いよいよ来週!全日本総合馬術選手権2016

こんにちは、高橋です。
めっきり秋らしくなってきた今日この頃、みな様はどこかへおでかけされましたでしょうか。
もしご予定がお決まりでなければ、今週末は三木ホースランドパークへお出かけしてみませんか?

実は、10月21日~23日、全日本総合馬術大会2016が三木ホースランドパークで開催されます。
今年の総合馬術、日本1位を決める大会です。

総合馬術って何?という方にご説明しますと、1日目馬場馬術、2日目クロスカントリー、3日目、障害馬術を行い、3日間を同じ選手と馬で競います。他の競技と違う点は、人馬ともに3種目をやらなければならない点です。

その大会に向けて、先日10月11日~13日にかけて、クレイン総合部合宿が行われていました。
障害レッスンでは、オーストラリアからロッド・ブラウンコーチを招き、より内容の濃いレッスンになりました。
201610121.jpg
レッスン終了後にみんなで記念撮影。
ロッドコーチは「次回レッスンに来た時には、今日やったことをマスターして次のステップからできるように。」と言葉を残し、オーストラリアに帰国されました。

レッスンを受ける選手は真剣そのもの。
201610122.jpg

最初はキャバレッティからスタート。
障害馬術、基礎の基礎からレッスンは始ります。


樫木選手の走行の様子、最初のキャバレッティを通過後、一つ目の障害を飛んで、二つ目の障害の前で止まります。これを5つ目くらいまで繰り返し、最後はコース走行を行います。

どのクラスも練習の過程は一緒ですが、選手や馬のレベルによって、できる精度が変わってきます。なんとなく伝わりますでしょうか?
上のクラスの練習を見ていた選手は、自分がレッスンに参加するときに自分の馬で実践していきます。

途中、レッスンの合間に、ロッドコーチにお話しを伺いました。

-----------------

-昨日、今日と選手たちをレッスンしていて、感じることはありますか?
みんなやる気が感じられる。昨日、今日トレーニングしたことを続けてほしい。
やる気があるところはレッスンしやすいし、柔軟性があるので、こちらのアイデアに対して試してくれる。

-逆に、選手たちにこうしてほしいと思うことは?
馬に対して、もう少しコントロールの意識を持って乗ってほしいのと、今回やったことを帰ってトレーニングをして、次回来た時は次のステップから始められるようにしたい。なかなか、次のステップに進めないのが残念。

障害を馬がどういう形で飛んでいるか。いい形で飛ばせようという知識と技術が無いから、今はただ飛んでいるだけになっている。もうちょっと馬の飛越をプロデュースできるようになってほしい。

クレインの選手に限らず、これから上達しようという馬術の選手は、細かいディテールにこだわって乗らないと上達しない。そこをおろそかにしてしまっている。いくつかのポイントの積み上げで馬の飛越の形を作っていきたいのに、それができてこない。できないのではなくて、今は気がいかないだけ。だから、そこを考えてほしい。

-実際にロッドコーチのレッスンを受けられるのは短い時間ですが、自分の乗馬クラブに戻ったとき、どう馬に対する技術や知識を学んでいったらいいですか?
今やっているクリニックをきっかけにして、自分で考えてほしい。次に来るときにステップアップしてほしい、近道は無いから、コツコツ練習して、より完璧に近づけていくしかない。
レッスンを1回受けたから上手くなるということはない。

いろいろな教え方があると思うが、私の場合は、障害コースの下見をする場合でも、まずは選手一人で歩かせ、自分なりの考えを持ってもらう。馬に乗るのは自分自身だから、何を感じ、どう考えるか、選手にとっては大切な要素。

-ロッドコーチは日本に良く来られていますが、日本の馬術界を見ていてあったほうが良いと思うことはありますか?
オーストラリアでは誰もが小さい頃から馬に乗れる環境、牧場がある。しかし、日本では一部の習える人だけが乗馬クラブに通う形しかない。そういった環境の違いの差は埋めることができない。
ただ、もっと、上の選手だけが集まってトレーニングできる環境があるといいのではないだろうか。
他のスポーツでもそうだが、トップの人たちのレベルが上がったら、下の人たちのレベルも上がる。クレインでもそういう環境があると良いと思う。

-----------------

選手のみなさん、ぜひ、今回のレッスンを糧に、次回のレッスンでは一歩前進してください!

そして、普段の成果が試される全日本総合馬術大会、力を出し切れるよう祈っております。

高橋

まほろばホースショー『馬場馬術編』

こんにちは、元持です。

今日は、9月9日~11日にかけて三木ホースランドパークで
行われましたまほろばホースショー馬場編についてのご報告です(*^。^*)

201609010.jpg

まほろばホースショーとは、クレインが主催する競技会です。
そのため、運営はもちろん、装蹄関係や獣医関係もすべて、クレイン系列の会社が担います。
普段は、クレインオリンピックパークで行われるのですが、今回は久しぶりに三木ホースランドパークでの開催となりました!

