ラッキーチャームで新年を始めよう!

明けましておめでとうございます。
本年より新たにブログ執筆メンバーの一員となりました岡南(おかなみ)です。

新年といえば初詣ですね!年末のお焚きあげで、1年間お世話になったお守りを返納し、新たにお守りを購入されたかたも多いことと思います。
無病息災を願うもの、厄除け、安産祈願、交通安全など・・・お守りの種類も様々ですが、皆さんが一番先に思いつく幸運マークといえば、やはり「四つ葉のクローバー」ではないでしょうか?

104-1.jpg
4枚の葉の意味、知っていますか?「富」「名声」「愛」「健康」を表す4枚の葉が合わさり「真実の愛」を表しているそうです。

四つ葉のクローバーをはじめとして、昔から伝わる「幸運を呼び込むモチーフ」は世界各国、様々なモチーフがあり、お守りとして持ち歩いたり、ざまざまなグッズのデザインとして使用されています。

中でも馬の蹄(ひづめ)につけている「蹄鉄(ていてつ)」は、ヨーロッパのみならず、日本でも定番になりつつある幸運のアイテム。イラスト、雑貨やアクセサリー、車のフロントに蹄鉄のデザインをつけているのも見かけますね。
104-2.jpg
画像:写真AC

"17世紀、西欧の都市では、多くの家の玄関に古蹄鉄が飾られており、幸運の象徴として常に崇められてきました。「U字型で幸運を受け止める」という意味があるからだそうです。
・イタリアでは、村人が権力者の馬の蹄鉄を直したり、貸したりして収入を得たといわれており、蹄鉄は収入を得る幸運のアイテムだったようです。このため、蹄鉄を玄関に飾ると家運がアップすると言われ、お守りとされてきました。
・釘の数が、外側に3つと内側に4つ開けられていて、合わせて7つ(ラッキーセブンということ)で幸運をもたらすという説もあります。"
◇引用◇
せいかつのヒント  http://seikatunohint.jellybean.jp/1199.html

馬の蹄鉄に限らず、乗馬をしていると、やはり馬グッズ(蹄鉄デザインのグッズ)を集めたくなります・・・。例にもれず、我が家もピアス、ぬいぐるみ、お財布、ポーチ等の馬グッズで溢れています。馬好きが高じて、自身の披露宴では来賓者の席の卓上に、1つ1つ手作りの蹄鉄飾りをセッティングしたほどです。
104-3.jpg

乗馬クラブクレインでは、各クラブの販売コーナーで様々な商品を扱っていますが、蹄鉄のデザインを使ったグッズも多数あります。(取扱いはクラブにより異なります)
ぜひ、ご自分のお気に入りの蹄鉄グッズ、馬グッズを探してみてくださいね!
104-4.jpg104-5.jpg104-6.jpg
画像:楽天ホースシュー https://www.rakuten.co.jp/horseshoe/

Written by Okanami

三重ホースファームから冬の便りが届きました

こんにちは、高橋です。
2017年も年の瀬、皆さまどのようにお過ごしでしょうか?
乗馬クラブクレインでもお正月を迎える支度が整いました。
DSC_0611.jpg
さて、三重ホースファームはどんな冬を迎えているのでしょうか?
便りが届きましたので、ご紹介いたします。
-----------

2017年も終わろうとしている今日この頃、振り返ると今年は台風に悩まされました。

10月、台風が2週続けて直撃、全く放牧出来ない日が2週間続きました。
台風21号の被害では、放牧場の柵が4か所破損し、3本の木が根元から倒れました。
saku.jpgtouboku.jpg
さすがに、柵の修理や小枝の撤去など、天気は良くなっても放牧できる状態に戻すのに時間がかかりました。

寒くなってくると、1度雨が降ったら、放牧場が乾くのに3日~4日かかります。
晴れの日が続いても4日ほどかかるのですが、曇りの日があったり日蔭はさらに乾かないので、1度しっかり降った後は時間がかかります。

雨がたくさん降った後は、山の上のほうから水が流れてきて、地面が水をしっかり吸ってしまうので、滑ったりすることを考えるとなかなか放牧出来ません。
sora.jpg
けど、雨のあとはきれいな空が広がることも、様々な空の表情があります。


少し遅めの11月後半にかけて紅葉がはじまり、ファームが秋らしくなりました。
周りは銀杏の木や桜の木、紅葉があったりして2週間くらいはきれいな紅葉を見ることが出来ました。
kimomiji.jpgIMG_7295.jpg
放牧場の周りには、紅葉が植えてあるのですが、馬たちがバリバリと食べて寂しくなっている木もあります。
oisi.jpg
おいしいのかな・・・

馬たちは、夏の暑い時期より元気に過ごしています。
IMG_6841.jpgIMG_6453.jpg
何やら密談中(左)。近くの子供たちが散歩でやってきました。馬も子供たちもお互いに興味津々です。

寒くなり始めた時期は、馬の雰囲気がピリっとして、運動や曳馬でかなり元気だなと感じることがありました。周りの草刈りの音や、猫が動いたり、カラスや鳥が飛び立つ音にびっくりして急に走り出すこともあります。ただ、しばらく放牧していると、すぐに慣れてきます。
hasitta.jpg走った!!
hanasareta.jpg離されたー
mataissyo.jpgけど、また一緒♪

厩舎は倉庫の中で、真冬は底冷えします。ちょっとお年の馬は特に寒さ対策を早めに始めています。
IMG_7318.jpg
厩舎にはいろいろな工夫が。

馬着を着せていても、毛がものすごく伸びて身体がフワフワになります。ぬいぐるみ感が出ている馬もいます。自然の摂理ですね。

毎年、いろいろな発見がある三重ホースファーム、来年も試行錯誤しながら頑張っていきます。

松岡

-----------

三重ホースファームも冬支度ですね。
年末からお正月にかけて、少し寒くなるようです。
皆様も、暖かくして、どうぞよいお年をお迎えください。

今年は、この辺で、来年もよろしくお願いいたします。

高橋