ラッキーチャームで新年を始めよう!

明けましておめでとうございます。
本年より新たにブログ執筆メンバーの一員となりました岡南(おかなみ)です。

新年といえば初詣ですね!年末のお焚きあげで、1年間お世話になったお守りを返納し、新たにお守りを購入されたかたも多いことと思います。
無病息災を願うもの、厄除け、安産祈願、交通安全など・・・お守りの種類も様々ですが、皆さんが一番先に思いつく幸運マークといえば、やはり「四つ葉のクローバー」ではないでしょうか?

104-1.jpg
4枚の葉の意味、知っていますか?「富」「名声」「愛」「健康」を表す4枚の葉が合わさり「真実の愛」を表しているそうです。

四つ葉のクローバーをはじめとして、昔から伝わる「幸運を呼び込むモチーフ」は世界各国、様々なモチーフがあり、お守りとして持ち歩いたり、ざまざまなグッズのデザインとして使用されています。

中でも馬の蹄(ひづめ)につけている「蹄鉄(ていてつ)」は、ヨーロッパのみならず、日本でも定番になりつつある幸運のアイテム。イラスト、雑貨やアクセサリー、車のフロントに蹄鉄のデザインをつけているのも見かけますね。
104-2.jpg
画像:写真AC

"17世紀、西欧の都市では、多くの家の玄関に古蹄鉄が飾られており、幸運の象徴として常に崇められてきました。「U字型で幸運を受け止める」という意味があるからだそうです。
・イタリアでは、村人が権力者の馬の蹄鉄を直したり、貸したりして収入を得たといわれており、蹄鉄は収入を得る幸運のアイテムだったようです。このため、蹄鉄を玄関に飾ると家運がアップすると言われ、お守りとされてきました。
・釘の数が、外側に3つと内側に4つ開けられていて、合わせて7つ(ラッキーセブンということ)で幸運をもたらすという説もあります。"
◇引用◇
せいかつのヒント  http://seikatunohint.jellybean.jp/1199.html

馬の蹄鉄に限らず、乗馬をしていると、やはり馬グッズ(蹄鉄デザインのグッズ)を集めたくなります・・・。例にもれず、我が家もピアス、ぬいぐるみ、お財布、ポーチ等の馬グッズで溢れています。馬好きが高じて、自身の披露宴では来賓者の席の卓上に、1つ1つ手作りの蹄鉄飾りをセッティングしたほどです。
104-3.jpg

乗馬クラブクレインでは、各クラブの販売コーナーで様々な商品を扱っていますが、蹄鉄のデザインを使ったグッズも多数あります。(取扱いはクラブにより異なります)
ぜひ、ご自分のお気に入りの蹄鉄グッズ、馬グッズを探してみてくださいね!
104-4.jpg104-5.jpg104-6.jpg
画像:楽天ホースシュー https://www.rakuten.co.jp/horseshoe/

Written by Okanami