2016090101.jpg

晴天にも恵まれ、9月とは思えないような暑さ・・(汗)
2016090102.jpg

まほろばホースショーはクレイン主催なだけあって、多くのクレイン会員様にご参加いただいています。

馬場に関しては、A課目などの非公認クラスの競技も実施されていました。
これから本格的に競技に参加されていきたい方、今まで練習してきた成果を競技会で発揮したいという方もおられました。
実際に競技会で演技をするということは、今後の課題を新たに見つけたり、次へのステップアップとしても良いですよね♪

2016090103.jpg

今回の競技では、Ustreamも入り、クレイン馬場部のグレナディール選手たち、白石さん、有山さん、中田さんが代わる代わる競技の解説に入っていました!

そして今回、新たな試みとして実施したのが観覧席のスピーカーです。
演技をご覧になられている方に、この演技の内容がどうなのか、タイムリーに解説を聞けるようにしてありました。
ん~、これは斬新っ!!

解説を聞いてみたい方は、ぜひこちらからどうぞ♪
http://www.ustream.tv/channel/jef-official?lang=ja_JP

クレイングレナディール選手にとっては師匠である瀬理町芳隆先生。
師匠の演技を解説しなければいけなかった白石さんと中田さん・・いかにも解説し辛そう(笑)

瀬理町先生のグランプリ演技が滞りなく、無事終了した際の中田さんのホッとした顔、私は見逃しませんでした(笑笑)!!

2016090104.jpg

グランプリ課目など、あまり観る機会のない課目を観るのは本当に目を見張るものがあります。
日々のトレーニングによってのみ得られる、騎手と馬の調和がとれた素晴らしい動き・・
芸術性を感じられる一面を持っています。

それと同時に私が今回の競技で感じたのは、純粋に乗馬・馬術を楽しむとはどういうことなのか、でした。

A課目は、馬場馬術競技で言えば一番初めにチャレンジする課目になります。
その課目に参加されていた、ある選手とお話させていただく機会がありました。

乗馬の素晴らしさに加え、どれほど楽しんで今回の競技に参加されているのかをお話いただきました。
それを聞いた私は本当に嬉しくて・・
ことばで表現することが出来ないくらい嬉しかったです。

競技の楽しみ方は人それぞれですが、『乗馬の真髄』とは何なのか、私にとって改めて考えさせられる競技会となりました。

2016090105.jpg


やっぱり『馬』っていいですね。

これからも、頑張っている選手たちの姿をお伝えしていきますね。

まほろばホースショーの競技会結果は
下記サイトでご覧いただけます。
1日目
2日目
3日目

最近読んだ本の言葉で、
『馬は内なる自分の投影である』 ということばがありました。

素敵なことば・・
好きだなあ。

今、乗馬をされている方も、これからやってみようと思われている方も、馬との素敵な関係が築けるといいですね。

元持


全日本障害馬術大会2016 Part II 結果はいかに?

引き続き、障害馬術取材チームより
全日本パートⅡの競技レポートをお届けします!
160916.jpg

今回、大会が行われた「御殿場市馬術・スポーツセンター」は、障害馬術や馬場馬術の大会が頻繁に行われる会場の一つです。

前回来た際も、あいにくの曇り空だったのですが、今回も、朝から雨が降ったり止んだりとすっきりしない天気...。

以前もご紹介したこんな絶景(下写真)をみるためには、もう少し通い詰めないといけないかもしれないですね~。
1609161.jpg

今回、雨が降っていたこともあり、屋根やテントのある事務所側から競技を観戦していると、ジュニア選手の応援に駆けつけていたお父様やおばあさまともお話しすることができました。


競技出場の度に、送迎や競技中のビデオ撮影等のサポートをされているそうで、出番表を見ながら、ジュニア選手の過去の戦歴や今まで気にも留めていなかったことへの気づきを与えてくださり『馬術観戦のエキスパート!!』といっても過言ではないと思います。

ジュニア選手にとっても監督やコーチとはまた違った意味で、とっても頼りになる存在なんだということを実感しました。

私もいつもとは違った角度から競技を観戦することができました!
ありがとうございました。


さて、今大会はクレイン所属の選手が非常に多かった印象ですが、競技結果は...!?
1609162.jpg1609163.jpg
※写真:(左)下見もクレインの選手で長い列ができています!(右)待機馬場での練習時もクレインの選手の多さが目立ちます☆

前夜に行われた障害馬術全体ミーティングでの
木下選手の「頑張るぞ~×3」コールの効き目が気になるところですよね??

もちろん効き目がありました!!

