声やしぐさから馬の気持ちを読み取ってみる

言葉を持たない馬たちは、表情やしぐさ、声のトーンを変化させることで、他の馬や人に対して自分の表情を表現しています。馬をよく観察して、彼らの気持ちを探ってみましょう。

◆前掻き (まえがき)
何か欲しい時や、注意を引きたい時は、前足で地面を掻きます。

◆耳を伏せる
警戒している時や、怒っている時は耳を伏せます。

◆耳を立てる
興味があるものや、注意が向いた方に耳を立てます。

◆フレーメン
何か不思議な匂いを嗅いだ時に上唇を上げて空気を吸い込みます。

◆ 「ヒヒ~ン」
とても大きくて高い調子のいななきは、遠くにいる馬を呼んだり探したりするときに発する声です。

◆ 「ブヒィヒィヒィヒィ~ン」
ソフトで低い調子でいななきは、親しみを感じている人などにあいさつをする時。

◆ 「ブヒィ、ブヒィーン!」
興奮した強い調子でいななくときは、飼い付けの時間を待っている時や、牝馬にアプローチしている時に発する声。

◆ 「ヒーン」
甲高くて短いいななきは、突然の痛みや、もしくは遊びたいという気持ちの表れです。

全国34ヶ所で乗馬体験実施中!

乗馬体験のお申し込みはクラブごとに随時お受けしております。まずはクラブをお選びいただき、ご希望のコースをご予約ください。