽く。

ジュエル

(調教)
90㎝以下の垂直障害飛越。

(所感)
助走距離を種々変更しつつ、反復。


8月19日(金)  朝:一時 →
ジュネス

(調教)
90cmのオクサー障害飛越反復。

(所感)
助走の距離・スピードを種々に変えて試みる。
ほぼ安定。
しかし、飛越後の口向きには、なお注意を怠らぬ事。

ジュエル

(調教)
90cmのオクサー障害飛越反復。

(所感)
沈静飛越。
今日の所は割り合い安定。

2011年8月13日~18日分

8月18日(木)  
ジュネス

(調教)
90cmのオクサー障害を主に。

(所感)
割合落ち着いてきたと言えるか。

ジュエル

(調教)
90cmのオクサー障害を主に。

(所感)
沈静飛越反復。
口向きの点で未だ不十分。


8月17日(水)  (朝は一時
ジュネス

(調教)
第1馬場にて。
低障害反復飛越。

(所感)
じっくり体調を整える。

ジュエル

(調教)
第1馬場にて。
低障害反復飛越。

(所感)
他馬が数頭運動・飛越していたのでそれにも馴致すべく。
以前ほど、他馬を嫌わなくなった。


8月15日(月)  (朝は一時
ジュネス

(調教)
ジュネスと同じく仮水壕。

(所感)
幅は最初から2m。
全く嫌わず。

ジュエル

(調教)
仮水壕。

(所感)
最初に見せる時はやはり警戒する。
飛越は迷わずに。
奥行き幅130㎝から始め、後半には2mまで広げるが嫌わず。


8月14日(日)  
ジュネス

(調教)
12日(金)以来のクリニックは今日まで。
ジュネスと同じく仮水壕。

(所感)
同じ理由・状況で軽い運動のみ。

ジュエル

(調教)
12日(金)以来のクリニックは今日まで。

(所感)
同じ理由・状況で軽い運動のみ。


8月13日(土)  
ジュネス

(所感)
馬がクリニックに参加の為、運動は軽く。

ジュエル

(調教)
上の馬場はクリニックで使用の為、
下の馬場で運動。

(所感)
下の馬場に障害を配置する時間がなく口向きの柔軟を主に。

2011年8月10日~12日分

8月12日(金)
ジュネス

(調教)
100cm以下のオクサー障害飛越。

(所感)
軽く飛越。
暑さを考え、この馬としては軽い作業。

ジュエル

(調教)
下の第1馬場にて。

(所感)
暫くこの馬場で反復飛越をしていなかったせいか、ややハミに出る。
しかし終わりごろには、概ね安定した飛越。


8月11日(木)  
ジュネス

(調教)
100cm以下の垂直障害を反復して飛越。

(所感)
暑さと馬の体力を考え、飛越の回数も低度も少々遠慮して。

ジュエル

(調教)
100cm以下の垂直障害を反復して飛越。

(所感)
暑さと馬の体力を考え、飛越の回数も低度も少々遠慮して。


8月10日(水)  
ジュネス

(調教)
ジュエルと同じく低障害飛越、反復。

(所感)
こちらも落ち着いた飛越。
両者のタイプは全然違うけれども。

ジュエル

(調教)
低障害飛越、反復。

(所感)
最後にオクサー障害90cm×110cm
割合い安定。

両者のタイプってどんなタイプ?

ジュエル ... 駈歩はやや重いが、力強い飛越。

ジュネス ... 軽快な駈歩で助走し、飛越も軽快にこなす。

馬が重い、軽いってどういう事?

馬に乗る人の会話の中で、「馬が軽い」とか「馬が重い」という事を聞かれる事があるかもしれませんが、

馬が軽いとは...騎手のが送る扶助(合図)への反応が良く、小さな合図で馬が良く動く事。
馬の性質・性格的に周りの環境の変化や違いに敏感に反応する馬の事を軽いと言います。

馬が重いとは...騎手が送る扶助(合図)に対しての反応が比較的ゆっくりで、走る一歩は力強く、大きく走ります。
馬の力が強い場合が多く、動きはダイナミックに動きます。

2011年8月6日~8日分

8月8日(月)  
ジュネス

(調教)
ジュエルと同じく仮水壕の飛越。

(所感)
こちらは一向に怖がる気配なくポンポン飛ぶ。
それだけにまた、本式の濠に向けたい気持ちも切。

ジュエル

(調教)
馴致用の仮水壕。
最初は奥行き幅130cmから始める。

(所感)
例によって飛越を行う前に十分見せる。
やはり、警戒はするが、飛越を命ずると迷わずに飛ぶ。
両側から数回飛ばせ、奥行き幅を一杯に広げて約2mに。
恐れずに飛越。
出来れば本式の濠を飛びたいもの。


8月7日(日)  
ジュネス

(調教)
昼の休憩時、軽く駈歩輪乗りまで。

ジュエル

(調教)
垂直90cmによる1完歩のコンビネーション障害飛越。

(所感)
暫くやってなかったせいか、やや慌て気味。
飛越そのものは確実だが。


8月6日(土)  
ジュネス

(調教)
低障害飛越、軽く。

ジュエル

(調教)
低障害の沈静飛越、反復。

「2011年8月6日~8日分」続きを読む

2011年8月1日~5日分

8月5日(金)  
ジュネス

(調教)
110cmの垂直障害、
90cmのオクサー障害飛越。

(所感)
オクサー障害は前後の幅120cm。
注意して飛越。

ジュエル

(調教)
90cmのオクサー障害、
100cmの垂直障害を交互に反復飛越。

(所感)
過失なし。


8月4日(木)  
ジュネス

(調教)
90cmのオクサー障害を主に。

(所感)
助走距離を種々に変えてみる。
割合落ち着いて飛越。

ジュエル

(調教)
90cmのオクサー障害を主に。


8月3日(水)  
ジュネス

(調教)
下の第1馬場。
100cm以下だがオクサー障害+オクサー障害の1完歩
コンビネーションが配置してあったのでそれを反復飛越。

(所感)
1完歩にしてはやや広かったが、迷わず飛越。

ジュエル

(調教)
低障害のみ反復飛越。

(所感)
一昨日もそうだったが落ち着いて飛越。


8月1日(月)  
ジュネス

(調教)
110cmの垂直障害、100cm以下のオクサー障害飛越。

(所感)
落ち着いた飛越だったが、少々疲れているか?の感も。
盛夏の事とて無理もないかとも思うが。
注意する事。

ジュエル

(調教)
100cm以下の垂直障害、90cm以下のオクサー障害飛越反復。

(所感)
割り合い落ち着いた飛越振り。