初日には、71人馬が出場した中障害C(S&H)で岩谷一裕選手&ワンダリーアッシュ(クレインオリンピックパーク)が1位に!
また、内国産競技(予選)では、中野正幸選手&ザ・ムーラン(ニッケ乗馬クラブクレイン加古川)が3位、同じく中野正幸選手がゼーァ・クルークと4位に入賞するなど活躍を見せてくれました!
1609164.jpg1609165.jpg
※写真:(左)競技中の岩谷一裕選手&ワンダリーアッシュ(右)表彰式後の岩谷選手
「本当は総合馬術部なのに、障害馬術部ブログに登場して良いんですか(笑)?」
とおっしゃっていましたが、もちろんです!!
注:岩谷さんは、クレイン総合馬術部の責任者です。

1609166.jpg1609167.jpg
※写真:(左)表彰式の中野正幸選手(右)競技中の中野正幸選手&ゼーァ・クルーク

そして、2日目と最終日は、5位入賞までの選手をご紹介します!

[2日目]
◆中障害飛越競技C(標準)
小宅俊継選手とハートリーフ(ヴィテン乗馬クラブクレイン金沢)が4位入賞
◆ダービー競技(予選)
岩館正彦選手とハノハノ(クレインオリンピックパーク)が3位入賞

[最終日]
◆中障害飛越競技D(決勝)
小宅恵利香選手とパラダイムシフト(ヴィテン乗馬クラブクレイン金沢)が3位入賞
◆内国産障害飛越競技(決勝)
中野正幸選手がゼーァ・クルークとザ・ムーランとともに4・5位入賞

11月には、全日本障害馬術大会2016 Part I(馬事公苑/東京・世田谷区)も控えています。
引き続き、選手たちの活躍に注目していてください♪

全日本パートⅡ障害馬術に出場する選手が勢揃い!?

こんにちは。障害馬術取材チームです!

9月16日から18日にかけて、《第68回全日本障害馬術大会2016 Part II》が御殿場市馬術・スポーツセンターで行われました。

いつもは2日目と最終日に取材に行くことが多いのですが、今回は競技が始まる前の晩に、クレインから全日本パートⅡに出場する全選手が集まると聞き15日の夜から現地に入りました。

そして、向かった先には45名近くの選手たちが!
これだけの選手が(大会会場以外の場所で)一堂に会するのは年に1回くらいだそうです。

選手勢揃い
今回は、全日本に向け、"皆で士気を高めていこう"ということで招集がかけられました。

会の半ばには、リオ五輪に障害馬術日本代表として出場していた桝井俊樹選手から五輪についての報告があり、ジュニア選手をはじめ、五輪出場を目指す選手たちが真剣な表情で話を聞いていました。
桝井選手質問に回答する桝井選手
※写真:(左)リオ五輪出場についての報告をする桝井選手、(右)ジュニアからの質問に答える桝井選手

ジュニア選手からは積極的に質問も上がり、桝井選手も一つ一つ丁寧に回答。
身近にロールモデルがいると目標を達成できる確率が上がる...といいますが、五輪出場を目指す選手たちにとって、こういったお話を直接聞ける機会は本当に貴重ですよね。

ジュニア選手たち
※写真:ジュニア選手たち
クレイン選手たちクレイン選手たち
※写真:クレインの選手や会員さまたち

この中からきっと、未来の五輪選手が登場するんだろうなと思うと楽しみです!

そして、続いては全日本ジュニア障害馬術大会のジュニアライダー障害飛越選手権で
見事優勝した滝澤和希選手によるスピーチ!
全日本ジュニアの報告と今後の抱負を語ってくれました!

滝澤選手抱負を語る笑顔で対応
※写真:(左)スピーチ中の滝澤選手(右)スピーチ内容に先輩たちからツッコミを入れられようやく笑顔を見せてくれた滝澤選手

こういったスピーチが続き、勉強になるなと~と思っていると雰囲気は一転!!
この後、クレインのグレナディール選手や強化選手が会を盛り上げるために体を張り、頑張ってくれていました(笑)

どんな内容だったかの解説は非常に難しかったので、写真から想像していただければと思います!!

漫才風
※写真:選手のプライベートをネタにした漫才風?のトーク

16091510.jpg16091511.jpg
※写真:(左)念入りに打ち合わせをする選手たち(右)古典的なストッキング芸を披露
写真を見る限り、ジュニア選手たちには好評だったようですね(笑)?

会も終盤に差し掛かり、中野善弘選手から〆のあいさつ...で終わるかと思いきや
最後は木下選手による「頑張るぞ~!がんばるぞ~!!ガンバルゾー!!!」の
気合いの入った掛け声が会場に響き渡り、会は終了となりました。

これには、参加者みんなが大爆笑!
16091512.jpg16091513.jpg
※写真:(左)中野善弘選手の「木下、声を小さめに小さめに」という言葉とは裏腹に息を大きく吸い込む木下選手。(右)木下選手の表情とコブシから気合いの入り方が伝わりますね~

「常に全力」「常に頑張る」という障害部のモットーが伝わってくる会でした(笑)

さて、このように選手たちの士気を上げることができたところで、次回ブログでは、全日本パートⅡについてお届けします♪